« タイル張り完了 | Main | 満面の笑顔は »

古代のハイテク機器

2020年6月26日(金)晴れ、雨

 

毎年どくだみチンキを作ってる。
山の畑カンパラで摘んで
そのまま焼酎に浸けます。
0620dokudam
今年は、早朝に行く機会がなくて
延び延びにしてたら
花の状態が悪くなってしまった。
良さそうなのだけ選んで収穫。
例年より薄めかな。
0621dokudami
咲いているドクダミの香りは
好きではないけど、
焼酎に抽出後は
いい香りになるのが不思議。
*虫刺されに重宝してます。

 

トド弟の愛犬レモン。
0530lemon3_20200704060001
16才と高齢で聴覚を失い、
認知症も発症して、
日々ぐるぐると右回りの
世界に住んでいます。
散歩も右回りしながら。
でも、広い畑じゃ
ダッシュしたり、
スラロームしたりと
走っている姿は
楽しそうです。
草は走りやすいように
短めに刈ってます。
頑張れレモン!

Todokaw90_20200622020601

「古民家改装(44日目)」
そろそろ最終段階。
建具屋さんが網戸を作ってくれました。
0626amido
網戸用のレーンはないので、
1コマだけの小さな網戸を
ガラス戸と共用で使います。
ちょっと不便そうだけど
無いよりはマシかな。

 

ミニキッチンの高い天井に
換気扇が付きました。
0626kankisen
調理時の排気ってよりも
室内の換気ですね。
小さくても頼もしく見えます。

 

玄関を開けた真正面の展示棚。
後ろの建具があまりに「生活」を
感じさせるので設置。
0626tana
25コのマスをどう使うか
悩ましいところです。
中程に後ろから開けられる
扉を付けてもらいました。
圧迫感が減じますが
さて・・・。

 

「レーザー水準器」
17年前の工事の頃から
使われ出し?
今では大工さん、左官さんの
必需品のようです。
0626laser
水平、垂直のラインを
たちどころに示してくれますから
ものすごく重宝です。
正式名称は「レーザー墨出し器」。

 

そうか、
この「墨つぼ」の後継グッズなのか。
0626sumitubo
墨つぼは
古き良き時代のハイテク機器です。
大工さんが墨つぼから糸を引き出し
パシッと弾いて木材に墨跡を移す。
子供たちの憧れの道具でした。
糸の弾き方で微妙な曲線も
出せるそうで、びっくりです。
80_20200705031701
*中国経由の日本の道具だと思っていたら
 起源は古代エジプトですと。
 もっとも、墨つぼ、糸、糸車を
 一体化したのは古代中国。
*レーザー光線による装置は1990年代から。

 

|

« タイル張り完了 | Main | 満面の笑顔は »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« タイル張り完了 | Main | 満面の笑顔は »