« アシカ カフェ(10日目) | Main | ばあちゃん家に来たみたい »

熱血ベンさん

2020年9月20日(日)くもり、晴れ

 

午前、片付けや畑仕事。
午後、友人ベンさんが依頼していた
ぶどうを取りに来てくれました。
0920bensa
某小学校の熱血教師でもありますが、
彼の最も面白いところは
「物語を紡ぎ出し、観せる力」を
持っているところ。

 

地元に伝わる「鬼」をテーマに、
時空を超える壮大スペキュレイティブな
大作(市民劇団)もあれば、
毎年、受け持った生徒たちのために
演劇を作り、監督する20分ほどの
小品もあります。
役者はクラスの生徒たち。
そして、すべての子にそれぞれの
見せ場を用意してます。
みんなが誇らしく舞台に立ち、
声を張り上げ、堂々と演じます。
在校生や父兄はもちろん、ご近所さん
まで楽しみにしています。

 

ところが、今年は「コロナ禍」で
小規模に、少人数でと決まって・・・
例年使っていた体育館での演劇や
合唱の発表ではなく、
個々の教室で、観客も生徒の
各家庭から一人だけ。
白昼、普段の教室をどう異空間に
演出するかを考えに考え、
教室の窓側に観客。
左右の出入り口を上手、下手として
使い、真ん中には学校備品の
巨大TVで、小道具のカメラが
とらえた映像を映して、
「見せる」工夫。

 

結果として不条理劇ベケットの
「ゴドーを待ちながら」や
装飾を排したつかこうへいが
好んだシンプルな舞台になったようで
録画を見せてもらう日が
楽しみです。
一年間の熱血授業とこの演劇で
少しバラけていたクラスが
まとまったらしく、担任の
ベンさんも満足げな表情でした。

 

追記、このあと予定している
「修学旅行」にも
いくつも楽しいアイデアを
盛り込むようで、
その結果を聞くのも楽しみです。

80_20200929092101

夕方、親戚一家が墓参の
帰りに寄ってくれました。
いつもの古い百姓家が
「古民家カフェ」に変身してて、
「えぇ〜」っと驚き、
ぶどうのスムージーに
「美味し〜」っと
楽しんでもらいました。

 

|

« アシカ カフェ(10日目) | Main | ばあちゃん家に来たみたい »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« アシカ カフェ(10日目) | Main | ばあちゃん家に来たみたい »