« プルーンの食べごろ | Main | アシカ カフェ(7日目) »

表音が重視された時代

2020年9月10日(木)晴れ、くもり

 

月に一度、回覧板が回ってくる。
大抵はざっと見て、できるだけ早く
次の家に回します。
今回は地区の危険区域について、
なのでしっかり読みます。
この十数年モンダイになっている
200軒以上ある住宅地の上にある
3つのため池。
0910kiken1
稲作が盛んだった前世紀に作られた
池は住宅地が増えるに連れて
水利の利用者、管理者は激減。
くりかえす豪雨等の気候変動もあり
今、安全性が問われています。
0910kiken2
回覧は現状の危機を回避するための
工事の予算要求と災害時の自衛と連帯を
確認するため。

 

同感です。
しかしトド的には・・・
もっと、ずっと細かいところに
目が止まってしまいました。
幼少時から親しんでいた
「てぇしばの池」が
「砥石場の池」と表記されていたのに
びっくりでした。
Todokaw90_20200919031301
で、思い出すのが司馬さんのエッセイ。
かつて、明治期までは個人の名前も
表音重視で耳で聞いた名前を
手紙等でどの漢字を当てても
音が合っていれば「良し」と
されていたようです。
そのいいかげんさは
後世の歴史家には
迷惑でしょうが
らしい、と言えばらしいなっと。

 

・早朝、アシカと2カ所の山のぶどう畑で
 ピオーネ、ゴルビー、
 シャインマスカットを収穫。
・午後、発送。
0910
・夕方、織里音(オリオン)さんに
 安芸クイーンを運ぶ→ジャムに加工。

 

|

« プルーンの食べごろ | Main | アシカ カフェ(7日目) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« プルーンの食べごろ | Main | アシカ カフェ(7日目) »