« マジメでコツコツ | Main | 袋かけ »

みんなで楽しむ

2020年6月30日(火)くもり、雨

 

・・・なにかが足りない。
Jedi_20200707212501
わが家(古民家)の改装は2年越しで
検討、旧知の設計士さんに相談。
今はベストとは言えないタイミングかも
知れんけど、思い切ってスタートした。
材料の手配が困難と言われながらも、
作業工程は順調に進み、
ご近所さんも楽しみに見守ってく
ださっている。
「普請はモノ入りですが、
 それ以上に元気をくれます」
「楽しんで、頑張りなさい」
と励ましてくれた方も。
ところが、うまく進んでて、
もう終盤間近なのに
何か違和感がある。
なんだか気になってキブンが
弾まないでいる。

 

工程の最後の最後に予定していた
左官屋さんに「申し訳ないが」と
断りを入れてもらい「珪藻土」の
壁を友人キクチさんに依頼した。

 

そしたら
「珪藻土の塗りならゼヒ見学したい」
と熱い物好きな友人数人が集まった。
0630kikuphot1
  このTVドラマのお茶の間のような
  ほんわか素敵な写真はキクチさんが
  作業の合間に撮ったもの。

 

玄関のとなりの間を開放して
お茶を飲みながら、一人懸命に
作業するキクチ氏の姿を楽しみ
みんなで軽口をたたき合う内に、
「そっか、これか」と理解した。
予定調和のようにすんなり進行
させたくなかったのだ。
ダレかに依頼して
「やってもらうんじゃなくて」
一緒になって
工程の一つ一つをじっくり味わい
みんなで楽しみたかったのだ。

 

  特別参加の ちゃー坊 さん
  卵から脱出するのが遅れて
  兄弟から離れ
  一人だけ人間のかーさんに
  育てられているチャボの幼児。
  もちろん自分は人間だと思ってます。
0630chyarb
  危険極まりないハンターの住む
  シマ(ネコ)の領域にようこそ。
  じゃなくて十二分に気をつけて。

Todokaw90_20200622020601

「古民家改装(48日目)」
本日は工務店さんはお休みです。
代わって友人で珪藻土のキクチさんに
来ていただきました。
0630kikuch1
石膏ボードのエッジをテープで際立て、
合わせ目の凸凹を整え、継ぎ目や釘の
頭部を入念に何度も下塗りします。

 

乾燥を待つ時間は珪藻土の説明や
共通する友人の情報交換などを
楽しみます。
0630kikuch2
 珪藻土のメリット
・調湿性能に優れています。
 室内が湿っぽくなったら吸湿。
 乾燥気味の時には蓄えた湿気を放出。
 人が快適と思う60%の湿度を保ちます。
・匂いも吸着します。
 トイレや脱衣場の壁に使われる方も。
・大事にすれば30年、50年の長期使用可能。
0630kikuch3
珪藻土のデメリット
・高い価格(ビニールクロスの3〜5倍)
 ただし、クロスは数年で張り替えます。

 

右手の濃い茶色が塗りたての珪藻土。
0630kikuch4
このままの濃い色もシックでいいですね。

 

珪藻土の本塗りにギリギリ間に合った
笑顔のウラタさんはキクチさんと同級生。
0630kikuch5
どうやら「ごはん好き」をことさらに
カミングアウトしたいようです。

 

外から見るとこんなです。
やっぱりみんな楽しそう。
0630kikuch6
お酒も飲んでないのにね。

 

9時をすっかり過ぎたころ、
やっと完成。
早朝から夜中までかかりました〜。
0630kikuch7
お疲れさま。

 

シマちゃんもお疲れっ。
0630kikuphot3
(キクチさん撮影)

 

チャー坊もお疲れ!
君は鳥なんだから早く寝なさい!
0630kikuphot2
(キクチさん撮影)

 

アシカのほのぼの田舎暮らし」
四コマまんがは「空間」です。
0701
そうそう。
みんなが来てくれたおかげで
素敵な空間ができたと
自信を持って言えます。
みんなありがと。
設計者さんも、工務店さんに感謝です。

 

|

« マジメでコツコツ | Main | 袋かけ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« マジメでコツコツ | Main | 袋かけ »