« December 2019 | Main | February 2020 »

胸がくぎる

2020年1月29日(水)晴れ

 

2年前、友人ソミヤがくれた
サツマイモが、
とっても美味しかったので
ハマった。
Todokaw90_20200131021001
それ以前は暗黒の歴史があって
サツマイモを食べると
♪  胸がくぎる〜 ♪
(憂歌団風に歌うよろし)
 *くぎる は岡山方言で「焦げる」の意。
  トド母 ちへ子さん はイモ好きなのに
  イモを食べると必ず胸焼けをおこし、
  「うぅ、胸がくぎる」と言ったもんです。
で、トドにも胸焼けは遺伝し、サツマイモを
口にすることは長くなかったのだ。
0124silk
そして、
なんだワシ、食べられるじゃんと
昨年は「べにはるか」「安納芋」
「シルクスイート」を植えて、
せっせと食べ比べています。
ところが、収穫時の混乱で
(混乱てなんなんだ?)
シルクスイートが見当たらない。
確かに植えたんも少なかったけど。

 

追い討ちをかけるように
イモ好きの友人アキコさんが
「シルクスイートはめちゃ美味しいよ」
「ワタシはもうシルクしか食べない」
と挑発宣言する。
そこまで言うなら、
食べてみたいではないか!
とウツウツと歩ってたら、
スーパーで売ってた。
買ぅたった。
蒸したった。
食べたった。
たった確かにめちゃシルキッシュなめらか。
スイーティッシュに甘い。
完敗である。
今季は「シルクスイート」に絞りま〜す。
「安納芋」「紅娘(べにむすめ)」も
気になります。
焼き芋もトライしてみよっ!
70_20200131031601
「さつまいもの効能」
・高血圧、むくみ防止
・ガン予防
・免疫力強化
・美肌効果
・ダイエット効果
・血糖値が上がりにくい
さつまいもスゴイじゃん!
その上、美味しいし!
胸もくぎんしなぁ!
https://youtu.be/gp4wsR39yMc?t=24

 

ぶどうの剪定は今日から3番目の畑、
山の畑バルキに取り掛かりました。
姉が手伝ってくれるので助かります。
このまま「春」かと危うんでたら
少し「冬」に戻りそうです。
このチャンスを生かして、速攻、
見直し、まで持ち込みたい。
80_20200131033501
夜空を見上げたら
星が冴え冴えと美しいのでパチリ。
0129yozora2
新型ウイルスが押さえきりますように。
出自が細菌兵器だとすると、
あまりに愚かしい。

( ↑ イラストはアシカさんの協力)

| | Comments (0)

元気なパンが来た

2020年1月28日(火)雨、くもり

 

「ききつち」さんから
 元気いっぱいのパンが届きました。
0129kikituti2
タダのぱんじゃなくて
いかにも「糧/かて」と言わんばかり、
力強い風貌です。
主食であり、活力の源です。
0128kikituti2
夕食の後だけど、
味見しなくてはなるまい。
「カンパーニュ」の香りと焼き加減にうっとり。
「黒糖くるみ」黒糖の甘すぎない甘さは
クセになりそう。
ジツは苦手なクミンシードの
爽やかな香りがアーモンド、ひまわりと
一緒になって楽しい。気に入った。
どれも、美味しいなぁ。

Todoaan_20200129225001

お二人の無限の努力に感謝です。

 

廊下のガラス戸を開けると
「ニァ」とシマが鳴いて、飛び込んできた。
ダメって言うヒマもなく。
0128shimaato
雨で濡れてるだけで、
泥足ではないけど。
素知らぬ顔で、
そっぽを向いて毛繕い。

 

今夜の風呂の焚き口。
7年ほど頑張ってくれた
ぶどうの主枝。
おや、こんな佳い香りだった?
と、火にくべるのをためらう月桂樹。
しゅうしゅうと音を立てる樫の枝も。
0128takiguti
みんないっしょに炎になって、
熱っいお湯を沸かしてくれる。
シアワセな風呂当番。

 

| | Comments (0)

つい習性で剥いちゃう

2020年1月27日(月)雨

 

終日、雨が降ります。
強く、時に弱く。
上がった?と思わせたりの雨。
小雨の時を狙ってビーグル犬
レモンの散歩を数回。
と言っても庭やごく近い駐車場くらいまで。
0127sentei
家の前のぶどう畑で剪定をチェック。
丁寧にやったつもりでも、数カ所
切り忘れがありました。
0127sentei2
「ぶどう(短梢剪定)」は
秋に主枝から1mほど左右に伸ばした枝に
1房だけ房を付けて、熟したら収穫します。
そして冬の休眠期に1芽だけ残して枝を
切り落とします。
この作業をこの辺りでは2月中にやります。
今年は暖かいので休眠から目覚めるのが
早いと判断し、急いでいます。

 

トド姉にも応援をお願いしました。
「大急ぎで剪定を」と緊急性を
強調したのですが
この樹は皮まで剥いてくれました。
0127kawa
剥ぎやすそうなぶどうの皮を見ると、
つい手が出てしまうのは子供の頃から
父のぶどう栽培を手伝っていた習性です。
むやみに忙しがってるワタシも、
「ここ引っ張るとごっそり剥ける」
のを発見したら、つい剥いちゃいます。
悲しい習性ですばい。
Todokaw90_20200128135701
こっちは接木。
昨年初夏、忙しい合間を縫って継ぎました。
標高100mで盆地のわが家では
黒や赤色のぶどうは色がつきにくく、
品種を変えることにしました。
0127tugu
何度か切り戻し、伸ばして、
フルに使えるようになるには
2〜3年かかります。
頑張れ、ぶどう。
頑張れ、ワシ。

 

ぶどう畑を囲う柵やネットの代わりに
父が植えた「アカメ」。
0127akame
正式な名称は「カナメモチ」。
若葉はカーマインの赤で鮮やか過ぎるのが
ちょっと。
長じた葉はクリムゾンぽくて
好感が持てます。
Unknown1   Unknown
左カーマイン     右クリムゾン

 

| | Comments (0)

暖かすぎ!

2020年1月26日(日)晴れ、くもり

 

山のぶどう畑カンパラで剪定作業。
ここ数年スタートが遅れがちなので、
今年はアシカとトド姉に手伝って
もらってます。
0126sentei1
しかし、今年は季節の進行が早すぎて
今日はもう春の暖かさ。
ぶどうの根も休眠を終えて
動き出しそうです。
根が水を吸い上げると、
枝の切り口から
樹液が滴り始めます。
これをブリージングと言いますが、
場所によっては
「ぶどうが泣き始めた」とも。
0126sentei2
この脅迫的な言葉に押されて
手早く作業。
明日は雨の予定だし、急げ急げ!

 

向こうの青いネットのぶどう畑は
おとなりさん。
毎年、ウチよりも早いのに
なぜか今年はまだ取り掛かってません。
0126sentei3
夕日が向こうの丘に沈むまで作業。

 

そんなことと関係なく
大家さんの山茶花が元気です。
0126sazanka

 

| | Comments (0)

川口式自然農

2020年1月25日(土)くもり

 

40分ほど西の「RE:BIRTH」さんで
「川口 由一さんの映画」の上映会が
あったので、友人のトシマさんを
誘って行きました。
Hehehe100
名前やエピソードは年長の友人たちから
聞いてましたが、こちらがぶどう栽培に
特化している事もあって、少し遠い
存在でした。
今回は勉強できるチャンスと参加。
0125kawaguti2
「川口式自然農」とは
・耕さない。
・肥料、農薬を使わない。
・草や虫を敵としない。
 農法です。
今、たくさんの方が実践している
自然農法のルーツですね。
わが家のぶどう栽培と同じところも
あります。
ウチはわずかだけど、農薬の助けも
借りています。
農具はカマ、クワ程度らしいけど
乗用草刈り機や散布機は使います。
0125kawaguti1
本拠地、奈良県桜井市の「赤目塾」風景。
毎年、たくさんの方が学びに訪れます。
現在、川口さんは塾長を退かれ、
後進の方が指導されています。

 

川口式自然農は放ったらかし栽培では
ありません。
稲の場合種は直播きではなく、苗を
育てて植えます。
生育の様子を見ながら、草の勢いが
強ければ負けないようにと草を手刈り
して援助します。
刈った草はそのまま置いて、
有機マルチです。
0125kawaguti3
稲は水の中で育つのではなく、
長い年月、不耕起で堆積した
稲や草の浮島のようなところに
植えつけられます。

 

さて、「RE:BIRTH」さんの紹介も
会った瞬間
「ゲンナイさんタマ美ですよね、
 ワタシ ムサ美です。
 そんで息子は今タマ美に行ってま〜す」
もうこれだけで一緒にビール飲みたいぞ、
学生仲間の気分になっちゃいました。
*多摩美術大学、武蔵野美術大学は
 元々同じ学校だった事もあるけど、
 お互いにライバル校ってより兄弟校の
 ような親しみを持っています。
 友人もいっぱいいるしね。
0125miwa1
こんなステキな古民家に住んでます。
立派な屋根ですね〜。
「屋根はたぶん20年くらい前に
 葺き替えてるみたい」
「でも柱やカベは100年ほど経ってて、
 そろそろアヤシイです」
と奥さま。
・・・明快ですね
「建築も勉強してましたし、
 今も生業の手段なので」
0125miwa2
離れの二階の窓から見下ろす風景。
家屋(母屋と離れ)を入手したら
田んぼとぶどう畑と山までついて
きたらしい。
同居の家族は犬2匹とヤギ1匹。
0125miwa3
映画を見に来た友人と奥さまと
若ヤギのチョロさん。

 

奥さまはパートナーを
「無口でコツコツ」と紹介されたけど、
こだわらない笑顔の好人物と見た。
0125miwa4
南アルプスの「大鹿村」から
搬送されて来た犬のなつき方が可愛いです。

 

| | Comments (0)

どうしてこんなものが?

2020年1月24日(金)雨、くもり

 

どうしてこんなモノが?
と、いつも思っていた。
小さな絨毯というか・・・
ラグマットというのかな?
いや、あってもいいけど
なんでヘビなんだろう?
アシカはヘビ好きなんか?
不思議なセンスだなぁと。
0123hebi1
 むかし、某企業の製品開発部門と
 仕事をしていたことがあって
 海外向けの製品の名前が
 ファントム、スパイダー、コブラ、
 スコーピオン、サラマンダーなどなどで
 (幽霊、蜘蛛、ヘビ、サソリ、トカゲ)
 とてもステキとは思えず、
 なんで、どれもこれもこんな名前なの?
 と聞いたら
 「西洋人はその強さ、不可思議さへの
  あこがれがあるようで」
 「中には精霊と想われてるものもあるし」
  と担当氏。

 

だからヘビが好きだとしても
ムゲに否定はできないか。
んんん・・・と思っていた。

 

そんで先日、ワシはやっと気がついた。
ヘビだ、やだなと思って
そこしか見ていなかったのだ。
0123hebi2
まわりを見たら、たくさんの木々。
これ林じゃないか。
安心した。
Todoyachimo_20200125091001
林の中に大蛇が1匹混じってる・・・。

 

| | Comments (0)

CIELO/シエロさんのランチ

2020年1月23日(木)雨、くもり

 

友人アコさんのご贔屓のお店
リストランテ シエロさんでランチ。
二度目なんですが、何度かメールで
やりとりしてるので、旧知のお店を
訪ねる気分です。
(わが家から73km北東)

0123sielo
昨夜からの雨も上がり、明るくなって
「美味しいもん食べる」期待に
ワクワクで到着。
開店直後の本日最初の客さんです。
いつものように丁寧にメニューを・・・
つぅか重点的にビールの紹介を
していただきました。
そうです、ここはタルマーリさんの
ビールが飲めるのです。
*タルマーリはパン屋さんなのですが
 液体のパンであるビールも作ってて、
 今、日本で一番美味しく芳醇な味わいの
 ビールであるとトドは勝手に断じています。
もちろんオーダーしました。うふふ。
0123sielo1
秋からジビエの要素が強くなるようですが
野菜もそれぞれ厳選されていて、
しっかり美味しいです。
0123sielo2
パスタの按配、タコ、バジルも
新鮮で納得の美味しさ。

 

メインディッシュは地鶏と地野菜。
一口 アシカに分けてからパチリ。
なので下の方が少し乱れています。
0123sielo3
地鶏も美味しいのですが、
それにも増して野菜が美味しくて
サツマイモは「紅はるか」でしょうか。
小さくて控えめでも美味しさを
主張して楽しい。
0123sielo4
途中、料理を運びながら共通の知人でもある
パン屋さん2軒がたまたま来店した話。
ワインの醸造家たちが集まった話など
お客様というより、仲間内の寄り合いで
楽しかったと楽しくお聞きしました。
ビール、ワイン、ぶどうやジャムや
イスの選択も
お聞きしたいことは沢山あって
楽しい時間でした。
今秋こそ「アナグマ」を食べに行きたい!
トリッパも。

 

| | Comments (0)

キテレツだけど暖かい

2020年1月22日(水)曇り、雨

 

晩年の父はむちゃ寒がりだった。
どんな状況でも「寒い、寒びぃな」
と言う父にほとほと手を焼いて
呆れ顔の家族に
「お前ぇらもこん歳になってみい
 わからあでぇ」と言うのでした。
Hohoh_20200123070501
はい。
わかるようになってしまいました。
父の晩年よりも、まだず〜と、
ず〜っと若いのに。
冬でも薄着で、寒風をモノともせず
バイクやスキーに興じていたのに、
今やトドは寒がりジジイです。
しかし、トドは百姓ですから
80_20200123071801
(アシカにはこんな風に見えるらしい)
寒がってばかりはいられませぬ。
なので
暖ったかタイツをアマゾンに発注。
キャッチコピーは
「冬現場に勝つ 漁師の底力」
分厚い、もふもふ、もちはだプレミアム
素晴らしい!
もうここで迷わずクリックしちゃいますね
寒がりさんなら。
61hwjedkefl
クリックしてから、改めて読むと
「利用シーンが広がるリバーシブルタイプ」
いったいど〜ゆ〜シーンで裏返すんでしょうか?
宴会の余興?
これ勝負ステテコなんか?
この奇妙奇天烈、人間性が疑われそうな配色。
物干しに干せんぞ。
ウラ補強するならもっと
地味な色でして欲しかったです。
まぁ、最強のズボン下ではありますが。

 

そしてメリノウール70%のソックス。
高かったけど足に手は代えられません。
(背に腹は変えらんないの意)
91vepwzdijl
メリノウール
・保温性、防臭性、通気性、肌触りがメリット。
・毛玉、乾きにくい、虫食いはデメリット。
夏でも蒸れず快適に着られるくらい
通気性がいいようでいいです。
山歩きにピッタシの性能でしょうか、
山歩きの趣味はないけど。
保有のソックスの中では最強です。
暖冬らしいけど・・・。

 

| | Comments (0)

風が冷たい

2020年1月21日(火)曇り、晴れ

 

吹く風が冷たく外仕事には寒ぶい・・・
なんて言っている場合ではないので
山のぶどう畑カンパラに上がります。
0121kanpa1
標高440mの風景。(わが家は標高100m)
空が高く青い、山の上というか・・・
イメージとしてはヒルトップですけど、
風が強く、台風の時にはストレートに
風が当たる。
ここに住む古老は
「痛んどらん風が吹くから強えぇぞ」
と表現してくれた。
0121kanp2
と言っても、四国山地と中国山地が
台風を防いでくれるので、
災害の少ない土地と高を括っていた。
去年は台風がめずらしくまともに来て
その「痛んどらん風」の強さに驚いた。
太平洋、日本海の沿岸部は
もっと凄まじいのだろうけど。
とまれ、棚と防風ネットを
見直さなくてはならない。

 

終日、トドとアシカそれにトド姉を
加えて剪定作業。
雲がかかると寒いけど、
陽があたる間はぽかぽか暖かくて
上着を開けます。
0121kanp3
さすが、姉は農家の娘、飲み込みが早く
テキパキ作業。
その上、辛抱強さもあるし頼りになります。
トド?
トドは気管支が弱くてひ弱だったので、
農作業もロクに手伝わない、
ボーっとした子供でした。

 

足元は友人からもらった
庭木の剪定枝。
剪定作業が終わったら
乗用草刈り機で粉砕しましょう。
0121kanpa5

夕方まで作業。

 

わが家の前の畑のアーティチョーク。
放っといても復活します。
0110artichoke
でも、巨大な花を支えきれなくて、
食べる時期には忙しすぎて・・・。
さて、今年は?

 

| | Comments (0)

キクイモ、イチジク

2020年1月20日(月)晴れ

 

夏に畑を訪れたみなさんが
その巨大さに「あれは何?」と驚かれた
キクイモを収穫、発送しています。
0925kiku2_20200121042501
(写真は9月)
握りこぶしサイズの種芋が、
はるかに見上げる3m以上に育ち、
12kg / 株 ほど収穫できました。
見かけは「ショウガ」に似ていますが、
主成分のイヌリンが糖尿病に効くことから
食べるインシュリンの異名があります。
0120kiku
高血糖や血圧にも効果があるようで、
となりの畑の高血糖オジさんは
「人気が出てのぅ、買えんように
 なったけ、自分で作ることにした」
そうです。
Todoaan_20200121070101
土を落とし、しっかり洗って
皮の付いたまま薄切り。
そのまま ポリポリかじっても
生栗のような甘さがあります。
薄切りをごま油とブラックペッパーで
あえると食べやすいです。
「サラダ」「みそ汁」「きんぴら」
「てんぷら」「味噌漬け」等々も
オススメです。
0120kiku2
ほんのり甘いので乾燥すると、
気軽に食べられるし、美味しいです。

 

こっちはシーズンオフ間近、10月の
イチジク。
たくさん採れた時には乾燥しておけば
アシカがケーキの材料にします。
1009ichijik_20200121042601
ぶどう以外の果樹はほとんど放任栽培です。
あまり手間がかけられないし、
かといってコンパクトに切り詰めたり
矮化するのも好きじゃないし、
と迷ってたら4、5m の巨木になって
しまいました。
脚立や高枝切り鋏を使っても届かない。
熟れた実はカラスのエジキになってるだけです。
0120fig1
まわりの植物も日陰になるし、
一気に切り詰めました。
こんくらいの長さに玉切りしておけば
斧が使えそうです。ワクワク。
0120fig2
3シーズンは太陽熱温水器がメインですから、
果樹の剪定枝だけでも
お風呂が焚けそうです。
灯油ボイラーは「追い焚き」に
使うくらい。

 

| | Comments (0)

このレバーの用途は

2020年1月19日(日)晴れ

 

ロウ梅の木々は次々に咲き、
今が盛りです。
0109roubai0
名前のようにロウ(蝋)細工のようです。
ここだけはもう春。
0109roubai4
先日、姉がハワイから里帰り中の
旧友にお届けしたら
ものすごく喜んでくれたようで、
「ハワイにもあるといいな」と友人。
ええよ、種ならあるから持ってく?と姉。
「いや、それはいけん」
「ハワイの自然を壊すことになるけぇ」
(長いハワイ暮らしでも岡山弁です)
そうでした。
尾根伝いのトレッキングに参加した時も
山に入る前にしっかり靴のウラの泥を
落として、他所の種などを持ち込まない
ようにとしっかり指導されました。
80_20200120093901
早朝の散歩は霜が降りていました。
まっ、レモンはそのような些事は
気にもしませんが。
0119lemon

 

トドと姉は終日、ぶどうの剪定してます。
楽しみは3時のお茶。
アシカが仕事先から帰ってきて
「お茶飲むぅ」と用意してくれました。
0118oyatu
ニチレイの「今川焼き」が定番に
なりつつあります。
周囲をカリカカリに焼けるのと、
あんこがそんなに甘くないのが嬉しい。
今度はクリーム入りも買ってみよう。
 *先年、友人を人形町に見舞った時に
  長蛇の行列を見てたら
  「あすこのたい焼きより、そのウラの
   小さな店の方が美味めぇんだ」
  の言葉が脳裏に焼き付いてて
  食べそこなった感があるのだと思う。

 

さて、1月4日のトド日記で紹介した
プッシュボタンの改良レバーですが、
マスミさまから補足の説明がありました。
0116taky_20200120042001
お孫さんが成長し、一人でも
トイレが出来るようになりました。
背も伸びて、ボタンに手が届くように
なったけど、ボタンが堅くて
うまく押せないんだそうです。
そこでジイちゃんの出番!
レバーを取り付け レバー
最後まで一人で出来るように
なりました〜。
だそうです。
身近にこんなじいちゃんが居れば、
お孫さんも工夫する刺激を受けますね。
70_20200120094401
トドは、もう一つレバーの用途を
分かりかねてて、
両手が荷物でふさがってる時に
このレバーがあれば、おでこで押せる!
そんな装置かと
ファスナー?
それは「お〜い』と声をかけて
誰かに開けてもらう・・・

 

| | Comments (0)

急げ剪定

2020年1月18日(土)くもり、晴れ

 

一月でも、陽光あふれるぶどう畑。
アシカとトド姉 の手を借りて
剪定作業を急ぎます。
もちろん農作業好きのシマも参加。
0118shima1
ぶどうの木から棚に、そして屋根の上に
ぴょんと上がります。
いちばんの高みから、まずは遠み、
次に下々の動きをよしよしと観察します。
0118shima2
10才くらいまではこの屋根に
よく上がっていたのですが、
久しぶりの屋根の上のシマちゃん。
ちょっと監督官のようで偉そでしょ。

 

「あっあぁ」っと、
アシカの声、つぅか悲鳴。
枝を切り間違えたようです。
大事に育てようと思っていた
枝をつい切っちまった。
0117tugiki
3年先を見据え、去年の初夏に
接ぎ木した枝です。
「あ〜、切っちゃった」とアシカ。
忙しい初夏、猛暑の夏、収穫の秋と
過ぎ去った季節が頭に浮かびます。
この、かじかむ冬さえ過ぎれば
ぐいぐいと伸びるはずだった枝。

 

実はトドも昨日、継いだカ所の具合を
見ているうちに折ってしまったので
・・・罵詈雑言 はひかえて
「しょうがないね」と言うしかありません。
「いっつ おーる らいと」です。
Kawaii60_20200119101201
トドは枝を切りながら、
もう次の枝に目を移しますから
2年に1度ほど指を切っちまいます。
今年はもう2度も。
写真は血ではなくて消毒薬のイソジン。
0118kizu
左手に手袋をすべきなんですが、
ぶどうの芽を触って確認したくて
つい素手になって。
じゃから、「電動剪定ばさみ」
なんか、とても怖くて使えませぬ。

 

赤いぶどうの「マイハート」
わが家の気候では薄っすら
コーラルピンク色がやっと。
ちょっとグロなのと期待した
美味しさではないので「ボツ」と
決めていたのだけど、
ぶどうの無いこの時期に食べると
まぁ、美味しいかな。
0118myheart
ってことで
もう一年、様子を見ることにしました。
親は「ウインク x シャインマスカット」
どっちも美味しいぶどうなんですけどね。

 

| | Comments (0)

木だって春だと思うよね

2020年1月17日(金)くもり、晴れ

 

日差しの中でぶどうの剪定してると
やわらか暖かくて
もう「春っぽくて」いいなと思ったけど
0117mizuage
(アシカ撮影)
わが家で一番早いぶどうの枝を切ったら
ぷくりと水滴がふくれ、
したたり落ちました。
えぇ〜、まずいぞ、まだ1月なのに
水揚げが始まっている。

 

春に切り忘れを見つけて
切ることはあっても
樹液がしたたる樹をまるまる切る
なんてやったことがない。
山梨の先生に緊急連絡。
出ない・・・。
そっか
東南アジアに農業指導中と
思い至る。
あわあわと考えているうちに、
だれか水道栓をひねったかのように
樹液は止まった。
0111sentei2
今のうちにとパチパチと剪定を終えた。
 ぶどうがこっちの都合に
 合わせてくれた感があります。
温暖化も言われてるし
今後、早い木は年内に剪定を
終えることにしょう。
ぶどうの剪定作業はまだ1/3ほど
終えたばかりです。
急げ、急げ。

 

夕方、友人の家のおとなりさんに
庭木の剪定枝を取りに行きました。
よくよく聞いてみたら遠〜〜い親戚と
繋がっている家で、
剪定してるオジさんも共通。
0117sentei
最初からオトモダチ気分で
話していただいてます。
今日は
「こんなもんで悪いけど」と
ポップコーンをいただきました。
0117popcone
久しぶりのポップコーンは美味しくて
映画館で売ってるのより美味しい!

 

先日食べたベーコン(アボカド)は
濃厚なめらかで美味しかったので
未練にも水耕栽培にトライ。
台所のビオラを押しのけて
グラスにちゃっぷん。
すぐに根が出始めました。
0117avocado
この地ではよっぽど温暖化しないと
とても育たないとはわかっていますが。
温暖化は巨大台風を伴いますから
アボカドは和歌山、高知、鹿児島に
任せることにしましょう。

 

| | Comments (0)

ねこ効果?

2020年1月16日(木)くもり、晴れ

 

「庭木の剪定枝が終わりました〜」
と電話。
小高い丘に在り、たくさんの庭木に
囲まれた家からです。
「ワシが居なくなったら処分してもええからと
 ダンナに言われとったんじゃけどなぁ」
「庭づくりが好きな人じゃったから
 そうそうムゲにも出来んじゃろ」
そう言って、毎年シルバーさんに頼んで
剪定し、軽トラ4〜5杯の剪定枝が出る。
0115kuro
剪定枝を軽トラに積んでいると
のっそりと顔を出す黒ネコくん。
作業中はずっと見守ってくれます。

 

夕方見知らぬ番号の電話。
市内の局番だったので受けると、
「ケーブルTVですが、お宅のネコちゃんの
 取材をしたいのですが」と
女性記者兼カメラマンの声。
0111shima_20200117032101
市内のケーブルTVさんには
大変お世話になっているのですが、
 モタニさんの2回の講演会の
 広報や取材をしていただいたり、
 なにより迷子になった2代目ネコの
 スコティッシュ・ビリーくんの
 捜索に協力していただきました。
だからたまにはお礼したいのだけど、

 

でも、わが家のシマちゃんは
お客さまが来ると・・・
0305syunkan
速攻で逃げてしまう。
とても取材はできないと思います。
とお断りしました。

 

こ〜んな、かわいい子ネコだったら
TV映りもいいのにね。
0115sima2-2
(シマちゃん2才のころ)

 

備中松山城のネコ城主
「さんじゅーろー」さんは
おおらかな性格らしく、
寄るもの拒まずなんですけどね。
大人気でわざわざ山の上の城に
会いに来る観光客もいます。
それに便乗したケーブルTV企画
だったのでしょうか。
1030jyousyu_
駅ビルの観光案内所前の
「さんじゅーろー」のカンバンで
記念撮影するヒトも多数。
秋に見かけた人待ち顔のこの方は
やってきた高校生に撮ってもらって
「どうもありがとう」と丁寧なお礼。
え、顔見知りじゃなかったの?
とびっくりでした。
高校生の方もよくある事と
気軽に応じていました。
さんじゅーろー効果すごいな!

 

| | Comments (0)

あばばすいとうや?

2020年1月15日(水)くもり、ちょい晴れ、くもり

 

ウチは町から車で8分ほどの住宅地。
15年ほど前にUターンして
実家に帰ってきました。
そのころ、週に1、2度
懐かしのフォルクローレ
「コンドルは飛んでいく」を
控えめな大音量で流して
主婦を集める軽トラがいました。
0115folclore1
あれは何なん?と母に聞くと
「魚屋さんじゃ」とこともなげな返事。
で、その魚屋さんが何で
「コンドルは飛んでいく」なんだろ??
好きなんかなぁ。
タカはもちろん、最近はトンビも
居なくなった住宅地なんだけどなぁ。
 *フォルクローレを検索すると
  ラテンアメリカ諸国の民族音楽とあり、
  記事にマチュピチュ写真もありました。
  ふ〜む。

 

そんで、今も魚屋さんはやって来ますが
最近はアバの「ダンシングクイーン」で
にぎやかに登場しとります。
33333
ABBA、これまた懐かしのスウェーデンの
ポップグループです。
ノリが良くてぶどう畑でつい跳ねたくなります。
♪ ロックが流れてるだけで万事上々
 あなたはダンシングクイーン、
 若くて魅力的、まだほんの17才 ♪
・・・40年以上も前のヒットソングですね。
  そうそう、九州出身者に
  「あばばすいとうや?」と
  聞かれて、は?なんのこっちゃと
  狼狽した事があります。
  「アバば好いとうや?」でした。

 

はい、これが魚屋さんの軽トラです。
0115sakana1
下の国道沿いに10分ほど歩けば
ショッピングモールもあるのですが
自宅まで来てくれる魚屋さんは結構人気で、
固定ファンがたくさん居ます。
0115sakana2
町の周辺から山の上の集落まで
守備範囲は広く、頼りにされています。
山の上で海の魚が買えるって
有難いですよね。
しかも美味しいらしい。
がんばれ、ダンシング魚屋さん!
次はきっと「ボヘミアンラプソディー」?

 

このところは家の前のぶどう畑で剪定作業。
朝の寒気が薄れたころシマがニァと
やってきます。
目線と同じ高さのぶどうの木に登ったり。
0115shima1
日が当たれば蓄熱効果のコンクリートに
移動してゴロゴロが日課です。
0115shima2
確かにちょっとうらやましいぞ。
0115shima3
まだ、虫やモグラは活動していないので
もっぱら、イネ科の草を食べています。

 

| | Comments (0)

プッシュボタンが壊れても

2020年1月14日(火)くもり、晴れ、微少雨

 

通りすがり、肩越しに見たアシカの画材。
チョコみたいで、美味しそうとパチリ。
1228enogu_20200115034001
「ウインザー&ニュートン」の水彩絵の具を
見ているうちに、
意識は時間線をさかのぼる。
透明水彩、パネルの水張り、水張りテープ、
林立したイーゼルに向かう友人たちが居て、
色を重ねる楽しさと
近未来への不安がない混ぜになってた季節。
あれから、みんなどうしているのだろう。

 

Todokaw90_20200115134401
バイクショップの小さい方の便器
使用後に水を流すプッシュボタンがある
あるはずなんだけど・・・
使用頻度が高いと壊れやすいようで
1029paddock_20200115033701
いつの間にか、こんなレバーに変わっていた。
いかにも友人 たっちゃん らしい修理で
いいなぁと笑う。
四輪のレーサー(スポンサー付き)がスタート。
バイクショップを始め
スパナと機械オイルの日々
お客さんとの会話もエンジンも大好き
農機、水上・雪上バイク、飛行機、ヨット
仕事も趣味も一緒くたに楽しんでいる。
 本田宗一郎氏もエンジンが大好きな
 少年で、過ぎ去るバスを追いかけて
 力一杯排気ガスを吸い込ほどだった。
 というエピソードを思い出します。

 

こっちは別の友人の家のプッシュボタン。
小さくて押しにくいと判断したのか
補助レバーが取り付けられました。
1230syoyo_20200115033801
同じく創意工夫をモットーにする御人です。
目標の「ローコストで高機能」を満足させるため
脳は常に高速回転してるらしい。
どちらの方も
高齢化とか隠居などの言葉とは
最も遠いところで人生を楽しんでいる。
二人の大きな笑顔から勇気をもらえます。

 

| | Comments (0)

さて、なんじゃったかの

2020年1月13日(月)くもり、晴れ

 

テニスボールが転がっている
・・・かに見える
わが家のぶどう畑ですが、
謎のカンキツ類です。

0113kankitu

ぶどう畑の片隅にいつの間にか植えられ、
どんどん大きくなって実を付け始め、
カンキツ好きのトドは大いに喜び
期待したのですが
ただ、酸っぱいだけ。
香りも特にありません。
植えた本人のトド父に聞けば
Hohoh120_20200114091601
品種はなに?
「はて?」
なにが良くて植えたの?
「さて、なんじゃったかの〜」
もう、すでに興味の対象外でありました。
なので正体不明のままです。
*この頃でも、ぶどうのことについては
 仔細に教えてくれたのですけどね。
0113kankitu2
で、このカンキツ、今季は特に豊作。
ぶどう畑に放り投げてたら
ご近所さんが興味を持って
「ドレッシングにどうかな?」
なるふぉど、それはいいかも
と期待したのですが
その後、連絡はありませんので
不首尾に終わったようです。

 

父の残した木ですが、切り倒すしかないか。
いや、待てよ
せっかく大きく張った根があるのだから
「レモンを接木すれば」と
思いつきました。
やってみましょ。

 

毎夕方の風呂焚き。
畑を囲う垣根にしてる小型針葉樹を
姉がカットしてくれたので、
一年乾燥させた雑木の枝と一緒に
燃料としました。
0113sinyouju
まだ緑の葉ですが油を含んでいて
よく燃えます。
月桂樹の葉っぱだとさらに勢いよく
パチパチとハゼながら燃えます。
生のままでも。
ふむむ・・・
油分がもっと多いユーカリは
乾季と夏の高温によって自然発火する
と言うニュースがよく理解できます。
オーストラリアの森林火災が
早くおさまりますように。

 

| | Comments (0)

ナチュラル住宅発見

2020年1月12日(日)くもり、晴れ、微細な雨も

 

陽光に押され、終日淡々とぶどうの剪定作業。
わが家は標高100mほどの盆地の中にあります。
夏から秋に、夜温が下がらないのでピオーネなど
黒いぶどうは赤熟れになりがちです。
なので、この畑は緑の品種をメインにすることに
しました。・・・決定遅すぎ。
0112su
主枝を伸ばし直ししてるのと、
丈夫な枝を選んで接木したのが
混在してややこしいので、まずはそこから
伸ばす枝、切り落とす枝を見極めながらの作業 。
難しくはありませんが、
猛暑の中、ボケたアタマでどれを伸ばそう、
来季の構想はなんだったか? と
思い出しながら進めます。
Haitodo-s
野鳥の巣を発見。
毎年この辺りで子育てする鳥でしょうか。
いつも同じ木です。
東の車道から離れ、西の谷川から3本目の
木、静かで、ぶどうの枝葉におおわれて
その上には雨よけ屋根も付いてる。
農薬もほとんど散布しないし、
カラスのちょっかいもない。
住宅地になってからイタチも居ない。
棚の上だから蛇や猫もあまり来ない。
時たま、ヒトが見回ってくれるので
安心・・・なのでしょうか。
0112su2
小枝と葉っぱとシダ、ビニールひもも少々の
ナチュラルな住宅です。
無事に巣立ってたらいいのですか。

Todoaan_20200113091301

遠く、米国の西部に移り住んだ
若い友人夫婦がいます。
お二人が広島に住んでいた頃は、年に一度、
秋の収穫期に訪れてくれました。
今はなかなか会えなくなったけど、
FBで日々の生活を紹介してくれます。
0112imagawa
こんな風に ど〜ん とね。
どうやらニチレイの「今川焼き」は
入手できるらしい。
奥さまが言うに
  レンジで解凍して、
  オーブントースターでカリっと
  焼くのが美味しい
そんで、やってみた。
なるふぉど美味しい。
美味しい今川焼き、鯛焼きに
不自由しているのでうれしい。
たまには冷凍食品のコーナーも
覗くことにしょう。
ありがと、珠美ちゃ。
*思わぬ発見
 タマミって打ち込むと多摩美って
 変換されました。
 親近感ワクワクです。

 

| | Comments (0)

スタイリッシュでパワフルです

2020年1月11日(土)くもり

 

大きなBOXが届きました。
もっと大きな四角い箱が届くのかと
思っていたら、薄くてしかも台形です。
0111mac1
茶色いダンボールを開けると
美しく印刷された極彩色があふれ、
その対比に作業の手が止まります。
0111mac2

 

プラスチックの有無はともかく
計算されたカタチの緩衝材、
開けやすい箱の構造にも納得です。
0111mac3
アップル社のパッケージには、
その合理性に毎回驚嘆させられます。

 

中身はアシカ用のPC新しい「iMac」。
スタイリッシュでしょ。
長く汎用性のあるWindowsを
使っていたのですが
今後の作業を考えてMacintoshに
切り替えたようです。
しかも、打ち合わせなどに便利な
ブックタイプではなくて
使いやすいデスクトップタイプの
21.5インチ。
(以下の画像はアップル社のHPから)
0111mac0
この薄い筐体の中に全てが入っています。
マウスやキーボードもトドが使っている
ひと時代前のよりもずっとスリムで
軽くなっています。
0111mac
一度、明るく細密なディスプレイに
魅了されると、もうWinには戻れません。
文字もシャープでクリアです。
テンキー付きのキーボードも選べます。
0111mac5
ディスプレイの解像力が美しく、パワフル。
画面も21.5インチなのでかなりストレスは
軽減されます。

 

iMac + iPhone の連携
撮った画像や受信メッセージの共有が
スムーズにできます。
0111mac6
この強力なPCのサポートを受けて
アシカワールドはどんな新しい展開を
見せるのでしょうか。
楽しみです。
0111mac4
裏面にカードスロットがあるのに
ちょっとびっくりでした。

 

一昨日からスタートした自宅前の
ぶどう畑の剪定作業。
主枝を切り替えたり、接木を施したなど
込み入ったカ所を先にやってます。
0111sentei
不要な剪定枝は20cmくらいの長さに
切って、畑に落とします。
成分はセルロースがメインですから
肥料ってよりも、ヒトの体重の分散や
土壌改良になればと思っています。
*20cmは農薬(2回だけ)や忌避剤の
 散布時にホースに絡まない長さです。

 

| | Comments (0)

国産アボカド美味しい!

2020年1月10日(金)くもり、晴れ

日本中の農家に果樹や野菜の新しい栽培方法を
提案している道法さんに自園のアボカドと
レモンを送ってもらいました。
ベーコン種 x 1 フェルテ種 x 4
それにおまけのレモン2個が箱に入ってました。
0110avocado3
道法さんのアボカドは美しい緑の外皮も
さることながら果肉もフレッシュで
なめらか、トロトロの美味しさ。
タラコ、数の子、サーモンと合わせ、
レモンを添えて「アボカド丼」で
いただきました。
「ベーコン種」は通常のアボカドよりも
よりきめ細やかで、味も濃厚です。
ひと箸ごとに感動します。
0110avocado1
こんな美味しいなら作ってみたくなります。
国産のアボカドは主に和歌山、高知、
南九州と暖かいエリア。
道法さんの農園は瀬戸内の島(広島)。
トドの友人大島チームが試験的に栽培を
始めたのも瀬戸内沿岸です。
0110avocado2
うむむ・・・
「ベーコン」も「フェルテ」も
アボカドの中では寒さに強い品種なんですが、
わが町高梁の気温じゃ難しそうです。
つい「温暖化になれば」と不穏なことを
考えてしまいます。
Todoyachimo_20200111082701

 

こちらは道法レモン。
寒さに強い木を選抜し、その苗を送って
もらったのですが、安心して
囲いもしなかったら
一昨年の厳しい寒さに上部が枯れてしまい、
昨冬はワラで包んで防寒し、
一年かけて伸ばし直しました。
0110doholemon
現在180cmオーバーです。
シンクイ虫から防御できないプルーンを
あきらめてレモン、マイヤーレモン畑に
更新中です。

 

| | Comments (0)

もうすぐ春ですね

2020年1月9日(木)くもり、晴れ、少し雨

まだ1月だけど
この陽気につられて
すーちゃんの歌声をつい口ずさむ。
♪ もうすぐ春ですね・・・
 重いコート脱いで ♪ って
この冬、重いコート着るヒマもなかったぞ。
軽トラはまだ冬タイヤにも替えていない。
0109roubai
高梁市は温暖地に分類されるけど
山間部なので、朝夕は結構寒い。
なので
トドの両親にとって「春」は
待ち遠しかったと見えて
Hohoh100_20200110042901 Tousannhane108
陽光の当たる家の南側にはロウ梅がある。
点々と10本ほども。

 

早い木は年末にはもう咲き始めるので、
姉は友人知人の家にどんどん配る。
0109roubai3
ロウ梅越しに春霞が見える・・・ワケないですね。
前の山の中腹にかかるのはキリです。

 

すっかり春めいて、困った!
ぶどうの剪定を急がなければなりません。
咳もおさまったので、
やっと今日からぶどうの剪定を始めました。

 

| | Comments (0)

サバ好きです

2020年1月8日(水)くもり、小雨

ご近所さんが「サバ寿司」を作って
持って来てくれました。
サバは好きなのですが、サバ寿司となると
美味しかった記憶は・・・
Todoaan_20200109082801
 あった!
 むかし、京都で買ったサバ寿司は優美で
 美味しかった記憶があるぞ。
 めちゃ高かった記憶も。
ここは関西から山陰にかけてのサバ寿司文化の
端っこでもあるので、近所のスーパーにも
サバ寿司、焼きサバ寿司、広島菜巻きサバ寿司と
並んでいるけど、
それを美味いと思ったことはない。

 

ところで、いただいたサバ寿司、
見た目も初々しい春の色彩で
・・・とっても品良く、美味しかった!
0108saba1
塩鯖を塩抜きし、酢締めにして
羅臼昆布を乗せ、梅酢で色付けした
カブを合わせる。

 

なにより肉厚のサバがうれしい。
近頃、美味しいサバを口にしたことが
なかったので大満足でした。
0108saba2

 

余談ですが、
一時期トルコ料理の美味しさに気づいて
できるだけ早くイスタンブールに行って、
ガラタ橋からサビキを落とし、
ビンビン跳ねる魚を焼いてもらって
「サバサンド」を食べたいと思っていました。
Saba
こんな感じらしいです。
塩とレモン汁で食べるのが美味しいようです。

 

吉祥寺で働いてたころ、近所の魚屋さんで
サバの串焼きをしてるのは知ってたけど、
それを買って雑踏の中を歩きながら
食べるのが好きだったと、
後年教えてくれた先輩(女性)がいます。
知らなんだ!
いろんな食べる機会を失っていたのが
残念至極です。

 

シマは日本猫によくある柄で
キジネコに分類されるけど
背中がサバ柄に似ているので
トドはサバネコ、サワラネコと呼んでいます。
0108shima
外見なぞ、気にもせず、
寒いのでひたすら眠るシマちゃん12才。

 

| | Comments (0)

シマとクロ

2020年1月7日(火)くもり、雨

2匹一緒に手のひらに乗るサイズだった
シマとクロを拾ったのは2007年。
山の畑バルキの帰り道でした。
カーブの先の草むらに小動物の
影が見えて「何だろ」と
軽トラのブレーキを踏んで停まったら
ぴょんとクロが車道に出てきた。
危ないなぁ、と外に出ると
トコトコと近寄って来る。
困ったな、コイツどしよう
とアシカを振り返る。
2007_0720
わが家にはすでにアズとビリーの
2匹の猫がいたから、連れ帰るには
ちょっとね。
でも放っとけないしと逡巡。
まわりを見回しても
母猫がいる気配はなさそう。
まぁ、とりあえず保護するか、と
ドアを閉めようとしたら
草の中から、もう一匹ネコが出てきた。
「ワタシも一緒に行く」って表情で
必死に走って来てタイヤをよじ登ろうとする。
上がれなくてジタバタ。
弱いんだな、こうゆうの。
2匹になった。ムリだよなぁ。
ムリ、ムリ、絶対ムリ、アズが怒る。
う〜ん。
とりあえず、う〜んとしか言えない。
アシカの膝の上で安心顔の2匹を
見ながらエンジンをかけた。
Haitodo_20200108132001
家に連れ帰ると
予想通りにアズ(黒猫/メス)は
烈火のように怒り、威嚇した。
2匹の姉妹猫はもうビビリまくりであった。
ビリー(スコティッシュ/オス)は
「ふう〜ん」くらい。
やがて新旧のネコは、なんとか折り合って、
クロは友人の家にもらわれていった。
O0293039012681174645
これは1才くらいのシマ。
すぐに優秀なハンターに成長しました。

 

現在12才のシマ。
0729shima2_20200108094501
近所のメス猫とケンカはするけど、
基本慎重で臆病なのでケガはありません。
素直で手のかからないネコです。

 

そんでクロは優美な長毛猫に成長し、
名前もチョウコちゃんと改名。
2019kuro
カーテンや障子を引き裂いても
寛大に許してもらえるお嬢様暮らしなのです。

 

| | Comments (0)

いろいろあるけど 元気です!

2020年1月6日(月)晴れ、くもり

早朝、レモンを連れ、となり町の病院で
腫瘍除去の手術。
まだ暗い時間 6:30 なのに病院は
煌々と明かりを発して、心強い。
すでにスタッフも揃っている。
(お正月の連休明け体制らしい)
レモンの体調チェック。
問診をいくつか受けた後は
すべてお任せし、まだ暗い道を帰る。

 

朝食後、アシカの携帯が鳴り、
緊張するが、無事手術終了の
お知らせでした。
経過確認のための時間をとって
15時に迎えに行くことにする。
0106lemon1
腹部の腫瘍数カ所を取り除き
すっきりしたのか、
大人しく待っていたレモン。
さほど痛がりもせず、首回りの
エリザベスカラーが不自由なくらい。

 

手術前の検診の数値やレントゲン画像による
健康状態を医師に教えてもらいます。
心臓が少し肥大している他は
至って健康とのこと。
0106lemon2
もう16歳ですが?
「まだまだ大丈夫です」
すこし認知症が・・・
「それはちょっと・・・」
ですね。

 

夕方、家にもどりました。
まだ、麻酔が効いているのか
少しボーっとしてますが、
元気です。
食欲もあります。
Todokaw90_20200107105301
軽い足取りで部屋中あるきまわり
お腹を気にしている様子もありません。
なので、エリザベスカラーを
外してやりました。
この辺は観察力のあるアシカの判断です。

 

| | Comments (0)

風呂焚きはステキ?

2020年1月5日(日)晴れ

幼少時から高校生までやっていた風呂焚き。
20年ほど前にUターンで実家に戻ってから、
再び毎夕方の仕事となりました。
Kawaii60
 先日、同年代の都市生活者に、
 毎日風呂焚きを楽しんでいる
 と言ったら
 「今どき、薪で?」と驚かれました。
 ワタシとしてはヘンリー・ソローの
 「ウォールデン 森の生活」* のような
 素敵なイメージなのですがねぇ。
Walden_thoreau
 なんだかもう、明治、大正、昭和も
 哲人ソローもすべて時代に
 押し流されてしまった気分です。

 

でも毎日の風呂焚きは続きます。
 正確には太陽熱温水器も併用しているので
 春、秋は追い炊き程度で、
 しっかり焚くのは冬だけです。
燃料は雑木や庭木の剪定枝で
十分にあります。
今日は珍しくぶどうの剪定枝。
0105hurotaki
気まぐれに束ねて、ぶどう畑の隅に
一年間放置していたもの。
しゅうしゅう と音を立て、よく燃えます。
一般的にぶどうの枝は剪定後、
害虫や病気予防として、早めに焼却しますが、
わが家はあまり気にせず、
剪定時に短くカットして畑の草の中に
落としてます。
他の仕事もしながら、小一時間
火の番をし、熱めの一番風呂に入ります。

 

80_20200106111701
昨夜は預かり犬のレモンの腹具合が悪く、
一晩中アシカは看病していたらしい。
朝、交代して資料整理をしながら
レモンに付き添いました。
夕方まで絶食したのが良かったのか
散歩で走るくらい元気になってホッと安心。
明日は、腫瘍の摘出手術ですが、
獣医さんと相談して、
とりあえず早朝検査の予定。

 

| | Comments (0)

もちつき?

2020年1月4日(土)晴れ

友人アキコさんが もちつき の動画を
提供してくれました。
1230ashica_20200104232501
トドはスリークオーターが好みです。

 

それにしても果たし合いか、
鍛冶屋にしか見えない。

 

| | Comments (0)

接点を探しては笑い合う

2020年1月3日(金)晴れ

あけましての 三日目
今日もお雑煮をいただきました。
部屋とコンピュータの中の片付けをして、
お昼前にとなり町総社に出かけます。

 

暮れの30日にもちつき会に呼んでいただいた
アキコさん兄妹とそれぞれの相方
総勢8人でお礼の新年会です。
0103aki1
(アキコさん撮影)
カフェギャラリー「結/ゆい」さんが
美味しいポトフと超おいしい煮豆を
用意してくださいました。
0103sinenkai
まずはビールで乾杯(運転手以外)。
楽しかった40人のもちつきの話で
盛り上がります。
「筋肉痛すごかったんじゃない?」
いや、すごく楽しくて満喫しました。
それより、あの人数。
準備するだけで、ものすご、
時間かかったんじゃない?
「何十年もやっとるから別に、なぁ」
と主人夫婦。

 

「結婚してから三十数年、年に2~3回は
 実家に帰って、両方のこども達と一緒に
 キャンプだ、釣りだとずっと遊んで
 もらってま〜す」はアキコさん夫婦。

 

Umigasuki2_20200104220201
そうそう、
わが家もそうだった。
夏になると直島や大阪のイトコ達で
家の中はこどもだらけ。
川に、畑に、スイカに
トウモロコシ、ホタルや花火も。
盆踊りで最高に盛り上がり、
それが終わると、急速に夏はしぼみ
それぞれの街に帰り、
宿題に向き合うのだ。
0103sinenkai1
多少の年の差はあっても、同じような
時代を過ごしてきたので、接点を探しては
頷き相い、笑い合う。

 

SONYの元エンジニア氏はメーカの
名前じゃなく、スペックを比べて
できるだけ安い家電を買い、機能が
足りなければ自分で工夫し補う。
というメカニック人生を楽しそうに話し。
そのそばから奥様は
その趣味がいかに迷惑この上ないかを
たくさんの非力な掃除機のコレクション
が二階に・・・と暴露し、皆を湧かせる。
0103sinenkai2
その奥さま手作りのベーグルは
無闇に美味しくてびっくりでした。

 

アシカのケーキでシメて、全員写真。
ちょっとした都合で小さな画面です。
0103aki22
また会いましょ。

| | Comments (0)

あけまして 二日目

2020年1月2日(木)晴れ

正月はお雑煮さえあればご機嫌のトドですが、
今年はちょっとビジュアル的に寂しかった。
0101zoni77
(写真 ↑ は2年前のお雑煮)
アシカとしてはこんな華やかな
イメージだったようだけど、
風邪っぴきのトドは一刻も早く
買い物を切り上げて欲しくて
 人参?・・・・・どうでも
 ハマグリ?・・・いらん、いらん
 カンボコ?・・・好きにして
とかなり非協力だった。
2年前のブログ見て、反省しきりの
「あけまして 二日目」である。
Tododehehe_20200104003301
*タイトルの「あけまして 二日目」は
 友人オオスミさんのFBから拝借。
 ありがと

 

1日、2日とたらふく食って、
アルコールは少々のみで、
十分に眠った。

 

部屋と資料の片付けと
コンピュータの中をかなり整理。

 

ビーグル犬レモンの散歩も
0102sl1
あ〜 もう
ついて来ないでよ〜
来ないでって、言ってるしょっ!
においも嗅がないでっ。
0102sl2
散歩に連れてってもらうレモンがうらやましくて
追っかけてきては先頭に立つシマさん
で、振り返っては理不尽にも
ののしるいつもの風景。
いささか犬は不憫です。

| | Comments (0)

元旦に乾杯!

2020年1月1日(水)晴れ

至福のお雑煮です。
お正月にはお雑煮さえあれば
それだけで大満足のトドです。
0101zoni1
アシカが用意してくれた簡単おせちと
発泡ワイン(CAVA)で
誕生日と新年を祝い乾杯。
一年の健康を願って乾杯。
それから・・・とにかく乾杯。

 

カヴァはシャンパンのような
華やかさがあるのに、
お手軽感もあって気に入りました。
0101cava
ビールもそうそう飲めないしね。

 

雑煮2杯と
土佐の友人にいただいた「初子の寿」
上等な甘味をいただいて、すこぶる満足。
0101hatune
さてと、寝正月に突入して
風邪をしっかり治すことにしま〜す。

| | Comments (0)

大つごもり、晴れた

2019年12月31日(火)くもり、晴れ

12月、風邪を何度もこじらせているので
山のぶどう畑も放ったらかしのまま年末に
なってしまった。
1231balk
今日は晴れたので、午前中だけでもと山に出かける。
ダウンジャケットを何枚も着込んで、
丸々と着ぶくれ状態。
風があまりなくて助かる。
1231balk2
一番遠いバルキ畑は天候異変に対応できず
1/3は熟れなくて、収穫できず放置したまま。
1231houki
休眠期に主枝を切り戻し、品種も変え
大幅に更新するつもり。
来年はかなり負担を減らし、
次年度につなげたい。

 

お昼はアシカと「そば」。
おっ、空いてるラッキーと思ったら
「年越しの持ち帰りそばがメインなので
 本日は かけ蕎麦 だけなんですけど」
と店の主人殿は申し訳なさそう。

1231soba

細く揃った、美しい蕎麦でした

 

午後は買い物など。
1時間の昼寝。

 

夕方、もう一つの山のぶどう畑カンパラの
大家さんに年末の挨拶。

 

夕食後爆睡。

| | Comments (0)

もちつきは楽しい

2019年12月30日(月)雨、くもり、ちょい晴れ

「実家でもちつきするんだけど、来ない?」
と友人のアキコさんからメール。
久しぶりのもちつきを楽しみに出かけました。
もう少し走れば瀬戸内海が見えるあたりです。
1230mochi0
「雨が降ってもダイジョブです」とアキコさん。
???
なるふぉど、巨大な屋根付きの駐車場の下でした。
総勢40人ほど、十家族以上の集団です。
自己紹介なども省略し、各自呼ばれたい名前を
ガムテープで貼り付けて、混じります。
1230mochi
朝、8時からもち米を蒸らしては、次々に
もちにします。
たぶん25臼/1日 くらいでしょうか。
左の鍋には常時お湯を沸かしています。

 

庭の三カ所ではいつでもバーベキューが
食べられます。
1230meshi1
アルミの鍋の中はチーズが溶けていて
いつでも自由にフォンデュできます。
いいアイデアですね。

 

割包(クワパオ)までありました。
ふかふかパンズの中華風サンドイッチですね。
1230meshi2
角煮がめちゃめちゃ柔らかくて美味しかった〜。

 

みなさん朝からビールを飲みながら
今日は一日中ずっと もちつき です。
1230mochi1
お湯は杵を湿らしたり、
随時臼を洗ったり、大量に使います。
右側のお湯の入ったボールを支えてる
のは園芸店でおなじみの鉢置きです。
これもよく考え付いたなと感心!
1230aki2
(アキコさん撮影)
さて、トドも食べてばかりじゃ申し訳ない。
杵を取り、しっかり練ります。
腕力よりも、上半身の体重を杵にかけて、
米を押しツブすようにひねります。
これが一番地味で難儀な作業。
1230ashica
(アシカ撮影)
薪割りは斧をまっすぐ上げ、
下ろしますが、
もちつきはトド的には
スリークオーターが好みです。
臼の中のもちの状態を見ながら
最もつけていない場所を目標にし、
膝を使って腰を回転させ、
最後の瞬間に左手を引き寄せ
インパクトを強めます。
1230ben1
(Benさん撮影)
こどもたちもやりたいよね。
大人のサポートを受けながら
みんなで楽しめました。
1230ben2
(Benさん撮影)
つき上がったら、小さくちぎって
みんなで丸めます。
1230marumoch
最後は豆もちを4臼ほど。
おもちは つく前も美味しいけど、
ついている最中につまむのも
美味しい。
でも、豆もちの方が塩味がきいてて
もっと美味しい!
だから
「待ったぁ〜」
「ちょっと待った」と
つくのを止めて、おにぎりサイズを
奪い取って食べるのが好きなオジさんが
必ずいます。
1230aki1
(アキコさん撮影)

豆もちは豆を壊さないように
そっとつきます。
大きな長円形に形を整え、
翌日、固くならないうちに
包丁で切り餅にします。
1230mame
ここの家ではその場で、あんこを包んで
食べてもOK。
もうお腹一杯なのに、塩味の豆もち+あんこの
誘惑に負けてパクつく人続出。
そんなに甘くないあんこで美味しかった〜。

 

満腹のはずのこどもたちに
竹串とマシュマロを与えると、
当たり前のように残り火で焼き始めます。
1230mashu
アメリカ映画では見るけど
そんなもん美味しいはずがないと
思ってたけど、
やってみたら想定外の味でした。
熱っせられてシュワシュワでクリーミーな
美味しさに変化するのですね。
あ〜、美味しかった。楽しかった。
アキコさんのご実家の方々ごちそうさま。
40人のみなさん楽しかったです。感謝。

 

汗かいて風邪が治りそうです。

| | Comments (0)

お正月前にめでたし

2019年12月29日(日)晴れ、雨

土佐の友人に頼まれて
ブドウの苗の注文を手配しました。
次世代を担う若者たちに向けての
多量の先行投資です。
で、その苗がすこぶる良品だったようで
手助けしたトドにも縁起めでたい和菓子が
届きました。
1229tadok
お正月前にまっことめでたく
ありがたい。
1229engi
(写真はメーカー/浜幸さんのHPから拝借)
*若者たちは暮れの忙しい時期に、
 大きなぶどう苗の仮植えで忙しい様です。

 

チコリ、黒キャベツの根っ切り虫被害が
おさまらず、トド姉さがペットボトルで
対処してくれました。
1229chicory
夜盗虫は昼間は近くの土の中に潜み、
夜間に苗の葉や根を食害します。
ペットボトルで遮断する作戦です。

| | Comments (0)

料理を引き締める

2019年12月28日(土)晴れ、くもり

「気楽にレモンを使えたらいいのに」
と台所に立つアシカが言う。
確かに!
岡山のイタリア料理店で、お客様と
談笑しながら、スタッフの作った料理に
さりげなくレモンを搾って、一瞬のうちに
味を引き締めるタベルナさんの技を
何度も見せられたことを思い出す。
1228lemon
しかし、高梁の厳寒期はレモンには耐えられない。
そこで、妥協案としてマイヤーレモンを植えた。
一昨年の寒さに耐えられず、昨年伸ばし直して、
今年やっと3コだけ収穫。
果たしてレモンの代用になるか?
皮も使いたいので無農薬栽培です。
*マイヤーレモン/オレンジとのハイブリット種で
 寒さに強いとされています。

 

ぶどう畑の石垣を覆うツタ。
農作業の遅れに、草刈りもなかなか出来ず
初めて花が咲くのを見ました。
1228tuta
へぇ〜、放っとくとこんな花が咲くのかと
しばし手を休め、眺める。

 

| | Comments (0)

オキナワスズメウリ

2019年12月27日(金)晴れ、くもり

気がつけば玄関ワキの古い柱に
ミニチュア スイカが
引っかかってた。

 

リースか?
おまえさまはリースなのか?
何かのおまじないにしか見えないぞ。
1225suika
「オキナワスズメウリ」
トド姉が「かわいいから」と
去年から栽培しています。
かわいいけど、
この小さなスイカのような実には
毒があります。
小さな子供がいたら
口に入れちゃいそうだな。
要注意です。
スイセン、アジサイ、キンポウゲ、
スズラン、ヒガンバナ、フクジュソウ
も要注意ですね。

 

| | Comments (0)

笑顔と無限の体力のウラタくん

2019年12月26日(木)くもり、雨

トドも一応、農協さんの会員なので
月一回農協さんの小冊子「すくらむ」
が届けられます。
新年号の表紙を見てビックリ!
友人ウラタくんの笑顔満開写真でした。
1226urata
ウラタくんは岡山の瀬戸内海の
近くで生まれ、
この笑顔と無限の体力をエネルギーに
自転車で日本を2周、
高梁の山中を選んで「ここだ」と着地。
お茶とサトウキビの栽培を始めました。
トドははこれまで
「日本最北端のサトウキビ農家」と
みなさんにに紹介していま〜す。
1226urata2
ところが、先日
「千葉でも作ってる人がいるようで・・・」と
申し訳なさそうに自主申告してくれました。

 

さて、年中絶えないこの笑顔のカゲには、
きっとドス黒い陰謀が隠されているに違いなく
・地球征服とか
・日本まるごと沖縄化計画とか
考えているんぢゃないかと考えています。
Daitai120_20200101022901
残念ながら、未だ確証は得られません。
ひょっとしたら笑顔通りの
イイ奴なのかも知れません。

 

| | Comments (0)

ぜんぶ覚えてる

2019年12月25日(水)晴れ、くもり

弟の愛犬、ビーグルのレモンちゃん。
数年前の夏に熱中症を患い、
以来わが家で室内犬として預かっています。

1225lemon
腹部に腫瘍ができたため、南の町で検診。
年明け早々に手術と決まりました。
検診の順番を待つ間、駐車場をぐるぐると散歩。
元気です。

 

受付のカウンター。
各種のお知らせが貼ってありますが、
その間に繋いでおくためのフックが数カ所
ありました。
1225miyake2
見渡せば、待合室にも、駐車場にも
そこら中にフックが備えてありました。
何度も来ていたのにやっと気付きました。
 ふるい宿場町では、牛や馬をつなぐ
 錆びた金具を見かけることがあります。
 今も残っているのかな?
1225miyake1
いつもの大きなリクガメさん。
いつものように床の視点でパチリ。

 

時々、巣からこぼれ落ちたヒナを
見かけますが、基本的には
放っておくのがいいようです。
1225miyake3
ただ、わが家には
ハンターのシマちゃんがいますから、
シマを閉じ込めるか、
できるだけ見つからないような場所に、
そっと移動してやります。
短時間で姿を消すので、
親鳥が迎えに来た・・・と思います。

 

Todokaw90_20200101010801
この日、動物病院で出会ったのは
ほとんどが、若く、ハツラツとした
かわいい犬たちでした。
レモンのように老いた犬は
見かけません。
いいもんね。
レモンだって、もっとかわいかったし、
だれよりも速く、ぶどう畑を走り回ったし、
2.5mおきの中柱を左右にぬって
上手にスラロームしたり、
草の茂みから急に飛び出したり
したもんね。
それ、ぜんぶ覚えてるよ。

 

| | Comments (0)

« December 2019 | Main | February 2020 »