« 最低限の薬剤散布 | Main | ふくろ掛け »

フツーの料理がうれしい

2019年6月21日(金)晴、くもり

 

ぶどうの接ぎ木(緑枝継ぎ)。
右の指のあたりが継いだところ。
0620tugiki
1ヶ月ほどで50cmは伸びています。
秋までに2m以上は伸びるかな。
元気な枝に元気な芽を継ぐとスルスルと伸びます。

 

トド姉に手伝ってもらって
家まわりのぶどう畑の袋掛けの一日でした。
Hehehe80

 

夕方、某所で会食。
どんな手の込んだ山海の珍味よりも
フツーの真面目な料理がうれしい。
カブとひじきがしみじみ美味しかった。
写ってないけどペコロスサイズのタマネギのスープが
地味豊かでホッと安心できる甘さでした。
(わが家のタマネギを美味しく料理してくれてありがと)
0621yui
現在、トドの情報源のほとんどは友人かネットです。
かなり偏っていることも多いので、
時々、同年代の「まともな大人の考え方」を拝聴します。
仲田晃司さんのピノノワールと日本酒を飲みながら、
雑談や軽口を絡め、楽しい夜が更けます。

 

● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●

 

友人「Toshima」さんのスペイン「聖地巡礼の旅」
Facebook 6月20日 小さな村 Atapuruca

今日は打って変わって霧と雨、しかもオカからは

ハードな標高1165mの峠超え、12kmに渡って

cafeも水飲み場もない難所でした。

0620atapuruca1

これはフランコに虐殺された人たちへの慰霊碑、

歴史を感じました。  

  *スペイン内戦1936ー1939年(トド)

 

この日はJoice(英語名)の誕生日、

料理を作ってHappy birthdayを歌うと

周りの人皆んなが祝ってくれました。

0620atapuruca2

彼女はChen Chia Wanという台湾の人、

「おじさん大丈夫?」といつも気を使ってくれます。

ピレネー超えから一緒です。
Atapurucaという小さな村の素敵なalberugueでの、
この旅の良さを思ったことでした。

 

|

« 最低限の薬剤散布 | Main | ふくろ掛け »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 最低限の薬剤散布 | Main | ふくろ掛け »