« 自然とつながる 暮らし展 | Main | 家の中は初冬 »

がんばってる

2019年11月7日(木)くもり、ちょい晴れ
毎年、晩秋にある紅茶まつりなんだけど、
8回目となると「慣れて」まわりを見回すの
怠ってしまった・・・反省しきり。
0926300
遠くから来た友人ヤスハラさんのレポートには、
頑張っているスタッフや出店者、お客さんの様子が
とらえられてました。
以下はヤスハラさんの写真をお借りしました。
Photo_20191109043001
「地紅茶まつり」の本部。
地紅茶の生産は全国300カ所以上に広がってます。
会場ではそのうちの6銘柄を飲み比べできます。
サーブしてくれるのは市内3つの高校生の混成チーム。
高梁紅茶のオーナーと開発に携わった方が
みんなを丁寧にサポートしています。
*紅茶を淹れながら、紅茶風呂(足湯ですけど)の
 お世話もします。男湯、女湯に分かれてます。
Photo_20191109043201
アーケードの下なので天候に左右されないのが
このイベントの強みです。
11月にしては暖かい日で、青空の下でも
と思いますが、午後にはしんしんと
冷えてきました。

 

それぞれの紅茶の簡単な案内が付いています。
Photo_20191109043101
 いつから付いていたのかトドは知らんかった。
 この2年、ゆっくり紅茶の飲み比べなど
 やってなかったってことだなぁ。
 いかん、いかん。

 

紅茶に関する書籍の紹介も。
スタート時にこんなんあるといいなと思ったけど
そのまま忘れていた。
3
当時に比べて、今は紅茶関係の本もたくさん出てて
楽しいですね、
もっとも、立ち止まる方は少ないけど、
長い目で見、続けましょうね。
2_20191109043301
紅茶の愉しみ方の一つとして
フルーツティもぜひ提案したいですね。
Todokaw90_20191109053901
わが家がおすすめしているのは
香りの良いナイアガラ(小粒のぶどう)を
数つぶ、熱い紅茶に投じるの。
香りと甘さを愉しめます。

 

駅ビル2Fのテラスでもプチマルシェが
開催されてました。
2_20191109043302
(写真はウラタ君のアルバムから)
鉄人ウラタくん(むちゃタフなんです)が
笑顔を振りまいていました。
栽培しているサトウキビを持ち込んで
黒蜜、赤蜜を搾るデモンストレーション。
黒蜜アイス、黒蜜ジンジャーラテ美味しいです。
*ラテは第3土曜日の崖っぷちカフェで飲めます。
 12月1日倉敷の「ギャラリー 十露」さんでも。

 

バイク、古民家好きのなっちゃん発見。
Photo_20191109043401
(写真はウラタ君のアルバムから)
「サツマイモのほっこりスープ」
 美味しかったです。
 古民家カフェの開店を楽しみにしてま〜す。

 

そんで、近くの信金さんの駐車場でもプチマルシェ発見。
スタート前だったので、まだ人は少なかったけど
有機野菜の店見たかったな。
1104sinkin1

食べ物、クラフトも。
イスやテーブルが心地よさそうでした。


同じ日に、町のあちこちで同時開催。
お客さんにしてみれば楽しいですよね。
1104sinkin2
この日は市内の「吉備国際大学」も学園祭だったようです
天気もいいし、どっちに歩いてもお祭り騒ぎで
みんな楽しかったんじゃないかな。
トドは「地紅茶まつり」のパンフやポスターの
手配など、ほんの少しだけお手伝いしました。
Todokaw90_20191109053901
この数年はマンネリにならないかと心配して
いたのですが、思ったよりもずっとみなさん元気で
イベントを楽しんでいるようです。

 

「地元商店街と高校生と一緒に楽しむ」を
最初に決めたことがポイントですね。
素晴らしい、先見の明です。

 

|

« 自然とつながる 暮らし展 | Main | 家の中は初冬 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 自然とつながる 暮らし展 | Main | 家の中は初冬 »