« 遠見してみる | Main | 渇水も、水ハケが悪いのも »

アンズの花が咲く前に

2020年2月28日(金)晴れ、くもり

 

早朝、
そろそろと気になっていたアンズ、
スモモ、プルーンに石灰硫黄合剤を
散布しました。100倍で100リットル。
殺菌・殺虫(フクロミ病、ダニなど)
の防除です。

0301anzu

写真は「アンズ」のつぼみ。
すこし開きかけてますが、
しないワケにはいかないかと
ブツブツ、シブシブ決行。

 

この時期、朝はまだ寒いので
水や機材に触りたくなくて
ホースもカチカチだしね、
とぐずぐずしていると
花が咲いて散布時期を逸して
しまいます。

 

古くからある薬剤、石灰硫黄合剤は
有機農法でも使用OKですが、
硫黄のニオイと石灰による汚れで
昨今は敬遠されてます。
全身をカッパとフェイスガード、
防毒マスクで包んで作業。
 *一般的には扱いやすい化学農薬を
  使います。
  ぶどうへの散布は8倍と濃いので
  目にしみるとかなり痛いです。

 

散布後は機材もホースも汚れてるので
時間をかけてていねいに洗います。

 

お昼前に 西23km、40分の
「RE:BIRTH/リバース」さんに
ジャムの納品に行きました。
0228rebirth
お客さまと一緒に談笑しながら
美味しいカレーとトゥルシー茶を
いただきました。
にこやかなヨガの先生、世界中を巡って
ペルーで出会って意気投合した
若いカップルをミワさんが
紹介してくれました。
ヨガ、お茶、旅行、バイクと
話はコロコロ転がって、
楽しい時間をありがとう。
0228yagi
草刈り要員のヤギさん。
敷地面積が広いので、
あと2匹、雇いたいようです。
いいなぁ。

 

納品したジャムはさっそく
「RE:BIRTH」さんのお店に
展示していただきました。
Miwajam

 

帰りに山のぶどう畑バルキで
剪定のチェック、
枝の結び直しを夕方まで。

 

|

« 遠見してみる | Main | 渇水も、水ハケが悪いのも »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 遠見してみる | Main | 渇水も、水ハケが悪いのも »