« お遍路や巡礼を目指す | Main | 食べたい »

袋掛け

2019年6月18日(火)くもり
自宅まわりのぶどう畑で袋掛けを始めました。
0618seto
瀬戸ジャイアンツ

 

0618shine
シャインマスカット

 

0618beniiz
紅伊豆
完熟のジューシーさに少し酸味が残る。
父の作っていたこのぶどうを食べたくて
ぶどう作りを始めたトドとアシカですが。
輸送に向かない(脱粒がある)ので
今は自家用と根強いファンのために残してます。

 

緑のぶどうには日焼け防止に色の付いた袋を
掛けています。
0618hukuro
朝日を浴びる東側には黄緑色の袋、
西日を長く浴びる西側にはもっと濃い深緑の袋を
用意しました。
日焼けを防ぐのと、収穫時期をずらしたいのと
両方の思惑です。

 

姉とご近所同級生のジュンちゃんが手伝ってくれます。
黙々とそして楽しげな会話を交わしながらの作業です。
0618hukurokake2
赤や黒系のぶどうには白い袋。
農協さんからは房の肩部の日焼け対策として
袋の上に笠掛けも推奨しているようです。
わが家は草生栽培のせいかあまりひどい日焼けは
ないのですが、葉陰が少ない木には笠も掛けるかな?
夕方まで作業。
● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●

 

友人「Toshima」さんのスペイン「聖地巡礼の旅」
Facebook 6月17日 Ventosa   に到着。

 

リオハワイン(vino tinto)の産地。

0617azofra1

右も左も前も後ろもぶどうぶどうの葡萄畑。

その中を果てしなく歩く歩く歩く。

限りなく青い空気持ちいい風、歩く歩く歩く🚶‍♂️🚶‍♀️🚶‍♀️‥‥‥。

ちいさな村inAzofra

 

0617azofra2

   この時期、海外のワイナリーは見たことがありませんが

   猛々しいくらい元気な木々ですね。

  これが果てしなく続いてる・・・

  どんな管理するのか?

  管理なんて出来ないのか?(トド)

0617azofra3

辛いです。足も腰も不思議と大丈夫ですが。

 

 

|

« お遍路や巡礼を目指す | Main | 食べたい »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« お遍路や巡礼を目指す | Main | 食べたい »