« 心ならずもホーチ | Main | ジャガイモの花 »

ワヤじゃ、ワヤじゃ

2019年5月16日(木)くもり、晴れ

現在、棚の上のぶどうはこんなワヤクチャな状態です。

絡み合った枝をほぐし、花穂(ツボミ)は

枝にひとつだけにし、先端60mm ほど残して小さくします。

0516waya

この作業を早い品種から順に次々にやって、

花が咲くのを待ちます。

 

ベリーAの花穂は軸が赤くてこんな感じ。

0516berrya

ベリーAの場合は大房でも構いません。

完熟までに時間はかかりますが。

この時期までぶどうの葉っぱは艶やかで美しく

このまま農薬や忌避剤なんかいらない!

無農薬でダイジョブなんでは?と思いますが、

なかなかそうはいきません。

わが家は殺虫剤2回、殺菌剤2回使用します。

せめてハチにダメージのない「非ネオニコチノイド系」の薬剤に

今年から変えました。

地球からハチがいなくなれば、ほとんどの植物の

受粉ができなくなりますから。

 

こちらは友人の家のヤマブドウ。

これも準垣根仕立てでしょうか。

0516yamabudo 

こちらの家では収穫したヤマブドウは蜂蜜に浸けて

召し上がっています。

 

山の畑カンパラの玉ねぎとジャガイモ畑。

野菜に農薬は必要ないので無農薬です。

0516jyaganeg

肥料は発酵米ぬかだけなので小ぶりですが

美味しいと自画自賛してます。

0516shelly

今年初めてジャガイモを縛ってみました。

畝を含めて腰の高さまで成長。写真は「シェリー」。

「垂直仕立て」と呼ばれています。その効能は

 野菜が体内で作る「植物ホルモン」の量と働きを

 最大限にし、病害虫に強く、収量が増え

 野菜本来の味になる。

 収穫が楽しみです。

(そら豆、アーティーチョークではアブラムシに効果が顕著でした)

 

|

« 心ならずもホーチ | Main | ジャガイモの花 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 心ならずもホーチ | Main | ジャガイモの花 »