« 旬のぶどうのスムージー | Main | ダジャレは好かん! »

火事場のバカ

2020年8月10日(月)晴れ、くもり

 

昨日、ご近所さんとの草取りの帰り。
スズキさんの背中にびっくり、
読み直し、「力」まで読んで、
笑っちゃいました。
0809kajibano
つい数ヶ月前まで現役の消防士だった方です。
わが町を日々カラダを張って守ってくれてる
消防署が、こんな楽しいTシャツを作ってる
っていいなぁとの願いを込めて質問。
  そのTシャツって消防署で買えるんですか?
「あっ、いや、家族が買ってくれました」
そっか、
たぶん、誇らしい父さんが現役を辞めて
ホッとした家族の思いと、長く続いた緊張感を
ほぐし「ごくろうさま、ありがとう」の想いを
込めて買った息子さんと、素直に喜んで受け取って
カッコよく着こなす父さん。二人のやりとりを
想像しました。

80_20200816024901

トドが最初に出会った農法は「永田農法」です。
原産地に近い環境を作り、必要最小限の水と
肥料でスパルタンに作物を育てます。
美味しいトマトを作りたくて、枯れる寸前まで
水をやらないで作っていました。
0809toma
成功して「フルーツトマト」の
美味しさができた年も、失敗して
枯らした年もありました。
ところが、昨年のような冷夏では
初秋まで完熟できなくて
トマト飢餓状態でした。

 

そこで、今年は真逆にして発芽したら、
まず丈夫なカラダを作るべく
毎朝の水やりに努めました。
すくすくと伸びて立派なトマトが
たくさん出来ました。
しかし・・・
美味しいとは思えない。
なんだかゆるくて、水っぽい気も
します。
こんなん作りたかったワケじゃ
ないんだけどなとがっかり。

 

先日、
遅れて発芽した苗5本を山のぶどう畑の
空いているぶどう棚の下に植えてたのを
思い出し、チェックしてみると
野生的で小さく締まった赤い実が3コ。
しっかりした弾力で酸味があって美味しい!
やっぱりトマトは厳しく育てた方が
美味しいようです。
*品種はサカタの麗夏
 写真の白い点はぶどうの殺菌剤ボルドーが
 ドリフトしてかかったもの。石灰なので
 指でこすれば取れます。
Todokaw90_20200816013301
アシカのケーキトライアル(試行)は
続きます。
「シフォンケーキのサンドイッチ」
0810cake
ラズベリーは冷凍保存していたもの。
オレンジは漬け。
皿の上に3種のぶどうを散らし、
かたわらのソースは
こってり華やかな「ヤマブドウ」。
アシカらしいシフォンケーキになりました。

Todoyachimo_20200817052701

*山のぶどう畑バルキの生育が遅れている。
 塩山に居わす師匠に相談し、
 低温と日照量不足が原因?と考えて
 葉面散布肥料「バイトール1号」の
 チッソとカリ成分に期待して早朝散布。
 すでに肥大後期に入っていて、すがる思い。

 

|

« 旬のぶどうのスムージー | Main | ダジャレは好かん! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 旬のぶどうのスムージー | Main | ダジャレは好かん! »