« トモダチのトモダチは〜 | Main | 仲良く待つ? »

山の畑で剪定

 

2022年1月30日(日)晴れ、くもり
 
 
朝食後、
大気が暖ったまるのを待って
山のぶどう畑カンパラへ
軽トラでアシカと上がる。
0131kanpa2
標高450m(わが家は100m)、
15分足らずで到着する。
イノシシや小動物避けの電気柵は
すでに電池が切れているけど、
放置したままです。
草が伸びる前に回収しないと
絡まってややこしいことに
なります。
 
畑の周囲を囲む防風ネットも
かなり傷んでいるので取り替え
なければならない。
 
じゃどん、そん前に
まずはぶどうの剪定作業です。
 
 
鳥の巣を発見。
ウインク(ぶどうの品種)の茂みに
掛かっていたのが風で飛ばされた
らしい。
0131kanpa1
鳥は雀に似ていたから「ホオジロ」
だったかな?
毎年巣を掛け、卵は確認するけど
ヒナは見たことがありません。
イタチかテンに獲られるのか。
この巣は草を素材に丁寧に
できています。
 
 わが家の畑には「モズ」が
 毎年巣作りするけど、
 巣の一部には決まってカラフルな
 プラスチックが使われています。
 
どちらもあまり直視しないように、
遠くから応援しているのだけど
ぶどう畑での子育ては難しいようです。
 
 
雲が遠のき、晴れてきました。
畑の向こうには屋敷があり
それを守るように丈高い
ウバメガシの森がど〜んとあります。
0131kanpa3
どんぐりの実をつけ、遠い昔の
飢饉の時には村人の食糧として
役立ったと聞いたことがあります。
千年の昔から代々暮らしてきた方から
お借りしている畑です。
 
Shima1_20220126204801
 
次回の「アシカ カフェ」は
・2月 4日(金)
・2月 5日(土)
*土曜日のお昼前後はできるだけ
 ご予約をお願いしま〜す。
 0866-21-2170(源内)
 

|

« トモダチのトモダチは〜 | Main | 仲良く待つ? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« トモダチのトモダチは〜 | Main | 仲良く待つ? »