花見日和です

2020年4月4日(土)晴れ

 

わが家の「サクラ」ご近所の桜の中では
いっちばん遅く咲くのですが
今年は少し早かった。
そして、一気に満開。
0404sakura1
あまりに見事なので
トドの両親に「もう咲いたよ」と
報告します。
Hohoh100_20200406085801 Tousannhane108_20200406090101
二人を呼び寄せるには、不可思議で
ややこしい手続きが必要・・・
な気がするので
近くの友人と一緒にサクラ見物。

 

開け放した部屋でスコーンとお茶。
美味しいのだけど、
足元が寒いので・・・
0402scone
陽光ふりそそぐ表に出ました。
外はポッカポカの快適 晴れ日。

 

母が半世紀前に植えた経緯を話しながら
サクラを愛で、ぶどう畑や、野菜畑を案内。

 

物好きなトド父が植えたキーウイ、
フェイジョア、リンゴ。
やっぱり物好きなトドが植えたレモンや
プルーン、アーモンド、黒キャベツ。
0404sakura2
気晴らしになって楽しかったです。
ありがとう、トモダチ。

 

「アシカのほのぼの田舎暮らし」
 四コマまんがは「スキンシップ」です。
0403_20200406065301

 

| | Comments (0)

さくら満開です

2020年4月3日(金)晴れ

 

わが家のサクラ満開です。
0403sakura
60年前に母が植えたサクラ(ソメイヨシノ)。
「イエー(遺影)にするから」と、
請われて、毎年、不承不承撮影しました。
2018年まで撮り続けました。

 

ぶどうの作業が忙しくなる前に
周辺の畑の草刈をしておきます。
0403kusakari1
石垣根の辺りは比較的
水位が高いので
「サトイモ」や「ショウガ」を
場所を交代しながら植えています。
0403kusakari2
下段はすもも、プルーン畑から
レモン畑に更新中です。

 

午後は山のぶどう畑カンパラに
上がります。
0403idani
山を登る渓流沿いに桜並木があります。
お弁当やお酒を持っての花見を
楽しむグループが毎年見られますが、
今年は小規模な集まりが数件ほど。

 

カンパラ畑では
タタミ4畳分 x 90cm ほどのサイズで
モミ殼と米ぬかを発酵中。
0403bokashi
約一週間で天地返しを奨励されていますが、
どうするか方法を思いつかなかったので
コンパネ枠を1mほど移動して
大雑把な天地返しとしました。
要は乾燥し勝ちの周辺部と
湿気って高温の中心部をかき混ぜる
ってことだよね
って解釈です。
最後に200リットルの井戸水を加えて終了。
重機を使って楽々すればどってことない
のでしょうが、トドは角スコップ
1本で黙々とテキトーに作業です。

 

「アシカのほのぼの田舎暮らし」
 四コマまんがは「マスク」です。
0402
トドも時々忘れるので、
軽トラに予備を用意しています。

 

| | Comments (0)

つれの〜て

2020年4月2日(木)晴れ、くもり

 

素揚げにしても美味しそうな
気もしますが、
二年目のラズベリー
「インデアンサマー」です。
*日本で言うと「小春日和」でしたっけ。
 どちらにしても、
 ちょっと得したキブンがします。
0402raspberry1
元は小さなぶどう畑でしたが、
今は菜園にしています。
そこに畝を立て、5m離して
2本植えました。
初年度は伸びるだけ伸ばして、
休眠時に150cmの高さでカット。
フォークの先のように分かれた
数本の枝に、6月には
赤い実が成るはずです。

 

足元の地下茎からたくさんの
芽が吹き出しています。
数本を選んで上に伸ばし、
垣根仕立てにします。
こっちは秋に実を付けてくれるかな?
0402raspberry
収穫時の雨は実の傷みやカビの
原因になりますから、
ぶどう用の雨よけ屋根が役に
立つはず。

 

コーヒーの在庫がわずかになったので
アシカと 連れのうて 
「tulenote / ツレノーテ」さんに
行きました。
*そうです「ツレノーテ」の店名は
 連れなう(連れだって、一緒に)の
 岡山弁なのです。
 なんて素晴らしい語感センスなんでしょう。
 トドはこのネーミングで
 すっかりファンになりました。
0402turenote
それぞれ別のコーヒーを頼んだら、
利き茶用にとカップを二つずつ
用意してくれました。
モカフレーバーの
「エチオピア イルガチェフェ」
コーヒーと言うよりお茶のような
爽やかでジューシーな
「コスタリカ モンテコペイ ラ メサ」 
どちらも気に入ったので100gずつ
買いました。

 

「アシカのほのぼの田舎暮らし」
 四コマまんがは「けんさん」です。
0401

 

 

| | Comments (0)

オカヤマべん

2020年4月1日(水)くもり、雨

 

前々回、3月30日のブログで
「ら抜き言葉」について書いたら
日本語教師のモトちゃんから
岡山は「ら抜き」の傾向が
強いのよ と指摘がありました。
Todoyachimo_20200403024601
そう言われるとそんな気もします。
ところで、アシカのブログでは
ひんぱんに「じゃろ、じゃろ」
「じゃぁ、じゃぁ」と
まるで 水もれ みたいな岡山弁を
紹介してくれます。
Jyaro
まぁ、アシカまんがのファンのみなさんは
「あはは、言う、言う」っと楽しんで
くださいます。

 

さて、ネイティブな岡山県人のトドでも
気づかなかった岡山弁(言いまわし)を
ご紹介。
Todokaw90_20200403030001
ネタ元は日本語教師であり友人の
モトちゃんと同僚との会話です。
(モトちゃん同僚さんありがと)
ーーーーーーーーーーーーーーー
昨日、研究所仲間から驚きの言葉が
ありました。
「ねぇねぇ『どこどこ拭いた?』って
 言うでしょ」
「ほかにも言う?」
え、ほかに?
なになに要るん? とか
だれだれきた?
とか言うよ〜。
「それ、岡山弁よ」
え〜〜〜〜〜っ
「だって関東では『なにが要るの』
 『だれが来たの』だもん」
あっらぁ〜 生れてこのかた、岡山弁だなんて
つゆほども思わんかった。
疑問詞で複数の答えが欲しい時に
言うなぁ。
そっか、これ岡山弁なんじゃ〜。
ネット民 Aさん
「高松(香川)でも
 『だれだれおる?』とか
 『なになに買ってくればいい?』
とか、めっちゃ言うし〜
ネット民 Bさん
「鳥取でも普通に言いますよ〜」
80_20200403085001
言われると「どこどこ」とか
「だれだれ」とかは耳に覚えが
あります。
おっさんの口からはあまり聞かないけど
トド姉の会話には時々入っています。
関東ではできるだけ言葉の曖昧さを
排除して、明確にしたい傾向が
あるから、西の言葉の特徴かも
しれませんね。

 

| | Comments (0)

もう 春なのだ

2020年3月31日(火)くもり、雨

 

先日(3月29日の晴れ間)、
わが家で、最も進行の早いぶどう
「小公子」さんが発芽直前なので
石灰硫黄合剤を10倍でていねいに
散布しました。
0329syoukoushi
石灰硫黄合剤は古くから世界中で
使われている殺菌・殺虫に有効な
薬品です。
ツボミがほころび始めて散布すると
若葉に影響がある(縮れる)ので、
ギリギリまで待って散布します。
*有機農法でも使用を認められています。
カッパ、フェイスガード、マスクの
完全防備で散布します。
機材や付近に車があると汚れるので
風向きを注意しながら行います。
近年、それを嫌って一見クリーンな
化学農薬に代える傾向にあります。

 

県北のパン屋さん「ききつち」さんから
パンが届きました。
 今いちばん美味しいと思う素材を
 使って、乳、卵、添加物を使わないで
 焼いたパンたちです。
0331kikituchi
大きなカンパーニュ、ごま食パンは
カットして冷凍庫で待機。
小さいのは明日からの昼食に
いただきます。
今回、期待したのは
「よもぎあんぱん」。
柔らかなよもぎの若葉の香りと
あんこの美味しいこと、大満足。
ひまわりシード入りライ麦パンは
堅いけど、しっかり噛んで味わう
ヨロコビがあります。
有機レーズンが美味しいので、
それを目指して食べ進む愉しさも。
0331kikituchi2
ご家族みなさんの顔を思い浮かべながら
いただきます。

 

先日、友人にいただいた
疫病よけの「おふだ」。
玄関に張りました。
0331coroyoke
密教系のお坊さまの祈念と
友人たちの心遣いを
ありがたく奉じます。

 

駐車場にタンポポが咲いていました。
0331tanpoco
どんどんと春ですね。

 

「アシカのほのぼの田舎暮らし」
 四コマまんがは「」です。
0331_20200402074701
ネコの表情がいいですね。

 

| | Comments (0)

れる られる

2020年3月30日(月)くもり

 

ぶどう生産者なので
オフシーズンでも売り場は
気になります。
近くのスーパーでは
この時期、南半球のぶどうが
並んでいます。
0319_20200401025601
POPに使われたキャッチコピーの
「食べれる」にひっかかります。
話し言葉として、日常的に
耳にしますが、トドは努めて
使いません。
はしょった言い方がカッコイイ
こともありますが、
コレは美しくないかな。
っと3月19日にブツブツ思ってたら

 

一週間後の3月26日には
「食べられる」に直ってて
売り場で、一人笑ってしまいました。
0326taberareru
大きなチェーン店ですから
POPにも目配りする
ちゃんとした方が居るのですね。
感心、感心。
でも輸入業者さん?の
小さなシールの方は
「食べれる」のままですけど。

 

野菜売り場で目を引いたのは
ジャガイモの「キタアカリ」
0319_20200401030301
黒色の中に紺色を忍ばせ、
フチを白で囲んで際立たせています。
白抜き文字がきりりと映えて
右から読ませるたて書きと
左から流す横書きが混在しているのに
読みやすい。
すらり
「よく ねた いも」
と読めてしまいます。
お月さんのイラストと
「ぐっすり貯蔵」
「ゆっくり熟成」
のコピーもほほえましい。
そろそろ九州あたりの
「新ジャガ」が並ぶ前に
北海道の「熟成いも」を
売ってしまいたい。
たった3色でよく表現できました。
いいなぁ!
Todokaw90_20200401035901
ジツは30代のころ同じ配色で
ラベルを作ったら、
「3色も使ったのに目立たない」
とクレームをつけられたことがあり
根に持っているトドなのだ。

 

先日、友人たちからお土産をいただいた。
0329miyage
実家のある郷里の風景や、
今住んでいる街の香りが
漂ってくるありがたさ。
お返しに
一年経ってしまったから
すっかりシナびてしまったけどと
「干しぶどう」をお渡しした。
(正しくは一年は経っていない)

 

わがやの前の「ソメイヨシノ」。
3分咲きくらいでしょうか。
0330sakura
このあたりでは、いちばん遅く咲きます。
通る人みなさんが、立ち止まり
見上げてうなずき、
ホッと得心した表情で
坂を登り、坂を下ります。

 

「アシカのほのぼの田舎暮らし」
 四コマまんがは「自粛」です。
0330
タカハシガワさん、
ホントに居るんじゃないかな、
って気がしてきます。

 

| | Comments (0)

ジミで辛気臭い草と思ったら

2020年3月29日(日)くもり、雨

 

「姫りんご」咲きました。
0329himering1
向こうに見えるシュロの木が
野菜の陰になるので
切りたいのですが
大きすぎて、どうしたもんかと
今年も手をつかねています。
「手を束ねる」
 何気なく使っていた言葉ですが、
 漢字に変換されて疑問?
 束ねるは腕組みする。
 転じて傍観するの意。
 そうだったのかと納得。
 束ねてばかりの人生。

 

この時期、山々には
山桜が点々と咲いている。
山に人が入らなくなって以来
急速に増えたきた。
かつて「山桜」は、役に立たない
雑木として、小さなうちに
伐採されていたか。
0329himering2
目に留めて、人は「いいな」と言う。
トド的にはネコやイヌの毛が
生え変わり、
冬毛が浮いたようにしか見えない。

 

「アジサイ」
0329ajisai
元気が良いのでパチリ。
と毎年撮るが・・・
さほど興味はない。
食べらんないからだな、きっと。

 

「紅妃/キウイ」
ぐいぐいと芽を伸ばしています。
糖度が高く、期待の品種です。
0329kiwi
去年まで育成が遅くて油断してたら
足者にたくさんの枝!
剪定しておくべきでした。
もう遅い。
今切ると吸い上げた水が
ポタポタと止まらない。

 

「ホトケノザ」
ぶどう畑にたくさん生えている雑草。
名前からして辛気臭い、ジミな雑草!
としか認識していなかった。
0329hotokenoza
ところが、ぶどうの師によると
リン酸吸の収を助ける菌根菌を
 増やしてくれる」らしい。
俄然、感謝である。

 

「アシカのほのぼの田舎暮らし」
 四コマまんがは「くれる」です。
0328
ほんに、わが国の政治家たちは
民を見ていない。

 

| | Comments (0)

南無コロナ退散

2020年3月28日(土)くもり、雨

 

友人たちが旧知の宮司さんご一行を
某名刹に案内。
その際、いただいた疫病避けのお札。
0329coronavirus
わが家の分もおすそ分けしてもらった。
時宜を得てラッキー。
玄関に貼っておけば、お札の左右の
七つの鬼(疫病)避けになるらしい。
もちろん「コロナ鬼」も対象である。
持つべきものは心優しい友人たちだ。
サンキュー。
0328aya
遠来の友人はスマホの画像で、
今日の引き合せの様子や
過日立ち会った仏蘭西国での
華麗な神事を見せてくれました。
国家規模の大仰な祭事は好きではないけど
手作り感あふれる真面目な神事には
つつしんで畏るトドなのです。
Umigasuki2_20200330091601
一行の中に、柳生新陰流の剣士が
混じっておられてびっくり。
長く続けておられるのですか?
「いえ最近、通うようになりました」
で、話は切れたのですが。
調べてみたら
現在新陰流は竹刀を工夫して、
籠手以外の防具無しの掛かり稽古
らしいです。
そのあたり、聞いてみたかった。

 

まぁ、アシカの四コマまんが
「ほのぼの田舎暮らし」を
2冊頼まれたのでお届けに上がった
って側面もありますが・・・。
Honobonoinaka
おかげさまで昨年末に3刷目を
刷りました。
ご覧になりたい方はメールか
メッセージでお申し込みください。
郵送でお送りします。
(1200円+送料)
ご近所さんにはお届けにあがります。

 

「どしても欲しい」
とアシカが取り寄せたバラの花。
(・・・名前忘れたロココだったか?)
やっぱし、植え場所がなくて
巨大松の木の下に仮置きしたまま。
0328bara2
ウラのオリーブが枯れたけん
北壁面に割り込めるかな?
まずは這わせる垣根を作らんと。
東の車道側はアイスバーグ2本。
こっちも垣根(ラティス)が
崩壊してるぞ。

 

あ〜、ネコは気ままで自由で
あきれるほど、しなやかだ。
0328shima
イヌに比べて、ヒトに比べてもね。
しかも、いつの間にか
「飼ってる」んじゃなくて
「飼わせて頂いてる」感を
演出してしまう狡猾さ。

 

「アシカのほのぼの田舎暮らし」
 四コマまんがは「待遇」です。
0327_20200329233001
たま〜に、混じるブラックなお話。
結構好きなんです。

 

| | Comments (0)

あそびゴコロ

2020年3月27日(金)くもり、雨

 

雨の日は片付けとデスクワーク。
冷え込むので、インナー系の
ダウンは手放せません。
一度仕舞ったコートも外出時には
取り出してご近所まで。
0327almond2
雨に濡れそぼつ「アーモンド」の花。
濡れても際立つ華やかさをパチリ。

 

お気に入りの「ローズマリー」もパチリ。
0327rosemary
わが家よりも、山の上の畑の方が
湿度が低くて向いているのに
「すまぬな」と声をかける。

 

訪問先の家の前に不思議な
ペットボトルの組み合わせを発見。
土手に水抜き用の穴があって、
元はパイプで下の排水溝に
誘導してたらしい。
破損したので、あり合わせの
ペットボトルを組み合わせて
対処したってとこでしょうか。
0327petbottle
ちょろちょろと流れる水と
それを受けるトコらあたりが
可愛くて
ニヤニヤ見てしまう。
これどなたが?と
訪問先の玄関でお聞きすると
「ワタシが・・・」と
いつも犬の散歩で見かける
年配のご婦人が恥ずかしそうに
肩をすくめた。

 

「アシカのほのぼの田舎暮らし」
 四コマまんがは「間隔」です。
          ↑
リンク先のスコーンが美味しかった。
0326
バリヤーとか結界があるといいね。

 

| | Comments (0)

雲海カフェ、やろっ!

2020年3月26日(木)晴れ、くもり

 

なんだか最近、息ぐるしい
なんか、なんだか、ぱぁ〜っと
と思ってたら
「雲海モーニングやりま〜す」と
サトタクさんからメッセージ。
0326unkaimeshi3
速攻で「参加」の返事。
場所はずっと前に雲海カフェやってたとこ。
会費は食パン2切れ持ってくること。
0326unkaimeshi1
前夜からワクワクで
滅多にかけない目覚ましをセット。
でも、ずいぶん前に起きてしまった。
食パン持ってバビュ〜ンと軽トラで
450mの山頂に上がる。
今日の参加者は6人。
ネクタイ着用は2人。
食べたらそのまま出社するらしい。
90392437_2929522470462431_16832318368823
(ヒラタさん撮影)
場所やセティングはウラタさん。
燻製の用意はサトタクさん。
コーヒーはツレノーテさん。
全員すでにニコニコ顔です。
0326unkaimeshi4
ガスコンロの直火でパンを焼きます。
あー焦げるなぁ。
でも、その焦げた香りがまた美味しそぅ。
レタスに土が付いとるかも。
そんなん、誰も気にせんぞ。
で、それぞれサンドイッチを作ったら
いっただきま〜す。
焦げたパンと燻製の香りと
ベーコンの脂身、プリプリのソーセージが
めちゃめちゃ美味しい!
0326unkaimeshi5
同じ名前の仲良しダイスケ二人。

 

言い出しっぺのさとたく。
発案ありがとうね。
0326unkaimeshi2
連日の晴れ日で、雲海はなかったけど
遥か遠くの山々を見ながらの
コーヒーの美味さよ。
沖縄産の、ゲイシャの、もう一つは何だったか
どの豆も美味しかったけど
景色と、早朝とみんなで飲むから
数倍美味しい。
90621625_2668402016621316_88914192200472
さとたくモリモリリッチサンド。(本人撮影)
てっぺんはハッセさんのサツマイモの
ブルーチーズ和え(超美味)。

 

次回はこのサクラが咲いた時にしようか。
いいねぇ。
またやろう。
91364945_2929521890462489_11069169674380
(ヒラタさん撮影)
ぶどうの時期にもやろうよ。
じゃ9月はぶどう畑で。
すっかり、晴れ晴れキブンで
職場に、畑に、家に、
それぞれの持ち場に向かったのでした。
あー楽しかった!

 

ぶどうの芽はまだこんなです。
0326syoukous
発芽して、美味しいぶどうを付けるのだ。
みんなが期待してるから、
ゆっくり、頑張ろぅな。

 

「アシカのほのぼの田舎暮らし」
 四コマまんがは「草取り」です。
0325
草と一緒に育てる「自然農法」は
知識として知ってはいるけど、
何世代にも続いた記憶が勝り、
気づけば手は自然に草を抜いて
います。

 

| | Comments (0)

より以前の記事一覧