« 晴れ間に | Main | 終わっちゃたら、始まります »

合歓の木

2020年7月9日(木)くもり

 

ラズベリー賛歌が続くわが家です。
0709jelly
ホイップ仕立てのクリームの下は
すもものゼリーでした。
酸味と甘さが絶妙で
感嘆。
季節のものを
「さらりと組み合わせ楽しむ」
そのあたりが存在意義でしょうか。
皿はNY.在住の友人の
工業デザイナー氏の作品。
ってことは工業製品です。
いいなぁ。

 

山のぶどう畑の途中、小さな川辺に
合歓の木があって
花咲く季節には車を停め
短時間目を留めます。
0709nemu2
米国の地方都市では
花の咲いている大木を見かけます。
見上げるほどの花をあまり
見たことがなかったので
びっくりでした。
0709nemu4
合歓の木を街路や公園で見るのも
いいかなと夢想しますが
こうした川辺に咲くのが
一番かな。
0709nemu1
絶えず新鮮な水が流れる環境は
好適で生き生きと見えます。
頑張れ、頑張る。

 

Todokaw90_20200622020601
「古民家改装(56日目)」
入口近くの小さな手洗い。
なかなか届かなかった部品が
やっと来て、
手が洗えるようになりました。
0709tearai
もっとも、
壁が珪藻土なので
水がはねないように
水量をかなり絞っています。
*珪藻土は特に水に弱い
 ってことでもないようで
 土壁や漆喰とそれほど変わらない
 とも聞きます。

80_20200715234001

「そろそろ完成したのだろう」と
友人が訪ねてくれました。
0709tosima
高梁駅から歩いて来たようです。
各地の山を歩いてきた山男ですから
驚きもしませんが・・・
わが家は車で7分、
歩くと40分ほどです。
10分ほど滞在して再び歩いて帰りました。
もの足りなければ遠回りして
心行くまで歩くタイプの方です。

 

|

« 晴れ間に | Main | 終わっちゃたら、始まります »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 晴れ間に | Main | 終わっちゃたら、始まります »