« 節分草と聞いてたけど | Main | 国立競技場1964 »

気がつけば「アヤメ」が咲いて

 

2020年2月15日(土)くもり

 

家まわりのぶどう畑の剪定を
ザッとチェックしています。
農作業ネコ(シマちゃん)を同伴して。
Shima1_200

 

家の入り口の石垣に、いつの間にか
セージが生えていました。
0215sage
確か、石垣の下根のあたりに
あったはずの大きなセージが、
いつの間にか絶えたと思ったら、
こぼれ種が石垣に飛んで、
そこで発芽したようです。
空中に浮かんだ様子がキレイ
なので、そのままに。

Todokaw90_20200218030801

先日、山の畑のタマネギ畑を見て
「なにこれ、小っさ」と姉が叫んで
ムッとしたのですが・・・
原因がわかりました。
わが家の墓地前の畑の玉ネギ ↓ を
先に見ていたのか。
0215onion
山の上とわが家では標高差が350m。
先週まで暖かかったので、こんなに
大きくなっていたの知らなかった。

 

雨の前に両方に発酵米糠のボカシ肥料を
振ってやりました。
0215bokasi
ボカシは米糠、カキガラ粉に水と
EM菌を加えて嫌気発酵させたもの。
ぬか漬けのような、いい香りがします。

 

ぶどう棚の下のアーティチョーク。
毎年元気に顔を出します。
0215artichoke 
今年は食べられるか?

 

樹齢150年以上の松の下の「あやめ?」
気がつけば咲いていました。
0215ayame
「カンザキアヤメ(寒咲文目)と言う種類
らしいです。
Ashica_20200218135401
FBでアシカがフォローしてくれました。
めっぽう早いなと思ったらそんな品種なんだ。
色彩からして日本の花かと思ったら
世界中にファンがいて咲かせているらしい。
*原産地は地中海東部沿岸〜西アジア
 別名/ウインター・アイリス

 

寒い寒いと思ってたけど
確実に春はそこまで来てる?
それにしても、つま先がかじかむ寒さじゃの。

 

|

« 節分草と聞いてたけど | Main | 国立競技場1964 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 節分草と聞いてたけど | Main | 国立競技場1964 »