« 倉敷で笑顔 | Main | 一緒に歩ってるつもりで »

よりシンプルに

2019年6月8日(土)晴れ
終日、寒かった〜。
6月とは思えない寒さです。
忙しいぶどう仕事の最中ですが、先を考え
緑枝継ぎもしています。
思いつきで散漫な品種構成をシンプルで、
有用性のあるものに数年かけて変えます。
0608tugiki
今年の成功率は80%くらいでしょうか。
失敗は接ぎ木のテクニックというよりも、
その後の管理がほとんどで、手前の脇芽の発生を
見逃してしまうのが原因。
それもあって目立つ赤いビニールテープを使用しています。
失敗しても6月中はやり直しができます。
↑ 写真は今まで成功したことがない台木の枝への接ぎ木。
 極細の枝に、同じくらいの太さの充実した芽を探すのが
 難しい。今回はどうかな?

 

お借りしている山の畑カンパラのジャガイモたち。
0608kanpa1

畝に植え、凹部の通路には枯葉を敷いています。

地面の乾燥と防草のため。

時間のある時にどんどん追加します。

何しろ後ろの森に枯葉はいっぱいあるんじゃもん。

 

大家さんの庭に今年もタイサンボク(泰山木)が咲きました。

数年前まで家のエントランスにビワの木?

不思議だなっと思ってました。

0608taisanbok1

去年、大きな花を見てびっくり。

花の後には実が付くようですが

そこまでは確認してません。

今年はしっかり見てみよう。

0608taisanbok2

アリさんが偶然写ってました。

 

タイサンボク/泰山木、Southern magnolia(英名)

原産地は北アメリカ
日本へは明治時代の初期に渡来

花言葉は「前途洋々」「威厳」

 

|

« 倉敷で笑顔 | Main | 一緒に歩ってるつもりで »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 倉敷で笑顔 | Main | 一緒に歩ってるつもりで »