« アジサイに似た花は? | Main | ベイスターズファンだった »

主枝に巣食う害虫には

2019年7月5日(金)くもり

 

山のぶどう畑カンパラに上がり、
まだ済んでなかった「大粒ナイアガラ」に袋掛け。
首が短いので肩を落としながら袋を掛ける。
 ↑ なんのこっちゃろうね。
ぶどうの軸が短いので、すでに丸々太った房の肩の粒を
切り落としながらの袋掛けです。

 

午後は姉と合流し山のぶどう畑バルキで袋掛け。
0705balk
この畑にはピオーネ、ゴルビー、瀬戸ジャイアンツ、
藤稔がある。
昨年は「穴熊」に200房近くを献上したが
今年はなんとか無事に収穫したい。
写真はまん丸アタマのゴルバチョフの愛称を
名付けられた「ゴルビー」。
畑の排水を改良して以来絶好調です。
0705balk2

今はまだ堅い緑色の粒です。

軟化(軟らかくなる)前にできるだけ

太らせておかねばなりませぬ。

ぶどうは軟らかくなり始めると、

もうそれ以上は大きくならないのです。

 

発送時の脱粒に苦しむ「藤稔」に接ぎ木対策。

家まわりの接ぎ木に比べて芽の伸びが悪すぎる。

0704tugiki

健やかに伸びそうな枝を選んで継いでる
はずなんだけどな。
再度、春の接ぎ木にトライするか、
いっそ苗木を手配すべきか。
さて、さて?

 

とんでもなく大きな害虫の巣を発見。
0705balkbug
主枝表面をぐるりと食い回って、木の中に隠れ住んでる。
棲家は木屑とフンを綴ってカモフラージュ。
もっと前に気づくべきなのだけど
いつも後手にまわる。
完全に一周してはいないけど、
この枝は1、2年不調かな。
たまたまこの枝は伸ばし直し中なので
一気に更新しましょう。

 

発見したらカッとなって、写真も撮らず
どこまで被害が進んでいるかを
まず確かめるのが常だけど、
巣穴にストチュー(酢、糖、酎)を注ぎ
ティッシュを詰めた。
農薬は使いたくないのでね。

 

|

« アジサイに似た花は? | Main | ベイスターズファンだった »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« アジサイに似た花は? | Main | ベイスターズファンだった »