« February 2020 | Main | April 2020 »

ジミで辛気臭い草と思ったら

2020年3月29日(日)くもり、雨

 

「姫りんご」咲きました。
0329himering1
向こうに見えるシュロの木が
野菜の陰になるので
切りたいのですが
大きすぎて、どうしたもんかと
今年も手をつかねています。
「手を束ねる」
 何気なく使っていた言葉ですが、
 漢字に変換されて疑問?
 束ねるは腕組みする。
 転じて傍観するの意。
 そうだったのかと納得。
 束ねてばかりの人生。

 

この時期、山々には
山桜が点々と咲いている。
山に人が入らなくなって以来
急速に増えたきた。
かつて「山桜」は、役に立たない
雑木として、小さなうちに
伐採されていたか。
0329himering2
目に留めて、人は「いいな」と言う。
トド的にはネコやイヌの毛が
生え変わり、
冬毛が浮いたようにしか見えない。

 

「アジサイ」
0329ajisai
元気が良いのでパチリ。
と毎年撮るが・・・
さほど興味はない。
食べらんないからだな、きっと。

 

「紅妃/キウイ」
ぐいぐいと芽を伸ばしています。
糖度が高く、期待の品種です。
0329kiwi
去年まで育成が遅くて油断してたら
足者にたくさんの枝!
剪定しておくべきでした。
もう遅い。
今切ると吸い上げた水が
ポタポタと止まらない。

 

「ホトケノザ」
ぶどう畑にたくさん生えている雑草。
名前からして辛気臭い、ジミな雑草!
としか認識していなかった。
0329hotokenoza
ところが、ぶどうの師によると
リン酸吸の収を助ける菌根菌を
 増やしてくれる」らしい。
俄然、感謝である。

 

「アシカのほのぼの田舎暮らし」
 四コマまんがは「くれる」です。
0328
ほんに、わが国の政治家たちは
民を見ていない。

 

| | Comments (0)

南無コロナ退散

2020年3月28日(土)くもり、雨

 

友人たちが旧知の宮司さんご一行を
某名刹に案内。
その際、いただいた疫病避けのお札。
0329coronavirus
わが家の分もおすそ分けしてもらった。
時宜を得てラッキー。
玄関に貼っておけば、お札の左右の
七つの鬼(疫病)避けになるらしい。
もちろん「コロナ鬼」も対象である。
持つべきものは心優しい友人たちだ。
サンキュー。
0328aya
遠来の友人はスマホの画像で、
今日の引き合せの様子や
過日立ち会った仏蘭西国での
華麗な神事を見せてくれました。
国家規模の大仰な祭事は好きではないけど
手作り感あふれる真面目な神事には
つつしんで畏るトドなのです。
Umigasuki2_20200330091601
一行の中に、柳生新陰流の剣士が
混じっておられてびっくり。
長く続けておられるのですか?
「いえ最近、通うようになりました」
で、話は切れたのですが。
調べてみたら
現在新陰流は竹刀を工夫して、
籠手以外の防具無しの掛かり稽古
らしいです。
そのあたり、聞いてみたかった。

 

まぁ、アシカの四コマまんが
「ほのぼの田舎暮らし」を
2冊頼まれたのでお届けに上がった
って側面もありますが・・・。
Honobonoinaka
おかげさまで昨年末に3刷目を
刷りました。
ご覧になりたい方はメールか
メッセージでお申し込みください。
郵送でお送りします。
(1200円+送料)
ご近所さんにはお届けにあがります。

 

「どしても欲しい」
とアシカが取り寄せたバラの花。
(・・・名前忘れたロココだったか?)
やっぱし、植え場所がなくて
巨大松の木の下に仮置きしたまま。
0328bara2
ウラのオリーブが枯れたけん
北壁面に割り込めるかな?
まずは這わせる垣根を作らんと。
東の車道側はアイスバーグ2本。
こっちも垣根(ラティス)が
崩壊してるぞ。

 

あ〜、ネコは気ままで自由で
あきれるほど、しなやかだ。
0328shima
イヌに比べて、ヒトに比べてもね。
しかも、いつの間にか
「飼ってる」んじゃなくて
「飼わせて頂いてる」感を
演出してしまう狡猾さ。

 

「アシカのほのぼの田舎暮らし」
 四コマまんがは「待遇」です。
0327_20200329233001
たま〜に、混じるブラックなお話。
結構好きなんです。

 

| | Comments (0)

あそびゴコロ

2020年3月27日(金)くもり、雨

 

雨の日は片付けとデスクワーク。
冷え込むので、インナー系の
ダウンは手放せません。
一度仕舞ったコートも外出時には
取り出してご近所まで。
0327almond2
雨に濡れそぼつ「アーモンド」の花。
濡れても際立つ華やかさをパチリ。

 

お気に入りの「ローズマリー」もパチリ。
0327rosemary
わが家よりも、山の上の畑の方が
湿度が低くて向いているのに
「すまぬな」と声をかける。

 

訪問先の家の前に不思議な
ペットボトルの組み合わせを発見。
土手に水抜き用の穴があって、
元はパイプで下の排水溝に
誘導してたらしい。
破損したので、あり合わせの
ペットボトルを組み合わせて
対処したってとこでしょうか。
0327petbottle
ちょろちょろと流れる水と
それを受けるトコらあたりが
可愛くて
ニヤニヤ見てしまう。
これどなたが?と
訪問先の玄関でお聞きすると
「ワタシが・・・」と
いつも犬の散歩で見かける
年配のご婦人が恥ずかしそうに
肩をすくめた。

 

「アシカのほのぼの田舎暮らし」
 四コマまんがは「間隔」です。
          ↑
リンク先のスコーンが美味しかった。
0326
バリヤーとか結界があるといいね。

 

| | Comments (0)

雲海カフェ、やろっ!

2020年3月26日(木)晴れ、くもり

 

なんだか最近、息ぐるしい
なんか、なんだか、ぱぁ〜っと
と思ってたら
「雲海モーニングやりま〜す」と
サトタクさんからメッセージ。
0326unkaimeshi3
速攻で「参加」の返事。
場所はずっと前に雲海カフェやってたとこ。
会費は食パン2切れ持ってくること。
0326unkaimeshi1
前夜からワクワクで
滅多にかけない目覚ましをセット。
でも、ずいぶん前に起きてしまった。
食パン持ってバビュ〜ンと軽トラで
450mの山頂に上がる。
今日の参加者は6人。
ネクタイ着用は2人。
食べたらそのまま出社するらしい。
90392437_2929522470462431_16832318368823
(ヒラタさん撮影)
場所やセティングはウラタさん。
燻製の用意はサトタクさん。
コーヒーはツレノーテさん。
全員すでにニコニコ顔です。
0326unkaimeshi4
ガスコンロの直火でパンを焼きます。
あー焦げるなぁ。
でも、その焦げた香りがまた美味しそぅ。
レタスに土が付いとるかも。
そんなん、誰も気にせんぞ。
で、それぞれサンドイッチを作ったら
いっただきま〜す。
焦げたパンと燻製の香りと
ベーコンの脂身、プリプリのソーセージが
めちゃめちゃ美味しい!
0326unkaimeshi5
同じ名前の仲良しダイスケ二人。

 

言い出しっぺのさとたく。
発案ありがとうね。
0326unkaimeshi2
連日の晴れ日で、雲海はなかったけど
遥か遠くの山々を見ながらの
コーヒーの美味さよ。
沖縄産の、ゲイシャの、もう一つは何だったか
どの豆も美味しかったけど
景色と、早朝とみんなで飲むから
数倍美味しい。
90621625_2668402016621316_88914192200472
さとたくモリモリリッチサンド。(本人撮影)
てっぺんはハッセさんのサツマイモの
ブルーチーズ和え(超美味)。

 

次回はこのサクラが咲いた時にしようか。
いいねぇ。
またやろう。
91364945_2929521890462489_11069169674380
(ヒラタさん撮影)
ぶどうの時期にもやろうよ。
じゃ9月はぶどう畑で。
すっかり、晴れ晴れキブンで
職場に、畑に、家に、
それぞれの持ち場に向かったのでした。
あー楽しかった!

 

ぶどうの芽はまだこんなです。
0326syoukous
発芽して、美味しいぶどうを付けるのだ。
みんなが期待してるから、
ゆっくり、頑張ろぅな。

 

「アシカのほのぼの田舎暮らし」
 四コマまんがは「草取り」です。
0325
草と一緒に育てる「自然農法」は
知識として知ってはいるけど、
何世代にも続いた記憶が勝り、
気づけば手は自然に草を抜いて
います。

 

| | Comments (0)

妄想は楽し・・・

2020年3月25日(水)晴れ

 

花が咲きそろえば、
次は若葉の季節。
トド的にはやっぱり葉っぱがあると
ココロ強く感じます。
すももの「彩の姫」さん。
0325sainohime
いいな、いいなとワクワクしてると
アブラムシが必ずやって来ます
葉っぱが縮れかけたら
すかさず農薬散布します。
Todokaw90_20200327093201
 自家用の美味しいすももですが、
 唐辛子・竹酢液などの忌避剤では
 とても害虫を防ぎきれないので
 規定濃度の70%の農薬で対処
 します。
 *馬酔木液にトライしてみるか!

 

「ゆすらうめ」さんも若葉に
切り替わりつつあります。
0325yusura2
むさぼり食べた幼少時を懐かしんで
10粒ほど食べるだけで、ほぼ観賞用。
無いと寂しいので畑の隅に植わってます。

 

やっと咲きました「アーモンド」さん。
少し樹勢が弱ってるかな。
0325almond
今、製造中のモミ殼・米ぬかボカシが
できたら、たんと施肥してやりましょ。

 

「あんず」さん
今年は好天に恵まれ順調そうです。
0325anzu
うまく受粉してくれるとうれしです。
以上、すべて自家消費用です。
量産できるほど植えていません。
悪しからず。

 

さて、本業のぶどうは山の畑 神原は
こんな感じです。
0325kanpar
ぶどう棚にくくってるヒモは柔らかで、
太陽光で劣化して自然に戻るように
設計されています。
*木が太っても締め付けないように。
完熟期は数十kgの負荷がかかりますので
切れる前に2~3年で結び直します。
0325mizuage
剪定枝の切り口から しずく が
滴り始めると「ぶどうの季節」を
実感してワクワク・・・
ってよりも、気持ちが引き締まります。

 

モミ殼・米ぬか発酵 装置?
場所がないのでぶどう畑の中に
作りました。
0325momi2
雨よけの屋根が必要なので
ドーム型の屋根を利用して
ブルーシートを張りました。
左右3m幅はあるのですが、
吹き降りの雨には、
濡れっちまいそうなので
左右に通常の屋根も張りました。
(そこまでの必要はないかもしれません)
発酵促進剤を散布してから1日目。
「まだまだじゃろ」っと無造作に
手を入れると。
0325momi
「熱っい!」
おどろいて手を引き抜き、
そろそろともう一度。
火傷するほどではないけど、
ハダカで入れば全身低温火傷は必至。
一時期、通っていた「米ぬか酵素風呂」
よりも高温です。
Todoyachimo_20200327103301
ムラムラと妄想が・・・
・こん中に鶏卵入れといたら「温泉卵」が?
 *黄身は65度、白身は75度で固まる
  らしく、そこまでの高温ではないですね。
・温度の低い表層に受精卵置いとくと
 ぴよぴよがいっぱい?
 ぶどう農家→養鶏農家・・・忙しそうだ。
・じゃ、浴衣着てもらって「酵素風呂」に?
 *4人は入れそう。
  あぁ、みんな低温火傷するか。

 

「アシカのほのぼの田舎暮らし」
 四コマまんがは「充実」です。
0324_20200327091801
基本的にトドはごはんと味噌汁
それに納豆があれば満足で〜す。

 

| | Comments (0)

コーブツですか!

2020年3月24日(火)晴れ、くもり

 

これが「アイナ」さんが作った
発酵促進液です。
0323aina
久しぶりにタンクと動力噴霧器を
軽トラに積み込んで、
山のぶどう畑カンパラに上がります。
500kgのモミ殼と120kgの米ぬかを
混ぜ合わせた上から発酵促進剤を
ドボドボとかけます。
500リットル(1000倍で希釈)
できるだけ満遍なくかけ終わったら
モミ殼の山は真ん中を高く整えて終了。
そんだけ。
0323hakko
動力噴霧器とタンクを水道水で洗って・・・
お昼を過ぎた時間にアイナさんに電話。
おすすめの1/2スケールで発酵促進液を
かけ終わりました。
機材を洗った液は水やりとして、
新植した苗木にかけても
モンダイないでしようか?
「だいじょうぶです」
発酵促進液って酵母菌のようなモノ
ですよね。
「コーブツです」
はぁ?
「鉱物を精製、溶解したものです」
「それに誤飲を避けるため
 微量のアンモニアを加えています」
米ぬかボカシと同じに菌類だとばかり
思っていたので驚いた。
Todokaw90_20200326055801
オススメよりも少量でやってますが
大丈夫でしょうか?
「もっと少なくてもできます」
「それにこの時期なら暖かいので
 2、3日で発酵します」
「おおよそ60度くらいに」
ふふふ、首尾や如何?

 

おや、めずらしい。
軒下の一畳台の下で何してる?
とシマに声をかける。
「ニァ」と気のない返事。
0325shima
お尻だけ陽にあたってるけど、
この格好は・・・
あぁ、そうか思い出した。
ちへこさん(母)が春先によくやってた。
0323_20200326130101
これでした。
縁側で新聞を読んでると冷えるんで、
お尻と腰に陽をあてるんだよね。
懐かしいな。
「ニャ、ニャ」

 

いえ、いえ、
そんな ほのぼの じゃありませんでした。
0323hunter1
しばらく米ぬかを付近に置いていたので
匂いに惹かれたネズミが
ちょいちょい来ていたんですね。
0323hunter2
はい。
ハンター本能むき出しでゲット。
こちらもコーブツでした。

 

アシカの四コマ劇場は「減らない」です。
0323
トドは着たきりすずめです。
そうそう、すずめもシマちゃんのコーブツでした。

 

| | Comments (0)

奮闘する日本人

2020年3月23日(月)晴れ

 

ちょっと長いけど読んでください。
Todokaw90_20200323022301
このブログ「半農半デ のトド日記」は
ブログ ランキングに参加していて
読者のあなたが「いいね」をクリック
すればランクが上がります。
カテゴリーは
岡山<中国<地域情報となっていて
その最上部の第1位は
「フィレンツェ田舎生活便り」で、
ライターは奥村千穂さんです。

 

今日の朝日新聞デジタルの第一面は
「死ぬ人はみな死んだ」
 緊迫のイタリア、奮闘する日本人
As20200321000367_comm
このタイトルで奥村千穂さんの
奮戦が紹介されました。
プログを読み始めた頃はフィレンツェを
中心に翻訳や観光ガイドの仕事でした。
それがいつの間にか医療スタッフの
資格を取って、現在ボランティアで
搬送の活動をしています。
ぜひ彼女の奮闘ぶりとフツーの田舎生活を
直接、ブログ「フィレンツェ田舎生活便り」で
お読みください。
F0106597_07193829

https://lacasamia2.exblog.jp

↑こちらから直接「フィレンツェ田舎生活便り2」に行けます。

 

| | Comments (0)

友人からの写真

2020年3月22日(日)くもり、晴れ

 

「姫りんご」の花。
はるか昔、トド父が植えたもの。
0322himeringo
南方系の植物にあこがれは
あったようですけど
りんごも身近に置きたかったらしく
失敗しながら何種類か植えてました。
結局、当地で実を成らすのはあきらめて、
観賞用の「姫りんご」に落ち着いたのかな。
「邪魔だから、切っちゃおうか?」
「って思うけど」
「花咲いてるの見ると切れないよね」
と家人がつぶやく。

 

先日載せた庭のコブシの花、満開です。
0322kobushi
その先日の写真に呼応して
ポートランド(西海岸)のYasukoさんが
「こちらも満開です」と
写真を送ってくれました。↓
90043697_2838496719564305_82203958077156
「こちらは外出禁止令が出ています」
「なので、お花に癒されています」
「くれぐれもお気をつけて〜」
のコメント付きでした。
そうですねコロナ禍を無事に
くぐりぬけて、祝杯を上げる日を
楽しみに、頑張ろ!
Yaskoさんありがと。

 

山の畑カンパラでは
シャクヤクが萌え出でてました。
0322syakuyak
知らぬ間にぐいぐいと育っています。

 

チコリ系の野菜。
種まきが遅かったのでまだこのサイズです。
トウが立って少しニガいのを食べるんが
楽しみなんですと。ローマ人は。
0322punta
本来の種まきは8〜10月!
この時期はぶどうの収穫が忙しくて・・・
その結果、冬の、春の野菜が何もない。
わかってるんだけどね、ハァ〜。

 

さて巨大なモミ殼発酵装置?
0322bokashi
秋にかき集めていたモミ殼500kgと
米ぬか100kgを混ぜ合わせました。
今日はもうヘロヘロなので、
明日、発酵促進液を投入しま〜す。

 

アシカの四コマ劇場は「来てる?」です。
0321
そうそう、キチンと怖がりましょうね。
みんな!

 

| | Comments (0)

あおもん ちょこ

2020年3月21日(土)晴れ

 

早朝、水やりしてたら
アスパラガス発見。
0321asp
秋に植えた大きな苗に
「翌春には収穫できます」と
書いてあったけど、
ホントなんだとびっくり。
細っこいけどうれしい。

 

南の町「矢掛」までは30分ほど。
途中にある赤牛の牧場。
久しぶりなので軽トラを停めてパチリ。
0321ushi
赤牛さんは元棚田の草刈り要員でも
あります。
通りかかる車は次々と停まって、
牛さんたちを見ながらホッと
休憩タイムです。

 

矢掛では週末だけ八百屋さんの
「あおもん」さんを訪ねました。
取り置いてもらったルッコラ苗を
受けっとって、ついでに野菜を
物色します。
0321aomon
菜の花、ロマネスコ、ちりめんキャベツ。
そして、北木島産のひじき発見!
絶対美味しいはずなので2袋買いました。
*そうめんくらい長くて美味しかった。
店主ご夫婦は安心安全がモットーの
「旬やファーム」さんです。
やっと来れましたと声をかけると
「5年ほど前、玉島の魚市場さんから
 聞いていて、お会いしたかったです」
 と言われました。
つないでくれて、ありがとうサトーさん。

 

次にきび刈り師 ウラタさんのトモダチの
チョコレート屋さん「alfer」を訪問。
0321choko1
チョコの作り方の最初から
丁寧に教えていただきました。
まさに[BEAN TO BAR]の
クラフト魂が結実したチョコです。
0321choko2
サンプルを試食させてもらって
マダガスカル、トーゴ、ウガンダなど
産地による違いが際立ってて
面白かったです。
現在チョコレート屋さんは
パン屋さん「ブーランジェリー・マイマイ」
に間借り中。

 

なのでパン屋さんにもインタビュー。
0321komepan 
50〜70%が米粉使用の4種類のパンは
どれもずしりと重い。
食パンは沖縄の宗像堂さんと
同じくらい重かった〜。
焼くと外側部分はお餅の香り、
中はモチモチで美味しいです。
こちらの目指すところは
広島の「ドリアン」さんと同じ
「捨てないパン屋」だそうです。
(商品の廃棄をなくすの意)
そこかなり共感です。
*店名のマイマイはでんでん虫好き?
 じゃなくて、米米好きでした。

 

アシカの四コマ劇場は「備え」です。
0320_20200324023401
コロナ禍はカタチを変えた戦争だと思ってます。
みんな無事に生き残ろうね。

 

| | Comments (0)

モミ殻メインの発酵は

2020年3月20日(金)晴れ

 

米ぬかを発酵させて作るボカシ肥料。
普段は20kgくらいでテキトーに
作っています。
 野菜の株と株の間に
 パラパラと撒きます。
Todokaw90_20200323022301
本業のぶどう栽培は基本無肥料で
ちょっとだけ農薬を使います。
スタートしたごく初期の段階で
「立派な房を、早く出荷する」
に背を向けて「美味しいのが一番」と
心がけてきました。
0320bokashi1
しかし、それにしてもわが家のぶどうは
全体にちょっと弱いかな。
病気や害虫を跳ね返すくらいに
もうちょっとだけ体力があったら
いいな。
でも、安易な肥料は施したくない。
で、モミ殼に10%ほどの米ぬかを
加えて発酵させるのをアイナさんに
教わった次第。
ぶどう畑の中でブルーシートの
雨よけを張って、ボカシ肥料を
作っています。
0320bokashi2
コンパネで囲った 1800 x 3600 x 900cm
の中でモミ殼とヌカを混ぜ合わせて
発酵促進液1000倍を散布します。
分解に約3年かかるモミ殼が2週間で粉々。
・モミ殼のケイ酸の耐病害虫効果
・根の発育
・光合成能力向上
・ミネラル増加
などが期待されます。
ホントはこの倍量くらいの方が発酵には
効果的らしい。

 

キクイモ収穫
3mの高さに育った株で
この2倍くらいできます。
0320kikuimo
必要な分だけ掘り起こし、
土を払って、東や北の友人たちに
送ってます。
そろそろ来年のための植え付け期
です。美味しいので、今年は倍の
作付けにしましょか。

 

近所のホームセンターで見かけた種芋。
土から離れると、どんどん劣化が
始まるので、土や腐葉土ごと販売して
います。
0319
過去、健康食品としてもてはやされ
たシモン芋やヤーコンよりも
扱いやすくて、美味しです。

 

アジサイのピカピカの芽を撮ろうとしたら、
シマちゃんが画面に割り込んできました。
0320shima1
0320shima3

 

アシカの四コマ劇場は「安心」です。
0319_20200323031701
「おめざ」って言葉は上京して
友人の家に泊まった時に友人の母上から
「おめざにおたべなさい」と小皿に
乗った◯◯を(何だったか忘れた)
供されて初めて聞いた。
 なんて、甘やかされてるんだろ・・・
 いや、なんて素敵な家庭なんだろうと思った。
 元は京都あたりの雅な女房言葉だったらしい。

 

| | Comments (0)

ジャージャーが咲きました

2020年3月19日(木)晴れ

 

せっかくキレイに咲いたのに
ジャージャービンクスに似てるって
言われます。
0319kobushi1
あ、言ってるのはトドだけですけど。
確かに・・・
ツボミの時には ↓
ポヤポヤのダチョウの子供か
ジャージャービンクスの
風貌です。
0319kobushi2
「スターウォーズのいっちばんウザい
 キャラクタで嫌われモンに似てる
 なんて言われたくないなぁ」
2095_jarjarbinks_main
とボヤく「コブシ」さんの声が聞こえる
いつもの春です。

 

「サンシュユ」さんも咲きました。
0319sansyuyu
庭のブコツな木と思ってたら、
イキナリ黄色い花が吹き出て
面食らいます。
せめて葉っぱが先に
出てくれれば
と思うのだけど。

 

すももの「彩の姫」さん
0313saino2_20200322031701
美味しさが約束されたかの姿です。
シンクイムシとアブラムシを
防除できれば、美味しいです。

 

奥がアンズ、手前はジンチョウゲ。
どちらも花、真っ盛り。
0319jinanz
夕方だったので
華やかさが伝えきれない。
残念。

 

アシカの四コマ劇場は「のーこー」です。
0318_20200322031801
「農耕民族」を「温厚民族」と
ワザと言い換えてしゃべったりは
しますが「濃厚民族」は
考えつかなかった。

 

| | Comments (0)

じょれんを買いに

2020年3月18日(水)晴れ、くもり

 

「じょれん」を買いに市内の金物屋さん、
大月太一商店さんに行った。
ほぼ新規就農のトドは、
このお店にはずいぶんお世話になって
います。
 例えば・・・
 クワを下さい。
「畑はどんな土なんかなぁ?」
 はぁ?
「クロボク土とか赤土とか」
 あぁ、さて・・・
「どこに住んでおられる?」
 アベです。
「じゃ、花崗岩ベースの土地じゃな」
 「ほんならこのクワがええよ」
 そんな具合に店主と奥さまのアドバイスを
 受けながらスコップ、鎌、押し切り
 草刈り刃を揃えました。
Hehehe100_20200321091801
正月だけが休みの、いつだって開いている
大変ユースフルなお店です。
昨年お二人とも引退して、今はお嬢さんが
継いでます。
0318jyoren

 

じょれんをレジに持ってきて
これお願いしま〜す。
「お百姓はいろんな道具が要りますね」
と新店主に声をかけられたので
前から欲しかったんじゃけど、
なかなか買えんでなぁ。
(地元の古老風にしゃべってみました)
でも、今買ぅとかんと
もう使う時間がどんどんのうなるからの。
「は、そっ、そんな」
ワシもあと何年できるか。
「あと10年は大丈夫です」
「いや、20年はイケます」
「いっぱい使ってやってください」
は〜い。ありがとね。
いやぁ、若いヒトと話すんは楽しい!

 

じょれんは「鋤簾」の字を当てます。
これも、知らざった!

 

そのじょれんを使って畑の雑草を
はがして、ぶどうの苗を植えました。
0318naegi
真下に砕いた炭とカキ殼粉を入れ、
北方向にたくさんの根を配置します。
(南方向は放っておいても伸びる)
浅めに植えて、上に土をたんと
盛り上げました。
途中もたっぷり灌水してから
黒いフィルムか、ワラでおおって
乾燥を防ぎます。

 

ヒトによっては
大地にスコップを深く差し込んで
その隙間にさっと苗を入れて
スコップを引き抜く。
それだけで十分。
肥料や土作りより
乾燥させないのが最大のコツ。
って指導もありますが
あえて昔風にイツクシミながら
植えてみました。

 

アシカの四コマ劇場は「日光浴」です。
0317
ほんに、この季節の気候は
気持ちがいいです。

 

| | Comments (0)

付き添いネコ

2020年3月17日(火)晴れ、くもり

 

家まわりの畑で野菜の畝を
整備したり、ぶどうを植えたり。
0317shima1
畑で作業していると
いつの間にか、シマが出てきて
付き添ってくれます。

 

面積が小さいので、雪害もないかと
張ったままにしていた
ぶどうの雨よけ屋根に登って遠望中。
ごきげんで歩き回ったり
0317shima2
気が向けば下に降りて、
草を食んだり、眠ったり。
0317shima3
初代ネコの黒猫のアズさんは
高いところから降りる時に
肩を出すとポンっと
飛び乗ったもんですが、
シマはそれほど信用してないらしく
自力で降ります。

 

アシカの四コマ劇場は「違うのに」です。
0316
トドは花粉症からくる鼻炎です。
無防備で草刈りなどするとホコリで
テキメンに ハナミズ男 に変身します。

| | Comments (0)

ゆすらうめの咲くころ

2020年3月16日(月)晴れ、雨

 

咲きました「ユスラウメ」。
花が終わると小さな赤い実を
枝いっぱいにつけます。

0316yusura1

こどもの頃はどこの家にも
庭の隅か畑の端にありました。
わずかに甘く、少こ〜し酸っぱい
赤い実を食べようと
近所のこどもたちが群がったもんです。
ほかに、おやつなんて上等なもんは
どこにもなかった時代です。

0316yusura2

鉄道員だったトド父は
半島で終戦を迎えました。
混乱の中、妻子を病気で亡くし、
一人、やっとの思いで
引き上げて来ました。
わが家のすずなりに熟れた
ゆすらうめを
むさぼり食べて
やっと「帰ってきたんだ」と
思ったそうです。
姉やトドや弟が生まれる
ずっと前の話。

 

アシカの四コマ劇場は「早い」です。

0314

城主の影武者って設定の
二重丸くんは
ジツは最も若いんです。
3才くらいかな。
よく、あんな偉そうな言葉使いを
思いつくよねとアシカに問えば
「あ〜、武士らしい言葉ってより
 この辺のお年寄りの言葉や言い回しなの」
なるふぉど。

| | Comments (0)

アシカ復活!

2020年3月15日(日)晴れ、雨

 

お待ちどうさま!!
アシカの四コマ漫画が復活しました。
本日のテーマは「フリー」です。
0313_20200319023201
まっことフリーはつらいよ です。

 

朝、あまりの寒さに目覚めて
窓を開けると雪が降ってました。
まっ、少こ〜しですけど。
1月が妙に暖かかったので
2月、3月の寒さが
こたえます。
0315yuki
庭の乱れ ↑ は
イノシシの狼藉じゃなくて
鉢植えのグレープフルーツを
掘り上げたあと。
長く放ったらかしだったけど
ウラの畑に移動しました。
同じく寒冷地用のレモンと
キンカンも一緒に。
ゾウムシに襲われ、枯れちゃった
3本のオリーブに代わって
柑橘系の畑になります。
70_20200319030101
トゲは嫌いだけど
柑橘類を食べるんは
大好きなトドなんです。はい。

 

おととい剪定したラズベリーですが
マルチフィルムをどけると
新芽がいっぱい出てました。
0315raspberry
今年はこの芽を上に伸ばして
垣根仕立てにします。
たくさん収穫してジャムに加工・・・
の野望は来年くらいでしょうか?

| | Comments (0)

うらやましくて

2020年3月14日(土)くもり、雨

 

数日前、友人のパン屋「ききつち」さんが
「美味しすぎる」と紹介してた
ヴィーガンスイーツの「NATUR」。
0314natua
美味しすぎるとまで言われて
探さないワケがないトド。
早速、注文しました。
確かにこんな小っこいのに
豊かに凝縮されて美味しぃ!
100%オーガニックの
フルーツバーです。
ヘンプやモリンガをメインにした
バージョンもあるので
楽しみです。
ききつちさんありがと。

 

アンズの花がだいぶん咲きました。
うまく受粉できるように、
お天気が続きますように。
0314anzu1

毎年この時期は雨に降られるので
ハラハラし通しです。

0314anzu2
頑張れアンズたち!

 

数日前、東川町(北海道)に住む
友人夫婦がにごり酒を飲んでいて
そう言えば、
今年は飲んでないぞと気づき、
うらやましくなって酒屋にダッシュ。
0314nigori
飲んだことのない銘柄を選びました。
暖かい部屋で出来たてのにごり酒・・・
おや、ちょっと米の粉っぽい!
予想とちょっと違うけど、
ゆっくり夜は更けて、
東川の美しい森の木々やリスや鳥たちの
写真を思い浮かべます。

Ashica_ouen200_20200318074401

先日から
アシカの四コマ漫画が復活しました。
ファンのみなさんご期待下さい。
タイトルは「任せて」です。
0312-480
「なんかね、描きたいことが
 いっぱい浮かんでくるの」と
 心強いボヤキを発しています。

| | Comments (0)

美味しいケールです

2020年3月13日(金)晴れ、くもり

 

意外に、美味しいケールです。
正確には「カリーノケール・ミスタ」
サラダ向けとしてトキタ種苗さんが
作った品種です。
0313kale
葉っぱがフリルのようで
「カリーノ(愛らしい)」と
イタリア語で命名されました。
苦みや青臭さが少ないので
サラダやスムージーでも美味しいし、
わが家では味噌汁にも入ってます。
ビタミンやミネラルが豊富で普通の
キャベツよりも高栄養。
三年ほど前に蒔いて、今や150cmの
高さですが、まだ食べています。

 

去年植えたラズベリー「インデアンサマー」。
雨に当たると実が傷むので屋根がある場所に
植えました。
0313raspberry1
伸ばし放題だったのを150cmに切り戻したところ。
トゲはちゃんとポリ袋に入れて風呂焚きに。

 

この芽が伸びて実を付けます。
0313raspberry2
基本トゲがあるもんは植えない主義
だったはず・・・ですけどね。
いつの間にかレモンやバラもあるし、
絶対指先をケガする自信があります。

 

暖かい日に畑に出ると、
いつの間にかシマちゃんが
そばにいます。
0313shima1
太陽光が強くなる五月以降には、
人影に避難します。
移動するとニヤッと怒られます。

 

美味しいスモモの「彩の姫」さん。
 枝の下部に付いているのは ↓
 エイリアンの卵。
 暖かくなると、わらわらと
 チョウセンカマキリ型の戦士が
 出てきてアブラムシを捕食して
 くれます。
0313saino1
この凶相の戦士さん、大きくなると
てんとう虫さんも食べてしまうので、
結局、味方なのか敵なのか、
わかんなくなってしまいます。

 

さて、山の畑カンパラに
ジャガイモ植えました。
去年の1/3くらいの量かな。
杭の下にまるまる1個ずつあります。
芽が出て、葉っぱが茂ってきたら
今年も縛って垂直方向に伸ばす
道法スタイルです。
0313potato
こっちは ↑ すべて「はるか」。
人気が出てきたようで
この辺りの量販店でも
買えるようになりました。
右どなりの上の方は期待の
新品種「さんじゅう丸」です。
・病気に強く
・収量が多く
・外観が良い
で、さんじゅう丸と名付けられました。
Nea174
食味もいいらしく、
どんな美味しさなのか楽しみです。

 

ところで こちらは
2a9e8e4e68ca46ff7da0277396b27c72
わが町高梁の有名人
ネコ城主の「さんじゅうろう」くん。
とっても性格のよいネコのようです。

 

そんで、そんで、その影武者として
アシカが作った新キャラクターが
01062
二重丸くんです。
どうやらタカハシガワさんは
いつのまにか、付き人つうか
家来になったらしいです。

 

上の畑の写真、右側の二つの畝の
モミ殻とカキ殻でおおわれたトコは
玉ねぎを植えています。
姉が一目見るなり
「小っちゃ〜」と驚いてました。
それもそのはず、わが家のまわりの
畑だと、もうこのくらいの大きさ ↓
ですもん。
0313onion3
植えるのも遅かったけど
こっちは早生の品種だし、
それに植え場所の標高差が
350mありますもん。
差がついてあたりまえです。
ゆっくり、着実に
大きゅうなりんさい。←広島弁
*広島弁は大きく抑揚があって
 音曲を聞いているようで
 楽しいです。

| | Comments (0)

ツバキ、彩の姫、アーモンド

2020年3月12日(木)晴れ、くもり

 

家のウラのツバキが次々に咲いてます。
0311tubaki2
あまりに大木になって
見通しも悪くなったので、
バッサリとスリムにして
もらったのは2年ほど前。

 

切りすぎたかと
心配したのですが、
枝の間を風が通るようになって
以前よりも健康になりました。
0311tubaki
木質は固く緻密です。
磨耗に強くすり減りません。
Todokaw90_20200316065801
なので
30年ほど前、
石垣の工事をした際に
伐採した太い枝を
餅つき用の杵(きね)に
加工してもらいました。
杵としては細身軽量。
数年は使ったのだけど
餅つきをしなくなったので
今は蔵で眠っています。

 

彩の姫(スモモ)の開花はあと少し、
0311saino

今年もおいしい実を期待しています。

 

アーモンドももう少し、
0311almond
あでやかなピンクの花を
見せてくれます。

 

沈丁花は今が絶好調。
0311jincyog
みっしりと付けた花に
毎年のことながら
驚かされます。
0311jincyog2
香りまでお届けできないのが残念。

| | Comments (0)

出雲から大山へ

2020年3月11日(水)晴れ

 

早朝、出雲大社にお参りしました。
0311izumo1
出雲大社域内の鳥居。

 

振り返ると、スロープを下った先、
門前の街中にも白い鳥居が見えます。
0311izumo2
白い鳥居の左手前に
かつては出雲大社前駅がありました

 

そして、拝殿に続く参道もまた
ぐんと下っています。
0311izumo3
つまり、鳥居を頂点として
前後、両方向がスロープになっています。
なんとダイナミックな演出なんだろう
と毎回感嘆します。

 

さらにこちらのスロープには
先をわずかに狭めてあって、
視覚的に遠近感を助長する工夫も。
(アシカに言われて気づきました)

 

拝殿、銅鳥居の手前にある
和魂・奇魂のエピソードを語る像。
0311izumo4
出雲大社の最も重要な「唱詞」
 さきみたま くしみたま まもりたまえ
 さき はえたまえ
大国主神(国つ神の主宰神)が国造りの
困難に直面した時、海の彼方から光る神が
現れ「分化繁殖」「整え統一」をアドバイス
したと言う神話に基づいています。wiki

 

拝殿
0311izumo5

 

御本殿
0311izumo6

 

素鵞社
0311izumo7
後ろの森は「八雲山」。
0311izumo8
早朝と時節でスキスキの出雲大社を
ゆっくりと堪能しました。

 

前日に食べた「おふく焼き」は
開店前だったので、
食べられませんでした。
美味しかったので、残念至極!

 

郊外の「出西釜」をさらりと探訪。
0311izumo9
たたずまいがいいですね。

 

お昼に少し前ですが
出雲そばを食べます。
0311izumo10
ちょっと遠慮して割り子3段。
でも最終的には4段を食べたので満腹。
0311izumo11
出雲そばは美味しいし、
割り子システムが
楽しいのがいいな。

 

雄大な大山に向かって走ります。
0311daisen1
先年、走った大雪山付近を思わせる
ゆっくり走りたくなる風景に
キモチが満たされます。
0311daisen3
涸沢に雪解け水。
残雪は点々とわずかです。

 

モンベルさんでちょっと買い物。
0311daisen4
ポーチやTシャツなどを。

 

少し離れたモンベルさんのカフェで
お茶とケーキを。
0311daisen2
この色に惹かれました。

| | Comments (0)

出雲へ

2020年3月10日(火)雨

 

さてと、
小雨の中をバビューンと出雲に向かいます。
0310izumo1
久々に見る日本海。
暖冬の今年はウサギは跳ばなかったかな?

 

出雲の國にも「すなば珈琲」はあるんですね。
スタバも鳥居の前にどんっとあります。
0310izumo4

 

「おふく焼き」の可愛さに目が釘付け。
おいしいニオイに足も止まる。
「じゃ買えば」とアシカあきれ顔。
0310izumo2
熱々の焼きたてが150円。
バニラアイスとつぶあんを
最中ではさんだアイスバージョンは
390円です。
0310izumo3
たい焼きぢゃなくて
ふぐ(福)のカタチがかわいくって
歩きながら食べてる女の子がたくさん。
おっさんはトド一人でした。
70_20200314133801
中年期までは甘いもんは
一切口にしなかったトドなのに、
最近はあんこに近親感を覚えます。

 

ご当地クラフトビールのショップも発見。
今日が初日とか、
じゃ飲まないワケにはいきません。
0310ashica1
(鳥居の前でアシカ撮影)
このサイズで500円は観光地値段。

 

夕食は生ビールと日本酒で簡単に撃沈。
0310izumo5
0310izumo6
鳥居前はお土産もん屋さんと旅館がたくさん、
楽しいけど、ちょっとスレ気味でしょうか。

| | Comments (0)

古民家再生です

2020年3月10日(火)雨

 

ずっと見たかった群言堂さんに
行ってきました。
古民家を再生し、どう活かすかの
ハシリのころ本で読んで
いつかは見たいと思ってました。
0310gungen1
雨にぬれた、しっとり感がいいですね。
吹屋と似た街並みです。
時節柄、旅行者は少なくて
ゆっくり見られます。

 

「群言堂」1989年〜
  自分たちが考える
  暮らしの楽しさを発信する場所
0310gungen3
年を経て、燻された梁がたくさん交錯、
迫力だけど・・・掃除が大変だ。
0310gungen2
中庭を中心に棟が囲んでます。
昔のままの廊下の窓と
小さな濡れ縁。
晴れた日には縁に座って
ぼんやりできます。
0310gungen6
外光を積極的に取り入れた
明るく清潔なカフェ。
0310gungen5
おすすめは?
「地元で穫れたお米のおむすびをぜひ」
「ピクニック様に風呂敷で包んでます」
「ほどいてひざにかけてナプキン代わりに」
0310gungen8
ふろしきを開けるだけでワクワクしますぞ。
箸置きの小さな花がかわいい。
「出雲神結米のおむすび、
 豆と塩と赤米の三種」
0310gungen9
二つ上の写真、左上の黒いのは
飾りだと思っていたら
板ノリが3枚でした。
最後のおにぎりを3枚のノリで
ワシワシ食べるはめになりました。
味噌汁の出汁が深くて美味しかった〜。
0310gungen11
器や生活雑貨、衣類があります。
0310gungen12
敬愛するモタニさん愛用の紳士ウエアを
見たかったのですが、ありませんでした。
 あっても買えませんけど。
 トドが着ればタダの作業服にしか
 見えませんもの。
0310gungen13
0310gungen15
歩道に木を埋め込むのって
あこがれます。
0310gungen18
むかし、使われていた石臼や流し、
醤油瓶、大徳利、鉢なども
雰囲気を醸し出しています。
0310gungen19
蔵の外壁だと思うけど、むかしのまま?
新しく塗り直す手もあるけど
過ぎた時間をとどめ、生活を
見せるのもアリですね。
それとも、らしく復元したのか。
0310gungen17
いつも気になるのが、床の処置。
ツカ石の存在をそのまま残す。
なるほど!
これもアリか。
0310gungen16
タタキもきれいに滑らかである必要はない。
うむむ、
少林拳法のワラシが泊まれば、
ひと月もたたず穴ボコだらけになるけど。
0310gungen20
むかし、わが家の土間は薄暗く、
作業空間でもあったので
あまり清潔な感じはしなかった。
掃いても、掃いてもホコリや土で
うんざりだった。

 

これステキと見るか
0310gungen14
小汚いと見るか?
ジツはトドは後者だったです。

 

街角の自動販売機も
雰囲気を壊さぬように
木製?木目模様のカバー付き。
0310gungen21

 

街づくり、商品作りも細やかな配慮が
見えますが、パンフやカタログ、
お知らせ、会報、ハガキなども
しっかり作り込んでありました。
0311gungen
少しだけ内容が「内向き」な気がしますが、
気のせいかな。

| | Comments (0)

間違ってた!

2020年3月9日(月)晴れ、くもり

 

長くHONDAのバイクに
乗っていたトドは車も迷わず
HONDAを選びました。

Todokaw90_20200312013801

岡山に住んでいた頃は
近くに販売店があったので
車検やメンテナンスを
お願いしてました。
0309honda1
故郷の高梁に帰ってからも、
営業担当者が50kmの距離を
モノともせず面倒見て
くれていたので、すべて
お願いしていました。
その担当者が退職してからは、
甘えるのも心苦しくて断念。

 

かといって近くの販売店は
トドの家よりもさらに20分奥まった
場所にあって ↑ こんな風景です。
Fly2
(写真はショップのHPから借りたもの)

 

最新鋭のマシンを
(タダのノーマル仕様ですが)
こんな田舎のショップに
任せるのが不安でしたが、
コンピュータ上のリコールと
タイヤ交換なら平気だろうと
頼んだら
スタッフは少ないものの
対応も早くて全く問題なし。
当たり前ですね、今や大手の
メーカの代理店なのですから。
キチンと訓練されてますし、
逆に地元のお年寄りへの
対応の細やかさに驚き、
自分の不見識を自戒しました。

 

「田舎だから出来ない、
 のではなくて、
 どこでも出来るから、
 好きな場所(田舎)を選ぶ」

 

自分もそう志向してきたのでは
なかったかと苦笑しました。

 

帰りの風景。
2年前の水害の復旧工事が
まだ続いています。
0309oze
長く放って置かれた川を浚渫したり
道路を補強してます。

| | Comments (0)

沈丁花 咲き始めました

2020年3月8日(日)晴れ、雨

 

ジンチョウゲが咲き始めました。
0307jinchyo
咲き開いた花はまだ少なく、
あたりに漂う香りは ほんのり くらい。
これからが楽しみです。

 

ルッコラの芽もあちこちに出てきました。
0308rucola1
でも、こんな散らばってるはずはない!
種が水で流された?
それとも、キミたちは・・・雑草なのか?

 

夕方のご近所さん。
0308kinjyo
月の光が大きくて、いつもより明るくて
ついあちこち歩きたくなります。

| | Comments (0)

アンズ、咲き始めました

2020年3月7日(土)晴れ、雨

 

アンズの花が咲き始めました。
0307apricot
後ろを無遠慮に横切ってる枝は
ぶどうです。
 はるか15年ほど前に田んぼを
 ぶどう畑に変えたのですが、
 まだ台木の株が残っていて、
 じゃ継いで見るかと伸ばして
 接ぎ木したのですが、失敗でした。

 

この元田んぼは水位が高く、
明渠、セスバニア等での改良では
ぶどうに不向きと判断し、
5年ほどでスモモ、プルーン畑に変更。
その際に2本だけアンズを植えました。
0307anzu1
倉敷に住む友人は「カラモモ(唐桃)」
と呼びます。
原産地に因んで名付けられた別名ですね。

 

サクラに先駆けて満開となります。
そこまではうれしいのですが、
わが家あたりの気候ではこの時期に
雨天になる事が多く、
受粉がうまく行きませぬ、
0307anzu2
数年前に一度だけ豊作の年があったけど。
例年数えるほどしか採れませぬ。

 

アンズを食べた事のないヒトに
この美味しさを伝えたいのだけど
伝えられぬのが残念。
0307anzu3
今年はどうかな。
品種はハーコットとゴールドコット。
見かけも味も違うけど
どちらも美味しい!

| | Comments (0)

やっと買った!

2020年3月6日(金)晴れ

 

趣味の 風呂焚き を毎日楽しんでいる
トドですが、
ジツは数年前から焚き口のサナが
壊れていて、
0306sana1
さて困った。「どしよう」と付近を見たら、
同じように壊れたサナがあって
逆さにして組み合わせたら、欠損部を
お互いに補えそうなので、
ラッキーとばかり使って数日。
鋳物のサナは日で炙られて、ひん曲がって
220mmの焚き口から取り出せず・・・
この数年はそのまま使っていました。
大きな穴が開いたままなので、
そこに太い薪を置いてから火を付ける毎日。

Todoyachimo_20200309015501

さて、どうやって、この状況を
打開しようかとぶちぶち考えて
この数年。
このムチャ丈夫そうな鋳物って・・・
切れるのではないかとやっと思いつき、
ハンディグラインダーを試してみたら
あっさりカットできました。
次は新しいサナをどこで買おう?
なんとネットで買えるんですね。
ポチッと押して3日ほどで到着。
0306sana2
新品のサナを焚き口に装着。
数年ぶりにスッキリしました。
これで、気持ちよく薪を燃して、
翌日の掃除もラクラクです。
鋳物ってゴツいと思っていたけど
もっと早くトライすれば良かった。

 

「火格子、火皿、さな」は
通気を良くし、薪の燃焼を助ける
鋳物の部品。
Furogama_buhin_1
長時間の使用で劣化し、割れて
粉々になる消耗品で、耐用年数
はおよそ2年です。
そんなワケで、2年後に!

| | Comments (0)

お土産もんは?

2020年3月5日(木)晴れ、くもり

 

空は晴れているけど、時折パラパラと
雨が降る、お天気雨の1日。
0302feij
父が40年ほど前に植えた「フェイジョア」、
細い枝、肉厚の葉っぱがそうです。
太っとい幹はサクラ(ソメイヨシノ)。
サクラの葉陰なので、不憫(ふびん)と
いつも思うけど、意外に元気で、
花が咲き↓ 毎年実を付けてくれます。
95pxfeijoa_sellowiana_editこんな花です(wiki)
サクラは50年ほど前、両親が畑の端に
植えました。
つまり車道のすぐワキにサクラを植えて。
そんで、その十年後にサクラから3mほど
離してフェイジョアを植えたワケです。
あまりに計画性がない・・・と
責めたくなりますが、
生産性のある田畑の端に植えるのが
精一杯だったのでしょうか。

Hohoh100_20200308093101

「高梁(わが町)のお土産もんは何?」
と、時々聞かれます。
トドは基本、甘いもんは好きではないけど、
ゆべし(柚餅子)、神楽最中、・・・と
答えます。
長い間、忘れてたけど
「さるせんべ」を思い出しました。
1030sarusen
こどものころ、バァちゃんに連れられ、
親戚に行く時によく買ってました。
こどもの手でも軽く割れる、
甘いせんべいです。
これが「せんべい」っと思っていたから、
関東の草加煎餅のような塩味の堅い煎餅に
出会ってカルチャーショック。
こんな堅いのは「あられ、おかき」と
呼ぶべきもんじゃないかと思ってました。
今はどちらの「煎餅」にも手を出さないけど、
南部煎餅、石垣島は買って帰りたくなります。

 

「さるせんべ」
かつて、高梁に小さな動物園がありました。
猿見谷の「臥牛山自然動物園」。
自然の猿を餌付けし、放し飼いされた猿を
見学できる施設です。
せんべいはその猿公園に因んだネーミング
だったのでしょうが、
長じて、他所の高校生から
「タカハシの猿が来た」とからかわれることが
頻繁で、トドはすっかり猿嫌いになってしまい
ました。
Saru
(「岡山の街角から」さんから写真をお借りしました)
動物園の営業期間:1955年〜1991年

| | Comments (0)

いいかげんな石段だけど

2020年3月4日(水)くもり、雨

 

終日の雨。
家の中で片付けなど、
PC内のデータも片付けなきゃ。

 

小雨になったのを見はからって
気分転換の散歩。
0304ishidan
家の北、ヤブツバキの下の石段。
いいかげんな造作ですが、
こんな日にはしっとりとした風情。
ポタポタと椿の花が落ち始めました。

 

かつては上に木小屋があったので
薪を取りに行ったり、
近所の家へのお使いにと
便利に使っていました。
その頃は特に何とも思わなかったけど
古びて、使い込んだいい感じです。
ツバキの掃除は大変だけど。

 

挿し木で増やした小さなジンチョウゲ。
今年2輪だけ花を付けてくれました。
0304dincyog
もうすぐ咲きます。

 

夕方、雨が・・・ほぼ上がったので
米ぬかボカシを作ります。
運搬用の手押し1輪車(ネコ車)の
凹みにブルーシートを敷いて作業。
0304bokashi
20kgの肥料袋2杯ほどの米ぬかに、
EM菌、糖蜜、カキ殻粉、自然塩を
合わせ、ジョウロで水を加えます。
手で混ぜ、時々握って軽く固まる
くらいでOK。
モミガラを加え、混ぜて終了。
厚手のポリ袋に空気を追いだしながら
詰め、BOXに収納します。
1ヵ月ほどで発酵したら、野菜などの
肥料として使います。
1時間でネコ車2杯分を作りました。

 

外犬だったレモン。
今は高齢のため、空調のある居間で
暮らしています。
0304lemon
18度設定の空調の下で
シアワセな寝顔です。
親父、母、レモンと老老介護が
続きます。
0216shima2_20200307045901
ネコは手がかからないよね〜。
頼むぞシマちゃん。

| | Comments (0)

短時間で燃焼します

2020年3月3日(火)晴れ

 

家の前の畑で、枯れたシソや
大きな雑草を片付け
無煙炭化器で素早く燃やして、
素早く消火。
0303hi
(無煙炭化器/巨大なエリザベスカラー
 といった形状でステンレス製です)

 

わが家は住宅に囲まれているので
火を焚くことはほとんどありません。
十年ぶりくらいの焚き火です。
短時間で、できるだけ煙も出ないように
しました。
百姓が畑の残渣や草を焼払いたくなる
のがよくわかります。
畑がスッキリ片付くし、
ミネラル分は肥料になります。

 

午後は山の畑カンパラ。
これ、広域農道です。
0303kanpa
ブドウの枝を棚にくくり直したり、
ジャガイモ用の畝を整備したりを
夕方まで作業。

 

帰り道、
西日に向かって走るスクータを
見守るように、車間を空けて追走。
0303kanpa2
「後続車、遅っせぇ」とすっ飛ばして
走っていた、かつての自分を見るようです。

 

わが家の庭に軽トラを停めると
頭上から「ニァ/おかえり」の声。
0303shima
「いま、いそがしいの」と
目線は西の山に沈む太陽に
向かいます。

 

「ルッコラが見えないんだけど」
とアシカに言われ
スジ蒔きしたけど、この寒さでなかなか
発芽せず、やっぱ古い種じゃダメなのか?
0303rucola1
と思っていたら、小さな小さな双葉を発見。
もう一つ発見。
0303rucola2
葉っぱの形が違う?
どっちか、雑草かな。
ルッコラはサラダでも、
鍋に入れても美味しいので、
たくさんあれば重宝します。

 

| | Comments (0)

美味しい米を作りたい!

2020年3月2日(月)晴れ、くもり

 

「仕事で現場に行く前に通りがかるから」と
RE:BIRTHさんのお二人が寄ってくれました。
元、建築設計のスタッフと電気工事も
大工仕事もできる最強ので組み合わせなので、
古民家の改装工事などはお手の物らしい。
0302rebirth1
以前は信州・大鹿村の大自然の中に
お住まいだったのですが、
リニアモーターカー敷設による
水脈の変化に不安を感じ、
「美味しいお米を作りたい!」と
西方向に「最良の水」を求めて移動。
九州経由で高梁に着地。

 

1年半前に初めてお会いした時に
そこは水がいいの?とお聞きしたら
「ん〜・・・・・」
「でも、水源に近くて、上に住民はいない」
「何より蛇紋岩が露出していますから」
「地質的な条件はいいです」
 ???

 

どうやら、彼らは表面的に「良い水」を
探しているだけではなく、地質的な要素で
「高梁の西部」を選んだらしい。

 

蛇紋岩が形成される場所は
Image_1
かなり深い!
・・・(省略)・・・
蛇紋岩は比較的若いフィリピン海
プレートが沈み込む、西日本から
琉球にかけて分布しているらしい。

 

そんで、そんで、
「蛇紋岩地帯で穫れる米は美味しい」らしい。
マグネシウムなど多量のミネラルを含んでいる
水のためか、甘く、つややか、ふっくら。
粘りもあって冷めても美味しい
・・・知らんかった!

 

しかも、今年から「あきたこまち」を
作付けするらしい。
あきたこまち好きとしては、
少しでも分けてもらいたい!
0302rebirth2
で、今日届けてくれたんは
去年仕込んだ「鞍掛豆の味噌」。
豆も麹も自家製です。
それと、お友達が作ったお米。
有機栽培で天日乾燥。
0334rebirth11
ん十年ぶりの天日干し米です。
食べるんが楽しみ。

 

ご近所さんの白梅。
0302ume
いつの間にか満開になってました。

 

| | Comments (0)

こどもたちが口々に

2020年3月1日(日)くもり、晴れ

 

朝、うっすらとキリがかかっていました。
いつものことですが・・・
0301kinjyo3
村は450mの山に囲まれた
盆地の中にあります。
山の稜線のぽわぽわっとした
・・・なんつうか
羽毛の生えそろっていない
ひな鳥の頭のような
ぽわぽわ感が好きです。
0301kinjyo2
村のそこここには
こんな小道が、今もあります。
車道を避けて、
ゆっくり散歩できます。
急ぎの用事に使っても
意外に早くて便利です。

80_20200304062301

小学生の通学路にも使われていて
6年生に率いられての
8人ほどの行列に出くわすと
口々に
「おはようございます」
「行ってきま〜す」
の声がうれしい。

 

| | Comments (0)

渇水も、水ハケが悪いのも

2020年2月29日(土)くもり、雨

 

気づけば「ジンチョウゲ/沈丁花」が
開花しそうな季節です。
0226chincyog
家のウラを通る車道の拡張工事の際に
古い木小屋を取り壊しました。
そんで、目隠しになればと
4株植えたシロバナ沈丁花。
地植えなら大丈夫と放置してたら
数年で2株枯れて、
猛暑の夏の水不足が原因と思われます。
Todoyachimo_20200303062401
残った2株はかなり大きくなりましたが、
葉っぱが黄色い!
水はけが悪いのが原因らしく・・・
下の歩道との境をコンクリート
ブロックにしたのが原因か。
水抜き穴を設置しなかったのも
まずかったか。

 

掘り上げて砕石、砂、土にすれば
いいのか?
沈丁花は移植を嫌う性質なので
さてどうしよう。
0226chincyog2
数年前、枯れた始めた時に
挿し木して、2本増やしました。
遅々として育たないけど、
今年初めて花を付けています。
大きくならないうちに
土壌改良するか・・・
植え替えに適した季節は
3月末〜4月だそうです。
下に岩盤があったような気も
するなぁ。

 

雨の日のシマは
終日、寝て過ごします。
0214shima
(陰鬱なダースベーダーのようです)
(違いますね、暗黒卿シスでした)
(どっちにしろダークサイドの悪いヤツ)

 

栃木の「ツインリンク もてぎ」に
バイクレースを見に行った際に
病弱な友人のために買ったひざ掛けが
今も役立っています。
緑色はワタシの趣味ではありませんが、
シマはそんなことは気にしません。

| | Comments (0)

アンズの花が咲く前に

2020年2月28日(金)晴れ、くもり

 

早朝、
そろそろと気になっていたアンズ、
スモモ、プルーンに石灰硫黄合剤を
散布しました。100倍で100リットル。
殺菌・殺虫(フクロミ病、ダニなど)
の防除です。

0301anzu

写真は「アンズ」のつぼみ。
すこし開きかけてますが、
しないワケにはいかないかと
ブツブツ、シブシブ決行。

 

この時期、朝はまだ寒いので
水や機材に触りたくなくて
ホースもカチカチだしね、
とぐずぐずしていると
花が咲いて散布時期を逸して
しまいます。

 

古くからある薬剤、石灰硫黄合剤は
有機農法でも使用OKですが、
硫黄のニオイと石灰による汚れで
昨今は敬遠されてます。
全身をカッパとフェイスガード、
防毒マスクで包んで作業。
 *一般的には扱いやすい化学農薬を
  使います。
  ぶどうへの散布は8倍と濃いので
  目にしみるとかなり痛いです。

 

散布後は機材もホースも汚れてるので
時間をかけてていねいに洗います。

 

お昼前に 西23km、40分の
「RE:BIRTH/リバース」さんに
ジャムの納品に行きました。
0228rebirth
お客さまと一緒に談笑しながら
美味しいカレーとトゥルシー茶を
いただきました。
にこやかなヨガの先生、世界中を巡って
ペルーで出会って意気投合した
若いカップルをミワさんが
紹介してくれました。
ヨガ、お茶、旅行、バイクと
話はコロコロ転がって、
楽しい時間をありがとう。
0228yagi
草刈り要員のヤギさん。
敷地面積が広いので、
あと2匹、雇いたいようです。
いいなぁ。

 

納品したジャムはさっそく
「RE:BIRTH」さんのお店に
展示していただきました。
Miwajam

 

帰りに山のぶどう畑バルキで
剪定のチェック、
枝の結び直しを夕方まで。

 

| | Comments (0)

« February 2020 | Main | April 2020 »