« 急に A Hard Rain | Main | 見かけじゃない! »

いつだって笑顔の

2020年7月31日(金)晴れ、雨

早朝、いちばんは野菜や花たちへの水やり。
ぶどうたちにもザッと目を配ってから
簡単に庭そうじ。
草取りまではなかなかできない。

80_20200807025001

午後、いつだって笑顔の友人二人の訪問。
(ぶどうを介しての友人だった気がします)
オースミさんが庭のハーブを花束にして
持ってきてくれました。
0731osumi3
さっそく、レモングラスに熱いお湯を
注いてハーブティーとしていただきます。

 

 遠いむかし、岡山に引っ越してきたころ
 デザイン仕事の補完としてハーブの栽培を
 考えたことがありました。
 その名残として
 ぶどう畑の片隅にアーティチョークが咲き、
 別の畑のフチをローズマリーが飾っている。
 当時も今も仕事としては難しいけど、
 カフェ生活の彩りとして楽しめそうです。

 

わが家でいちばん早いぶどうを収穫しました。
ハニービーナスと紫玉。
どちらもまだ酸味が強い。
0731osumi2
けど、ぶどう好きなら喜んでもらえるはず。

 

「そんででね・・・」とオースミさん。
「今年はいつ最初のぶどうを食べに来よう」
って来る途中、車の中で話したら
「トモちゃん、8月に旭川に越しちゃうんだ」
えっ何でまた?
どしたの?
何があるの旭川には?
とまぁ、たくさんの??????が
並んだところで思い出す。
近くには美瑛や富良野があって、
その美しい畑の風景が十勝岳まで連なる。
富良野のプリンスには美味しいレストランと
ゆくり愉しめる「風のガーデン」がある。
急にトモちゃんが顔を上げ、
「そこ、行きました」
トモちゃんは今日いちばんの輝く
笑顔をみんなに見せてくれ。
「新婚旅行で、そこ行ったんです」
そっか、
ならしょうがない。
ほど近いところに「東川」って街がある。
友人がもうすぐ郊外にカフェを開く予定だ。
いつか行ってバードウオッチやリスの話を
聞くといい。

 

って話はともかく・・・
アシカのスイーツが登場。
0731osumi1
ココアのマーブルシフォンケーキと
超なめらか濃厚プリン。
赤白の桃。(これは数種類のぶどうに代わります)
それに、多分、多数のヒトが1票投じたくなる
コーヒー(ブラジル)を合わせます。
 ぶどうのシーズンの終わりを待って、
 繰り返し訪ねた沖縄のやちむん(焼き物)や
 友人たちの想いが重なるいくつかの食器たちが
 新しいお客さまやいつもの友人を迎えてくれます。
0731osumi4
まだすこし酸っぱいぶどうを手に
車に乗り込む二人に
「じゃ、次はみんなで旭川で会おう」
「元気でね」
「あっちはむちゃ寒いんだから」と
手を振りました。

Todokaw90_20200801111401

車が左に折れて見えなくなってから
やっと気付いた。
あそこは、あのシーンは・・・
「富良野か、季節になれば、
 姉さんかぶりのあなたが、
 十勝岳を背にラベンダを
 摘むことでしょう」
「十勝岳か・・・」
「十勝岳を見たら、それはわたしだ」
と言うべきところだった。
つかこうへいファンとしては。
失敗した。
あ〜、あの二人、も一回
戻って来ねぇかな。

 

葡萄の予約を開始してます!

O0250010914795979422gif

 

|

« 急に A Hard Rain | Main | 見かけじゃない! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 急に A Hard Rain | Main | 見かけじゃない! »