« April 2020 | Main | June 2020 »

わが家はこんなとこ

2020年5月28日(木)晴れ

 

アシカが欲しかった三番目のバラは
「ポールズ・ヒマラヤン・ムスク・ランブラー」
長〜ぃ名前じゃなぁ。
0528bara
品種の特徴として記載されてるのは
・凄まじい伸長力を持つ、やんちゃな姫君
 (アシカの印象と重なるような・・・)
・強すぎる樹勢やトゲで敬遠されることもあるが、
 満開時の美しさは幸福の波のようにも
 (やっぱり重なるような・・・
  もちろん 美しさ 幸福の波ってトコです)
0528bara2
色はピンクから白に変化して
サクラのようにと形容する方もいます。
確かに!
それにしても、どのバラにもある
凶暴なトゲがトドには恐ろしい。
*トドは基本的に「食べられるモン」
 しか植えません。
 トゲのある柑橘類(レモン)は
 決死の思いで植えました。

 

「古民家改装 (15日目)」
わが家はこんなところにあります。↓
高所に見えますが、標高90mです。
備中高梁駅まで車で約7分。
0528koujicar
大工、建具、水回りのスタッフ、
みなさんが揃うと、庭も駐車場も
借りてるスペースまで車で
いっぱいになります。

 

本日は設計士ミホさんも来て、
進行具合をテキパキとチェック。
0528check
17年前の台所、居間、仕事部屋の
改装の時も、担当していただきました。

 

玄関の和室を取り除いた後、
土間にカギ型の「縁側」を設けます。
床を支える「大引」が太くて、
縁側の作業に邪魔なので、削ってます。
0528kezuru
ノコとノミで少しずつ削ります。
時々腰を伸ばしては
「めちゃ、堅ってぇなぁ」と独り言。
栗ですか?
「いや、栗じゃねえなぁ」
なんだろ。
タモとかケヤキでしょうかね。
0528counter
カウンター用の材を組み立てます。
小さなスペースですが
来ていただいたお客さまに
お茶を飲んでいただける
ようになります。

 

夕方、山のぶどう畑バルキへ。
3カ所の畑の中でいちばん季節が
遅いので、この時期は
つい、放ったらかしです。
案の定、草丈が伸びすぎて
ぶどう棚に届くほど。
0528balk1
ここまで草を成長させると
作業効率はもちろん悪いけど、
虫害、満開前の緑肥効果など
悪影響が考えられます。
が、刈らないわけにはいかない。
せめてロータリーモアで
細かく断裁するよりは
草払い機の方が緑肥効果が
少ないと判断し、
暗くなるまで刈り倒しました。
0528balk2
これで、明日のアシカの枝チェックは
赤系のぶどうだけは ヤブコギ しなくても
できます。

 

アシカのほのぼの田舎暮らし」
 四コマまんがは「体力勝負」です。
0528_20200531085801

 

| | Comments (0)

バシ、ドシ、パン、ドンの音が

2020年5月27日(水)くもり、晴れ

 

「ドクダミの花」
先週、県南の倉敷や総社のみなさんは
花を摘んでドクダミチンキを作ってました。
こっちもそろそろかなと思ってたら
ふふふ、咲き始めました。
0527dokudami_20200530080501
あちこちの半日陰に雑草と一緒に
生えてます。
ドクダミ独特のヤな香りがするので
すぐにわかります。
だけど、焼酎に漬けてドクダミチンキに
すると、さわやかな良い香りに変わります。
その上に薬効もあります。
ワタシは主に虫刺されに多用しています。
Todokaw90_20200530091601
・ドクダミは「毒矯」の字を当て、毒を
 抑えるの意なんですね。
 知らんかったぞ。
・花が咲き出す頃が最も薬効が高まる
 らしいです。

 

「古民家改装 (14日目)」
バシ、ドシ、パン、キューン、ドンと
一日中、作業音に満たされてます。
その上に
なにゅ〜しょうるん、どしたんでぇ、
わやじゃが、じゃーじゃー、いけまぁ、
なんなら、でぇれぇなぁ
とバリエーション豊かな岡山弁を
たっぷり味わえます。
0527hari1
下の梁を見せ、すぐ上に天井を
作りました。
天井材(野縁)の上に断熱材を
たっぷり乗せてから、
ボードでふさいでます。
0527hari2
上の方の梁も大きかったので
できれば見せたかったのですが
ホコリと掃除、空調効率も
考えると、やっぱり天井は必要です。
0527hari3
それにしても梁がすごくきれいに
見えます。
美装業者さんありがとう。

 

トウモロコシの種が余ったので
山の畑カンパラにも蒔きました。
0527cone
急ごしらえの畝をちゃっちゃと
作って、たっぷりのぼかしと
草木灰を入れました。

 

アシカのほのぼの田舎暮らし」
 四コマまんがは「工事中」です。
0527_20200530084401

 

| | Comments (0)

クロックムッシュ 美味

2020年5月26日(火)くもり

 

ちょっとコゲてるけど・・・
アシカの作る トースト
「クロックムッシュ」は
抜群においしい!
0526croquemonsieur
何度かホテルの朝食や軽食として
食べたけど「ふ〜ん」くらいで
特に感動もしなかった。
恩師ユミさん のレシピ通りに
作ればこんなにもおいしい料理に
なるのかとおどろいた。
もちろん表面はカリッで
中はトロトロチーズで・・・
ハムの最もおいしい食べ方かも知れない。
*パンはタカキベーカリーさんの
 オリーブ食パン(厚切り)。

 

「古民家改装 (14日目)」
施設チーム(上下水道)は倉庫に作った
ミニお菓子工房に水道と排水パイプを
敷設してます。
0526suido
相変わらずオジさんふたりは楽し気な
仕事っぷりです。

 

大工さんチーム3人は母屋の天井作り。
ひとりは数年前に作った倉庫工事の
スタッフの一人だったようで、
棟梁はわが家の長屋(作業場)を倒して
別棟を建てた時(40年ほど前?)の
スタッフだったと聞きました。
地元の工務店さんにお願いするって
こうゆうことなんですね。
0526tenjyo1
上の梁からつり木を下ろし、
野縁を組みます。
0526tenjyo2
野縁の上に断熱材をたっぷり置いて。
天井板でふさぎます。
高い場所の梁はすっかり
見えなくなりますが
下段の梁はなんとか見えます。
衛生上ホコリがたまらない構造を
求められていますので
梁のすぐ上に天井があります。
0526tenjyo3
今時は電気ハンマーで
バシバシ釘を打ちます。
しかも、ハンマーにライトが
付いてる!
そりゃ、あった方がええよね。
 昔しゃあねぇ、
 口にいっぱい釘ぃ含んで
 真上向いて、トントン打ったもんです
 なんとなくそんなスリリングな情景を
 期待していました。

 

ひっぺがした材は
小さいもんは風呂焚きに
大っきいのは燃やし、消し炭にして
も一回、畑で役に立ってもらいます。
0526takimon
この廃材、
風呂焚きや冬の屋外での焚き火を
楽しみたいヒトに人気です。
ご近所のジっちゃんに
「あれ、いらんのか?」
「何にも使わんのじゃろ」と何回か
声をかけられました。
初めっから、否定的な言い方にムッとして
 いいえ、使います。
 これは「炭」にして 畑に入れます。
 と大きな声で耳元で説明します。
 「炭を畑に???」
 不思議そうな顔をして立ち去りました。

 

姉が植えてくれた
トウモロコシのポット苗
あまりにも早く芽が出たのに
びっくり。
0526cone1
畑に蒔いたんを見に行くと
こちらも芽が出てました〜。
ポット苗は畑の方で芽が
出なかったところに
植えるつもりで用意した
のだけど要らんかったみたいです。
0526cone2
トウモロコシ(ゴールドラッシュ)
名前のとおり、
たくさんできるとうれしい。

 

アシカのほのぼの田舎暮らし」
 四コマまんがは「ウイズ」です。
0526

 

| | Comments (0)

きれいにしすぎない

2020年5月25日(月)晴れ、くもり

 

春先が暖かかったので、
植物の進行は早かった。
「今年もぶどうは早いぞ」
と思ってたら
その後、寒い日が続いて
結局・・・
例年よりも遅いじゃないか!
0525boujyo
せっかく伸びた枝なのに
モタモタ足踏みしてたから
害虫がバッコし始めた。
甲虫は花穂をポリポリ食ってるし、
新梢が傷んでいるのは
スリップスぽい何か?
Hehehe100_20200528150501
なので、
今日、朝一番の仕事は殺虫・
殺菌剤の散布です。
 *毎年、殺虫・殺菌剤の散布は
  2回で済ませているのですが
  今年は3回かな? 残念。
ご近所さんにはうるさくて
申しワケないけど、
6時過ぎに噴霧器のエンジンを
かけて、1時間半の散布。
30分でマシンとタンクを洗浄。
8時の職人さんたちの集合時
までには片付けました。

 

「古民家改装 (14日目)」
天井が外され、梁が出てきたので
まずはススやホコリを取ります。
「梁や柱は100年200年の時間を
 かけてせっかく真っ黒になったのだから
 きれいにしすぎないように」
0525susuharai
「ホコリを落とし、乾拭きくらいの
 イメージで」
と倉敷在住の建築士の指示を受けて
倉敷から来た?職人さんは上に上がります。
(*古民家再生は倉敷がメインとゆう、
 トドの思い込みかもしれません)
それにしてもすごいススとホコリで
となりの部屋にいてもノドが
いがらっぽかったです。
仕事とはいえ、本当にご苦労さまです。

 

きれいになったところで
配線工事。
コンピュータ使ってていいですか?
「おっけーです」
は〜い、よろしく。
バシッ。
落ちた〜。
言ってるそばから落ちた!
「すみません、手が滑って・・・」
0525haisen
ってことが何度かあって
コンピュータ仕事は中断しました。

 

水回りの方は倉庫に新設する
ミニお菓子工房の水道と
排水の設置。
0525suido
気心の合うオジさん二人組。
楽しげにもくもくと仕事をし
モクモクと煙もくゆらします。
(一人は電子タバコでした)
0525suido2

 

0523apollo_20200528134301
ウラの畑のフェイジョア「アポロ」
新梢がぐんぐん伸びています。

 

シマはガンガン、ウィンウィンの
工事音に疲れ、オジさんの数に
恐れをなして2階の仕事場に
避難中。
0525shima

 

アシカのほのぼの田舎暮らし」
 四コマまんがは「届いた」です。
0525

 

| | Comments (0)

ほっと安心の日曜日

2020年5月24日(日)晴れ、くもり

 

「ロココ」
今年は絶好調のようで
ツボミがたくさんあります。
0524rococo
しばらく楽しめそうです。
アシカのバラ好きはアシカパパの
影響らしく、自宅や事務所の庭で
楽しんでいる様子。
欠点?は
切らないタイプの園芸家で、そこが
「切り花でも楽しみたい」奥さまには
ご不満のようです。

 

「古民家改装 (13日目)」
日曜日、工事はお休みです。
業者さんの姿がなく、作業の騒音もなくて
ネコ(シマ)もトドもアシカも
ほっと安心な日曜日です。
犬(レモン)だけ、耳が聞こえないので
いつもと同じマイペースです。
80_20200527062601
トドの朝一番の仕事は
野菜や果樹の苗、花の水やり。
0524mizuyari
ネコ車(一輪車)に
焼酎のペットボトルを乗せて
数回運びます。
蛇口から遠い畑だし、
水道水よりやっぱ井戸水を
やりたいので。
美味しい野菜にはどうしても
虫が寄ってくるので
忌避剤を時々散布します。
0524napzak
*忌避剤は竹酢液ベースで焼酎、
 唐辛子、にんにく、酢など。
 日差しが強くなる10時までに
 済ませます。

 

待ってたサトイモがやっと顔を出しました。
今年は「芋煮会」ができるほど
たくさん植えました。
0524satoim
芽が出てから植えるショウガは
まだ芽が見えませ〜ん。
どちらもすこし湿気っぽい場所に
植えます。

 

トウモロコシ
やっと種を蒔きました。
0524nanba
せっかく蒔いた種を
鳥に食べらんないように
メッシュ布でカバー。
芽が出て布を持ち上げたら
外します。

 

山のぶどう畑カンパラで草刈り。
数日前から肩掛けの草払い機で
ぶどうの樹を囲むように
草を刈飛ばし、有機マルチ状態に
しています。
0524kanpar
残った草を乗用草刈り機で
刈りました。
これで枝や花穂の手入れが
楽になります。
忌避剤や農薬の散布もね。

 

太秋柿
0524taisyu
甘柿の「太秋」は美味しくて
好評なので増やしました。
昨秋、草刈りの手が滑って
3mmほど残してスッパリ切って
しまいました。
接ぎ木で対処とも思ったのですが
残った3mmに期待。
添え木して、きつく縛りました。
枯れはしなかったけど、
左右でこの差です。
ゆっくり成長してください。

 

友人(幼・小・中の同級生)が
近くで田植えをしてたので
ちょっと挨拶に。
こっちは兄ちゃん。
0524taue1
田んぼの泥のコンディションを見ながら
田植え機の操作のアドバイスをしている
素敵に枯れた風合いのヒトが友人です。
渓流師(釣り師)でもありますから
こんな格好が合うのでしょうね。
0524taue2
先年まで自動車整備士でしたから
軽トラの面倒を見てもらってました。
なので、軽トラのアドバイスと
田植え機のメカニズムの概要を
話してもらいました。

 

トド父のでっかいスチール机を
「整理してたら鉄がいっぱいなんだけど」
とアシカ。
0524titinodesk
ハサミ、ニッパ、ヤットコ・・・
たぶん2世代前のもの。
一旦保存するけど・・・
まとめて処分するしかないなぁ。
Hohoh100_20200527084901
木ガマ、大きいノコ、玄能(ハンマー)、
バール、斧、鉈(ナタ)なんかだと
時代を経ても使えるけど
と言うか古いもんの方が良いもん
だったりしますけどね。

 

| | Comments (0)

なにもすることがないんなら

2020年5月23日(土)晴れ、くもり

 

とってもエエ本を紹介してくれる
友人ホシさんと話してたら
宮崎駿さんの「本へのとびら」の
話も出てきたので、写真を撮ってたら
0523honno
シマちゃんが特別参加してくれました。
うなじ に自信があるそうです、、。
どっこが うなじ なんかなぁ。

 

そんで、ホシさんがススメてくれたんは
この本 ↓ 岩波少年文庫
「たのしい川べ」ケネス・グレーアム著
0523kawabe
挿絵もワクワクします。
この表紙はネズミ君とモグラ君の
出会いのシーン。
「ねえ、きみ、ほんとに、
 けさ、なにもすることがないんなら、
 いっしょに川をくだって、
 一日ゆっくり、あそんで
 いかないか?」
あ〜、あっぁ、なんと魅惑的な。
Todoyachimo_20200526103101
けっして、そんな甘言にのらない
しんちょうなこどもだったトドは
むかしも今も後悔しきりです。

 

「古民家改装 (12日目)」
本日の現場仕事は倉庫の中の
小さなお菓子工房だけ。
若い大工さんが入り口や
建具の調整などコツコツ頑張って、
最後はキレイに掃き清めてくれました。
で、写真は撮り忘れてしまったです。

 

「マイヤーレモン」の花
0523meyer
約2.5mの高さに成長した木が4本。
それぞれ10ほどの花を付けています。
サンプルとして食べてもらうくらいは
採れるかな。
0523meyer2
楽しみです。

 

こっちは「グレープ・フルーツ」さん
植え場所に困って何年も鉢のまま
放置してたら、去年2つ実を付けて
くれました。
0523grape_f
とっても酸っぱかったけど満足。
地植えした今年はどうかな?
スス病で弱り、カイガラムシに
派手に襲われています。

 

シャインマスカットの苗。
0523shine
ジュースやジャムにドライも
用途がいっぱい。
なので増産を図っています。
と言っても、この木に実をつけられるんは
3年先で、まず数房からです。
百姓は気が長くなくっちゃできません。

 

多産系の「ハニービーナス」。
早生で、香りよくって、美味しくて、
ご機嫌なぶどうです。
0523honey
欲を言えば少し小粒なところかな。

 

シーズン最後のぶどう「紫苑」さん。
0523beniiz
「まだ、ぶどうあったの」
「寒い時期のぶどうも美味しい」
の言葉がうれしくて
ダイジに育てています。

 

| | Comments (0)

まっすぐ走れ!

2020年5月22日(金)晴れ、くもり

 

松の老木の下に仮置きされたままなのに、
今年も機嫌よく咲いてくれた「ロココ」さん。
0522rococo
「アイスバーグ」2本はしっかり場所を
確保できているのにね。
それにしても、
気分を損ねず優雅な花です。

 

「古民家改装 (10日目)」
建築士ミホさんが作業進行の
チェックに寄ってくださいました。
10時のお茶をしながら
ガランと空いた土間を見て
楽しそうです。
0522nishi2
きっと図面をベースにアタマの中で
リアル画像が再構成されてるのだと思う。

 

脚立に上がっては、壁の向こうの
お風呂場の屋根裏を覗き込んで、
「うふ、やっぱりあるある」と上機嫌。
先日、来た時に発見した
「すんごい曲がりくねった梁があるのよ」
「おもしろいでしょ」と
みんなに見せてくれます。
0522nishi1
古民家の屋根裏を探訪するには
必須のアイテム
充電式LEDヘッドライトです。
0522light
意外に廉価でアマゾン、ポチで
入手できそうです。

 

レーザー水準器も欲しいです。
トドには用途が見つけられんけど。
0522suijyun
ミニR2-D2みたいで
かわいいじゃないすか。
プリンセス・レイアは見たないけど
ヨーダには立体画像で会ってみたい。

 

朝や夕方、涼しい時、ぶどう畑に
レモンを誘います。
アスファルトよりも
土や草の方が歩きやすくて
楽しそうです。
0522lemon1
部屋の中や庭だとぐるぐる回って
ばかりですが、
畑だと匂いを嗅いだり、
一直線に走ったり、
明らかにこっちに向かって
走ってきます。
「そうだ、まっすぐ走れ!」
0522lemon2
認知症じゃないそぶりが見えて
ちょっとうれしい瞬間です。
帰りの坂は爆走するしね。
もちろんご飯が待ってるから
走ってるんだけど。

 

夕食は近くのスーパーでいちばん安い、
でも、いっちばん美味しいお弁当です。
「サバほぐし弁当」
高菜の漬物とサバが美味しい。
0522saba
ちょうどあったグリンピースの煮たのを
色どりに加えてさらにおいしくなりました。

 

アシカのほのぼの田舎暮らし」
 四コマまんがは「減った」です。
0523

 

| | Comments (0)

ダイジョウブ・・・

2020年5月21日(木)くもり、晴れ

 

「強力小麦粉」
最近は近所のスーパーでも
とんと見かけなくなった小麦粉ですが、
今日はありました。
お昼過ぎに行ったら2つだけ残ってました。
0521komugiko
ステイホームと言われ
外に出かけらんなくなった主婦や
娘たちがパン焼き機があるのをを
思い出して、こぞって焼き始めた
ようです。
みんな美味しいの焼けたかな?

 

「古民家改装 (9日目)」
玄関の土間は・・・
波が押し寄せてるように見えますが
平らに固まっています。
この上にタイルが張られますので
ダイジョウブです。・・・たぶん。
0521kiso
以前の玄関は雨が降るとじっとりと
湿気ってましたが、今度は下に
防水シートが入ってますから
もうダイジョブです。

 

排水系も見直してもらいました。
ホコリがしっかり詰まって
フタが開けらんなくて
長い間見たことなくて
とんでもないモンが住んでたら
と危惧してたのですが、
「特に何もなかったですよ」と
言われてホッと安心でした。
0521haisui
てんぷら屋、とんかつ屋さんだと
油や脂のカタマリで
下水が詰まっちゃうと聞いたのですが
最近は網かごのようなんが
入ってるんですね。

 

今日は電気屋さん二人も参加です。
古い配線は除去してできるだけ
シンプルにしてほしいです。
0521denki
手早くどんどん片付いていきます。

 

見上げた屋根の梁や柱が真っ黒
なのに野地板が新しいのは
トド父の代に屋根や瓦を
新調したためです。
0521noji
この時に土で瓦を固定する
それまでの土葺き(つちぶき)工法
をやめたのではないかな。
トド姉は嵐の時にパラパラと
土が落ちてきた記憶があるようです。

 

山のぶどう畑カンパラで草刈り。
0521syaku
シャクヤクが満開。
少し前に草刈りしたのですが
かなり伸びてます。

 

ぶどうは家のまわりに比べて
少し遅いようです。
0521kanpa1
草丈が高いので刈っておかねば
後の作業に響きます、
0521kanpa2

 

ピンクから白に変わる
シャクヤクも見事です。
0521kanpashyak
夕方、畑から帰ってきて仕事部屋の
明かりをつけようとしたら
つかない!
家の2/3の電気がつかない!
工務店に電話。
電気屋さんに来てもらって修復。
古い配線がショートしてたらしい。
すぐに家中に明かりが灯って安心。
ちょっとダイジョブではなかった。

 

アシカのほのぼの田舎暮らし」
 四コマまんがは「つぐ」です。
0521

 

| | Comments (0)

パワフルりょりょく

2020年5月20日(水)くもり、晴れ

 

「サンパチェンス」一輪、咲きそうです。
ホームセンターで見たサンプルは
オレンジ色の豪華モリモリで
花盛りだったけど、
売ってる苗はまだ花芽もなく、
小さいのが5、6コしか残ってない。
これは先が長いな〜と
覚悟してました。
0520sanpa
なに、一輪でも花があれば、
もう勝ったも同然???
成長が楽しみです。

 

「古民家改装 (8日目)」
本日は玄関土間の基礎部分の工事らしい。
イリ組三代目が頑張ってます。
0520tetumesh
土間に砕石を入れ、プレスで均し
防水フィルムを敷いててから
ワイヤメッシュを入れ、
コンクリートを流します。

 

ワイヤメッシュはコンクリートの
型崩れやひび割れを最小限にします。
写真はコンクリートを流し込む前に
木で型枠を作って設置しているところ。
0520kiso
イリ組二代目
働くオトコの臀部。
スリムな方が格好はいいですが、
働くオトコたちはみんなボリューム
たっぷりパワフルお尻の持ち主です。

 

さて、老化でボリュームがなくなって
貧弱ケツになりつつあるトドは
シュロの木の伐採です。
0520syuro2
勝手に自生したシュロの木。
日陰になった野菜がかわいそう。
なので切ります。
小さいうちに切ってしまえば
モンダイなかったのですが、
15〜20mにもなれば
切り倒すのも大変。

 

元から切り始めたのですが
しゃがんで動けない状態で
木が倒れてきてもイタイし、
あれこれぐちゃぐちゃになったの
片付けるのも嫌なので、
(ダレが片付ける?)
逃げられる体勢の
胸元あたりで切ることに
変更しました。
0520syuro
逆方向にそっくり返っている木を
空いている下の畑に引っ張ります。
ぶどう棚のワイヤのけん引に使った
シメラー(すてきな名前)で
引っ張っておいて、
ナタとノコで徐々に切ります。
トドさんはツブされることなく
無事に作戦終了。
ここ6年ほどいつ切ろうかと
思ってた仕事が完遂できたので
今日はビールが美味しい。

 

アシカのほのぼの田舎暮らし」
 四コマまんがは「10時と3時」です。
0520_103

 

| | Comments (0)

見どころマンサイ

2020年5月19日(火)くもり、晴れ

 

アシカがどうしても欲しいと
買った「ロココ」。
夕方、西からの光に透過するみどりが
美しくてパチリ。
0519rococo
香りも良くフリルってて愛らしい。
だども、植え場所がなくて
鉢植えのまま
松の巨木の下で今年も
花を咲かせる不憫さ。
今年こそ植え場所を確保してやろう。

 

「古民家改装 (7日目)」
さて、今日の工事は見どころ満載です。
あぁ、トド的にはですが。
0519daiku
大工さん二人は黙々とホゾとホゾ穴加工。
そして淡々とあったりまえのような顔で
組み立てました。
でも、何万回やった経験があっても
寸法通りにピタリと合うと
うれしいに違いない。
0519daiku2
と思って表情を見ていたのですが
・・・二人ともポーカーフェイスでした。
もっとよろこべ!
トド一人がニコニコしてて
バカみたいじゃないか。

 

便器の上で馬乗りになって!
「あれ、そんな ご無体な」の声が
聞こえて来そう。
しかもフタも開けずに、
いえ、不埒なことがおこなわれている
ワケではありませぬ。
この方、むかし風に言えば「表具師」さん。
関東では「経師(きょうじ)」です。

0519harisi1
壁紙(ビニールクロス)を張るんが
メインの方は「クロス屋さん」って
言うらしいです」
見よや ↑ 腰につけた七つ道具!
素晴らしい。
ジツは、むかしトドあこがれの
職業だったです。
0519harisi2
学生の頃
デパートなんかのイベント会場作り
のアルバイトやってて、
大工さんとや経師さんの働く手が
ちゃっちゃとスピーディで
カッコよかったんですね。
深夜にスタートして、
終電 → 始発の時間まで、
夜明けにはカタチになる
高揚感が好きでした。
トイレの壁紙を明るい色に
張り替えてもらいました。

 

一週間前、車がすれ違ざまに
イリ組の組長さんが
「今度 ハツリに 行くからね」と
呼ばわってたのだけど
なんのことかと思ったら
工務店さん経由でこの仕事を
受けていたのでした。
*ハツル/削るの意
0519irie1
むかし父が改築した時に、
玄関の たたき をコンクリートに
かえました。
そして、コレクションしていた
石を10コほど、浮島のように ↑
埋めたのでした。
多くのお客さんが「おや、ステキ」と
ほめてくれたのですが、これも壊します。
いや、ハツリます。
 Hohoh100_20200522120501
 父が楽しそうに石を抱いている姿を
 思い出して、1コだけ残しました。
0519irie2
二代目組長数年前までロック少年だったらしい。
この親子には、
わが家のウラのブロック積みや
山のぶどう畑の土壌改良を
何度か手伝ってもらいました。
Todokaw90_20200522150701
みんな楽しい作業風景をありがとう。

 

どうしたんだろってほど
ゆっくりだった
ジャガイモの芽が縛れるほど
大きくなりました。
0519potet
今年も垂直栽培やってみます。
品種はさんじゅうまるくん。

 

サツマイモは「シルクスイート」のみ
50本植えました。
0519satuma
サツマイモは胸焼けするから
食べられないって言ってたのが
ウソのようです。

 

山のぶどう畑カンパラの
大家さんのシャクヤク。
0519syakuy
今が盛りで次々に咲いています。

 

アシカのほのぼの田舎暮らし」
 四コマまんがは「届かない」です。
0519

 

| | Comments (0)

パニーニの中は(シーチキン、ルッコラ、チーズ)

2020年5月18日(月)くもり、雨

 

古民家改装 (6日目)
80_20200521091301
早朝、
犬の表情を見ながら一緒に歩くご夫婦。
出勤するヒトはヒタイに緊張感を漂わせ。
何だってたのしい笑顔の小学生。
むつかし顔の中学生は自転車ですっと走り去った。
でも、大っきな声でアイサツすれば、
みんなから大きな笑顔とアイサツが返ってきます。

 

さて、8時前には職人さんが集まります。
母屋玄関の方は基礎工事と洗面所、
ミニキッチン、トイレなどの水まわり。

 

大工さん二人は倉庫の一角で
厨房スペース作りです。
0518kobo1
ここはアシカのお菓子工房に
なる予定です。
(基本的にお持ち帰り用のお菓子)

 

ノコ、ノミ、カンナ、締め具と
魅惑的な道具が散乱しています。
0518kobo2
ノミとカンナの使い方を数分
見てただけでで退散。
ずっと見ていたいのですが
トドだって忙しいのだ・・・たぶん。

 

今朝、5時半まで倉庫はバイク、
農具、本や雑誌、母の遺品で
わやくちゃでした。
昨夜の睡眠時間を超削減、早起きして
倉庫の中味を1/3に圧縮しました。
0518kobo3
軽トラ2杯分の布団と衣類と
雑誌と新聞を廃棄処分か
リサイクルセンターに運び、
掃除してなんとか8時前には
大工さんの仕事スペースを
確保できました。

 

2台のバイクと自転車は
シートでおおって、雨の中。
0518kobo4
野菜苗はブドウの雨除け屋根の下に。
虫が心配じゃ。

 

家のウラ。
石垣なんですけど、コケやシダに
おおわれています。
0516ura
このままじゃ
湿度も上がるだろうけど
今しばらくシダむしりはできないっす。

 

美味しそうな香りがすると思ったら
アシカがパニーニを焼いてました。
0518panini
中身はシーチキンとルッコラ、チーズ。
小麦粉って美味しいです。
次々に手が出て、あっという間に完食。
ダレが食べたんじゃろ、
ビールも無いのに!

 

ぶどうの枝がワシャワシャと
伸びています。
0518ogyohku
混み合わないように
アシカが鋭意調整中です。

 

レモンが次々に花開いています。
0518lemon
見ているだけで、特に何もしません。
ぶどう以外は何もせんし、
できませ〜ん。

 

アシカのほのぼの田舎暮らし」
 四コマまんがは「解除」です。
0518

 

| | Comments (0)

静かな休日

2020年5月17日(日)晴れ

 

古民家改装 (5日目)
日曜日です。
今日は工事もお休み!
ガガガガ とか ドッドドって騒音は
まったく無くて
ごく平穏な日曜日です。
久しぶりに日曜日を
ありがたいと思いました。
日頃、曜日と関係なく
働いたり、ボーっとしてますから。
0424lemon33
レモンもぶどう畑で
のんびり散歩中。

 

シマは窓のそばで
鋭意、朝寝続行中です。
0516shima
寝相わるくて落っこちそうです。

 

「サンパチェンス」
インパチェンスを元に「サカタのタネ」が
開発した品種です。
0516sanpa
派手なオレンジ色を選びました。
秋まで玄関を飾ってくれるでしょう。
 おや、
・植える時に根をほぐした方が生育が良い。
・肥料食い。
・7月中旬に1/3〜1/2の高さに切り戻すと
 秋に再び花を咲かせる。
知らなかった。
知らなかったコトにしよう。

 

野菜の苗
大玉トマト、巨大パプリカ、
砂に埋まってるのはショウガ。
0516nae1
ショウガは発芽したらサトイモの
となりに植えつけます。

ローマっ子が「春の訪れ」と喜ぶ(らしい)
プンタレラがやっとトウ立ちしました。
友人ラン子さまオススメのように
割いて、水でアク抜き、カールさせ、
サラダに加えて食べました。
0513punta
葉っぱほどニガくはなくて
春らしい少しのニガ味が
いいのかな?
美味しいと言えなくもないです。
0513punta2
しっかし、外観の異様さが
サグラダ・ファミリアとか
ブリューゲルを思わせます。
う〜ん。
1、2月に食べられるくらいに
今年は早めに種を蒔いてみよう。

 

アシカのほのぼの田舎暮らし」
 四コマまんがは「友達」です。
0516
イラスト、よく似ています。
アシカのブログでご覧ください。

 

| | Comments (0)

雨の日も

2020年5月16日(土)くもり、雨

 

古民家改装 (4日目)
前の山に少しキリがかかっていました。
0516maeyama
この二日ほどは雨予定ですが
屋内の作業ですから
それほど影響はありません。

 

少人数のお客さまにお茶を出せる
ようにしたいので、
小さなキッチンに水の確保。
ささやかな手を洗う設備も
設けます。
0516mizumawari
光源をバックの立ち姿が
格好良かったのでパチリ。
17年ぶりの改装工事とあって
建設会社さんのスタッフも
代わってますが、
細かい修繕をお願いすることも
あって、顔見知りキブンです。

 

どんな仕事も厭わず、
快活で真面目。
オフは子供たちに
合気道を教えている方も。
0516syoubenk
水が流れなくて放置していた
屋外の小便器も直してもらいます。
畑仕事の途中だと
すこぶる便利なんです。

 

「お風呂を新しくしたい」が工事の
発端だったはずですが、
いつの間にか忘れ去られ・・・
 *コストが高かったので(涙)
でも、無数の配管で暗黒カオスのように
なっていた洗面、脱衣所、洗濯機の
スペースは建築家氏の「光あれ」の
言葉でクリーンで使い勝手のよい
スペースになります。
0516huro
床を張り直すまで、風呂は入れないと
カクゴしていたのですが、
90cm幅の仮の床をちゃっちゃと
設置してくれ、
「これで風呂入れますよ」の声に
大感謝。
ほぼ毎日、汗まみれの農作業ですし、
なにより風呂の後のビールが美味い!

 

レーザー水準器発見!
17年前よりも精悍に見えます。
0516suijyun
17年前も欲しかったんだけど・・・
なんで欲しかったのか?
そのころぶどうの棚を作っていて、
たぶん高さを揃えたかったのかな。
まっ、持ってれば 過剰装備 ですが。

 

畑に目を転じると、
ロウ梅の林ごしにアシカ発見!
0516hanaho
ぶどうの花穂を整えているようです。
雨除けフィルムがあると小雨でも
仕事ができて助かります。

 

マイヤーレモンの花が咲き始めました。
0516lemon
今年は20コほど採れるかな。

 

サラダかぼちゃ「コリンキー」の苗。
玉ねぎの後に植えましょう。
0516korinky
生でも美味しいけど、
少し炒めてチャンプルーが好きです。

 

アシカのほのぼの田舎暮らし」
 四コマまんがは「玄関」です。
0515

 

| | Comments (0)

現場で確認を

2020年5月15日(金)くもり、雨

 

古民家改装 (3)
玄関の和室の撤去が終わったところで
建築士、施工、建具と業者さんが
集まって現場を確認します。
なんだか みんな楽しそうです。
0515miho3
17年前の工事の時も
現場を仕切ってもらった
Mihokoさんに
2階の暗がりの中から
写真を撮ってもらいました。

 

工事が終われば、この空間は
天井で再び隠れてしまいます。
0515hari1

 

瓦を乗せている「野地板」が
新しく見えるのは半世紀ほど前、
親父の代に屋根を補修し、
瓦も新しくしたからです。
*この時すでに屋根の上に
 土を乗せて、その上に瓦を
 乗せる工法ではなかったの
 でした。今ごろ気づいた。
 Hohoh100_20200518035901
 当時、子供だったトドは
 グレーの瓦が気に入らなくて、
 もっと武張った真っ黒の
 瓦の方が格好いいのに
 と不満たらたらでした。
 屋根を直す前は雨漏りが
 激しくて、家中のあちこちに
 洗面器やバケツが並んでて
 ・・・楽しかった!
 当時も能天気なトドでした。
0515hari2
今回、下の方の梁は見せ
ますが、すぐ上に天井を
施し、ホコリを防ぐ構造に
お願いしています。
0515nakamur
図面上の天井の位置と
梁をどこまで見せるか
現場で確認。

 

「あー、キレイなまま残ってる」
「うん、高梁の気候だと保ちますね」
県南の温かい気候だと床下の
大引きや根太などの材はシロアリに
やられていることが多いそうです。
0515jyobu
タカハシ寒ぅて良かったです!

 

0515kouho  
小上がりというか「縁/えん」を
どう付け、見せるか相談中。
厨房の素材や色も確認します。
0515kaguya

 

午後、他の用事で来た友人夫婦も
現場見学。
0515yujin
ぶどうや野菜畑もご案内。
野菜の苗や栽培情報交換。
飲み物の配達に感謝。

 

「夜はラーメンでいい?」とアシカ。
もちろんと答えるが
ラーメンの夕食なんてこの20年で
初めてじゃないかな。
0515menma
基本ラーメンを食べるとお腹を壊す
体質だったので、今もあまり食べない。
けど・・・
メンマを作った手前
ラーメンを食べないわけには
イカないではないか!
あぁ、美味しかったです。
最近はお腹も壊さないです。
老化って素晴らしい!

 

アシカのほのぼの田舎暮らし」
 四コマまんがは「古民家」です。
0514
子どもの頃、居間と言うか
食堂でもあった座敷に
クドがあった。
でも、煙突はなかったから
時々煙かったような記憶が。

 

| | Comments (0)

まずは撤去です

2020年5月14日(木)晴れ

 

早朝、種まきした野菜の畝や
発芽した苗に水やり。
ぶどう畑もざっとチェックします。
0514budo

 

「わが家の玄関まわりの
 改装工事(2日目)」
4.5畳の和室を撤去。
天井も撤去したら、
真っ黒い梁が出てきました。
百年、いや二百年前の
かまどや囲炉裏の生活が
作り上げたススの「黒」です。
0514hushin1
それにしても
改装の度の古い配線の
いい加減さは何なのでしょうね?
古くても生きていたり、
新しそうな配線が意味なく
ぶらりと残っていたり。
この際整理してもらいましょう。
古い碍子(ガイシ)は面白がる
コレクターさんに。

 

座も撤去して土間にします。
0514hushin2
奥に見える居間の下は
前回(17年前)の改修工事で
防水コンクリートにしています。
0514hushin3
ホコリがひどくて
居間や納戸は遮断されている
ハズなんですが、
とてもマスクなしでは
居られません。

 

となりの中の間の下に
不思議な石積みがありました。
0514hushin4
記憶をさかのぼっても
掘りごたつはなかったはず。
工事責任者に訊けば
「現在、床は束石とその上の
 束(つか)で支えていますが
 むかしは石を積み重ねて
 束にしていたんです」
「この先の部屋も、同じ構造に
 なっているはずです」
確かに角度を変えて見ると
積み石が見えました。
Yukasita2  
現在の床下構造図

 

床や天井に使われていた木材が
廃材として大量に出ます。
合板やプラスチック、ガラスは
処分してもらいます。
0514hazai
冬季の風呂焚き用と
多くは炭にして畑に投じ、
もう一度役に立ってもらいます。
古釘を抜くのに
ひと手間かかりますが、
合間を見てやりましょう。

 

山の畑カンパラの
大家さんの「シャクヤク」。
0514syaku1
次々に咲いています。
目を留めるのは大家さんとトドと
ご近所さんとケアマネさん。
郵便・宅配さんくらいかな。
514syaku2
せめて、しっかり見てあげましょう。

 

「アシカのほのぼの田舎暮らし」
 四コマまんがは「出口」です。
0513

| | Comments (0)

フシンは元気になる

2020年5月13日(水)晴れ

 

わが家の玄関まわりの
改築工事が始まりました。
まず、玄関を開けてすぐの
和室を撤去します。
0513kaiso1
トドが子供の頃ここは全部
土間(タタキ)でした。

 

天井もなくて、上の暗がりの中に、
いくつもの梁が見えてました。
ここは簡便に寄り会ったり、
餅をつき、豆を選び、
蕎麦を石臼で碾いたりする
場所でもありました。
急な雨に天日で乾燥していたモミや
豆の避難の場所でもありました。
別棟の長屋と同じような用途ですね。
Todokaw90_20200516052101
ご近所数軒に
しばらく施工屋さんや車の出入りで
ご迷惑をかけるかもしれませんと
簡単な工事内容を話すと、
古くから付き合いのある方からは
「あぁ、むかしのような土間に
 戻すんじゃね」
と懐かしそうな顔をされます。
 むかしはどの家も同じような
 構造じゃったから懐かしいかな。
0513kaiso2

 

古くから精米業や商売。
近年はアパート経営もする
女将さんを訪ねて
「大工さんに入ってもらうので
 駐車場をお借りしたいのですが」
と話すと
「普請かな?」
「そりゃ、ええことじゃ」
・いえ、普請と言うほどのことでは・・
・時期も時期ですし・・
 今やってええもんか迷ったのですが
などと話すと
女将はまっ直ぐにこちらを見据え
「しっかり、おやりなさい」
「普請はモノ入りですが、
 それ以上に元気をくれます」
「そして、なにより楽しいです」
と笑顔で励ましていただきました。
うん、ええ笑顔じゃった。
0513kaiso3
玄関ワキの風呂場の脱衣場兼
洗面・洗濯場のレイアウトも
変えます。
入り乱れた配管を整理して
使いやすいようにします。

 

近くに居れば大丈夫のようなので
気になっていたぶどう畑の
草刈りをしました。
0513kusakari
山のぶどう畑の草刈りも
気になるのですが
それは後日にします。

 

県北、津山のレストラン「シエロ」さんの
スペシャル「パスタソース」のご紹介(4)
「お魚・トマトソース」
天然真鯛、スズキ、ホウレン草、
トマト、白ネギ
0513pasuta
驚いたことに・・・
シエロさんの料理の美味しさは
充分知っていたはずなのに
尚、ビックリの美味しさでした。
パスタの具としての魚に期待すること
なんて考えもしなかった不明を
恥じます。
ここの選ぶ魚はそのままでも
一級の美味しさです。
先日の「讃岐サーモン」もそうでした。
今までパスタには肉を選んでいたけど
永い間、間違っていたかもしれない。
う〜ん。
おっと画面上の2皿は
自家製竹の子メンマと
姉が採ってきた蒜山ワラビ、
あぶらげ、こんにゃくの煮物。

 

「アシカのほのぼの田舎暮らし」
 四コマまんがは「囲い込み」です。
0512

| | Comments (0)

竹の子は◯ン◯になりました

2020年5月12日(火)晴れ、くもり

 

「まだ、竹の子いる?」って声がかかって
山ぐわとスコップを軽トラに積んで
リバースさんとこに急行。
掘るの、手伝ってもらって
大きめのを4本収穫!
0512chyoro
ついでに掘った小っさいのは
軟らかい穂先はチャボさんに、
皮とすこし堅めんとこは
山羊のちょろさんに
ガリガリ歯ごたえのあるとこは
信州生まれの大型犬
ハナとタロウに、
それぞれが大ヨロコビで
食べ始めます。
0512chyabo
チャボ(オス)・・・名前はたぶんあります。
カラスの攻撃からメス2羽を果敢に
守る勇者です。

 

「あくまき、ご存知ですか?」と
リバース奥さま。
う〜んと
サツマんおやつの?
「そうそう」
「食べます?』
もちろん食べます。
0512akumaki
2年ほど前、
阿久根ん住んじょるRisaさんが
持ってきてくれたとです。
「阿久根、近いっ、となり町です」

 

んで、これは自分で作ったの?
「は〜い」
「母がサツマん出で、小さい頃から
 おやつで食べてました」
久々の「あくまき」いただきま〜す。
すこしクセがあって、それが懐かしくて
田舎ん食べ物らしい美味しさです。

 

帰りに通りがかった「沢柳(さなぎ)の滝」
0512sanagi2
いつも急いでるのでパスするのだけど、
今日は軽トラを停めて、しっかり鑑賞。
石灰岩地帯なので、穴や割れ目を通って
地下に潜り、伏流水となって
この沢柳の滝で一気に落下します。
伏流水なので晴雨にかかわらず
ほとんど定量で濁りのない
美しい滝です。
滝の高さ:25m
(以上、看板の要約です)

 

ところで
掘り起こした4本の竹の子は
どうなったでしょうか?
その後、つうか深夜に
こうなりました。
ごま油で炒め、鶏ガラスープと酒と
醤油で煮込み、汁気がなくなったら
みりん、ごま油を加えて
水分を飛ばして完成!
0513menma
自家製メンマの出来上がりです。
はい、そうです。
ビールが止まりません。
初めて作ったけど、
かなり美味しいです。

 

明日から玄関の工事が始まるので
あちこち片付けてたら・・・
0512hakoiri
いつの間にかシマちゃんが
引き出しの中で寝てました〜。

 

「アシカのほのぼの田舎暮らし」
 四コマまんがは「そろそろ」です。
0511

| | Comments (0)

おじさんにも美味しい!

2020年5月11日(月)晴れ

 

かつて学んだことをベースに
工夫を加えながら焼き続けている
アシカのシフォンケーキですが、
新たなヒントを手掛かりに作った
新作がめちゃ美味しい。
0511chiffon
シフォンケーキらしからぬ重量感、
高密度で豊かな味わいの満足度。
カステラのような・・・
でも、そんなベッチャリした重さ、
甘さはなくて、軽やかです。
 80_20200514055601
 昔、会社の帰りに吉祥寺駅で売っていた
 シフォンケーキがあんまり美味しそう
 だったので、買って二駅となりの
 アパートで箱を開けたら1/2ほどの
 ペッシャンコになってました。
 以来、空気のようなシフォンケーキは
 大嫌いなトドなのでした。

 

明日から玄関内側の工事です。
工務店さんが廃材用のゴミ箱を
持ってきたので、駐車場に
設置してもらいました。
0511gomi
柱や天井などは冬場の風呂焚きの
燃料にし、消し炭として畑に
撒くつもりです。

 

夏野菜の準備もしてないし、
ぶどうもぐんぐん伸びています。
草もあっと言う間に猛々しく
なります。
忙しくなります。

 

「アシカのほのぼの田舎暮らし」
 四コマまんがは「献立」です。
0509

| | Comments (0)

シンプルで丈夫

2020年5月10日(日)くもり、雨

 

わが家のカップや皿は
沖縄の焼き物(やちむん)が
多いのですが、
毎日使うマグカップは「DANSK」。
シンプルなデザインで、
丈夫なのがいいです。
0430dansk
同じデザインでも年式によって
わずかにサイズも、紺色も違ってて
ん〜まぁいいか と楽しめます。
 老境になって あんこ好き に転じたトドに
 容赦なくあんこが浴びせられます。
 抹茶寒天ともち麦(白玉の方が好み)。

 

冬の間ずっと楽しませてもらった
「カーボロネロ/黒キャベツ」
そろそろお終いのようです。
0509carboro2
正確には、蒔くのが遅くて
正月を過ぎてからようやく
食べ始めたのでした。
巻かないタイプのキャベツです。
しっかり煮込んだ方が美味しくて
煮物や味噌汁にと活躍して
くれました。
ケール同様に、
使い勝手がいい野菜です。

 

家まわりのぶどうたち
ぐんぐんと伸びています。
0509ougyoku2
玄関のスチューベン(小型の黒ぶどう)も
イキオイがあります。
0509styu

 

早朝はご近所いっせいの掃除の日でした。
例年、集団で手分けして草取りや
溝掃除するのですが、
今年はコロナコロナで
「各自、身の回りをきれいに」の通達。
溝掃除は若手数人で済ませたようです。
わが家の前にある雨水用の溝マスは
お隣さん三軒が来てくれて、
短時間ですみました。
スズキさん、ミカミさん、カワカミさん
ありがとうございました。感謝!

 

「アシカのほのぼの田舎暮らし」
 四コマまんがは「めだたない」です。
0508_20200513023001

| | Comments (0)

パスタ、パスタ、パスタ

2020年5月9日(土)くもり

 

13日から、わが家の玄関まわりの
改修工事を始めます。
今日は施工業者さんとのうち合わせ。
70_20200512083501
近くの畑で仕事をしながら工事車両の駐車、
廃棄物BOXのスペースの確認など。

 

県北、津山のレストラン「シエロ」さんの
スペシャル「パスタソース」のご紹介(3)。
「讃岐サーモンクリーム」
いつから讃岐でサーモンが獲れるの?
ワシは知らんかったぞ!
2011年から養殖が始まったようです。
 ナツメグ、オレガノ、シナモン、ジンジャーを
 配合した飼料で魚の臭みが少ないさっぱり味が
 特徴らしい。
0509pasta
産地にこだわらずいいモノは
キチンと評価して、美味しさを
十二分に引き出すのがシエロさんです。
サーモンがクリームとねっとり絡み
フレッシュで美味しい。
流通にかける時間が少ない分
北の産地より有利なのか。
旬は4〜5月らしい。
生サーモンを食べてみたい。
(直島のほか2ヶ所で生産)

 

キクイモのキンピラはアシカ作。
歯ごたえが良くて多くの方が
キクイモのファンになりました。
0509kikuimo
そろそろ芽が出て、
栄養価としてはどうなんだろ?
と思いつつ
美味しいので、まだまだ
食べています。

 

「ききつち」さんからパンが
届きました。
今いちばん美味しいと思う素材を使って
乳、卵、添加物不使用のパン屋さんです。
まぁ、それもいいのですが、
誠実に美味しいから
多くの方がファンになってます。
0509kikituti
無農薬の甘夏はお友達の畑で
収穫したもの。
1コだけですが買わせていただきました。

 

「アシカのほのぼの田舎暮らし」
 四コマまんがは「努力」です。
0507_20200512082301
前回5月8日掲載分の「努力」は
リンクを間違えてました。
すみません。
改めて最近のレモンちゃんの
日常『努力」です。

| | Comments (0)

オイルサーディン 美味っ!

2020年5月8日(金)晴れ

 

早朝、山のぶどう畑バルキで
雨除けフィルム張り。
0508balk1
畑直前までの道は「広域農道」って
名前の整備された対向2車線です。
バルキ畑までは軽トラで20数分。

 

数ヶ所張ってなかったフィルムを
張って今期の雨除けフィルム張りは
全部終了。
0508balk2
下草がかなり伸びてきました。
畑の周囲の草はもっと丈高くて、
次は3ヶ所の畑と周囲の草刈りです。

 

瀬戸ジャイアンツの主枝に
虫穴発見。
ジクジクと樹液が出ていました。
0508balk3
常時携帯している唐辛子入り
竹酢液300倍で湿らせた
ティッシュをしっかり詰めて
おきます。
できるだけ農薬は使いません。

 

帰りに振り返って写真をパチリ。
0508balk4
途中と端っこの空きは
植え代えたり、更新中で
枝が伸びてないところ。

 

お昼にはベーグルが
焼きあがってました。
0508bagel
オーブンが小さいので、
パンを小さくして1コ増やしたようです。
アシカとしては「ふくらみが小さい」
ようで・・・。
近々、またベーグルが食べられそうです。
ベーグル好きとしてはうれしい。

 

午後、山の畑カンパラでキクイモと
トウモロコシ用の畝を整備。
どちらも遅れているけど
しょうがありません。
 主治医に高齢者は完璧を目指しては
 イケナイと釘をさされていますから
 「しょうがない」で良しとします。

 

大家さんのダイジな「シャクヤク」
赤い花がもうすぐ咲きそうです。
0508syakuyak
トドよりも高齢の大家さんですから
草に埋もれないように
肩掛けの草刈り機で
刈り飛ばしてます。

 

ハッシュドビーフとワイン(安っ)の
夕食。ビールは切れた。
0508hashedbeef
「クリームを切らしてて」とアシカ。
でも十分に美味しい。
エンドウは姉の畑から収奪。

 

国産のオイルサーディンは
こなれてなくて?
いかにもイワシの美味しさです。
0508sardine
細くてカールしてるのが
イタリア野菜の「プンタレッラ」。
すこ〜し苦くアクセントになって
よろしい。

 

「アシカのほのぼの田舎暮らし」
 四コマまんがは「新しい?」です。
0507

| | Comments (0)

スペシャル ボロネーゼ

2020年5月7日(木)晴れ

 

早朝、家まわりの畑の
瀬戸ジャイアンツと
カッタクルガンに
雨除けフィルムを張りました。
0507katta
「カッタクルガン」
この時期、どのぶどうの若葉も
艶やかで美しいけど
カッタクルガンはため息が
出るほど。
完熟果はさくりと美味しいけど、
皮がうすくて割れやすいので、
とても商品にはなりません。
わが家を訪ねてくれたお客さん
にしか味を見てもらえませ〜ん。
なので、
1mほど残して別の品種に
接木しました。
残念。

 

「黄玉/おうぎょく」
大粒で香りもあって美味しい
のですが、
房としてまとまりが悪く、
とても箱に入れにくい
元気の良すぎるぶどうです。
0507ogyok
ここ数年はちょっと落ち着いて
扱いやすくなったので
タマにお客さまの箱にも
入れられるようになりました。

 

ぶどうのほとんどは
花穂を2〜3本付けますが
形のいい1本を選んで
あとは切り落とします。

 

さて、今日も
ディチェコのパスタです。
0507bologna1
ソースは津山のレストラン
「シエロ」さんのスペシャルボロネーゼ。
津山黒ブタ、鳥取和牛、千屋牛スジを
ベースにたくさんの野菜や香辛料と
奥さまの採取したワラビも入ってます。
ラグー(煮込み肉)の美味しさを
楽しみました。

 

サラダは
プンタッレッラ、ルッコラ、黒オリーブ、
オイルサーディン
507bologna2
蒔くのが遅かった「プンタレッラ」の
トウがやっと立ちました。
細く裂いて水に放つと
くるりカールします。
 春浅い候に収穫して、
 サラダに加えると、
 このわずかな苦味に
 「やっと春が来るんだ」と
 ローマっ子は喜ぶんだそうです。

 

わが家の新タマネギとエンドウのスープ。
ベーコンとエノキ、細切り昆布も。
507bologna3
タマネギの施肥は頑なにボカシのみ。
なので今年も小さいけれど
じわり甘く、その美味しさにマンゾク。

 

おっと、
これがプンタレッラです。
0507puntta
葉っぱは「んっぺっぺ」するほど
苦いです。
わかりにくいけど ↑ トウが立つのを待って
そのトウを食べます。
トウもビジュアル的にはサグラダ・ファミリアか
ブリューゲルの造形物でもあるような、
不可思議なシロモノです。

 

「アシカのほのぼの田舎暮らし」
 四コマまんがは「新しい?」です。

| | Comments (0)

ピザには紅天狗

2020年5月6日(水)晴れ、くもり

 

早朝、山の畑バルキで雨除けフィルム張り。
終了まで、あと少し、頑張れワシ!
0506balk_20200509093901
「雨除け」は減農薬栽培のキモとも言える
ダイジな作業だけど、いい加減アキてます。
斜面で脚立使うと、よくコケます。
でも、今年は一度もコケなかった。
偉いぞワシ!

 

ランチに帰ったらピザでした。
パン生地に納得がいかないのかな?
まぁ、どんどん美味しくなるのは
大歓迎だかん、ワシはいいけど。
0506teng
今日は国産オイルサーディン入り。
美味しです。
パン生地は相変わらず美味しいけど
より豊かになった気がします。

 

見えにくいけど
右上の暗がりに、ひっそりと見えるのが ↑
友人「さとたく」が開発した「紅天狗」。
Mg_1245
(写真は佐藤紅商店さんのHPからお借りしました)
鷹の爪、柚子果汁、食塩で作った辛味で、
ピザ、パスタ、ソーセージが
より美味しく食べられま〜す。
Img21shopprojp
こんなかわいいパッケージです。

 

こっちはご近所ノグチさんご自慢の
窯です。
友人から耐火煉瓦をいただいたので
とりあえず、駐車場の隅に窯を
作っちゃった。
竹を燃やしてネットにアップしたら
お仲間から
「やっぱ薪じゃなけりゃ
 遠赤外線効果が出ねぇぞ」
と、速攻で薪が届いたそうな。
0505nog1_20200509094101
そんでブジにピザが焼けるんを
確認したとこ。
次はローストビーフにトライ
するそうな。
 4才で街中の暮らしから
 ここに越してきた。
 まわりは田んぼと畑ばかりで
 「なんもなくて、
  びっくりじゃった」と
 今では住宅地のど真ん中で
 途方にくれた顔を
 見せてくれました。
見晴らしがよくて・・・
あとは大量のビールと
快適なイスがあれば
この駐車場は最高です!

 

夕方、山の畑カンパラで草刈り。
大家さんの「シャクヤク」。
まず、白い花が咲きました。
0506syakuyak
大家さんへの道はデッドエンドなので
偶然通りがかる人は、まず居ません。
これからしばらく
「愛でる言葉」を個々にかけて
あげなければなりませぬ。
赤やピンクのシャクヤク達に。

 

「アシカのほのぼの田舎暮らし」
 四コマまんがは「しまう」です。

| | Comments (0)

パスタ ないんだけど

2020年5月5日(火)晴れ、くもり

 

「あのさ、パスタ ないんだけど」
と家人。
いいよ、ちっと行って買ってくらぁ。
「なんでもいいからね」
くぉらっ、なんでもいいってぇ
こたぁねぇでしょ。
おいら、タマビで
チューキューセンセの
薫陶を受けてんだぜ。
パスタつぅたら DE CECCO に
決まってんだろよ。
Daitai120_20200508143501
「ったく、よぉ。
 クントウ受けたって40年も
 前ぇの話だろがよ」
って小さな声を後ろに
軽トラに飛び乗った。

 

コピーライターにして
ミステリ評論家でもある
チューキュー先生の講義は
時空を超えNYやハワイの街の
歩き方、◯◯の入手の方法。
もちろん情報の整理や
与えられたテーマを
どうとらまえるか、
そんな多岐にわたる
テーマを語り、全国から集まった
田舎もんの学生たちを
魅了したのでした。
そのチューキュー先生が
「パスタはDE CECCOにかぎる」
と言われたのだから
40年たってもトドはDE CECCOです。
0505cielo
ご近所スーパーの棚に奇跡のように
2包だけありました。
例のコロナコロナ騒ぎで
売り切れ直前でした。
ってワケでシエロさんの
「津山黒ブタクリームソース」の
パスタが見事完成しました。
・素材の味を生かす、ココロやさしい
 美味しさです。

 

早朝、アシカと山のぶどう畑バルキで
雨除けフィルム張り。
特別大きな瀬戸ジャイアンツの屋根に
100m+50m張って終了。
0505unkai
本日、雲海は少なめでした。
0505unkai2
連日のフィルム張りに
少々疲れていますが、
・・・あと少しです。

 

「アシカのほのぼの田舎暮らし」
 四コマまんがは「大合唱」です。
0504

| | Comments (0)

わっ忘れてた

2020年5月4日(月)くもり、晴れ

 

イタリア・ピエモンテ州のワイナリー
「イル・ブォンヴィチーノ」さんは
葡萄や果物を育てながらワインや
アグリツーリヅモ(農家宿)を営んで
います。
そこの自家菜園の果物の
コンフィチュールが届きました。

ってお知らせが、

イタリアンレストラン「シエロ」さん
から来たのは2月でした。
Piemonte2
 ↑ピエモンテで検索した画像です。
  きっと、こんな感じなんでしょう。

 

ピエモンテ州は北イタリアにあって
ミラノの西側です。
プラム、りんごとニワトコの花、アプリコットの3種。
Confiture2
ワインもコンフィチュールも
素材重視でざっくりした作り方
なんだそうです。
・・フルーツ本来の味わいが
  楽しめそうです。
果樹の畑は少し離れた、気候のいい
グーリア州にあります。
ピエモンテ州の南ですから、
もうすぐに地中海です。

畑見たい。イタ飯食いたい。ワイン飲みたい。

シエロさんのオススメの
コンフィチュール(ジャム)ですから
むちゃ美味しいにきまってます。
ですから・・・
 取っておいてください。
 すぐに取りに行きます。
 近々、穴熊ジビエも食べたいですから
 行くの楽しみです。
と調子よく答えたのに
すっかり忘れておりました。
いや、ほら、2月はまだ平和だったじゃない。
ホント行くつもりだったんですよぉ。
コロナさえなければ!
0504cielo
そんで、先日
「コンフィチュール送りましょうか?」
とメールがありました。
申し訳ないけどお願い と発送を
お願いしちゃいました。
ついでに、現在テイクアウトしている
めちゃ美味しいパスタソース4種も
一緒にパックしてもらいました。
楽しみです。

 

「アシカのほのぼの田舎暮らし」
 四コマまんがは「お誕生月」です。
0502

| | Comments (0)

ベーグルにサンドする

2020年5月3日(日)くもり、雨

 

自分が使う機器は平和志向のメーカーの
製品を選んでいます。
「こっちの方が使い勝手がいいの」と言う
家人に強制まではしません。
そんな経緯で数年前に買ったオーブンは
メーカーは嫌いだけど「蒸し機能」が
タイヘン優秀らしくて
プリンがめちゃなめらかになったし、
ベーグルだって焼けちゃう、ようです!
0503bagel
素晴らしい!
惜しいのは、一度に4コしか
焼けないらし・・・残念じゃ。
二つに切ったベーグルにサンドして
食べます。
0503bagel2
トド姉の畑から調達したイチゴと
エンドー。
ルッコラと新タマネギは
うちの菜園から。

 

今日は雨予定なので、山のぶどう畑での
雨除けフィルム張りはサボりました。
自宅まわりの小さなぶどう畑で
雨除けフィルム張りを少々。
0503budo1_2
生育の進行はわが家の方が
早いのですが、畑が小さいから
余った切れっ端で十分なので
作業は後回しなんです。
0503syouku
最も早いヤマブドウは
もう、ワサワサひしめき合って、
穂もたくさん見えます。

 

0503ougyoku
黄玉さんも頑張ってます。

 

彩の姫(すもも)さん。
0503saino
たくさんの実を、すこし減らして
やれば、もっと大きくなるのですが
それが、なかなかできない。
自家用なのでどしても後回しです。

 

0503meyer
マイヤーレモンの花は只今準備中です。

 

0503hotarubukuro
ホタルブクロさん
怪し気な植物ですよね。
よその惑星から飛来したのではと
思っています。

 

サツキさん。
0503satuki
畑から庭まで
ぐるりと一回りしたら
雨が降り始めました。
今日は1日雨の予定です。

 

「アシカのほのぼの田舎暮らし」
 四コマまんがは「進化」です。
0501

| | Comments (0)

雲海の上は美味しいか?

2020年5月2日(土)晴れ

 

このところは
窓の外が、すこし明るくなるころ
起き、最短時間で身支度を整えます。
それよりも早く、預かり犬レモンの
起床と共に起きているアシカが
用意してくれた朝食を素早く食べて
軽トラで山のぶどう畑に。
0502unkai2
標高100mの自宅(ボトム)から
雲海をくぐり抜け、十数分で
標高450mの吉備高原です。
霧の海に浮かぶ県南の山々を
ちらりと確認して

・・・すっげえいい景色じゃん・・・

バルキ畑に到着。
0502balk2
遅れてきたアシカと11時までに
6列の雨除けフィルムを張りました。

 

昼食と15分の昼寝の後
再度同じ畑に上がり、草刈り。
木のまわりと畑の周辺部を
ざっくりと片付けました。
0502kusakari1
車道に飛んだ石や葉は畑に
掃き入れます。
以前、山の古老が作ってくれた
竹ホウキを愛用していたのですが、
ゴンボウのようになり、
 古老も竹ホウキ作りから引退
 したようなので
ホームセンターで買いました。
0502kusakari2
少し扁平に作られて、
使いやすいです。
1年くらいは使えるかな?

 

「アシカのほのぼの田舎暮らし」
 四コマまんがは「なんでかな」です。
0430
モノサシは「食欲」だけって
ヒトゴトとは思えない!

| | Comments (0)

満身僧衣(まんしんそうい)

2020年5月1日(金)晴れ

 

以前、県北の山奥で行われた
「山野草を摘んで食べる会」に
参加した時のこと。
受付で「お坊さんですか?」と
言われました。
確かにトドはボーズあたま、
つうか、かなり地肌メイン
ではありますが、
初めてお会いする方に
ボーズ呼ばわりされるなんて
・・・
少しムッとして
なぜ僧職と思われたですか?
とたずねると
「フェイスブックのイラストが
 お坊さんでしたので」
はぁ?????
Akeome
そうか。このイラストか。

 

アシカが「スターウォーズ」の
イメージで描いてくれたイラスト。
でも、これって僧衣ぢゃなくて
ジェダイの騎士ウエアなんだけど。
ヨーダとかオビワンが着てるの。
まぁ、ルーカスも僧衣から着想
したのだろうから、ええけど。
*ところで
 イラストのトドが持っているのは
 みかんです。そして左手には
 みかんの皮。一時期トドはみかんの
 皮を「できるだけ遠くに飛ばす」
 特技を誇っていましたので。

 

さて、山のぶどう畑バルキでも
芽が吹き始めておりました。
0501balk3
雨除けフィルムを張りに
早朝出かけます。
風のない時間にざっと張っておいて
1時間遅れで来たアシカに
しっかり留めてもらいます。
0501balk1
9列張り終えました。
ぶどう栽培には理想的な
ゆる〜い斜面なんですが、
これが意外にキツイ。
脚立が不安定だし、
一年ほど前から左膝に痛みを
抱え、先日の草刈りで右ヒジが
ちと不自由。ふふふ、その上
どうやら、右股関節も不自由と
「満身創痍」。
なので80%ほどの戦闘能力
でしょうか。
↑ 大したことはないけど
 タイトルの まんしんそうい って
 言葉を使いたいだけですね。
0501balk2
さて、周辺の田んぼでは
田植えの準備が整ったようです。
山にお住いのご両親のお手伝いに
町に住む息子、娘、孫たちの
華やかなファミリーカーや
スタイリッシュなスポーツカーが
一瞬、山道に並びます。

 

コロナ禍で外食を控えてたけど
となり町の「TEXAS」さんって
以前に持ち帰り弁当を作ってたの
思い出して電話。
0501texas1
いつものをお弁当にできる?
「は〜い、大丈夫です」
ハンバーグとクリームコロッケ を
食べることができました。
お弁当なのでいつもの
アートっぽいレイアウトで
美しい皿ってワケにはいきませんが。
スープ付きでいつものメニューを
楽しめます。

 

「アシカのほのぼの田舎暮らし」
 四コマまんがは「閉まってる」です。
0429

| | Comments (0)

ランチピザ

2020年4月30日(木)晴れ

 

うまくふくらまない
このところのランチピザ。
トドが保存していた酵母が
古かったのでは?
で、新しい酵母を取り寄せたら
ちゃんとふくれて美味しそう。
ごきげんさんのアシカです。
0430pizza2
トドはサクサクのクリスビー生地より
パンタイプの方が好き。
その上、ピザののサイズが
どんどん大きくなってるのが、
うれしい。
惜しむらくはランチなので
ビールが飲めない!
オリーブ、アンチョビ入り、
チーズ、ルッコラ山盛りピザ。

 

早朝から、山のぶどう畑バルキで
雨除けフィルム張り。
0430balk2
手前の田んぼでは田植えの準備が
始まりました。
風が強くなったため
本日は5列で終了。
0430balk
紫外線を避けて完全防備のアシカさん。

 

トドは暑くなるとどんどん脱いじゃうので
あちこちにスリ傷は絶えません。
0430kizu

 

もう一つの山のぶどう畑カンパラでは
大家さんの「シャクヤク」が咲きそうです。
0430syakuyak

 

こっちはわが家の
下のぶどう畑。
いつの間にか、
シロバナタンポポが
優勢です。
0430sirotanpop
白いタンポポは在来種と
言われています。

 

「アシカのほのぼの田舎暮らし」
 四コマまんがは「マスク」です。
0428

| | Comments (0)

« April 2020 | Main | June 2020 »