おいしい

banner_021に参加してます。応援クリックをよろしく!
2017年10月15日(日)くもり

ソーミンはシンプルなほど美味しい。
1023somin

夜、遅く帰ってきました。
沖縄・・ 30度   高梁・・ 15度 だそうで。


banner_021←このポチッが地球を救う・・・かもしれない。


旅行・地域 | | Comments (0)

美味

banner_021に参加してます。応援クリックをよろしく!
2017年10月14日(土)晴れ

美味
1028lunch


banner_021←このポチッが地球を救う・・・かもしれない。

旅行・地域 | | Comments (0)

沖縄/本島(1)

banner_021に参加してます。応援クリックをよろしく!
2017年10月13日(金)晴れ

朝ごはんバイキング食べて、
約束どおりいそいそと魚のフリッターをちょっと持って
1013neko
海岸のネコたちに届ける。
厳密に言えばイケナイことだろうけど
すでにネコ好きの住民の方がポリポリえさを
ぶちまけた後なのでお許しを。
*このネコたちはみんな耳カット(去勢)済みです。


レンタカーを返して「南ぬ島(ぱいぬしま)石垣空港」に。
1013uchna
JTAのマーキング「うちな〜の翼」をパチリ。
♪三ツ星かざして高々と
 ビールに託したウチナーの
 夢と飲むから美味しいさ♪
のビギンの歌でおなじみの「ウチナー」ですね。
意味は「内/うち」ですが、転じて「沖縄」、
もひとつ意訳して「わしらの翼」でしょうか。

こっち↓は本島北部に生息している「ヤンバルクイナ」ですね。
主翼の端に付いていました。
1013yanbal
マーキングは最近デカール(シール)の貼り付けが
多いのですが、これは塗料で直接描いたそうです。
*フィンの端を小粋に曲げてていいじゃねいか
 くらいに思ってたら、この部分「ウイングレット」と呼ばれ
 空気抵抗を減らし燃費を良くする効果があるらしです。

那覇でもまずはレンタカー屋さん。
連休前のセイかむちゃくちゃ混んでいて、喧騒の中で
長時間待たされた。
その上、古る〜い車でナビも古くて使い勝手が悪い。
いや、動けば別にいいからと走り出せば、ブレーキが
めちゃくちゃ緩くて運転しにくかった。
二度と使わんぞ 「Times」。

待たされ、那覇市内は混んでいるしで昼食に「沖縄そば」を
食べる気が失せてしまった。
で、高速のサービスエリアで「おむすび」を1コづつ買った。
「じゅーしーむすび たーも入り」
 豚のだし汁の濃厚な炊き込み御飯で「田芋」が入っています。
 ジューシーじゃなくて「じゅーしー」の語源は雑炊かな?
1013jyushi
しょうがなくて買ったのだけど、これがすこぶる美味しかった。
後ろの(田芋の?)葉っぱにしっかり包まれていました。
美味しいと途端に機嫌が良くなりますところのトドです。
ブレーキは相変わらず緩いけど。

十数年ぶり?の「ブセナテラス」に到着。
1013busena4
建物も増え、木々も大きく育った。

 三回目くらいの時、ロビーからの眺望の素晴らしさを
 見せたくて父母と姉を誘って家族旅行した。
 高齢の父の体力を考えずに、この浜辺に連れ出したら
 「ちょっと待ってくれ」と言って備え付けのビーチチェアに
 倒れこんだ。日差しを浴びるうち、見る見る土気色の
 顔色になり脳裏に「客死」という言葉が浮かんできた。
 十分ほど休んだら復調して事なきを得たのでした。

そんな事を思い出しながらプールから海中展望台まで散歩。
1013busena
 「そうじゃったなぁ」と母がうなずき、今や年少となった
 父と顔を見合わす絵を想像する。(父は享年90、母は94)
 トドは高校卒業以来、長く親元を離れていたけど
 この20年ほどは一緒に暮らせました。感謝。

久々の南の島の景色を見ながら深呼吸。
1013busena2
近年忙しすぎてホントの休暇が取れなかったのと、
6月にトド母を亡くして気落ちしていたのでアシカが
奮発してこの旅行を企画強制してくれました。
懐かしい風景、懐かしい人々、来て良かった。ありがと。


カードキーに切り替わる時代に「こんなん でかすぎ」と思った
ルームキーだけど、今は見つけやすくて便利です。
1013busena5

散歩、昼寝で体調・・・いやお腹を整えてイタ飯屋に出撃。
地ビールで アリ カンパイ !
そうそう、今日はトドの誕生日なのでした。
1013beer
グラスを見ると北谷ハーバーとあります。
ブセナさん自分とこ用に地ビールまで作ってるんだ。
クセのない飲みやすさで2杯飲みました。

サラダ盛り合わせ。
1013dish1
ゴーヤのピクルスがいいですね。

パスタも美味しいので、赤ワインのハーフボトル。
1013dish2

チーズとジャコのピザ。
1013dish4
美味しいけど巨大すぎて持て余す、と言いながら完食。
でもハーフ&ハーフの方が飽きないで美味しいかな。

コーヒーは本館まで戻って喫茶エリアで
1013busena12

「満腹なのにまだ食べるの?」
「いや、いや、これは調査です」
1013cake
と自問自答しながらやっぱり食べるのでした。

海洋博やサミット前後からすっかり足が遠のいていたけれど
いいホテルですね。スタッフも感じいいし。再訪したいな。
1013busena11
東シナ海の波音を聞きながら眠ります。

banner_021←このポチッが地球を救う・・・かもしれない。

旅行・地域 | | Comments (2)

沖縄/石垣島(2)

banner_021に参加してます。応援クリックをよろしく!
2017年10月12日(木)晴れ

今回泊まったのはこんなコンドミニアム。
1012marin
長期滞在者向けの宿泊施設です。
リビング、キッチン(電子レンジ付き)に寝室二つ。
食器などの貸し出しもあるようです。
ご家族や仲間で滞在するのにぴったりですね。

水平線上に薄〜く竹富島が見える東シナ海です。
1012umi

ふり返ればたくさんのサトウキビ畑が
♪ ざわわ ざわわ ♪ しています。
1012satokibi
手前の短いのは新しく植えた苗木でしょうか。

バイキングタイプの朝食をゆっくり食べてから
となりの公園を浜辺まで散歩。
1012neko1
ノラ猫数匹が集まって遊んでくれました。
朝ごはんの残りを期待していたのかな?
1012neko2
こんなことなら朝食の焼きサバでも失敬してくれば
よかった。


さて、今日は島の北へと向かいます。
まずは「玉取展望台」に。
1024tama2
トド的には「日本で最も美しい展望台」と勝手に
宣言しています。(写真は借り物・・・たぶん)

  駐車場から少し上がるのですが、同行者と
  ワァワァ騒ぎながら歩いていたいたみなさんの声が
  天望台に近づくにつれ、風景のあまりの美しさに
  黙ってしまいます。
1012tamatr1
  展望台ではベンチに座り、あるいは立ちつくしたままの
  人々は黙って一心に景観に魅入ります。

  しばらく呆けたように海と空を見ていたトドの耳に
  カサカサと小さな音が聞こえ、ふり返れば
  若い女性がバッグからシュークリームを取り出し、
  目は海の彼方に向けたまま、食べ始めました。
  なんとうらやましい。
  こんな美しい風景を見ながら食べるシュークリームは
  絶対に美味しいに決まっています。
 
・・・と、むかし訪れた時にブログに書いたはず。
1012tamatr2
そん時のコトが、あんまし羨ましかったので
今年は持ってまいりました。
わが家の「シャインマスカット」。
1012tamatr3
アシカとそれぞれ2ツブ食べてニンマリ。
美しい風景の中で食べるシャインもやっぱりオイシイです!

居合わせたみなさんにも
「よかったら、岡山のぶどうをどうぞ」と
食べていただきました。
「あっシャインですか」の声もありました。
すごいですシャインの認知度は。

ジャンプ写真にトライする若人。
1012tamatr4
タイミングが難しそうでした。

さて、次は島の最北端「平久保岬灯台」です。
Ish1
ここも「日本で最も美しい岬」と勝手に宣言しています。
(写真は借り物・・・たぶん)

ゆっくりボーっと眺めるには最適の場所です。
1012hirakb1
地理的な知識がなければ絶海の孤島に立つ
不安な雰囲気が味わえます。

1012hirakb2
以前に来た時には途中に石垣牛の放牧場があって
丘に群がるカブトムシのようで壮観だったのだけど
今回は見えなかった。残念。

石垣島最北端の平久保岬をターンして「サンセットビーチ」。
1012sunsetb1
海を間近に見ることは少ないので寄ってみました。
この時期でもサンセットビーチには海水浴やシュノーケルを
楽しんでいる人影がちらほらいます。
なので、おとなりの無人のビーチをパチリ。
1012sunsetb
ジツは沖縄には何度も訪れているのですが
海に入ったことは皆無なんです。
嫌いってのではないのですが、ぶどうの収穫を
終えてからだと、どうしても10月以降なので
泳ぐ気分になれなくて。
「海はミネラルがたっぷりで温泉に入るより
 ずっといいんだよ」とすすめてくれる人も
いるんですけどね。

「モンパノキ」
どの海岸でもどの季節でも見られます。
1012sunsetb2
分厚い葉っぱがアイスプラントのようで美味しそう。

名前は知らないけど、アロハのパターンに使われる
1012sunsetb3
あの葉っぱでしょうか?

町に帰り「清福酒造」さん。
泡盛の中でいちばん好きなメーカーです。
八重泉さんに比べると「ウエルカム観光客」では
なさそうですが、フツーに売ってくれます。
ドアを開けるとシーサー4匹が迎えてくれました。
1012seihuku1
対応してくれた女性の方はとってもウエルカムだったので
気持ち良く大量に(トドにしては)買わせてもらいました。
1012seihuku2
岡山では扱ってない石垣限定泡盛と古酒、飲む酢、
調味料のコーレーグースも、ぜ〜んぶ送ってもらいました。

遅い昼飯はレンタカー屋さんおすすめの食堂。
「ミソ味なんですよ」
 へ〜、ミソ味って珍しいですね。
「でしょ、ミソ八重山そばです」

昨日の焼肉が美味しかったから大いに期待してドアを開けた。
1012kimi
もやし、ネギ、長命草?がたっぷりで喜ばしい。
地元でも食レポでも好評らしいのだけど
トド的には「失敗した〜」でした。
八重山そばに札幌ラーメンを持ち込む必要ないのになぁ。

壁に貼っつけてあった「味噌汁定食」↓のメニュー。
ごはん、味噌汁、漬物の三品だけ。
なんだけどその味噌汁のサイズがスゴイです。
1012misosoup
大きいと聞いてはいたけど、こんな洗面器サイズとは。

ホテルで短時間昼寝して、
夕食は今夜も「舟蔵の里」さん。
1012funagur1
時間があったので、広い芝生のイベント広場を通って
海岸も散歩。腹ごなしですね。

庭がライトアップされていい雰囲気でしょ。
1012funagur2

最初はやっぱり生ビールで
♪「夢と飲むから美味しいさ」♪
♪「アリ カンパイ!」♪
1012funagur33
二人でも楽しいです。大勢だともっと楽しいです。
アリ カンパイ! です。

コラーゲンたっぷりの「てびち(豚足)」。
1012tebichi
昆布も美味しかった〜。

見た目不気味だけど「もずくのてんぷら」。
1012mozukuten
今日はちょっと油分は避けたい気分だったので
塩よりも天つゆの方が食べやすい。

「ゴーヤチャンプル」カラダが浄化される美味しさ。
1012goya
器も いいでしょ。
本島の「やちむんの里」でこんな小皿をいっぱい
買って帰ろうと相談。

めずらしく鉄火巻きなど。
1012tekka
豆腐ようで泡盛をチビチビ飲みながら歌あり、踊りありで
夜がふけていきます。

最後はデッキで星空を見てと思ったら今日も雨が・・・土砂降り。
1012ame2
コーヒーハウスに逃げ込むと、
1012boken2
こちらの奥さまと話が盛り上がりました。
中高生時代に沖縄の民芸活動のうねりに遭遇し
世の中にプラスチック製品があふれ出す黎明期に、
古き良き手仕事の良さに目覚め、身近な焼き物、染織、
木竹工を大切に保護。
当代一級の方々の言動を直接見聞きし、倉敷の
民芸にも通じておられ。話は尽きず。
1012boken
そして、敦煌、楼蘭、さらに新疆ウイグルまで
足を伸ばして見つけた美しく巨大な絨毯!
血湧き肉躍る冒険譚を聞かせていただきました。
Umigasuki2
忘れていたけれど
敦煌、楼蘭、
さまよえる湖は
若き日のトドの
「あこがれの地」
でもあったのでした。

banner_021←このポチッが地球を救う・・・かもしれない。

旅行・地域 | | Comments (0)

沖縄/石垣島(1)

banner_021に参加してます。応援クリックをよろしく!
2017年10月11日(水)晴れ

「ぶどうの季節」
春から世話し、夏の暑さにハラハラし、秋にやっと収穫。
今年もお客様に「ご案内」さえできず、万全とは
言えなかったけどなんとか終了しました。

そんで久しぶりの「沖縄行」。
何度かトド母と一緒に行った風景を辿る旅です。
1011unkai_2
本日の雲海っす。
高度1万メートルくらいでしょうか。

本日の噴火っす。
1011hunka
屋久島のちぃっと西の「口永良部島」かな。


那覇空港の売店。
「ポーク玉子」「がんじゅーしー」伸びる右手を左手で
押さえながら通り過ぎます。あー美味しいんだけどな。
1011jyushi
イケナイ食べ物の代表のようだった「スパムむすび」が
姿を消したようです。美味し買ったんですけど。
ハワイならあるかな?

華やかなお店はパスして、目指すは空港の隅に
ひっそりたたずむ空港食堂。
1011kukosyok
空港スタッフと地元客がメインでしょうか、
旅行者がバタバタしてなくて好みなんです。
1011kukosyok2
ここにもありました、ポークと玉子の組み合わせ。
それも気になりますがスタートは「ソーキそば」でしょう。
1011kuukosyoku
紅生姜と豚の柔らか骨(食べられます)つき肉が美味しいです。

お昼前に満ち足りて石垣島に到着。
なんだ、これは? ジンベイザメらしい。
1011jinbe2

こっちも、わかりにくいがジンベイザメらし。
1011jinbe
ちょっと無理があるぞ。

レンタカー屋さんで「八重山そば」と「ステーキハウス」、
本屋さんの情報も聞いて市内に。
1011ishigaki
一冊しか持ってこなかった本を読み終えそうなので
ツタヤ書店さんで文庫本2冊購入。

ランチは「石田屋」さん。石垣牛の焼肉。
1011ishida
赤牛のもも肉と極上のミノ、サラダを二人でシェア。
後に備えかなりセーブした量です。
地元の人のオススメ店だけあって良質の肉でした。
美味しかった〜。

記憶をたよりに商店街を散策。
行き交う人々の多くは中国語がメイン。
公設市場に掲げられた看板。
1011taiwan
なるほど最も近い外国、台湾からのお客様が多いようです。
港に停泊している巨大な豪華客船が宿なのかな。

7年ぶりに訪れた陶器の店「つぼや」さん。
Tubo
1970年の少し前に
東北の地方都市から上京し、
その後「流れ流れて南の果て」に
はご本人の弁。
同じ時代を共有したシンパシーを感じます。
もちろん取り扱う「陶器」に眼の確かさが
あればこそ訪れるのですが。
旧交を温めながら自分用の飯茶碗を購入。

夕方近く、街の端の宿(コンドミニアム)に到着。
1011marin
一番最初にこの島に来た時に泊まった宿です。

コンドミニアムはお気楽さが好きなんですが、
高層から眺める市内や東シナ海、そして反対側に
広がるサトウキビ畑の景観も気に入ってます。

その上、なによりも郷土料理の店「舟蔵の里」が近い。
1023funa00
夜道を歩いて行け、酔っ払って帰って
来られるところが気に入ってます。
1011hunag1
まずは生ビールで乾杯。

「島らっきょう」
1011hunag2


1011hunag3

「野菜サラダ」
1011hunag4
紅芋の存在感、オクラの美味しさは特別。

「フーチャンプル」
1011hunag5
美味しいのに胃に全く負担がかからない。

「どぅる天」
1011hunag6
たーんむ(田芋/水田で栽培される里芋)のてんぷら。

ときおり島唄と踊りを交えながら、
1011hunag7
カチャーシ(踊り)やさんば(三板/沖縄風カスタネット)の
使い方を教えてくれながらも宴は続きます。

こちら2枚↓は7年前に母と来た時の写真↓です。
1023iwai1
ちょうど90歳だったので、お祝いの歌を
歌っていただきました。
1023iwai2
母は喜んで
「楽しかった思い出としてずっと覚えていました」と
唄者(うたしゃ)に伝えると三線を置き
潤んだ眼で「ありがとう、ありがとう」と固く手を
握ってくれました。

デザートに「島豆腐のレアチーズ長命草ソースかけ」を
いただいて
1011hunag8
意表をついた塩味が楽し。

外に出るとかなりのシャワーが緩急。
1011hunag9
宿は近いと言っても10分以上は歩きます。
ちょうどお客さんを乗せたタクシーが来たので
迷わず乗り込みました。楽しかった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

出発直前に選んだ本4冊とアロハ。
1023yshirt
のつもりでいたら・・・3冊入れ忘れ、石垣島のツタヤさんに
駆け込んで、文庫本2冊購入。
汗っかきなので、Tシャツも余分に持って行ったはず
だったのにギリギリになってしまった。

banner_021←このポチッが地球を救う・・・かもしれない。

旅行・地域 | | Comments (0)

あおやまさんぽ

banner_021に参加してます。応援クリックをよろしく!
2017年4月28日(金)くもり

とあるホテルの朝食。しっかり食べます。
出張中のオジさんたちはイワシが嬉しかったらしく
みなさん2匹づつ確保していました。
0428asa
ここは「まかない風」朝食でけっこう好きです。
いかにも「ワタシが朝ごはん作りました」ってオバさんが
ごはんや味噌汁をよそってくれます。
ベッドも寝心地良くて昨夜はぐっすりでした。

「さあ、出かけよう」とアシカ
駅はむこうだけど。
「代官山まで歩こ」
えっ、あそこ山の上だよ。
「思い出せ、学生時代(多摩美)の坂を」
「あれよりマシだぞ」
ふうふう、息が切れ、汗かいてしまった。

TSUTAYA代官山店
この店のいいところは朝7時から開いていること。
早朝はこんなに空いています。
0428tutqya2
店内にもベンチがあるから好きなだけ本を見比べて、
買った本を木陰の下で広げるのが好きです。
0428tutqya1

本にはこんな「しおり」が挟んでありました。
素直にうれしいです。
0428okaeri
持ち運びに便利で、文字が拡大できる電子書籍もいいなと
時に思うのですが、やっぱり紙の本で読みたい。
(買ってばかりで、読んでないじゃないか と突っ込まんでくれ)

電車で青山に移動。
アシカはこのあたりに詳しいので
どんどん狭い路地にも入っていきます。
0428aoyama
なぜかワニさんがいて
靴がかわいいのでパチリ。

どーしてこんなマークに決まったのかと推理しながらパチリ。
それにしても福井はいい場所にアンテナショップを持ってるなぁ。
0428fukui
「あ、ここ美味しいダシが飲めるんだ」
「飲んで行こ」
はいはい、飲みます。

0428good
字詰めのサンプルにパチリ。

建物の外壁に切り抜き文字のフェンス。ツタの葉が出るのは
計算どおりだとはおもうけど
0428aoyama3
どのくらい出すつもりだったんだろうとパチリ。

電線で見にくいけど
のびやかな線が美しい。
0428aoyama2
黄色いラインの方はいらなかったかな
などブツブツ思いながらの散歩です。


根津美術館の近くで友人夫婦と待ち合わせ。
0428socks
なぜか挨拶代わりに「ほらっ」とソックスを見せてくれました。
 トドがこのソックスでスカートの下に足をのばすと
 言い訳無用で捕まる。

まずはランチ。かつてのアシカ行きつけの小さなお店。
0428lunch
久々の「てんぷら」サクサク美味しかった。

さて、本日のメインは「ヒグチユウコ」さんの「バベル」。
「ブリューゲル」さんへのオマージュ作品です。
0428tobich
うじゃうじゃと何だかわからぬ生物がいて
トド的にはうれしい世界です。

撮影OKの拡大展示物です。最近はこーゆーの多いです。
需要があるんですね。
ワタシもこうしてブログに使ってますけど。
情報発信してもらえればありがたいし一挙両得かな。
*ビミョーに意味が違うが、適当な熟語が思い付かない。

0428tobich2


0428tobich3

版画家の友人は満面の笑み。
0428oma_2
おぉ、そういえばヒグチユウコさんも多摩美らしい。
版画家氏も現役(社会人)の多摩美生、みんな
トドとアシカの同窓生なのでした。
世代はバラバラですけど。

スタバでコーヒー。
0428coffee
窓際の席は全員PCかスマホに向かっています。
どこ行ってもそうですね。

友人夫婦とはここでバイバイ。

トドはむかしから青山に来たらここに行きます。
0428honda1
TAXIでホンダさんのショールーム。
0428honda2
長身のスーツ姿のサラリーマンがシートの無茶高い
マシンに軽々とまたがっていた。同じ人類とは思えない。

0428honda3
軽のスポーツカーのドアの重さにココロ揺らいだ。
ちくと乗ってみたい。

まだ少し時間があったので新宿へ。
0428shinjyuku
南口にバスディーボができたとは聞いていたが
そこにフードコートならぬ「フードホール」ができたらしい。

0428shinjyuku3
長距離バスに乗る前の腹ごしらえやビール飲みが
楽しそう。

0428shinjyuku4

ジツはここに行きたかったのです。
0428_800do
800度で焼いてくれるピザ。ベースや具材をテョイスできて
短時間で焼いてくれるアメリカンタイプのピザらしい。
生憎とお腹はてんぷらで満たされているので
今回は遠くから見るだけ。

エディバウアーに寄ってジーンズとコットンパンツを
買って予定は全て終了。

羽田空港でつい高いソフトクリームに手を出してしまう。
0428soft
美味しかったけど伊賀のもくもくさんにはおよばない。

0428airpoat

岡山空港 駐車場エリア〔3〕
0428okayam
牧歌的です。アシカの運転で熟睡。

羽田で買った「空弁」は肉と明太子。
0428soraben
ビール飲んで再び熟睡。
明日からは農作業づくしじゃ。

banner_021←このポチッが地球を救う・・・かもしれない。

旅行・地域 | | Comments (0)

ツタヤ銀座店

banner_021に参加してます。応援クリックをよろしく!
2017年4月27日(木)くもり

ツタヤ銀座店が出来てるらしいので行ってみました。
Todokawa704月20日オープン。
場所は「GINZA SIX」の6階。
「GINZA SIX」なんて名前にしてるけど、
TVニュースで見た時はてっきり
外人観光客目当てのデューティフリーショップ
作っちゃったのねって思いました。
でも、その異空間ぶりに立ち止まって見上げてしまいます。
空飛ぶ草間かぼちゃ。
いい悪いは別にして何か新しいことを始めた感はあります。
0427six
逸るココロを抑えながらツタヤさんに直行。
代官山ツタヤの銀座バージョンができるのね。
くらいの気持ちだったのですが、さてここは?
見て超びっくり。

Tuta1
エスカレータを降りた人々の口から「え〜、すげえ」。
「なんだこれは」の声が聞こえます。
多くの人が目を見張り、あわててポケットからカメラを
取り出します。
0427tutaya11
「アートと日本文化に触れる」のキャッチコピーは
聞いてはいたけど
ワビサビゼンやノーキョーゲンぢゃなくて
アニメやマンガ、サブカルチャーを前面に押し出して
いるんです。
0427tutaya2
しかもよくこんなのまで、そしてよくこんなにも集めたなっ
てブツ量です。
そこはよくよく考え込まれた楽しい空間でした。

すでに一定の評価を得た漫画雑誌「ガロ」から
一般にはあまり馴染みのない「リュウ」まであります。

本屋さんの片隅の漫画コーナーのさらに奥にしか
置いていないような本が堂々とスター扱いです。
0427tutaya5
そう、存在意義を全否定したくなるような政治家や
官僚たちとちがって本当の意味で世界でタタカッテきた
マンガ家やアニメータたちがここに集結しています。
0427tutaya6

昔は単なるレンタルビデオショップとしか思えなかった
ツタヤさん。その屋号はここから来ていたのかと驚き
0427tutaya4
ちょっと感動しました。

超巨大な画集にも会えて嬉しい。
印刷の仕上がりと紙質もチェック。
0427tutaya3
白い手袋付きで展示してあります。
欲しいぞ・・・ウチには置く書架がないか。

あちこちのツタヤ図書館で問題になっているフェイク本、
トドも住宅展示場のファエイク本みたいで嫌だなと
思っていたけど
Tuta2
この白いボックス、もしくは空きのままで十分ですね。
*だいたいフェイク本って意外に高価らしいですし。

一目瞭然の店内マップ。
0427tutayamap
わかりやすくて、こういう見せ方もあったかと
写真におさめる人も多々。

同じフロアのバールで「ええもん見たね」と興奮気味に
アシカとビールで乾杯。
0427nick1
今日のランチはもうビールと肉だ。
向こうに見える焼きキャベツの素朴さが美味し。
0427nick2

ビールは泡から最後の一滴まで旨かったけど
0427nick3
肉は硬くておすすめできないかな。

夜は、久しぶりに友人夫婦と会ってビールと
美味しい焼き鳥を堪能。


banner_021←このポチッが地球を救う・・・かもしれない。

旅行・地域 | | Comments (0)

バベル見てきました

banner_021に参加してます。応援クリックをよろしく!
2017年4月27日(木)くもり

トビカン(東京都美術館)で「バベルの塔」見てきました。
0427babel1
この作品、トドは画集で見たことはあるぞ程度でありました。
同じようなレベルの方はいっぱいおられたようで
「こんな細かいとこまで描いてたんだ」
「ここ見て!」「すごいよ」と驚嘆の声があちこち。
確かにすごすぎて笑っちゃうわ。
労働者の動作がいかにもらしくてわわぁ〜と笑みを誘います。
0427babel2
会場内に拡大説明ビデオがあって、細部が大写しにされ
当時の作業法や時代背景も教えてくれます。
わかりやすくて、ここでも驚きの声が楽しそうに上がります。
0427babel3
赤く染まっているのはレンガを持ち上げているカ所。
白いのは漆喰でしょうか。
(旧約聖書だとアスファルトを用いたらしいのですが)

背景にも手を抜きません。
0427babel4
ここは笠岡の古城山の切り崩し埋め立て工事を思い出しました。
(べりべりろーかるです)

そんで、これは記念撮影用の比較写真。
前で写真を撮っているヒト皆無。
0427babel5
バベルの塔の推定高さは510mですから、トドが通う畑や
備中松山城より60m高いですね、雲がかかってるワケです。
通天閣が意外に低いのにびっくり。(東京タワーは333m)
トドの家は100mあたり。

見終わって三階からエスカレータで降りる途中の初老の二人組
「あのさ、ホントは無かったんだね、バベル」
「うん、ボクもどこかに行けば残ってると思ってた」
「ことばもむかしはひとつだったらしー」
思わずふり返って顔を見た。
やっぱり初老の紳士だった。

 旧約聖書「創世記」
Todokawa70最初全てヒトは同じ言葉を用いていた。
神はヒトに世界の各地を与え、
そこに住むよう命じた。
しかしヒトは
「さあ、我々の街と塔を作ろう」
「塔の先が天に届くほどの」
「消え去ることのないように、我々の為に名をあげよう」
 と塔の建設を始める。
 神はそれを見て
 ヒトは言葉が同じなため、このようなことを始めた。
 ヒトの言語を乱し、通じないようにした。
 ヒトは混乱し、塔の建設をやめ世界各地へ散らばっていった。
 バベルの塔はそんなエピソードらしいです。

さて「ブリューゲル」さんですが
16世紀のブラバント公国(現在のオランダ)の生まれ。
主に宗教画方面の方で後期に農民やその生活を描いたと
思っていました。
1280pxpieter_bruegel_the_peasant_da
「農民の踊り」1568年(大きく見てもらいたくてカットしています)
トド的にはノーマン・ロックウェルやマックスフィールド・パリッシュ
と同じイラストレータに分類してます。
なかなかいいイラストでしょ。

こんなディフォルメされたキャラクターが好きで
記憶に残る作家さんでもあります。
_
イラストつぅか風刺漫画の面白さがありますね。

Rimg2483
こんな方だったようです。
見て楽しめる作家さんですね。
お客さんの多くが笑顔で過ごしていました。

banner_021←このポチッが地球を救う・・・かもしれない。

旅行・地域 | | Comments (0)

ひょっこり

banner_021に参加してます。応援クリックをよろしく!
2017年3月30日(木)くもり、晴れ

月末アワアワのデスクワーク中なんだけど・・・
も少し、尾道です。

港の風景はモノクロの画面で始まる「転校生」を思い出します。
0328onomichmono
学生時代、洋画一辺倒だったのに「転校生」以降、邦画もかなり
見るようになりました。

その後、ツーリング途中に何度か尾道を訪れては、こんな路地に
迷い込んでは石田ひかりがひょっこり現れそう、
フェリーから自転車を押して降りてきそうと夢想しました。
0328necomich2

石段は 小林聡美・尾美としのり の人格が入れ替わった
場所ですから転げないように気をつけねばなりませぬ。
0328necomich1
*石段の撮影は御袖天満宮(みそでてんまんぐう)さん。

巨大な数珠をゴロゴロ引いて鐘を鳴らし祈る。
0328jyuzu
千光寺さんでのショット。

さて、尾道散歩を堪能した後はちょっと早めの夕食。
0328b_1

2、3品頼んで様子を見て、安心してから追加を頼むのが
わが家のスタイル。
0328b_2
地元の有機野菜を使ったサラダがとっても美味しかったので
安心してオーダー。
0328b_3
かなりこってりで見た目よりもボリューミーです。
興味津々の自家製ソーセージまで手が届きませんでした。

0328b_4


0328b_5
フレンチは粗食に転じたトドの身には少し多すぎました。
オーダーを減らすか、ヘルシーなイタリアン、沖縄メシ
向きの体質を自覚した方がいいようです。

banner_021←このポチッが地球を救う・・・かもしれない。

旅行・地域 | | Comments (0)

おのみち 猫まみれ

banner_021に参加してます。応援クリックをよろしく!
2017年3月29日(水)くもり、晴れ

日付変わって再びデスクワークなんだけど・・・

尾道散策写真です。
おやこんなところにも「出雲街道」。
出雲街道は姫路と出雲を結ぶ街道なんだけど、いったい
どーゆールートを走っているわけ?
0328mach1
で、よく見ると「出雲大社道」でした。あっそう。
この道は尾道ー石見銀山を結ぶ「銀山街道」とも
共有する、大社参りに使われた道なのでした。
右端の汲み上げポンプが懐かしい。

ゲストハウス発見。旅籠ですね。
0328mach2
バイクは旅人さんのものでしょうか。

豚まん屋さんありました。いいなぁ。
トドが学校帰りに食べていたのは、気取った中華まん
じゃなくてまさしく「豚まん」でした。
0328mach3
「店内でゆっくり召し上がりたい」ところなんですが
今日は胃袋にスペースがありませぬ。

小さなお社が住宅に攻め込まれています。
0328mach4
この町は平地が少ないから、大きな寺社は参道を東西に
ぶったぎって山陽道、山陽本線が走っています。
大林宣彦監督の尾道三部作でおなじみの風景ですね。

路地の切れ目で目線を上げると、山上にお城が見えます。
1964年に博物館として鉄筋コンクリートで建てられたもの。
0328shiro
1990年に閉鎖され廃墟・・・とは知らなかった。
いかにもおさまりのいい目立つ場所にあるから
もったいない。けど、今の尾道にフェイクは邪魔か。

千光寺公園までロープウェイでグイグイ登って3分。
0328necomami1
小学生の頃の家族旅行以来の風景です。
その時は全員自力で登り、大きな岩の上で
弁当を広げたような・・・定かな記憶ではないけどね。

さて今回の気分転換ツアーのもう一つの目的は
「猫まみれ展」なのでした。
0328necomami3
ネコをモチーフにしてどんだけ頑張れるの?
って半信半疑なとこもあって楽しみでした。

会場の尾道市立美術館はロープウェイを降りてすぐのところ。
改修に携わったのは安藤忠雄さん。よく働くなぁ。

入り口では巨大ネコが迎えてくれました。
0328necomami2

でも、ジツは
トドはこの方↓と黒猫さんに会ってみたかったんです。
0328nekomami2
「入りたいの」
「ダメです」
「ネコ展なのにネコが入れないってどゆこと」
「それはそうなんだけど・・・」
と、連日警備のオジさんと黒猫がもめているらしい
0328nekomami1
黒猫さんには会えなかったけど、警備のオジさんは
写真通りのにこやかな方でした。
(上2点の写真はお借りしました ペットフィルムさんありがと)

出口付近で写真を撮ったら、偶然中の作品が写ってました。
0328necomami4
入れなかった黒猫さんも、こんな風に館内を歩きたいよね。
 本来作品は写真撮っちゃイケナイです。
 良い子は自制しましょうね。トドは偶然撮れてましたです。

館内の作品は予想以上の素晴らしい作品で、古今東西のネコ作品が
コレクションされ、質もボリュームも満足でした。
Todokawa70ゆっくりと自分の時間で見られるのが
地方美術館のいいところですね。
ネコ好きでない方も楽しめます。
どうぞ尾道まで足をお運びください。

おっと、おまけだ!
千光寺公園を下っていたら散歩者発見。
0328necomami5
いいでしょ。このオジさん、ネコと一緒に散歩してました。

banner_021←このポチッが地球を救う・・・かもしれない。

旅行・地域 | | Comments (0)

より以前の記事一覧