« わかっていても | Main | 満開より早めに草刈 »

どしても継ぎたい

2019年5月22日(水)晴れ
家まわりのぶどう園は超計画的に構成し、育んだのですが、
気がつけば、思いつくまま・・・なんと言いますか
トドとアシカが食べたいぶどうだけ植えた、
「売る」体勢が整っていない畑になっていてガクゼン。
まぁ、「ワシらが食べたいもんはみんな食べたいはず」つう
ワガママな思いがいっぱいの畑です。
0522tugiki1

でも、まぁちょっとは考え直そかと、

ワガママのシンボルのようなぶどう「カッタクルガン」を

やっとあきらめて接木しました。

手間かかりすぎ、病気に弱く、熟すと割れる。

なので、お客様3人/年 くらいしか送れない。

それでも園主(ワシのことですじゃ)が好きなぶどうなので

温存してました。

来年から人気の「シャインマスカット」になります。

ゼッタイ変えたるの思いで、5カ所継ぎました。

どれか2本くらいは成功するでしょう。

0522tugiki2

中心部に10房ほど止むを得ずカッタクルガンさんが

できますが、、まぁそれはしょうがない。

見逃してあげましょう。

*カッタクルガンですがバンノ農園さんでは

 上手にできているようです。うらやまし。

 

ジャガイモ「レッドムーン」の花。

0522redmoon

早く食べたい。

 

トウモロコシ「ゴールドラッシュ」。

早く、いっぱい食べたい。

0522sweetcorn

忙しくて植え場所を用意できなかったので

密に植えておいて、余分なのは移植するつもりが

やっぱり、忙しくて移植なんかできない。

 

山の上の田んぼ(標高450m)では、毎年5月の

連休に田植えを終えています。

標高100mのわが家のご近所さんで田植えの準備が

始まりました。

0522taue

旧友のケン坊の兄ちゃんが代かきを頑張っています。

子供のころはどの家も兼業農家で、50軒ほどの集落でした。

それが今や200軒を超えました。

田んぼの中のぶどう畑だったのが、

「こんな住宅地でぶどう作ってる」と言われています。

それもあって、わが家は農薬の使用は極力控えています。

・・・もとへ

正確にはトドの呼吸器系は脆弱なんで、できるだけ

使いたくない。がメインの理由です。

 

|

« わかっていても | Main | 満開より早めに草刈 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« わかっていても | Main | 満開より早めに草刈 »