« 「自然とつながる暮らし展」(1) | Main | 「自然とつながる暮らし展」(3) »

「自然とつながる暮らし展」(2)

 

2020年11月21日(土)晴れ

 

「自然とつながる暮らし展」(2)
今日は好天に恵まれました。
1121kurashi1
「ききつち」さんのパンが2箱10:00に
届いたので、さっそく並べます。
1121kurashi33
表に大きく注意事項が書いてあり、
にんまり笑いを誘います。

 

*ききつちさんのパン
 今一番美味しいと思う食材を使って、
 乳・卵・添加物を使わず、薪窯でパンを
 焼いています。
 薪は地域(美作)の間伐材を使っています。
126890354_3470158623020731_4221125541251
トドは開店前に高梁駅まで友人を迎えに
行って、帰ってくると・・・
カフェはご近所さんと
アシカの友人?たちで混み、混み状態。
外で待っている人もいました。
1121kurashi3
少し人が少なくなったので
カフェに入ったら
パンがかなり少なくなってました。
最終日まで、パンはあるでしょうか?
 *先日の岡山高島屋さんのイベント担当の方が
  「あっこれ、絶対いい、おいしいと
   思っていても、お客さまより先に
   手は出しません」
  っと言われてました。
  以来トドも見習うことにしました。
でも、果たしてトドの分まで残っているでしょうか?

 

コルテさんの「立体刺しゅう」。
わが家のぶどうの枝や葉、実で糸を染め
ぶどうの房をかたどり、ピアスや
マスクチャームに仕上げました。
Photo_20201126095201
なんてステキな作品。
なんて、ウイ(愛い)奴なんでしょうか。
ぶどうへのオマージュの表現が・・・
天才的なジジイ殺しですなぁ。
ヨシ、来年はスイカ農家になっちゃろうと
決めました。

 

草木染めは見た事あるし
葉や皮で染めた色の想像はできても
実際の糸や作品を見ると
カンドーしますね。
1030corte1_20201126095201
とこまで転がって行くか
先が楽しみな若者です。
やれやれ、長生きする楽しみが増えたワイ。

 

フジー姉のマスクチャーム。
1121kurashi2
清楚で正当的なイメージを受けます。

 

フジー妹のマスクチャーム。
1121kurashi22
華やかで快活なチャーム。
輪っかで固定されるし、
マスクから離れた方が存在感がありますね。

 

北欧フィンランドの伝統的な装飾品
「ヒンメリ」はmiwaさんの作品。
126056680_3556667711042795_2243627165491
材料のワラから無農薬で作っています。
北欧の冬は夜が長く、暗く閉されます。
麦わらの幾何学的カタチは太陽と豊穣の
シンボルのようです。
トドが最初に感じた
「なぜ幾何形なんだろ」って違和感は
見ているうちに不思議な「いいわ感」に
変わって行きます。

 

しょんぼりではありません。
わが家のネコのシマと遊んでくれています。
1121kurashi4
人一倍、人見知りだったシマが
お客さんの相手ができるようになったのは
この方の優しい話しかけのおかげです。
動物にはとことんやさしい方です。
灼熱のアフリカから、オーロラの極地までを
ゆるりとした時間軸で語る口調には
トドもうっとりとします。

 

この日、一番最後のお客さまは
スポーツ万能のマダムでした。
1121kurashi5
なんだかスタッフも混じって
「終わった感ありあり」の
楽しさでした。
1121kurashi0
この日カフェに来てくださった方、
みなさんに感謝です。
本当にありがとうございました。
80_20201109042201
アシカ カフェは
・11月20日(金)〜23日(月)の4日間
 営業してま〜す。
1106ashc2_20201116093901

 

|

« 「自然とつながる暮らし展」(1) | Main | 「自然とつながる暮らし展」(3) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 「自然とつながる暮らし展」(1) | Main | 「自然とつながる暮らし展」(3) »