« 沸き上がる食欲は! | Main | 不穏な »

ここに住みたい

2019年9月7日(土)晴れ

 

このところ晴れた日が続き、

なので、畑仕事は山ほどあるのですが・・・

 

起業型・地域おこし協力隊員 松野夏子さんの

「卒業報告会」に行ってきました。

0907matuno

高梁市内 宇治の「元仲田邸」で14:00スタート

江戸時代の庄屋の伝統を受け継ぐ明治中期の建物です。

今では研修室や宿泊施設として利用されています。

わが家からは軽トラをすっ飛ばして25分ほど。

松野一家が横浜から移住した経緯、この地での悪戦苦闘ぶりや

なにごともなく? するりと地域に入り込んぢゃう超能力を

ユーモラスに要領よくまとめられました。

 

そしておとなりの「古民家カフェ」として改装中の

「西仲田邸」改め「マツノ邸」に移動してお披露目会。

0907matuno1

「西仲田邸」十数年?空き家になっていたこの巨大な

屋敷をなんとかリファインしたいなんて野望は

フツー考えませんよ。

三年前は屋敷全体が傾き、壁は破れ、廃屋一歩手前

いや、数日後には更地になるはずだったのを

ギリギリで「ここに住みたい」と救い出したらしいです。

 

巨大な屋敷の傾きは自力でジャッキアップして

直しました。

と言っても、今風の油圧タイプは全く歯が立たなくて

途方に暮れていたら、地元の方が旧式の

機械式ジャッキなら大丈夫と持ってきてくれた。

なるほどこれなら確実とわかったところで

「それならうちににもある」と多くの村人が

持ち寄ってくださった。

で、月に一度、ほんの数ミリだけ動かして固定。

それを何度も繰り返し、

屋敷がまっ直ぐ立つまでに1年かかったそうです。

(覚えてなくて ↑ いいかげんです)

0907matuno2

たくさんのジャッキを外し、一つ一つ磨いて

「ありがとう」と声をかけながらオイルアップ。

それぞれのジャッキの向こうには

村人たちの顔が、応援があるのだと思うと

うれしくて泣いてしまった。

と、またしても涙を浮かべます。

・・・こっちもあやうく、もらい泣きしそうだったぞ。

 

古民家カフェが完成したら

ひだまりの縁(えん)は地元ならではのモノが集まって、

きっと、こんな風景になるのかな。

0907matuno3

 

廊下の上に階段ハシゴ発見。

必要な時には下ろしますが、

普段は邪魔にならぬよう、上げておきます。

0907matuno4

 *わが家のまわり縁にも下ろせば遮ることができる

  戸がありました。どんな場面で使ったのか不明。

 (討ち入られた時に使おうと小学生のトドは考えてました)

 

足踏みミシンの台を利用した洗面台。

0907matuno5

 

この日一番カンドーしたのが、

フルーツウォーター・サーバー。

宇治の美味しい水に前日からブドウとハーブを入れ、

このまま、丸ごと冷蔵庫で冷やしてました。

0907matuno6

飲むとわずかな甘みがノドにココチ良いこと。

 

楽しいお披露目会でした。

松野夏子隊員ありがと。

 

おっと、これが決断と突破力の証拠写真です。

Matunotaiin

向かうところ敵ナシじゃ!

 

|

« 沸き上がる食欲は! | Main | 不穏な »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 沸き上がる食欲は! | Main | 不穏な »