« February 2021 | Main | April 2021 »

Kumari さん

 

2021年3月28日(日)くもり、雨

 

カレーのお店はこの週末でお終いだよ。
って ビッチュウナッツグリッツ さんが
教えてくれました。

 

ネパールカレーの「Kumari」さん。
( Kumari はネパールの女神のようです)
0328bichyu1
11:30に着いたら
誰も居ないし、お店も開いていなかった。

 

残念、昨日までだったか、
食べそこなった〜。
0328bichyu2
この道、高校時代の通学路です。
と付近の写真を撮っていたら
ワンボックスカーが止まり、
店主が到着。

 

テキパキとお店を開け、
雨戸を開け放ち
明かりをつけると
屋敷が目覚めたように、
活気がもどります。
0328bichyu3
「どうぞ」の声にお店に入ると
「二階は眺望がいいし
 目の前のサクラも楽しめます」
と言われたのですが
この季節に何度もセンパイ(家主)に
案内されていたので、
他の方にゆずって、カウンターに着座。
0328kumari1
野菜カレー、鶏肉カレー、ダルカレー、漬物
どっれも美味しかったです。
ごはんとダルカレーを追加しました。
0328kumari2
この後、お店はどうするんですか?
「月/1 で岡山のお店にシェア出店。
「いずれ地元でもお店を・・・」
そんな計画をお持ちのようです。
いいですね、楽しみです。

 

夕方、アシカが打ち合わせ先から帰って、
少しセンパイの園芸家カジさまお手製の
おはぎをいただきました。
0328ohagi
三人のわんぱく少年を育てあげた
カジさんのスイーツはいつだって
アーリーアメリカンの明るさと
暖かさを覚えます。
プリンや焼き菓子、
おはぎ ですら
LIFE誌の広告のページの
豊かさを思い出します。

 

 

| | Comments (0)

500Cはチンクエチェント

 

2021年3月27日(土)晴れ、くもり

 

毎週、金・土は「アシカ カフェ」。 
0327ringo_20210330061301
カウンターの花は 姫りんご です。

 

畑での姿はこんな感じ。
生き生きしてますね
0327ringo2

 

今日最初のお客さまは
中学、高校の同級生ニシ君。
開店準備中に来てくれました。
外で話しながら待ってもらいます。

 

ところで今日の車はアルファロメオ?
「いや、小さいので来た」
で、見に行くと可愛いのがありました。
カブリオレじゃん。
「全開で走るとキモチがええぞ」
「そんでもな、走行中の時速60kmを
 超えると閉まらんのじゃ」
「急な雨や高速道路のトンネルに
 対応できん」
「時々、びしょ濡れじゃけど」
「まぁ、それも一興じゃろ」
0327_500c 
なるほど、空が広々で開放感があります。

 

ん、ちょっと待った!
これって「チンクエチェント」か?
「いいや、500Cじゃ」
??? そっか

 

「ここまで開けて、夏の強い陽射しを浴び、
 風をビュンと受けて走るんじゃ」
0327_500c2
排気量は?
「1400cc」
「非力じゃけどそこがまた面白い」

 

全体像 ↓ はよそ様のHPからお借りしました。
Design_500c_red_front
可愛いし、色もいいなぁ。

 

今日のアシカ カフェのお客さま
・コーヒーとチーズケーキを食べながら
 たくさんの話をして帰ってったニシ君。
・Yさん、昨日はお嬢さんと
 今日はお友達と3人で楽しそう。
・姪っ子のイズが家族4人で
 今回来なかった長女の成人の記念写真を
 見せてもらいました。
 三人娘の着物姿があでやかな
 家族写真のアルバム。
 素晴らしい装丁でした。
0327izu2
・保護ネコ活動のアスリートさんは
 運転免許取りたての息子さんとうれしそう。
・気心の知れた姉のジム友だちのお二人。
・甥っ子が家族三人で。
 4才児はイチゴを食べたくて。
・久しぶりのザッキーカップルは
 ビーグル犬レモンちゃんへのお悔やみと
 シマちゃんにチュールのおみやげ。
 トドにも「はるか」など柑橘系のおみやげ。
0327yachyo
・すこし遅れて来たご近所アスリートさんは
 ザッキーカップルと野鳥の話ができて
 ニコニコ。
 最近出会った鳥たちの写真を
 見せ合って盛り上がります。
・WS+1の仲良しご近所主婦三人さまは
 ケーキとコーヒーを満喫。
0327negi
山の友人からいただいた長ネギの
おすそわけを花束のように手渡します。

 

さて、そろそろお終いかって時間に
・ニシ君が友人フジー君を連れてリターン。
 ここ20年ほどの話は東に西に
 国境を越え、時間も入り乱れて
 際限もなく続きます。
0327odeki
しゃべり尽くして、暗くなり始めた
駐車場でアシカと見送ります。
Cinquecento
小さくて可愛いよね。
「うん、さすがチンクエチェンントだね」
とアシカ。
いや、車格からしてそうかなと
思ったんだけど
500Cって名前らしいよ。
「あのね、500のイタリア読みは?」
あっ・・・そうでした。
坂を下る
あこがれの「Cinquecento」に
手を振りながら愕然のトドでした。

 

| | Comments (0)

走り屋さんの若者?

 

2021年3月26日(金)晴れ

 

毎週、金・土は「アシカ カフェ」。 
0326himering
カウンターの花は 姫りんご です。

 

今日は、お客さまになったつもりで
ランチを実食してみました。
「クロックムッシュ」
タカキベーカリーさんの厚切りパンを
ベースに特製クリームソースと
数種のチーズ、ベーコンを乗せ、
中はとろり、外はカリッと焼きあがって、
ボリュームがあります。
*立ち上がりが早くて、火力の強い
 アラジンのオーブントースタ使用。
 余力のある四枚焼きで、1〜2枚を
 焼いています。
0326croque
ミニサラダは
レタス、ブロッコリー、トマト
ワカメ、生ハム。
これにコーヒー or 紅茶が付きます。
*もう少し軽くて、ヘルシーなタイプ
  「海街バージョン」も用意しています。

 

イキオイに乗ってケーキも食べます。
「チーズケーキ」
フワフワなのにしっとりで重さも
あります。
甘すぎないのでオジさんでも軽く美味しい。
 *カタチが崩れてるのは
  マカナイデザートとご理解ください。
  パウンドケーキなど、トドには端っこ
  しか与えられません。
  もっとも端がイチバン美味しいのですけど。
0326cheese
イチゴはビタミンCが豊富な
「おい C ベリー」。
新鮮で名前の通りに満足の美味しさ。
友人か ずんこ農園さん の朝採りです。

 

今日のお客さまは
・近所のご夫婦とそのお友だち
 トドの同年輩で顔見知りではないけど
 共通の友人の名前を出し合って、
 消息の確認が楽しくできました。

 

買い物にとなり町まで出かけ
帰ってきたら
駐車場にステキな色のスバル。
車種とホイールから想像するに
オーナーは走り屋さんの若者?
0326subaru
アシカ カフェのドアを開けて
あのステキな車のオーナーはどなた?
と小さな声でたずねたら、聞こえたらしく。
「街であの車を見かけて、
『あっワタシはこの車に乗りたいんだ』と
 初めて思ったの」
「いい色でしょ、もううれしくて」
と上気した顔で話してくださったのは
・若奥さま。お母さまと二人で
 仲よくコーヒーブレイク中でした。
0326subaru2
「実家近くに美味しいケーキの
 カフェがあるって、うれしいです」
「帰ってくる楽しみが増えました」
とも言っていただきました。
(こちらこそ感謝です)

 

「彩の姫」すももの若葉が
出てきました。
0324saino_20210328230401
濃いめの竹酢液などの忌避剤を
早めに散布してやりましょう。

 

| | Comments (0)

食べちゃダメ

 

2021年3月25日(木)くもり、晴れ

 

今、ぶどう畑のあちこちに
群生してる薄ムラサキ色の
花は何?
と姉に聞いた。
0325hananir1
花を活けていた姉はゆっくり
振りかえると
やれ、やれって顔で
「ハナニラじゃけど」
あぁ、そうじゃった。
確かに前にも聞いた気がする。
0325hananir2
いやさぁ、
匂いを嗅げばわかるんじゃけど
清楚な花の風貌と「ニラ」の
イメージが合わなくて。
 *おっと、
  野菜のニラと同じような匂いで
  同じ属だけど、ジツは有毒らしいので
  食べてはイケナイようです。
  知らなきゃ 卵とじ にするな、きっと。
 *おっと、まてまて、
 「花ニラ」と表記するのもあって
  こっちは食用で栄養価が高く
  滋養強壮なんだそうです。

う〜ん、「触らぬ神に・・・」ですな。

 

わが家のサクラは、まだこんなです。
0325sakura
例年この近辺では一番咲くのが遅いサクラです。
満開まではまだ少しかかりそうです。

 

| | Comments (0)

マホーの杖

 

2021年3月24日(水)晴れ、くもり

 

「え、この花なに?」
 って聞かれます。
「カイドウですか?」とも
0324himering
母から ひめりんご と聞いています。
むかし、父が植えたもの。
父は普通の「りんご」を
育てたかったようですが、
それにはこの地は暖かすぎるようで
結局、姫りんごで満足せざるを
得なかったようです。
Hohoh100_20210327034901
でもまぁ、
可憐な花にみなさんが喜んで
くださるので、本望でしょう。
*小さな実は食用でもあるのですが
 あまりできないのは、肥料が
 足りぬのかもしれません。
 今年は油かすを施してみよう。
*「アルプス乙女」の方が
 よく結実するようです。
 食べたい方はこちらの方が
 おすすめですね。

 

「エルダーフラワー」
道法スタイルで真っ直ぐ上に
育てました。
0324elder1
一年で1.5mくらいになりました。
今年は花を咲かせるかな?
マスカットの香りらしいので
楽しみにしています。

 

ロウ梅の木陰でひたすら真っ直ぐに育てたので
ブッシュのイメージではなく
どうしたもんかと思ってたら
根元に新しい芽が出てました。
ふふふ。
0324elder2
もうひとつ ふふふ
ハリポタが持っている魔法の杖は
この木で作られているようです。
 Yoda2_20210327041801
やった〜、マホー使いホーダイだ。

 

レモンの木の防寒ワラを取り外した夕方、
ジーンズに大きな昆虫。
0324batta
8cmほどのバッタです。
この大きさになるほど暖かかったか?
それとも越冬したのか?
見ているうちに元気に跳ねて、
飛んで行った。
今年生まれたピカピカの身体?

 

| | Comments (0)

魔法のスティック

 

2021年3月23日(火)晴れ

 

晴れた!
友人が2人の娘と5才児のお孫さんを
連れて遊びに来てくれました。
少年は頑丈なハヤテ(新幹線車両)を
片時も離さない。
0323shabon5
はて、鉄っちゃんか?
と思ったら、
おもむろに先頭部分を外すと、
シャボン玉を作ってくれた。
ハヤテの中には溶液と
大きなシャボン玉が作れる
専用スティックが入って
いたのでした。

 

ほらこんな大きいの。
0323shabon1
魔法のスティックを一振りすると、
空中にカラフルな球が生まれ、
瞬時に世界の一部を
玉の中に切り取り、
やがて、はかなくハジけるさまに
大人たちはふっとため息をつき、
ただ眺める。
0323shabon3
少年は無心に魔法のスティックを振る。
素早く振ったかと思うと、
次には風を待ち、風がシャボンを
膨らませるのを待つ。
ひときわ大きい球ができると
振り向いて、
同じくらい大きな笑顔を見せる。
風の向きによっては
屋根よりも高く舞い上がる。
一緒に見て欲しくて
母さんに声をかける。
0323shabon4
朝、会った時、
「ボク、ぶどうが大好きなんだ」
「ある?」と
挨拶するように言った。
その言葉はもう忘れたらしい。

 

家のウラの「レンギョウ」
0323rengyo
「彩の姫(すもも)」
0323saino
畑をみんなで少こ〜し歩いてから、
友人の作ったいちご「おいCベリー」と
ケーキを食べて
「今度はジイジも一緒にくるね」と
手を振って帰っていった。
夏休みが楽しみです。
お盆過ぎだとぶどうは・・・あるぞ!

 

| | Comments (0)

「麹」の文字に期待

 

2021年3月22日(月)くもり、雨

 

寒い雨の日。
国産ビールに飽きたので
買ってみた。
0322kouji
パッケージデザインと
「麹」の文字に期待したが・・・

 

かつてほど、ベタ甘くはないが
大人が好んで飲むような
完成度ではない。
ズンとお腹にたまる。
冷水のよう。
暑い日に、軽くたしなむ
カクテルかな。
麦のような芳醇さは無い。

 

| | Comments (0)

なんで?

 

2021年3月21日(日)くもり、雨

 

雨の日曜日
川向こうの山も山桜も
雨に煙っています。
0321yamasakur
この時季こっちの山には点々と
山桜が見えますが
集落の背後の山には
ほとんど見えません。
0321yama
なんで? と
 こどもの頃、母に聞いたら
「野鳥が山桜の実(さくらんぼ)を
 食べては ぷい と種を排泄して
 それが大きゅうなるんじゃ」
ん〜、じゃこっちの山に
生えとらんのはなんで?
「こっちの山には
 ようけぇ人が入っとるじゃろ」
うん。
「山桜は作業にジャマなだけで
 何の役にも立たんから見つけたら
 すぐに切ってしまうからじゃ」
Natto33_20210325071801
日曜日になると家族みんなで、
焚き木取りや、山の手入れに
弁当を持って山に入っていたのは
各家庭にプロパンガスが入る前まで、
トドが中学生の頃だったでしょうか。

 

わが家の前のソメイヨシノ。
0321somei
開花はまだ先のようです。
このあたりで一番おそいサクラです。

 

80_20210325065701
サツマビーグル・レモンちゃんの
メモリアル・アルバム(2017年)
20170807hutari
シマとレモン、仲が悪いワケでは
ないのですが。
突然、家の中で暮らし始めたレモンに
適度に距離をとるシマちゃんです。
レモンは気にもしていません。

 

屋内(土間)から庭に出たり
近くの畑を見たり。
20170728lemon1
もうそれほど好奇心はなくなっているので
遠くまで一人散歩することもなく、
いいかげんに張ったネットの中を
自由に歩くことで満足しています
20170728lemon2
おだやかないい顔でしょ。
郵便屋さん、宅急便さん、ガス屋さん
みなさんが声をかけてくれ
いつの間にかファンができてました。
*長く外の小屋にいたので、
 家の中に移った時には
「イケなんだなぁ」と弔意の言葉を
 たくさんの方からいただきました。
 あっ、いや、家ん中にいます。
 まだ、まだ元気で生きてますよ。
 の声に安堵の笑顔でした。

 

| | Comments (0)

よっぽど うれしかった?

 

2021年3月20日(土)晴れ、くもり

 

ヒメコブシが咲きました。
0320_himekobushi
サンシュユもコブシも
花がないとなんで植えたんだろうって
ヘンテコな木 ですが
花が咲くと
あぁ、これを見たかったのね と
納得します。
0320himekobushi
真夏と真冬にしか帰省しなかったトドは
変な木を植えたもんだな
と思っていました。

 

お気に入りの
アーモンドの つぼみ 。
0317almo6
わかりやすくて
美しくて
しかも、美味しい。

 

さて、快晴の土曜日のアシカ カフェ。
今日も出足がゆっくりです。
どうやら、お彼岸で、卒業式で・・・
みなさんお出かけらしい。
Img_2615
天井を見上げ、
さて、どうしたもんかね〜
と話していたら
幼なじみの たっちゃん が
寄ってくれました。
トドと兄弟のように育った
ちょっとだけ兄ちゃんです。
久しぶりなんでビールを飲みたい
ところですがアルコールはないので
カウンターで一緒に飯を食って
コーヒーで近況報告です。

 

南となりの街に住む
怪しい探検隊の二人もやってきました。
0320ayashi
ご先祖の墓そうじをしっかり終えてから
来てくれたようです。
感謝です。

80_20201210232101_20210324133501

サツマビーグル・レモンちゃんの
メモリアル・アルバム(2017年)
退屈そうにしていたので
どっかいく?
20170702lemon
「どっかって?」
軽トラの方に歩いたので
お医者さんではないと瞬時に判断。

 

いそいそとアシカのヒザに乗ります。
運転席を向くと
「なんだ、お前も来るのか?」って
不満そうに見ていましたが
「まっいいか」と
気を取り直したようです。
20170708tode5_2
山を上に、上にと登って
ぶどう畑に着きました。
「ここ?」
 降りて、まわりの匂いを嗅いで
「あっ、ここ、知ってる場所だ〜」
「ここだったのか」
 思い出した?
「覚えてる」
「走り回って、嬉しくなって
 ・・・たき火に飛び込んだとこだ〜」
20170708tode6
「ちょっと火傷もしたけど
 ここ大好きな場所だ〜」
*犬が笑うの初めて見ました。

 

| | Comments (0)

こんな日はボチボチと

 

2021年3月19日(金)晴れ、くもり

 

相変わらずあでやかな
「アーモンド」さん。
0319almond
受粉木として植えた白鵬(もも)が
今年は不調なので、
実は収穫できないかもしれません。

 

このやさしい花は「ゆすらうめ」さん。
0319yusura2
こどもの頃はむさぼるように
あらそって食べてた赤い実。
半ズボンのポケットを
ひっくり返せば
ぼろぼろといくらでも
こぼれ出てきました。
今は3つぶも食べれば十分。
小さなさくらんぼのような
赤い実を見るだけで満足です。

 

アシカ カフェの
カウンターの上には
サクラが登場しました。
0319counter

 

お彼岸なので
ぶっだんには おはぎ。
0319ohagi
父の好物でもありました。
三色おはぎは初めて。

 

さて、さて・・・
突然消えたレモンの空白に
意気が上がらず。
お客さまもスローな出足。
家族でお墓参りか、
あまりの天気の良さに桜遊山で
お遊びなのか?
0319shima
シマちゃんは日陰でうたたね ちう。

 

こんな日はぼちぼちと
まかないランチ。
0319umimach
本日の まかない飯 は
クロックムッシュのヘルシー版。
 吉田秋生さんのマンガをヒントに
 アシカがアレンジしました。
和風で軽く、カリッと美味しいです。
新メニューには
クロックムッシュ(海街風)と
載せましょか。

 

なんて話していたら
・常連のアスリートさんが
 颯爽と登場して
 いつものコーヒーブレイク。
・すこし遅れて
 お仲間のアスリートさんと
 次の ラン話 で楽しそう。

 

・「すぐ近くなんですけど
  三人だいじょぶですか?」と電話。
  初見のdouさまは中高生のお嬢さんと。
  三者三様のランチは
  どれも美味しかったようで、
  イキオイ良くケーキに突入。
  「美味しかった〜」の声がカフェに
  ひびき、店主もあな嬉し!

 

80_20210323080101
サツマビーグル/レモンちゃんの
ご近所散歩風景(2016年)
20160412lem4
ぶどう畑の西の端っこ。
姿が隠れるほどのライ麦の中を
走るんが好きでした。

 

クルマ通りよりも
細い歩道が楽しげで、
ご自慢のシッポが立ちます。
20160828sanpo2
同じく散歩中の犬を発見すると
出会う前にコースを変えます。
見知った犬だとそのまま進みます。

 

西日を背に受けて。
20160821sanpo
畑の間の小さな道は
荷物を積んだ一輪車(ネコ車)が
通れるくらいの細道。
お百姓がクワをかついで歩いたり、
こども達がショートカットして
走り回る道です。

 

| | Comments (0)

花で飾って

 

2021年3月18日(木)晴れ、くもり

 

昨夜おそく、
連日の疲れか
トドが眠っている間に
ビーグル犬レモンは一人で・・・
「やれやれ」とくびをふりながら
空の彼方にかけのぼって逝きました。
80_20210321174001
熱中症でダウンした
トド弟の愛犬レモンが
わが家の居間に暮らすように
なったのは2015年でした。

 

猛暑の夏だけだったはずが
寒いのもかわいそうと
なしくずし的に冬も
空調の効いた居間で暮らすのに
時間はかかりませんでした。
以来6年半ほどの屋内生活。
2度の腫瘍切除手術。
最後の1年は認知症でポワ〜ン。
体調不良もあってやせ細り
ガリガリでした。
0318hana
 いちばん最初のネコ「あず」が
 逝ったのはもう少し寒い季節でした。
 手向ける花はロウ梅しかなくて
 寂しかった。
なのでいっぱいの花を摘んで、
ヤセコケた体にかけてやりました。

 

トド弟が熊本のブリーダーまで
引き取りに行ってから17年
たくさんの「かわいい」を
見せてくれました。

 

最近の写真を2枚。
0308blemon
ストーブが大好きで
直火により添うように眠りました。

 

アシカに抱かれると
安心したようにヒザに
頭を埋め、眠りました。
0306blemon
あまりに寒そうなので
初めてセーターを着せてやりました。
17年間ありがとう。

 

| | Comments (1)

あでやかに、楚々と

 

2021年3月17日(水)晴れ、くもり

 

果樹の花が次々にに咲き始めます。
アーモンドはあでやかに。
0317almond1
肥料分が足りぬせいか
花はまばらだけど、
まとうピンクの鮮やかさに
道行く人の目を集め
「今年も会えたなぁ」
「アーモンドさんじゃったな」と
名前もかなり周知されてきました。
0317almond3
道沿いにずらりと植えて
花を愛で、大量の実を収穫と
一時は夢想しましたが、
そこまでの土地の余裕はなく断念。
でもあちこちで見かけるようになって
満足です。

 

彩の姫(すもも)は白い花を
楚々と咲かせます。
0317saino2
この すもも は・・・
素直な美味しさがあります。
くどくない美味しさが
ものたりなくて量産されないのかな。
植えた人だけが
享受できる美味しさを気に入っています。
0317saino3
ただし、スリップス(害虫)に弱く、
シンクイムシや
野鳥も待ち構えていますから
収穫まで気が抜けません。
0317saino1
食べられたらラッキーくらいに
思っています。

 

アシカカフェ は
金曜、土曜が営業日です。
11:00〜16:30

 

| | Comments (0)

黒い顔が笑う

 

2021年3月16日(火)くもり、小雨、晴れ

 

近所のスーパーに入ったら
「オッ、トドじゃん」と声をかけられた。
振り返るとレジに並ぶ列に高校時代の
同級生ヒデの日焼けした黒い顔が
笑っていた。
 懐かしさは、さておいて
 まずは気になっていた別の友人の
 消息を聞いた。
 やはり病床にいるらしい。
 うむむ・・・

 

「ところで、お前え、
  カフェを始めたらしいな」
 おぉ、その話はまた後で!

 

とりあえず、レジをすませ、
店の外に出て互いの近況を話す。
0316log1
彼は今では某バイク競技団体の
主催側に属している。
シーズンが始まれば国内を転々と回り、
海外にも遠征する。
(かつてはヒデも競技者だった)

 

この時期(オフ)は釣り、スキー、
ログハウス作りを楽しんだり、
先日はかつての同級生を集めて、
インパクトドライバーをバシバシ使って、
倉庫を作ったらしい。
0316log2
して、これがログハウス。
20代と同じくらいの
けたたましいほどの活気に満ちた
言葉の奔流に一気に飲み込まれた。

 

あれから幾星霜も過ぎたのに・・・
今はコロナ停滞の季節なのに・・・
そんなことは全部すっ飛ばして、
ただ熱く、無闇に走り続けた
長い長い「永遠の夏休み」の中に
いつの間にか引き込まれていた。

 

小一時間話した後でヒデは
「シーズンが始まる前に
 そのカフェとやらに行くよ」
 あぁ、そだな、また会おう。
と答え、手を上げると
Haitodo_20210111143001_20210319234701
世界は再び静寂に戻った。

 

アシカカフェ は
金曜、土曜が営業日です。
11:00〜16:30

 

| | Comments (0)

安全で美味しい

 

2021年3月15日(月)晴れ

 

家の周辺の畑を見回り、
いくつか用事を済ませて
昼前に山のぶどう畑バルキで
剪定枝のチェック。

0315bento

軽トラの中での昼食は
タカキベーカリーさんの
「石窯パン」レーズン・くるみ入り。
友人の作ったりんご1コとウラタ君のお茶。
ビジュアル系?農業雑誌「野菜だより」を
読みながら美味しくいただく。
疲れたら別作業に切り替え気分転換
するが、特に休憩はしない。

 

*市販の弁当やおにぎりの
 添加物の表示にうんざりしていたら、
 さらに非表示でもOKになったようなので
 信頼できて美味しいタカキさんの
 石窯パン頼りになってしまった。

 

アシカカフェ は
金曜、土曜が営業日です。
11:00〜16:30

 

| | Comments (0)

ささだんご

 

2021年3月14日(日)晴れ

 

午前、デスクワーク。
午後、山のぶどう畑バルキで剪定のチェック。

 

今年の収穫と2年先、3年先に
どうありたいかを確認しながら
行きつ戻りつしながら歩く。

 

ひと芽だけ残し切り詰めた枝を見る。
不要な古い枯れ枝が残っていれば
切り落とす。
棚に結わえたヒモが劣化していれば
新しいヒモに結わえ直す。

 

休憩もとらず集中していたら、
傾斜地を慎重に足を運ぶ
小さな足音にふり返る。
0314sasadago
近くの3才の女の子が
ニコッと笑って
「これっ」
と手渡してくれた「笹だんご」。
目を上げると上の道に父と母が
笑いながら手を振っていた。
「よかったらどうぞ」
 ありがとう。
「上手にできてないけど」
 いや、美味しそうです。

 

バルキ畑はこんなところです。
山頂(ヒルトップのイメージ)から
少し低地なので、強い風は
抑えられる地形です。
0228balk_20210318034201
畑は少し斜面なのでぶどう畑としては
いいのですが、
平地の畑よりも倍疲れます。
0228balk2
笹だんごは翌朝いただきました。
ていねいに作ってあって
あんこも甘すぎず
美味しかった。
と伝えると
奥さまは
「ぜんぶ、ここでできたもので
 作りました」
「笹も、米粉も、あずきも」
「ここのもので、じぶんの手で作るのが
 好きなんです」
おいしかった。
ありがとう。

 

アシカカフェ は
金曜、土曜が営業日です。
11:00〜16:30

 

| | Comments (0)

ホワイトデイ

 

2021年3月13日(土)くもり、雨

 

今日も アシカ カフェ の開店準備を
手伝ってからトドは山のぶどう畑バルキに
芽のチェックに上がりました。
めちゃ寒ぶかったです。
0829genkan320_20210317025001
カフェの方はホワイトデイの
前日とあって、
クッキーやケーキ、焼き菓子の
依頼で昨日からフル回転の
アシカさんです。
0313cookie
ネコ型のクッキー、
ネコプリントのパッケージに
「カワイイ」の声が店内にひびきます。
(写真を撮り忘れました)

 

アシカの以前の作品。
モチーフは初代ネコ 孤高のアズさん。
0306cafe2
アズの車での定席はトドの肩。
ぐるり首に巻きついて、
右肩から進行方向を見るのが
大好きでした。
夏でも黒ネコのマフラーで
暑くて意識を失いそうでした。

Todokaw90_20210317103601

さて、今日のアシカカフェは
・市内から母さんと娘さん。
 たまには娘と二人でゆっくり
 「ケーキでも食べて、
  あれこれ話もしたい」って方が
 アシカカフェにはとても多いです。
 あまりに楽しそうなので
 見ているだけで、
 こちらもうれしくなります。

 

・近くから来られた二人の女性が
 見ているのは
0313shima
シマちゃんでした。
電話をかけにカフェから出てきた
和服の女性の後を追っかける
シマちゃん。
和服が珍しかったのでしょうか。
0313shima2
(木立にまぎれて見えにくいですが
 和服とシマちゃんの後ろ姿です)

 

・数日前から予約をいただいていた
 M山さんご夫婦
 遠くに住むふたりのお嬢さんと
 数人のスタッフさんたち用に
 たくさんのケーキや焼き菓子を
 お求めいただきました。
 カウンターでは代々飼った動物たちの
 エピソード。
 犬や魚やイグアナの楽しい話で
 楽しませていただきました。 
0313gokinjyo
・ご近所主婦 二人のSさんとSさん。
 仲良くコーヒーブレイクを
 フレッシュイチゴパフェを
 楽しみながら。

 

今日もみなさんのたくさんの笑顔が
アシカカフェで見られました。
ありがとうございます。

 

アシカカフェ は
金曜、土曜が営業日です。
11:00〜16:30

 

| | Comments (0)

雨ですが、カフェに

 

2021年3月12日(金)くもり、雨

 

気がつけば沈丁花も ぽつり ぽつり と
咲き始めています。
漂う甘い香りに頬が緩みます。
0312chin

 

アシカ カフェの開店準備を手伝ってから
山のぶどう畑カンパラへ上がって
ぶどうの剪定。
ヤマブドウ系がまだ残っていました。
0312kanpa1
標高100mのわが家から
450mの山の畑まで約13分。
時おり小雨が降って寒く
路面もぬれています。
本降りは午後からなので
手早く作業して撤退します。
0312kanpa2
本日のアシカカフェのお客さま
・少し北の町に住む友人3人さま
 開店以来、久しぶりなので
 トドもお会いしたかったです。

 

・ご近所にお住まいの母と娘
 ヒラタさんの作った高梁ランチマップを
 見て電話していただきました。

 

・ご近所応援団のKさんが
 お友達と2人連れで。

 

・いつものアスリートさんは
 ラン仲間と一緒にコーヒーブレイク。

 

・いつも軽く数十キロ走った後、
 最後に坂を駆け上がって登場する
 ストイックな風貌のアスリートさんが
 今日は満面の笑顔で
 息子さんの車で来られました。

 

みなさん天候不良なのに
アシカ カフェに来て下さって
ありがとうござうます。
Haitodo_20210111143001_20210316043301

 

わが家のウラの畑のアンズ。
0310anzu66
もう少しで満開です。
晴れてうまく受粉できますように。
0312anzu

 

アシカカフェ は
金曜、土曜が営業日です。
11:00〜16:30

 

| | Comments (0)

美しく、読みやすい

 

2021年3月11日(木)くもり、晴れ

 

税務署に
0311zeimu
0308hoken
0310anzu6

 

アシカカフェ は
金曜、土曜が営業日です。
11:00〜16:30

 

| | Comments (0)

あんず、咲きました

 

2021年3月10日(水)くもり、晴れ、くもり

 

「あんず」が咲き始めました。
0310anzu5
毎年、芽が出る前(2月)に
病気の予防として石灰硫黄合剤を
散布したいのですが、
ぶどうの剪定作業に追われて
できません。
せめて、今年は竹酢液(忌避剤)の
散布回数を増やしてやりましょう。
0310anzu3
受粉木が必要なので2種植えています。
・ハーコット
・ゴールドコット
どっちが、どっちだか忘れました。

 

受粉の季節に雨が重なります。
今年は上手く避けられるといいな。
「あんず?」
「食べたことありませ〜ん」
ってお客さまも多数です。
カフェのお客さま分くらいは
収穫したい。
0310anzu2
あんずの後はすももが咲きます。
美味しいので「彩の姫」だけは
食べたいのですが、
スリップス(害虫)には勝てず
一度だけ殺虫剤を薄めてかけます。

Todokaw90_20210112105001_20210314094701

「屋根裏をものおきに」作戦終了。
床を張り終え、蜜蝋を塗って
ススなどの汚れから守ります。
0310mono2
蜜蝋の匂いが抜けるまで3日ほど
かかりそうです。
それから書庫 兼 物入れとして
活用します。
0310mono1
金、土は「アシカ カフェ」の営業日のため
週4日間/合計10日間「リバース」さんに
お世話になりました。
丁寧な仕事っぷり、
楽しませていただき
ありがとうございました。

 

夕方の仕事は風呂焚き。
寒かったので、ぶどうの太枝と
燃えやすい製材の切れっ端で
強めの火力で焚きます。
0310huro
寒い日が続くと、たくさんの消し炭が
採れます。
今年植える苗木の下に、
ぶどう畑や野菜畑にどんどん入れます。
炭や灰はもっと欲しいのですが、
最近は焚き火がしづらくて・・・。

 

アシカカフェ は
金曜、土曜が営業日です。
11:00〜16:30

 

| | Comments (0)

屋根裏の「ものおき」

 

2021年3月9日(火)くもり、晴れ、くもり

 

姉が生けてくれたツバキ。
0306tubak_20210313034301
トドは「食べられる植物」にしか
興味はありませ〜ん。
春〜秋にかけての草花の世話をする
ことはあっても・・・

 

さて、屋根裏の「ものおき」の製作は
鋭意、順調に続いています。
0309monok1
傾斜の屋根と壁面はほぼ終わって、
古い梁や柱との接合部分に腐心中の
大工さんです。
 現代の真っ直ぐな材であれば
 簡単に終わる作業なのに。
 頑張ってと言うしかありませぬ。
0309monok2

 

18年前の回収工事の時
「床はいずれ書庫にしたいから
 できるだけ頑丈に」の
リクエストに応じて当時の大工さんが
がっちり桟を入れ、コンパネで覆って
くれてました。
0309monok3

 

断熱材の下は居間の天井です。
破れて中が見えているのは
ネズミの仕業ですね。
0309monok33

 

夕方からコンパネの上に床材を
張る作業が始まりました。
0309monok4
いよいよ、最終行程です。

 

ひさしぶりに図書館の
観光案内所にぶどうジャムの納品。
0309tosyo
コロナ以来、客足は遠のいて、
以前の活気が戻るのは
いつになるのか。

 

アシカカフェ は
金曜、土曜が営業日です。
11:00〜16:30

 

| | Comments (0)

ガシガシ食べて眠る、やせっぽち

 

2021年3月8日(月)くもり、晴れ、くもり

 

老ビーグル犬レモンを心配してくださる方が
たくさんおられます。
ジツは「もう、ここまでか!」と何度も
カクゴしたのですが、
そのつど、立ち直っています。
0308lemon
あばらや背骨がくっきりと見えるほど
やせて、足元もあやしいけど、
食べます。飲みます。
食事中、自力で立ってるのが
辛そうなので左手で抱いて、
右手で皿を食べやすい方向に
向けます。
ガシガシ食べるので、
油断していると指を噛まれそうな
イキオイです。

 

書庫あらため 新しい物置
週のうち4日間だけリバースさんに
大工仕事をお願いしています。
(月〜木)
0308monok1
天井と壁がだいぶん出来ました。
古民家の柱や梁は、ねじれた自然の木を
そのまま使っています。
カーブに合わせて製材を複雑なラインに
切り分けるやっかいな仕事を黙々と
取り組んでくれています。
0308monok2
壁の向こうは真っ暗な空間。
何かに使えそうな広さですが・・・
考えないようにしています。
0308monok3
仕事部屋からの入り口。
18年前、階下の居間の天井を
高く設定ので、物置の入り口も
40cmほど高くなりました。
0308monok4
完成したら、他の部屋が使いやすくなる
・・・はずです。

 

アシカカフェ は
金曜、土曜が営業日です。
11:00〜16:30

 

| | Comments (0)

赤穂のカキも美味

 

2021年3月7日(日)くもり、晴れ、くもり

 

午前、デスクワーク。
午後、姉と一緒に山のぶどう畑バルキで
剪定作業を夕方まで。
0307kirinoumi
途中の「霧の海天望の丘」。
この時間にはキリ(雲海)はありませんが
瀬戸内近くの山々まで見渡せます。
駐車場のトイレは村人の手によって
しっかり掃除されているので
時々使わせてもらいます。感謝!

 

昨日、友人が姫路(赤穂)のカキを
届けてくれました。
大きくて ぷりっぷり を速攻で焼いて食べ、
今日はフライでいただきました。
0307kaki
カキは広島、岡山も産地ですが、
近年「姫路のカキ」も美味しいと
評判です。
「赤穂・あこうのカキ」
 ・海底から湧き水・・・キレイな海
 ・近くの国定公園から豊富な植物プランクトン
  ・・・ミネラルの多い海
 ・一年でカキが育つので えぐみ が少ない
 
  なので
  濃厚でクリーミーな美味しさ
  だそうです。

Umigasuki2_20210310030701

山育ちのトドは貝類は苦手なのですが、
カキは食べます。
20代の頃しつこく
「カキフライを食べて、元気だそっ」と
誘ってくれた友人ニシモト君の
おかげで、安い定食屋のとろけるような
アヤシイカキが美味しい標準になりました。
それに比ぶれば広島、岡山、伊勢、仙台、
飛島・・・どれも極上の逸品です。
そして、
吉田秋生さんの「バナナフィシュ」や
ロバートBパーカーのおかげで
オイスターバーで「ダース注文」が
できるまでになりました。
みんな、ありがと。

 

アシカカフェ は
金曜、土曜が営業日です。
11:00〜16:30

 

| | Comments (0)

久しぶりに会えた

 

2021年3月6日(土)くもり、晴れ

 

今、絶好調のツバキさんです。
カフェにも登場してもらいました。
0306tubaki
姉が大事に管理しているツバキさん
トドは存在すら知らなかった。

 

ちょっと昔にアシカが惚れ込んで
買ったお雛さま。
その後、見かけることがないまま
数年経て、満を持しての登場です。
0306hina
素材は粘土。
なのに柔らかな布の風合いを
表現できる技法にびっくりです。
九州にお住いの作家さんです。

 

アシカのケーキもカウンターで
みなさんをお待ちしていま〜す。
0306cafe1
今日はチーズケーキと
ココアのマーブル・シフォンケーキです。

 

・朝いちばんのお客さまはお二人の女性。
 駐車場から草花を愛でながらゆっくり歩いて。
 「一週間前にテラさんにすすめられて・・・」
 はい、テラさまでしたら昨日もお寄りに。
 スモークサーモン丼を気に入ってもらって。
 「じゃ、それを」

 

・ハァハァと競争しながら、坂を駆け
 上ってきた二人の子供と母親。
 後ろから若いばあちゃんと末っ子が
 追いついて合流の5人さま。
 クロックムッシュとサーモン丼の
 楽しいランチ会でした。
 帰りがけ、長男君の
 「サーモン丼、美味しかった〜」
 の声が超うれしい。
0306gest
・ご近所 Sさんとお友達が歩いて。
 アシカとカウンター越しに楽しいランチ会でした。

 

・ご近所 Kさんもお一人で気軽なランチ。

 

・姉の友人が二人お茶とケーキを。

 

・ご近所 Kご夫婦はサーモン丼とケーキを
 仲良く時間をかけて・・・
(正しくは、忙しすぎて用意がゆっくりに
 なったのでした)

 

・友人 U夫婦
0306gest2
 久々に会いました。
 サーモン丼が食べたくて、
 来てくださったのですが・・・
 本日は売り切れてしまい
 クロックムッシュと
 新クロックムッシュ(海街バージョン)を
 用意させていただきました。
0306gest3
 どちらも「美味しかった〜」と
 ほめていただきました。

 

・久々のザッキー カップル
 いつもシマちゃんにたくさんの
 お土産をいただいております。
0306ges4
 屋根の上にいるのを発見。
 「飛びつく焼きカツオ」で
 呼び寄せます。
0306ges5
 3月ぶりの邂逅にブラシまで用意する
 周到さ。
 そのあと、ケーキセットを堪能します。
0306gest6
 野鳥の写真を見せてくださっているところに
・アスリートさんも登場。
0306yatyou
みっちり野鳥の情報交換。
出会い方、撮り方などレクチャー。
0306yatyou2
 他のお客さまがいなくなってから
 レモンちゃんも呼んで
 健康相談、介護相談をさせてもらいました。
0306lemon
 アシカの膝の上が
 ここち良いようで、
 のんびりミーティングに参加でした。

 

アシカカフェ は
金曜、土曜が営業日です。
11:00〜16:30

 

| | Comments (0)

おすすめはイチゴのミニパフェ

 

2021年3月5日(金)くもり、雨

 

カウンターの花はビオラ
「バニーイヤーズ/ウサギの耳」です
0305cafe1

 

今日のアシカ カフェのおすすめは
有漢のかずんこ農園さんの低農薬の
美味しいイチゴをミニパフェに仕立てました。
Berry_20210307101101
爽やかな旬の味をお楽しみください。

 

そして、先週も人気だったチーズケーキ。
0305cake
甘さひかえめのスフレタイプですから
軽〜く食べられます。

 

今日最初のお客さまは
・ご近所の奥さま友だちのお二人。
 このカフェを施工していただいた
 会社ゆかりの方と山のぶどう畑
 近くにお住まいだった方。
 共通の話題がたくさんでした。
・突撃ランチレポーターのヒラさま
 毎回のレポートが楽しみです。
・イベント仲間のテラさま
 行動力の方です。
・わが家のぶどうファン カワさまと
 同僚の方。
0305athlete
・今日もトリはアスリートさん。
 じっくりとコーヒーを楽しんで
 風のように仕事場に戻って行かれました。
もうすぐ春なのに
「フユシラズ」を2株買いました。
0221huyusiraz_20210307101401
駐車場の看板ワキに黄色い花が
欲しかったので。
庭のヒメコブシもそろそろでしょうか。
0219himek_20210307101501

 

アシカカフェ は
金曜、土曜が営業日です。
11:00〜16:30

 

| | Comments (0)

暗闇を舞台に

 

2021年3月4日(木)くもり、晴れ、雨

 

屋根裏の工事は
天井を松材の平板で張っていきます。
0304kokomad
18年前、階下の居間の工事のおりに、
上はいずれ書庫にしたいから
できるだけ頑丈にしておいて欲しいと
大工さんにお願いしていたのですが、
防音については忘れていたようです。
工事の騒音はストレートに階下を
攻撃します。
まぁ、住むわけではないのだからと
防音のリクエストはあきらめました。
Todokaw90_20210306040501
 となりの仕事部屋は下で父母が
 休んでいましたので、丈夫さと
 防音は木造家屋にしては
 十二分にできています。

 

さて、部屋の奥に小さな扉を
用意してもらいました。
0304dokodemo
「どこでもドア?」
「どこ行きたい?」
 そりゃもう、お腹も空いているし
 イタリアに飯を喰いに行きたい!
 とドア一つで話は盛り上がります。

 

これは
電気配線のトラブルがあった時のための
開口部です。

 

仕事部屋に続くドアはこんな感じ。
0304yaho
この狭い部屋を玄関の上の屋根裏から
見ればこんな空間でした。↓

 

小劇場の舞台のようでしょ。
玄関をカフェに改装する前に
撮った写真です。(2019年8月)
0822kaizo11_20210306042601
設計事務所に研修に来ていた
学生が一灯の照明に照らされ
女優のように見えました。
0822kaizo6_20210306042601
入り組んだ梁は枡席にも見えます。
トドが通い詰めたつかさんや遊眠舎、
いや東京キッドや唐十郎の役者に
似合いそうなテイストでしょうか。
0822kaizo4_20210306042701
成り切った感のある
このショットは公演のチラシに
使えそうです。
と、しばし幕間の暗闇異次元に
意識が飛びます。

 

アシカカフェ は
金曜、土曜が営業日です。
11:00〜16:30

 

| | Comments (0)

割りに合わない?

 

2021年3月3日(水)くもり、晴れ、くもり

 

屋根裏の工事が入ってるので、
邪魔にならぬよう、軽トラは
家のウラに停めています。
0303tubaki
畑に出かけるのに、ウラの石段を
上ろうとしたら、椿の花が一輪!
おや、もうこんな季節だったかと
見上げると、いくつか花が見える。
 3年ほど前、ドサドサ降ってくる大量の
 椿の花の掃除と樹木の暗さに根をあげて
 半分サイズに小さくしたのでした。
日当たりと風抜けは良くなったのだけど
花が少なくなってしまった。
派手な赤い花が見えぬのはいささか、寂し。

 

山の畑で、一人ぶどうの剪定してたら
今日は「桃の節句」と思い出した。
確かアシカが
「あんこが食べたい」と言ってたような
気もするし・・・
そこで、突然、サトーさんの顔が
フラッシュバック。
Sato2_20210305141101
(ご自身の自画像です)
「ハードな仕事を片付けて、
 帰宅するクルマの中で食べる
 いちご大福の美味しさったら・・・」
 ってFBに書いていたのを思い出した。

 

軽トラに飛び乗り山から降りて
となり町の和菓子屋さんに直行。
いささか小振りだけど
いちご大福を購入。
0304ichigdai
3時のお茶にぎりぎり間に合って
ワイワイと食べたいちご大福の
美味しかったこと。
今日いちばんの満足でした。

 

さて、わが家の
屋根裏の工事は順調のようです。
0303daik2
古い垂木や野地板を隠すように
天井板を張っていきます。
0303daik3
それでも、要所要所に曲がった材が
ありますから、コンパスで曲がりを
トレースして、合わせる根気の作業を
二人で黙々とやってくれました。
0303daik4
とても、いちご大福二つじゃ
割りに合いませんね。
よし、次は柏餅も付けましょう。

 

アシカカフェ は
金曜、土曜が営業日です。
11:00〜16:30

 

| | Comments (0)

いんぱくとドライバ

 

2021年3月2日(火)くもり、晴れ、雨

 

屋根裏の工事は新しい小柱の
設置からスタート。
元の梁や柱そのものが古くて
歪み曲がってるので
その内側に新たな柱を立て、
平板で壁面を作ります。
0302daik2
大工仕事と言うと
いまだにトンテンカンと
金槌の音を想像するトドですが、
今や時代はインパクトドライバーです。
メリットは何ですか?
・音が静か(トンカチよりも)
・取り付けが早くて、頑丈
・取り外しも簡単
なるふぉどトンカチの出る幕は
ありませんな。
0302daik1
マツとサクラのお二人。
材を切り分け、取り付ける
コンビネーションプレーが
スムーズです。

 

数十年前、雨漏りに困ったトド父が
屋根を葺き替えました。
ススけていない材はその時に
替えたものでしょう。
0302daik3
そうして、数十年おきに修理、拡張した
おかげで150年以上経った古民家も
何とか快適に住めます。

Hohoh100_20210304104001

ありがとうさん。

 

午前、山のぶどう畑カンパラで
ウインク、ナイアガラの剪定。
お弁当はタカキさんの石窯パン。
3時のお茶の時間に合わせて
帰ってきました。
0220apron_20210304041601
脱いだ作業用エプロンの上に
当たり前のように座るシマ。
剪定バサミやノコが入ってて
ゴツゴツしてるはずなのに。

 

アシカカフェ は
金曜、土曜が営業日です。
11:00〜16:30

 

| | Comments (0)

マツとキリの町

 

2021年3月1日(月)くもり、晴れ

 

「山のぶどう畑」と
トドが勝手に呼んでいるエリアは
一般的には松原町です。
そこの福祉パンフレットを
作るお手伝いをしました。
(A4サイズの4ページ)
0301panf
パンフレットに先んじて
松原小学校の生徒さんに
「松原町」のイメージキャラクターを
公募して、その中から「松と霧(雲海)」で
構成された作品が選ばれ、アシカが
少こ〜し手を入れ、仕上げました。

 

表紙は子供たちが演ずる「渡り拍子」の写真と
新キャラクターの「まつきりくん」です。
「雲海の上の町 まつばら」らしく
青空と2、3ページには雲海をあしらい
ました。
高齢の方も多いので少し大きめの文字を
指定しています。

 

敬老会や避難訓練などの写真には
よく見かける方々の顔がたくさんあって
楽しい仕事でした。

 

「安全で安心して暮らせる松原」の
 キャッチフレーズらしく
 みんなの町でありますように。
0930kiri22

 

アシカカフェ は
金曜、土曜が営業日です。
11:00〜16:30

 

| | Comments (0)

美味しいもんを、もっと美味しく

 

2021年2月28日(日)くもり、晴れ

 

朝、山のぶどう畑バルキに上がる。
その途中の「霧の海展望の丘」から
太平洋方向に向かって深呼吸。
0228minami
瀬戸内に住むみんなに、
高知でブドウ作ってる友人一家に、
オレゴンとアイダホで暮らす
友人夫婦2組に大きく手を振り、
1分で世界の半分?を見渡して、畑に移動。

 

午前、一人でピオーネを中心に剪定。
午後は姉に瀬戸ジャイアンツを
手伝ってもらいました。
0228balk
ブドウ畑の前にある小山のおかげで
強風にさらされないで済んでいます。
いつもありがとうね。

 

お弁当持参の方が効率はいいのですが、
気分転換もあってお昼は家に帰ります。
アシカが「ミニいちごパフェ」を
作ってました。
ありがたく試食します。
0228mini2
新鮮ないちごにクリームとジュレの
美味しさが気分を一新、
疲れを吹き飛ばします。
ふわりやわらかいのに、
しっとり弾力もあるシフォンケーキは
食べるヨロコビを全開にしてくれます。
と言ってもミニですから
あっというまですけど。
それにしても美味し〜!
*問題は美味しいイチゴの安定供給!

Shima1_20210302103301

定番のクロックムッシュの
まかないバージョン。
ウチだけで美味しく食べてるのも
もったいないので
メニューに載せる相談しています。
0228umimach
従来のクロックムッシュよりも
ライトでヘルシー。
新・旧どっちも仕上げはカリッと
トーストで食感アップします。
新しいクロックムッシュも
多くの方に喜んでもらえるかな?
乞うご期待。

 

アシカカフェ は
金曜、土曜が営業日です。
11:00〜16:30

 

| | Comments (0)

« February 2021 | Main | April 2021 »