冬野菜は

2019年11月18日(月)晴れ、くもり、雨
長年ミラノで暮らしていたご夫婦にお会いしました。

絶好の機会なので質問。

ミラノで食べたいっち番、心残りの野菜は?

 

1119

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | Comments (0)

Viola

2019年11月17日(日)晴れ、くもり

駐車場の花壇にビオラを植えました。

1117viola

わずかなスペースなので、

去年まで黄色やオレンジの明るい花を

選んでいたのですが、

今年は赤にしてみました。

と言っても、金赤ぢゃなくて「茜/あかね」とか

「臙脂/えんじ」ですね。

「紅鳶/べにとび」「弁柄/べんがら」あたりも。

 

 

 

 

 

 

| | Comments (0)

ビンボー神はサスティナブル?

2019年11月16日(土)晴れ
早朝、山の畑カンパラでブドウの収穫。
まだあるの?
一般的には「おしまい」にしているのですが、
わが家のぶどうはほとんど無肥料のせいか、
小さくても長持ちするようです。
1116shimo
シャインマスカットとウインクをつぶつぶパックにして
高梁駅ビルの観光案内所に置かせてもらっています。
さて、今日は友人の学習発表会。
1116jinzai1

 

 

1116jinzai2

 

 

1116jinzai3

 

 

1116jinzai4

 

 

1116jinzai5

 

 

1116jinzai6

 

 

1116jinzai7

 

 

| | Comments (0)

ジビエ試食会

2019年11月15日(金)晴れ
市内某所で「ジビエの試食会やるよ」と
声がかかって、行ってきました。

1115bichu

イノシシの竜田揚げ。
ラディッシュから上の大根おろしまで
18cmはあります。
「オォ、ダレが食べるの、こんなに」の声に

「えっ、ウラタくんいないの?今日」と厨房から返事。
1115bichyu1

とりあえず水で乾杯して、

八方から手が伸びて、食べ始めます。

食べても食べても減りません。

もちろん全員が感嘆するほどバリバリに美味しい。

一息ついて、やっと持ち寄りのビールやワインが開きます。

 

ヒグマのハム!

分厚い脂身に恐れをなして、なかなか手が出ませんが

しっとりソフトな肉に、脂身の甘いこと。

1115bichyu2

欲望を抑えきれず、もう一切れ。

クマは初めてですが、意外に食べやすい。

北海道産のヒグマを京都の燻製のプロが

手がけたようです。

*ちょっと燻製好きの血が騒ぎます。

 トドは魚がメインだったけど。

 

シシ丼がド〜ンと登場。

大食漢のギチョー以外は小皿に分けあって食べます。

1115bichyu3

見かけは 脂ギッシュ なんだけど、

すんなりとお腹に入ります。

素晴らしく充実したランチになりそう。

定番メニューにしてくれたら通うなきっと。

 

イノシシのモモ1本を豪快にあぶりました。

1115bichyu4

 

切り分けられた肉は、柔らかくて

クセがありません。

そのクセのないところが、人によっては

ジビエとして物足りないかもしれません。

1115bichyu5

でも、豚肉よりヘルシーさはあるし、

正直、美味しいと思います。

 

ナナコさん愛用のスパークリングワイン。

1115bichyu6

トドが買えるシャンパンよりはるかに美味しい。

銘柄を確認するの忘れました。

常備しておきたい爽やかさです。

 

何度目かのカンパイして

そのたびに盛り上がります。

1115bichyu7

数年前まで「ビール会」をしていた顔が三人。

集会所にしていたブリューワリに行けなくなって

集まる場所がなく、久しぶりの楽しい会でした。

持ち寄り「ビール会」も復活させたいな。

ワイワイと深夜まで続きます。楽しかった〜。

 

| | Comments (0)

胸がくぎる?

2019年11月14日(木)晴れ、くもり

 

「さつまいも、収穫せんの?」と姉。

忘れとった。

日頃目にしない、少し離れたウラの畑。

玉ねぎを収穫した後の畝に植えたのでした。

1114satuma

トドは幼少時からサツマイモを食べると

胸がくぎる(焼ける)ので敬遠してたのだが、

友人ソミヤ(農業女子)がくれたサツマイモが

目からウロコのように美味しくて、胸もくぎない。

自分の体質が変わったか、品種改良されたか?

どっちにしても、美味しかったので、去年から作り始めた。

1114satuma2

植えたんは「紅はるか」と「安納芋」だったはず。 

忘れないようにプラスチックプレートにマジックで

書いておいたのに、すっかり消えてしまっていた。 

1114satuma3

 これはたぶん 紅はるか。

でも、まん丸で、畑の中からドッジボールを

掘り出したみたいだった。

肥料はパラパラと米ぬかボカシを撒いただけ。

 

さて、掘り終えた畝 は少し形を整えて

玉ねぎの苗を植えました。

1114tanmaneg

赤玉ねぎを100本、黄たまねぎを100本。 

3列にして1.5畝。

 

| | Comments (0)

今ごろ美味しくなった

2019年11月13日(水)晴れ、くもり

 

「夏を彩る野菜はトマト」

発芽器まで買って苗を作り、たくさん植えた。

どこで売るんじゃってくらいにね。

アイコ(3色)、キャロル、ぷちぷよ、麗夏・・・

色づくのを待って食べたのだけど、美味しくなかった。

水っぽいとか、味が薄いなんてレベルじゃなく

味が無かった。初めての経験である。

1114toma1

見切って、さっさと片付けたかったけど、

ぶどうが忙しくなってしまい、過熟で裂け、

ぼたぼたと落ちる実を見ながら、

放ったらかしにしてた。

そしたら、晩秋や初冬の頃にやっと美味しくなった。

晩秋や初冬ですよ!

1114toma2

そんなわけで、もう季節は冬なのに

わが家はトマト尽くし。

シチューやスープはもちろん、味噌汁にもトマトが入る。

少し皮は固いけど美味しくて満喫している。

トマトは冬が美味しい?

*味噌汁にトマト、キュウーリは阿佐ヶ谷の

 「キッチンチャンピオン」ではフツーでした。

 

| | Comments (0)

硬くて重い、もみがら

2019年11月12日(火)晴れ、くもり

 

燃えて灰になる前にもっと集めておきたいと

早朝からモミガラ運び。

今日も姉が手伝ってくれます。

「うまく発酵させるには90cm以上の高さが欲しい」

とアドバイスされましたので、も少し頑張ります。

1112momi4

0.07mm厚の袋に詰めて、軽トラで5分の

山のぶどう畑カンパラに運んでいます。

 

二人で詰めるのと、運んでいる間も詰めてくれるので

効率が良くなりました。

1112momi2

鞍部が低くなったので反対側の

燃えている場所が見えるようになりました。

ゆっくりですがじわじわと近づいてます。

 

今日最初の12袋積んだところで

もう一カ所の山の畑バルキ(十数分)に運びました。

途中の、雲海の見える丘で久々にパチリ。

1112unkai

ゆるい斜面のバルキ畑では、

どうしても裾部の水位が高くなる傾向があるので

軽トラ一杯分の生モミガラを裾部に投入します。

毎年畑の表層に置くだけですが少しづつ

効果が出てきました。

 

戻ったライスセンターでは管理者のお兄さんが

モミガラを重機で大型トラックに積み込み中。

「13時にはこの仕事終えるから」と

言われたのでモミガラ運びは中断し、

姉のリクエストで「ぎんなん拾い」。

1112ityo

ぶどう畑カンパラの東斜面にはイチョウの大木が

5本あります。30分ほどで肥料袋2杯収穫。

1112ginnan

大木の足元には探さなくても大きな粒が

ゴロゴロ落ちています。

この柔らかい実の部分が美味しいと嬉しいのだけど、

イノシシもタヌキも食べない。

どういうイチョウの作戦かなと考えながら、

より大きいのを選んで袋に。

 

昼食後、13時過ぎにモミガラ運び再スタート。

1112momi1

風もあり、15時を過ぎるとずんずん冷えてきます。

12袋を3回運んで、午前中の合わせて合計48袋。

この三日間の合計は155袋。

発酵に足りるかな?

1112momi3

去年、管理者のお兄さんが言うに

「時々な、モミガラの山が崩れて、

 お年寄りが埋まる時があるから気をつけて」

はいはいと答えたけど

今年、初めてモミガラの雪崩に遭遇しました。

背中を向けた途端に腰にゴンッ

「何事ぞ」と振り返りました。

モミガラの表層は雨で湿気って、固まって

想像してた以上に硬く、結構な重量なんですね。

体力がないと這い出せないかもと思いました。

 

夕方まで作業。

1112yuhi

おとなりのぶどう畑とよそのイチョウの木と

丘の向こうに日が隠れたら帰ります。

 

| | Comments (0)

わが家の「詰め合わせ」

2019年11月11日(月)晴れ、くもり

 

お世話になった方にお礼。
いつか、できるといいなと思っていた、
わが家の畑でできた果物の詰め合わせです。
最も遅いぶどう「紫苑/しえん」、ぶどうジャム、
太秋柿の詰め合わせ。
1110orei_20191112215201
これまで、お礼に送っていたのは
・友人の作った 生チョコ
・友人の作った チーズ
・友人の作った りんご
どれも、素晴らしく美味しかったけど、
ウチの・・・だって美味しいはず。
と思い始めて、
もらってうれしい柿の木を植え、
ていねいな仕事をしてくれる工房と出会って
詰め合わせがやっとできました。
Todokaw90_20191113062901
さてと、モミガラ集めはまだ続いています。
このところデスクワークがメインだったため

1111momi1

青空の下で働くのは気持ちがいいです。
同じ作業の連続で腕力、握力がしだいに無くなりますが、
停滞していたナニカも霧消して行きます。

 

午前中、24袋。

午後は見兼ねた姉が手伝ってくれ

スピードアップして36袋。

1111momi2

ホコリと燃える煙よけにマスクをして作業。

3時を過ぎると、しんしんと冷えてきます。

疲れたはずの姉を見ると

「あ〜楽しかった」と笑顔を返してくれました。

 

| | Comments (0)

モミガラ欲し〜

2019年11月10日(日)晴れ、くもり
とりあえず・・・
少しの間、デスクワークから解放された。
百姓家の寒い屋内から
陽光あふれる外へ出られる。
背筋を伸ばし、深呼吸をひとつして、
山の畑カンパラ近くのライスセンターに行く。
 ライスセンターではもみの乾燥、もみすり、
 選別、出荷が行われます。
トドはただ単にモミガラをもらいに行きます。
料金はタダです。
1110momi1
今年のモミガラのマッターホルンは
もうかなり削られていました。

せっせと袋詰めしてたら異臭。

こっ、これは・・・この匂いは煙りだ。

ワタシは今日が初日なのにもう火が放たれている。

急がねば、マッターホルンが灰になってまう。

目標100袋のつもりだったけど。

どんくらい持って帰れるか?

1110momi2

足で蹴って山を崩し、手早く袋に詰める。

3年前から始めたこの作業、

2017年は10日ほどで209袋。

2018年はすでに山の半分燃えていて

目標の1/10くらいしか奪取できなかった。

Todokaw90_20191112010401

モミガラの分解は3年ほどかかるから

肥料というよりは土壌改良ですね。

そして、今回は発酵させる方法の提案を

受けたのでやってみます。

 

軽トラの荷台には12袋積めます。

近くのカンパラ畑まで4回運んだので

今日は47袋。(一つ袋が大きかったのだ)

1110momi3

暗くなるまで作業。

 

腕力も握力も使い果たし、

疲労困憊で家に帰り着いたら

アシカが風呂を焚いていました。

おや、珍しいと声をかけると

「燃やすの、わかった」

「空気の通る道を作ればいいんだね」と

にこり笑う。

1108hurotak

今まで、「火、焚いたことないから」と

敬遠してたので風呂焚きはワタシか母の仕事でした。

ありがたく、風呂に入ってから夕食。

*風呂は太陽熱利用の温水です。

 

| | Comments (0)

赤いキーウイ

2019年11月9日(土)晴れ

「赤いキーウイ 食べたよ」とアシカ。

「すご〜く甘かった」

それは2番の畑に植えてるのと同じ品種だと思う。

初なりが4コほどなってたはずだけど。

さっそく、アシカは収穫に行った。

1109kiwi2

・品種名は「紅妃/こうひ」

 

「わたし 食べたの もっと大きかったよ」

ん〜、ウチは放ったらかしだし、

水も肥料もやらんからなぁ。

早生の品種と聞いたのですぐに剥いてみた。

「あまり赤くない〜」

食べるのちょっと早かったです。

早生といえど、りんごと一緒に置いて

熟らさなけりゃ、硬くて・・・

でもすごく甘いです。

「爽やかな風味と上品な甘さ」が売りらしい。

今から、来年の秋が楽しみです。

Todokaw90_20191110234701

 

乗用草刈り機が直ったので、さっそく

山のぶどう畑カンパラで草刈り。

この時期に長期にわたり使えなかったのは初めて。

歩くに邪魔なほど伸びた草の葉や穂は

すっかり枯れてます。

1109kusakari

刃も交換したので、鋭利な鎌で麦わらを切るような

パシパシとこ気味の良い音がします。

なん年ぶりに聴いただろう。

1109kusakari1

冬が来る前に片付けることは山ほどあります。

足回りが良くなったので、

まずは雨よけフィルムはずし。

来週には廃ポリフィルムの回収があります。

でもその前にモミガラをできるだけたくさん

集めておかなけりゃなりません。

そろそろ、燃されてしまう時期です。

どっちも、急がないと!

 

| | Comments (0)

より以前の記事一覧