« 「麹」の文字に期待 | Main | マホーの杖 »

魔法のスティック

 

2021年3月23日(火)晴れ

 

晴れた!
友人が2人の娘と5才児のお孫さんを
連れて遊びに来てくれました。
少年は頑丈なハヤテ(新幹線車両)を
片時も離さない。
0323shabon5
はて、鉄っちゃんか?
と思ったら、
おもむろに先頭部分を外すと、
シャボン玉を作ってくれた。
ハヤテの中には溶液と
大きなシャボン玉が作れる
専用スティックが入って
いたのでした。

 

ほらこんな大きいの。
0323shabon1
魔法のスティックを一振りすると、
空中にカラフルな球が生まれ、
瞬時に世界の一部を
玉の中に切り取り、
やがて、はかなくハジけるさまに
大人たちはふっとため息をつき、
ただ眺める。
0323shabon3
少年は無心に魔法のスティックを振る。
素早く振ったかと思うと、
次には風を待ち、風がシャボンを
膨らませるのを待つ。
ひときわ大きい球ができると
振り向いて、
同じくらい大きな笑顔を見せる。
風の向きによっては
屋根よりも高く舞い上がる。
一緒に見て欲しくて
母さんに声をかける。
0323shabon4
朝、会った時、
「ボク、ぶどうが大好きなんだ」
「ある?」と
挨拶するように言った。
その言葉はもう忘れたらしい。

 

家のウラの「レンギョウ」
0323rengyo
「彩の姫(すもも)」
0323saino
畑をみんなで少こ〜し歩いてから、
友人の作ったいちご「おいCベリー」と
ケーキを食べて
「今度はジイジも一緒にくるね」と
手を振って帰っていった。
夏休みが楽しみです。
お盆過ぎだとぶどうは・・・あるぞ!

 

|

« 「麹」の文字に期待 | Main | マホーの杖 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 「麹」の文字に期待 | Main | マホーの杖 »