« カーボネロをやっと定植 | Main | サツマイモを上に伸ばす »

フェイジョアは南洋の香り

2019年12月15日(日)くもり、晴れ

トド世代から上の人たちには「南洋」への
憧れがあります・・・たぶん。
ハワイやブラジルへの移民の時代もあったろうし、
少年ケニアやハリマオの話にワクワクと
したもんです。
果樹栽培にも何度か南洋ブームがありました。
第一次はポーポー
第二次はキーウィ・・・日本中こぞって植えました。
そして第三の波が「フェイジョア」だったのですが
この波はちょっと小さかった。
キーウィの波が大きすぎたかな。
Hohoh100_20191221061601
もちろんトド父はフェイジョアを植えてました。
品種はたぶん「トライアンフ」かな。
1213feijyoa2
写真左のほうがその実です。
4cmほどの大きさで、木から落ちた
完熟を指で割っても・・・
どこを食べたらいいかわからんくらいの
もんでした。
今も桜の木のとなりにあります。
トドも父ゆずりの物好きなので
大きな実のなるフェイジョア「アポロ」を
植えました。
3年経ってやっとできた実が右の方。
1213feijyoa1
包丁で切ると、まさしく南洋の香りが
ふわり漂います。
ねっとりと甘く爽やかな酸味も。
あ〜植えてよかった。
来年はもっと沢山成るはず。
どう使おうか楽しみです。

 

そうそう、チコリも昨日定植したのでした。
1214chicory
寒さよけに細かいネットをかぶせています。

 

山のぶどう畑バルキ→カンパラで
雨よけフイルムの除去作業。
1215yugata
夕方、丘に日が沈むころ帰ります。

 

|

« カーボネロをやっと定植 | Main | サツマイモを上に伸ばす »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« カーボネロをやっと定植 | Main | サツマイモを上に伸ばす »