« 一緒に歩ってるつもりで | Main | 聖地巡礼/友人が増えた »

ピレーネを越えた

2019年6月10日(月)晴れ、雨

 

Toshima さんが 6月9日 FBにアップした写真のご紹介。
歩いてフランス → スペイン の国境を越えたようです。
0609
確かに歩いてみたくなるような平和な風景です。
06092

 

↓ こちらは休憩したレストランでしょうか?

意気軒昂の Toshima さん。初日ですものね。

06093

なんで、こんな笠を?

っと思ってたら、行く先々で大人気なんですと。

たくさんの方々に写真を撮られて、

世界中にばらまかれているようです。

そんで・・・

ここまで見て、やっとトドにもわかりました。

これ、単なるトレッキングじゃなくて「聖地巡礼」だ。

で、キブンはきっとお遍路さんなんだ!

背中にゃ「同行二人/ドウギョウニニン」の文字が

でっかく入っていると思う。

もしくは「南無大師遍照金剛」か?

● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●


さて、こちらは「トド&アシカ ファーム」


フェイジョアの花が咲きました。

0610apolo

少しケバいかなぁ。

南洋っぽいと思うべきか。

ま、美味しければ良しとしよう。

 

 

久しぶりにシマちゃんがぶどうの雨よけフィルムの上に

上がってました。

若い時はしょっちゅう上がっていたんですけどね。

0610shim1

「どこ、見てんのよ」と怒られている気がします。

 

0610shim2

ぶどう畑の、いっちばん高いところから

遠みを見るのが大好きだったんです。

ビリーにも、にーにーにも行けない高所を

独り占めでした。

*ビリーはデブ過ぎて、にーにーは足に障害があった。

0610shim3

そっか、そうか。

シマはまだまだそんなところに登れるのだ。

しかも、爪を使わず、肉球だけで上手に上がれる。

さすが農作業猫です。

 

夕方、総社の「結/ゆい」さんで「みみ読の会」

今夜の朗読は 江戸川乱歩 の「幽霊」。

0610mimidok1

朗読者の金池さん。

右は友人ベンさん。

背中の「神在/じんざい」は地名で、

イベント用に自作したTシャツです。

 

ところで、江戸川乱歩ってトドは大嫌いな作家です。

何が嫌かって、うまく言えないけど、

高所から思いついた話をタレ流してる、面白くもない話を。

ってとこでしょうか。

その作品を金池さんがどう読むか?

皆さんがどう聞くか?

それを見たくて参加。

0610mimidok2

読み手の暖かく包み込むような口調に

つい、ほわりと気を失いそうになりますが、

お話自体はやっぱり、ロクでもないものでした。

何が良くて原稿にし、印刷、製本、世に出したのか?

皆目見当がつきません。

 反目する老人同士が、いがみ合う果てに「呪ってやる」

 手紙を送りつけ、怪異が始まる・・・

 

 

「画像が浮かんでくるようで、ドキドキしました」

とみなさんに好評でした。

ところが、

「その、来た手紙を読むシーンなんですが、

 書いた方の老人の口調で読むのもいいのですが

 逆はどうかな?」とヤブキさん。

「手紙を受け取った側の老人の気持ちで読む方が

 後ろの展開がわかりやすい気がしますね」

 とベンさん。

 

読み手の金池さんは

目を下に落とし30秒ほど考え、

手紙のカ所を再び読み始めた。

 先日、亡くなったはずの老人からの最後の手紙が届く

 訝しげに読み始め、戸惑い、嫌悪し、

 乱れた筆跡につかえ、そんなバカなと思いながらも

 

読み終えると

全員から大きな拍手が沸き起こった。

単に朗読者ではなく「演技者」でもある金池さんの力量であり。

文章の流れを気にした「書く人」と「演出家」の力を

目の当たりにした夜であった。

素晴らしい表現者たち。

 

|

« 一緒に歩ってるつもりで | Main | 聖地巡礼/友人が増えた »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 一緒に歩ってるつもりで | Main | 聖地巡礼/友人が増えた »