思い出し青森

banner_021に参加してます。応援クリックをよろしくね!
2016年10月22日(土) 晴れ

青森から持ち帰った山ぶどう。
これだけ大粒のはめずらしい。やはり何かとのミックスなのか。
1018yamabudo
香りとしてはキャンベル、甘さを求めるならベリーAを
かけあわせたいところ。


先日の岩手・青森でアップしてなかった画像。

朝ホテルを出発。
1813asa2

十和田市内。小学生の頃見たかった雁木(がんぎ)の現代型
でしょうか。雪が降っても通行できるようになっています。
1013towada1
*雁木は新潟での呼び名で青森、秋田では「小見世(こみせ)」
 と呼ばれるようです。

十和田市現代美術館に行った帰り、まっすぐ帰ったんじゃ
つまんないと脇道に入って
1013yes3
ワインディング山道をずんずん走って

1013yes
数十年ぶりに戸来村を見てきました。

1013yes2
かつては鬱蒼とした森の中の土饅頭って感じだったけど
今では観光客も多いようです。

夕食までにはホテルに帰って、
1013iwatesan3

本日、トドの誕生日なのでシャンペンで
祝っていただきました。
1013iyumwshi2
パテの美味しかったこと!


夜半ノドが乾いてホテルをさまよい、自販機で八幡平プルーン。
1012
「八幡平ほれりん」気になりましたが飲んでいません。
*調べたところ、ホウレンソウを絶妙にブレンド。
 らしいです。じゃぁ、飲んでみたかった!

| | Comments (0)

どしても行きたい

banner_021に参加してます。応援クリックをよろしくね!
2016年10月14日(金) くもり、晴れ

「盛岡で行きたいところは 光原社 さん」とアシカ。
1014kogensya
漆器や陶芸、ガラス、和紙・・・コーヒーやくるみクッキーまで
あります。
1014kogensya5
それに、このたたずまい。
ゆっくり過ごせます。
1014kogensya3
開店早々だからまだ人気も少ないのですが。

1014kogensya2

1014kogensya4
二階にはホームスパンや家具なども。


1014kogensya14


1014kogensya6

1014kogensya7


1014kogensya10

この雪は どこをえらぼうにも
あんまりどこも まっしろなのだ
1014kogensya11
この詩は最初に泊まった八幡平の宿にも書かれていて
冬にはいかにも雪に閉ざされそうな宿のセイもあって
沁みました。

1014kogensya13
ここにもポケモン居るみたいです。

1014kogensya8
前に来た時もりんごの季節でした。
反射的にもぎ取ろうとする右手があります。

その先に川があります。
1014kogensya9
街の中を流れる川っていいですね。

下の歩道まで降りてみます。
1014kitakami
昼休みにお弁当を広げたくなります。


さて、宮沢賢治さんはこのような風貌だったらしい。
1014kenji
よく見る暗めのイケナイヒトのような写真よりもパリッと
紳士然としています。

1014ginga
光原社の近くのタワー駐車場?にも銀河鉄道。

光原社」さんの おこり は宮沢賢治の「注文の多い料理店」を
出版したことからなのだそうです。
出版当時はほとんど売れなかったようですが、
出版に至るまでのやりとりはとても楽しかったようで
創業者は満足して生涯を閉じたようです。
・・・かなりうらやましい話です。


さて、盛岡駅で慎重に弁当を選んで、
岡山までの長い旅路を楽しみます。
1014ekiben
お茶の名前は「じっ茶 ばっ茶」です。

*この項「アシカのほのぼの田舎暮らし」もご覧ください。

| | Comments (0)

現代美術は面白しょい

banner_021に参加してます。応援クリックをよろしくね!
2016年10月13日(木) くもり、晴れ

本日、アシカ両親はホテルで静養の日。
トドとアシカは「十和田市現代美術館」に行きました。

写真は見も知らぬ海外からの旅行者なのですが
あまりに楽しそうだったのでパチリ。
1013art
いいですね。こんな日本も楽しんで欲しい。


ところで、旅の1日は朝湯で始まります。
1013asayu
熱い硫黄泉を独り占め。

部屋の窓を開け、新鮮な高原の空気を取り込んで
1013asa1
火照ったカラダを鎮め、本を読んだりで朝メシを待ちます。

八幡平がまるまる見える大窓は全部二人席なので別の食堂に移動。
そちらの景色は優雅なエントランスと素敵な駐車場(アスファルトの
広場と数台の観光バス)の見える部屋でモリモリ食べました。
1013asameshi
あぁ、二人づつに分かれて食べればよかったのか!
朝めしはバイキングなので・・・つい食べ過ぎます。


さて、バビューンと車を走らせて「十和田市現代美術館」です。
現代美術は面白しょい。
もっとも目を惹く位置にあり華やかな日本の馬。
昔から十和田は馬の産地でもあるので、ここのシンボルでしょう。
1013towadart
個々の作品も楽しいけど、町への溶け込み方も素晴らしい。
巨大で不思議なアートのすぐ隣にはフツーの家があり、
フツーの暮らしがあります。
たとえ自分ちのとなりに巨大赤アリが立ちすくんでいようと、
1013towadaart4

異次元への入り口があろうと、
1013towadaart5


隣人が・・・じゃなくて、その家や車がブクブクに太っていようと
1013towadaart17

ものかげから誰かが覗いていても、
1013towadaart13

巨大な耳?が聞き耳を立てていても、
1013towadaart11

1013towadaart12_2


1013towadaart7

銀メタルのしずくが不気味に垂れていても、
1013towadaart14

ドアを開けるとそこはワンダーランドだったりしても、
1013towadaart18
 (ここまで来てポケモンしてる)
1013towadaart16


いや、だからこそ楽しい暮らしがあるんです。・・・たぶんね。

北の果ての町、6.3万人が暮らす暗く寂れた・・・
なんかじゃない!
ここもまた「ねぶた」や「ねぷた」ゴコロを有する
活気ある青森県民の町なんであるな。と得心した。
 数年前に青森の居酒屋で「巨大なイクラのおにぎり」を食べて
 以来の青森ファンですが、ここを訪れてファン度が増しました。

撮影可能な屋外展示物のみを紹介しましたが、それぞれの
建物の中も楽しです。
豪雪地帯なので各館はこんなガラスの廊下でつながれています。
1013towadaart10

1013towadaart3

サインもすっきりとわかりやすかった。
1013towadaart6


1013towadaart15


こちらはミュージアムショップとカフェ「cube」。
1013towadaart2

中はカラフルでしょ。大きなモンの配色サンプルになります。
1013towadaart8

見かければ必ず頼む小岩井ソフト。
1013soft
濃厚美味。

十和田市現代美術館」 超おすすめです。

帰り道で八幡平をパチリ。
1013iwatesan3_2
 ご覧のように山頂は雪です。
 夕方、半露天風呂で会った山歩きのオジさんに山頂付近の
 話や岡山の風物など話していて長湯になり、結果湯にのぼせて
 フラフラ初めての経験でした。

| | Comments (0)

豊かな國みちのく

banner_021に参加してます。応援クリックをよろしくね!
2016年10月12日(水) 快晴、くもり、雨、みぞれ、くもり

はい、朝湯です。
1012

快晴です。
1012_2

朝飯です。
1012asa


荷物をまとめて、近所に宿替えです。
次の宿は近いのですが、時間もあるので山上コースの
アスピーテラインを走ります。

御在所あたりの青空市で休憩。
熱々の「きのこ汁」をいただく。
朝飯を人一倍食べ、牛乳も苦手な人の分まで
3パック飲んだ後ですが、食べます。
1012
きのこ汁の美ん味いこと!
その種類の豊富なこと!
10121
生、瓶詰め、乾燥とあり壮観です。

10122
瓶詰めを開けた状態。

10123
上のワカメのようなのは「クロカワ」。わが家のあたりでは
「クロッコ」と呼んでいたキノコかな?
ハマばあちゃんに連れられ採りに行った記憶があります。
少し苦味があって子供の舌では食べづらかったです。

先年見た時よりも「山ぶどう」の粒が大きくなっている?
1012_2

「食べてみて〜、キャンベルの香りがするよ〜」
 山ぶどうって、こんな大きかったでしたっけ?
「これは畑で栽培しとるヤツ」
 品種が違うの? それとも肥料?
「栽培の方はわからんが、山と同じ環境にして
 腐葉土をいっぱい入れるらしい」
 腐葉土・・・山の本物の腐葉土を入れてみっかぁ!

旅行中なんで500gでもいいかな?
「いいよ〜」って1kgほど入れてくれました。ありがと。


3年ほど前に訪れた「蒸けの湯」。
1012_4
あちこちに蒸気が噴き出して、いかにもの温泉風情です。

「はい、聞いてください」と声を張り、大広間の多人数に
山菜、野草料理を説明する女将さんの声が今も耳に
残っています。
食べ物、温泉、風景・・・
あらためて東北は豊かな國だと思う。

寄り道をしている間に霧雨はみぞれに変わって
視界は超不良。
1012_6
ゆっくりゆっくりと走って山を降りました。

空腹にはほど遠いのですが、軽くお蕎麦。
1012_3

宿についてから大粒の山ぶどう。
10122
わが家に植えているのより数倍の大きさ。
香りも良く、味も良し。いくらでも食べられます。

お湯、仮眠して和風夕飯。
1012yorumeshi1

軽〜く、いくらごはん。
1012yorumeshi2
筋子だったら丼で食べたい。

1012yorumeshi3
きのこ、もちろん美味!

| | Comments (0)

青の紀行(1)メキシコへ

banner_021に参加してます。応援クリックをよろしくね!
2016年6月7日(火)くもり

トド弟(レモパパ)の中米旅行記がアップされていました。ご紹介。

気ままに中米を飛ぶ「青の紀行(1)メキシコへ
2015/11/11 - 2015/11/12
Blue11086410
トド弟は鉄ちゃんにして飛行機、カメラファンなので
トーゼン旅行ファンでもあります。

500_41799733
ふぁ〜、この長距離! 映画10本っくらい見られそです。

| | Comments (0)

ヘミングウェイと飲む

↓このポチッが地球を救う? いいえ、押せばトドがヨロコビますhappy01
banner_021に参加してます。応援クリックをよろしくね!
2015年11月23日(月)晴れ、ちょいくもり

「レモパパ(弟)のカリブツアー」 3
目的地のキューバに到着しました。
(以下、メールのまま)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

未知なる社会主義の国、ハバナに滞在しています。
準備は大変でしたが、上陸したら観光客で溢れています(+_+)
アメリカの自由主義の大波が来る前に、今のキューバを観に来たつもりが・・・

20151120_132817

それでも、車好きにはたまりません!
50~60年代のアメ車がビュンビュン(^.^)
でも、排ガスが凄い!!! (>_<)

不馴れなハバナの街をキューバ美人と歩きました(^^)
彼女の案内でヘミングウェイも通いつめた「フロリディーダ」で乾杯♪
町中、陽気なラテン音楽が流れてきます。

Img_20151121_083125

実は、彼女はガイドさんで名はジリアン。(国家公務員?)
たった一人だけの個人ツアーです^_^;
デート気分で、楽しく一日を過ごしました♪

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ちょっと、うらやましい!
キューバ美人もうらやましいけど
「ヘミングウェイの通い詰めた店でフローズンダイキリを飲む」は
トドのやりたいリストの上位でありました。
一時期ヘミンギウェイのスタイルに憧れて、朝飯にそば粉の
クレープを食べていました。

Tododeheheダイキリはラムベースの
強い酒ですが
大酒飲みの
ヘミングウェイが
好んだのは特注。
ラムの量が倍、砂糖抜き
だったそうです。
それを一晩に12杯!
トドにはとても無理な話ですな。

| | Comments (0)

パナマだよ

↓このポチッが地球を救う? いいえ、押せばトドがヨロコビますhappy01
banner_021に参加してます。応援クリックをよろしくね!
2015年11月21日(土)くもり、ちょい晴れ

「レモパパのカリブツアー」 2
数日前のメールではパナマ運河近辺に居たようです。
(以下、メールのまま)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
テレビではCNN のニュースがパリのテロを報道しています。

出発前に、外務省の旅行者情報に登録しました。
毎日のように、メキシコやオランダの大使館から注意情報が入ります(笑)

旅行者もいつ巻き込まれるかも分かりません。
恐いですね。
人混みには近付かないようにしないと。

2015panama

(画像はパナマ運河に入る貨物船)
やっぱり、大迫力!
ここにも日本人の努力と叡知の結晶が、垣間見れました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
*運河を大きく載せたくて貨物船をカットしました、また後日
 紹介しましょう。


トドの子供の頃、パナマ運河は行って見たいところの一つでした。
きっと太平洋と大西洋を結ぶところを見たかったんでしょう。
長じて海外渡航熱は収まっていたのですが、サンフランシスコの
田舎に滞在中に、シアトルに暮らす遠〜い親戚の家を訪ねた時、
バァちゃんが小さな運河に案内してくれて、その水位調整を
しているのに感動し、それで満足して「運河」は「行きたいとこ
リスト」から外してしまいました。

*トドの行きたいとこリストの第1番は
 「モンゴルのゴビ砂漠で立ち小便をしてみたい」です。
 井上靖さんの「蒼き狼」を読んで以来です。

ゴビ砂漠は「走ってみたい」トコの一つでもあります。
その際はこんなオフロードバイク。
1029kawasaki1
カワサキ KLX125
わくわくのスタイリッシュでしょ。
30年?ぶりの新車は、思った以上に軽量、コンパクトで、
ものすごく扱いやすいです。
*ボタン一つでエンジンのかかるセルフスターターは
 余計なお世話かな。スクータなみの気軽さと言いたい
 のだろうけど、これから荒野を目指そうって覚悟がない
 まま走り始めるのはどうでしょ。
 自分が古いタイプのバイク乗りってことでしょうけど。
*写真のバイクはパドックさんからお借りしています。
 車検中のパシフィックコーストの代車です。
 オフロード好きのトドに「これオモシロイよ」と
 選んでくれました。確かにオモシロイです。

| | Comments (0)

カリブの小島

↓このポチッが地球を救う? いいえ、押せばトドがヨロコビますhappy01
banner_021に参加してます。応援クリックをよろしくね!
2015年11月16日(月)ぴかっ晴れ

「レモパパのカリブツアー」
セントマーチン島に着いたようです。

20151114_marthin

航空ファン垂涎の「聖地」。
リゾート地の海岸、海水浴を楽しむ人々に向かって
巨大な旅客機が突っ込むように降りてくる・・・
そんな画像をTVでご覧になったことがありますよね。
そこです。
着陸寸前のヒコーキの真下で日光浴なんて
トドには胃がせり上がってパニック寸前の恐ろしさですが、
航空機ファンにはたまらんのでしょうね。
そういえば、レモパパはレッキとした鉄道ファンなんだけど
飛行機に乗るのも好きなのでした。
意外やトド母もヒコーキ好きです。
そうか、鉄道員だった父とヒコーキ好きの母の子供だから
なんですかね。


午前、精密機器カタログの色校チェック。見直しが多く
昨夜から半徹状態の睡眠不足。

午後、イベント用パネルA1サイズのレイアウト作成。

夕方、友人の庭木の剪定クズを軽トラひと山もらい
山のぶどう畑バルキに運ぶ。


アシカのほのぼの四コマ劇場は「がんこ」。
1112残りの
3コマは
アシカの
ブログ
ほのぼの
田舎暮らし

で、お楽しみ
ください。


がんこって
ワケじゃなくて
メガネは
煩わしいからです。
だいたい読もうと思えば文庫本でも裸眼で読めます。
明るければ、電車の中でなければ、面白ければ、と
条件が付きますが。
仕事?
コンピュータに切り替えてから、目も悪くなったけど
モニタ画面上だと6400%まで拡大できるから
若い頃よりもはるかに細かい作業ができます、
・・・それがいいコトなのか、否かはギモンですが。
モンダイは文字原稿が読みづらいコト。
特に薄い手書き文字だと拡大鏡が必要です。

| | Comments (0)

あかくら(2)

↓このポチッが地球を救う? いいえ、押すとトドがヨロコビますhappy01
banner_021に参加してます。応援クリックをよろしくね!
2015年10月23日(金)晴れ

1023asa


1023akakura


1023nozomiko


1023ban1


1023ban2


1023ban3


1023ban4


1023ban5

アシカのほのぼの四コマ劇場は「食べごろ」。

1021残りの
3コマは
アシカの
ブログ
ほのぼの
田舎暮らし

で、お楽しみ
ください。

| | Comments (0)

あかくら

↓このポチッが地球を救う? いいえ、押すとトドがヨロコビますhappy01
banner_021に参加してます。応援クリックをよろしくね!
2015年10月22日(木)晴れ

スタートは岡山駅のコンビニで買ったおにぎり。
1022asameshi


1022kanazawa


1022kanazw2


1022kanazw3


1022kanazw4


1022kanazw6


1022mayum


1022iiyama


1022akakur1


1022akakur2


1022akakur3

1022akakurbar

1022akakur4


1022akakur5


1022akakur6


1022dina1


1022dina2


1022dina3


1022dina4


1022dina5


| | Comments (0)

より以前の記事一覧