« April 2019 | Main | June 2019 »

ぶどうは次々に満開

2019年5月25日(土)晴れ
ぶどうが次々に満開です。
これは・・・「コトピー」だったかな?
0523hana2z
親は 甲斐乙女 x シャインマスカット で赤いぶどう。
あまりシャインマスカット系統のイメージはないけど
着色良くて、ゴキゲンさんなのが助かります。
野生種のぶどう(ヤマブドウなど)は雌雄異株ですが、
ほとんどの栽培品種のぶどうは
自家受粉で実を着けます。
0523hana1z

ぶどうの花はうす黄緑色なのでジミですが、

この時期ぶどう畑に立つと

甘い香りに包まれます。

ちょっと化粧粉っぽい香りもあるかな。

 

花咲く前に膨大なツボミを掻き落とし、

負担を減らして開花を迎えます。

あと、3月もすれば

続々と美味しいぶどうで畑いっぱいになります。

トドの食べほーだいのシアワセな日々は

8〜10月まで続きます。

 

久しぶりの、アシカのほのぼの四コマ劇場は「あと一週間」。

0419

残りの3コマはアシカのブログ
ほのぼの 田舎暮らしで、お楽しみください。

それにしても1カ月も前のマンガって・・サボリすぎだなワシ。

 

| | Comments (0)

重くて、かっちり

2019年5月24日(金)晴れ
ミニトマトの花。
いつも撮っている写真はコンパクトデジカメ
なんですが、時々50mmの単眼レンズを覗くと
学生時代に戻ったような、画面に新鮮さがあります。
0524toma_z

ズームレンズなんて便利なの持っていなくて

50mmの単眼レンズのみですから

めいっぱい寄って撮ります。

必要以上に重く、かっちりとした画像になりがちです。

視力はかなり劣化したけど

自分でピントを合わせたいし、

ボケ足も意識して撮りたい。

1.4の明るいレンズ。

スペックは学生時代にバイトして買った

ペンタックスの廉価機種と同じなんだけど。

精度は段違い。

 

フェイジョア「アポロ」

厚めの葉っが、強い日差しに

透けて見えるのが面白くてパチリ。

0524apollo

今年はそろそろ食べられるかな。

 

時間を見つけて、まだぶどうの接木をやってます。

苗木を植えると成木になるまで 5、6年以上かかります。

残された働ける時間を考え、

畑の品種構成を変えるにはやはり接木。

0523tugiki_z

苗木屋さんに深く感謝しながらやっています。

 

芽にピントを合わせたいのに

麻ひものデテールばかりに目が行きます。

0523tugiki2z

 

接木用のテープを使ったほうがいいのでしょうけど

ビニールテープで代用しています。

緑の中では目立っていいのですが、

こう気温が高いとノリが緩んでしまいそうなので。

麻ひもでくくっています。

 

| | Comments (0)

満開より早めに草刈

2019年5月23日(木)晴れ
山のぶどう畑カンパラで草刈。

0522kusakari

伸びた草をただ刈り飛ばすだけなのだけど、
ぶどうの花が満開直前だと、緑肥効果が
結実に影響するので、早めに草刈り。

 

家のぶどう畑のアーティーチョーク。
0522artichoke

今年は成長期が寒かったせいか

少し小ぶりです。

垂直仕立てで縛ったらアブラムシが

ほとんど寄り付きませんでした。

どんな竹酢、ストチューなどの忌避剤よりも効きます。

 

畑で作業していると、どこで見ているんだか

必ずシマちゃんがニァと鳴きながら

寄ってきます。

 畑で会うのはうれしいようで?

 久しぶりに会ったかのように、べったり甘えます。

0522shima1

この時期、ぶどうの枝は小さく、

畑に日陰はあまりないので、人影に入ります。

移動すると怒られます。

0522shima2

木の上に上がるのも好きなポジション。

ヒトと同じ高さの目線になるのがいいのでしょう。

ずっと作業を見守ってます。

0522shima3

でも今日はちょっと日差しが強かったようで

「失敗したかな」って表情。

木に登ってぶどうの新芽を踏んだり、欠くことは

100%ありません。えらいぞシマちゃん。

 

ジャガイモ「レッドムーン」。

すくすくと伸びています。

0523jyaga

最後に植えた分の「はるか」は寒かったせいか、

少し遅れています。

 

| | Comments (0)

どしても継ぎたい

2019年5月22日(水)晴れ
家まわりのぶどう園は超計画的に構成し、育んだのですが、
気がつけば、思いつくまま・・・なんと言いますか
トドとアシカが食べたいぶどうだけ植えた、
「売る」体勢が整っていない畑になっていてガクゼン。
まぁ、「ワシらが食べたいもんはみんな食べたいはず」つう
ワガママな思いがいっぱいの畑です。
0522tugiki1

でも、まぁちょっとは考え直そかと、

ワガママのシンボルのようなぶどう「カッタクルガン」を

やっとあきらめて接木しました。

手間かかりすぎ、病気に弱く、熟すと割れる。

なので、お客様3人/年 くらいしか送れない。

それでも園主(ワシのことですじゃ)が好きなぶどうなので

温存してました。

来年から人気の「シャインマスカット」になります。

ゼッタイ変えたるの思いで、5カ所継ぎました。

どれか2本くらいは成功するでしょう。

0522tugiki2

中心部に10房ほど止むを得ずカッタクルガンさんが

できますが、、まぁそれはしょうがない。

見逃してあげましょう。

*カッタクルガンですがバンノ農園さんでは

 上手にできているようです。うらやまし。

 

ジャガイモ「レッドムーン」の花。

0522redmoon

早く食べたい。

 

トウモロコシ「ゴールドラッシュ」。

早く、いっぱい食べたい。

0522sweetcorn

忙しくて植え場所を用意できなかったので

密に植えておいて、余分なのは移植するつもりが

やっぱり、忙しくて移植なんかできない。

 

山の上の田んぼ(標高450m)では、毎年5月の

連休に田植えを終えています。

標高100mのわが家のご近所さんで田植えの準備が

始まりました。

0522taue

旧友のケン坊の兄ちゃんが代かきを頑張っています。

子供のころはどの家も兼業農家で、50軒ほどの集落でした。

それが今や200軒を超えました。

田んぼの中のぶどう畑だったのが、

「こんな住宅地でぶどう作ってる」と言われています。

それもあって、わが家は農薬の使用は極力控えています。

・・・もとへ

正確にはトドの呼吸器系は脆弱なんで、できるだけ

使いたくない。がメインの理由です。

 

| | Comments (0)

わかっていても

2019年5月21日(火)晴れくもり
トウがたった玉ねぎを食べます。
毎年、晩秋に玉ねぎを植える時、
育ち遅れたタマネギを発見します。
収穫するにも小さく、あまりに不憫で
つい、そのまま放置。
0521tamaneg

新タマネギがもてはやされる今、

一人、巨大なタワーに育ち

まだ小さい新タマネギを睥睨(へーげい)しています

巨大なんだけど、カンジンの玉は小さい

この結果はわかっているのだけど

毎年、やってしまう。

 そうなんだ。素晴らしいアイデアも、

 何度も見直し改良てるうちに時宜を逸することがある。

・・・と、我への戒めとして食べま〜す。

Todoaan

プラスチックのように硬いトコはさすがに外して

細かく刻み、ベーコンと炒めて「イマシメ焼き飯」に

します。

そんで、自家製醤油(もろみ)で味付けます。

これがめちゃめちゃ美味しい!

 昨秋、友人が来たので絞って披露したら

 なんだかイマイチのような気がしていたけど

 さらに熟成されたせいか美味しいのだ。

 *「もろみ」を絞ると「しょうゆ」になります。

しょうゆ作りを指導してくれたソミヤさんありがと。

 

 

やっと出てきました「里芋」の芽。

0521satoim

植えるんが遅かったのと

「逆さ植え」であえて芽を下にして植えたのと

寒さで春が遠のいたのが重なっての遅れでしょうか。

続々と目覚めてほしいけど

顔を見せたのはまだ一株だけ。

 

畑に出ると「ニァ」とすかさずやって来る

シマちゃん。

0521shima1

すり寄って

0521shima2

ヒトの体を日よけ代わりに使います。こらっ!

 

 

「いる?」とアシカの声が畑にひびき

続いて「お茶」の声。

花壇の手入れをしていた姉も一緒に 軒下でお茶 です。

ローソンの「どらもっち」。

0521doramoch

ため息が出るくらい素晴らしい。

ネーミングもパッケージも文句ありません。

キャッチコピーの「もちっぎゅっ!」に捕まれては

もう手も足も出ません。

こんな頑張っている商品の 保存料、添加物 なんか

読んじゃ失礼ってもんです。

とっても美味しくいただきました。

せめて、毎日は食べないようにしよう。

 

| | Comments (0)

ちょっと、ちがう

2019年5月20日(月)くもり、雨

家まわりのぶどうはこんなありさま。

好き勝手に伸びていますところの「黄玉」さんです。

0520budo

「ジャスミン」を実生したら、変わった品種になっちゃった〜

って品種です。

パイナップルフレーバーでトド的には気に入っています。

(実生/タネまいたら、ちょと違う品種ができちゃった)

 

このところ、ツボミを指で欠き落とす作業をしています。

こんな ↓ たくさんのツボミを放っておくと

巨大な房のぶどうになってしまいます。

0520husani1

また、開花するのにもすごいエネルギーを使いますから

その力を結実に、美味しさに誘導するために小さな房にします。

 

手が足りないのでご近所のベテランさんに手伝って

もらいました。

0520husani2

アシカはイヤホーンで音楽を聴きながら集中して作業。

トドは数年前から音楽が必要なくなったので・・・

「風の音」を聞いて作業するのが一番快適。

で、ご近所さんは「ご近所の話が好き」です。

トドはよどみなく流れる言葉に ホント、ソウナンダ、

オヤオヤ、と果てしなくアイヅチを打ち、耳を傾けます。

「◯◯さん、最近元気がなかろ?」

ソデスカ。

「急に化粧が変わったし、同じ話を何度も・・・」

「ひょっとして認知気味かな思うとったら」

「ダンナさんの AV が原因らしい」

・・・DV かな ?

そう、それ、それ DV らしい。

まぁ、どっちでもタイヘンですけど。

 

ミニ家庭菜園にナスを2株植えました。

0520nasu

油で軽く炒めて、味噌汁に入ったの大好きです。

むかし、麻婆ナスが好きで通い詰めた中華屋さんがありました。

あの味、再現でっきないかなぁ。

 

先日、美味しい蕎麦を打ってくれた友人。

使った「山わさび」の切れっぱしを

「畑の隅に植えたらいいよ」と

持たせてくれました。

0520yamawasabi

すごい生命力です。

いつ、何に使おう?

 

| | Comments (0)

こんくらいあると、

2019年5月19日(日)晴れ、くもり、夜雨

ぶどう仲間で、アスパラも栽培している友人が

届けてくれました。

0519asparagus

いやぁ、太くて立派!

わが家のアスパラは、むかし母が植えた

古〜いのと、トドが植えた若いのしかないためか、

8mm サイズの細いのがメイン。

たま〜に太いのが、ひょっこり混じるくらい。

肥料のモンダイもあるんだろうけど。

(カタクナに米ぬかボカシしか入れない)

それにしても、こんくらいあると

料理ができますね。

美味しく、堪能しました!

ありがとうフジーさん。

 

こっちは留守の間に届いていた苗のプレゼント。

ピーマン数種、緑、赤、黄、クリーム、黒。

それにタマゴウリ・・・これは一体なんでしょう?

知りませんでした。成るのが楽しみです。

地面で育てようか?

空中(立体に)育てようか? 思案中。

0519bellpepper

届けてくれたんは野菜ともだちのワシミさんご夫婦。

「欲しい苗ある?」

あるけど届けてもらうんは申し訳ないから

取りに行くわ。

「・・・今が植え時だから持って行きま〜す」

そうです。ポイントは 植え時 です。

それが正しい野菜好きの考え方ですね。

さっそく、ピーマンの群れは植えてやりました。

 

 

アシカが一番に欲しかった「アイスバーグ」。

0519iceberg

数年前、家のウラの畑の道路沿いにラティス2枚を設置して

這わせ、目隠しにもなるようにしました。

0519iceberg2

通常バラには農薬が欠かせないようですが、

どうしてもって時以外は忌避剤ですませています。

そうそうトゲが苦手で、

指先をケガすると畑仕事も、机仕事もままならない。

バラ園で世話してる方を観察、質問し、

使用道具を見せてもらったりするのですが

みなさん特殊な道具は使っていないようです。

「慣れ」なのかなぁ。

 

| | Comments (0)

すごい楽しかった!

2019年5月18日(土)くもり
17:00 からモタニさんの講演。
トドは会場の場所取りと参加者を集める「声かけ」を
手伝いました。
 昨年、10月に「ブラ☆モタニ」(散策と講演)の
 現地案内をして以来のお付き合いです。

0426motan

積極的に案内してくれそうなレストランやカフェ、

お寺さんにもパンフを置いてもらいました。

観光案内所や市役所、美術館など公的施設にも。

来てくれそうな友人、知人、センパイを訪ね、電話し、

メール、メッセージを送りました。

地元新聞、ケーブルTVでも紹介してもらいました。

0518mota1

結果、主催側の動員と合わせて61名のお客様が来場、

主催(福山)スタッフと合わせると70余名が集まりました。

高校生から83歳の元気なご婦人まで、(幼児も4人)

近在の方や留学生、関東からも。

0518mota2

「いろんな職業の方がいて楽しかった〜」

「若い人も高齢者も同じテーブルで面白かった」

と嬉しい声をなんども耳にしました。

 

講演後、フィッシュボールディスカッション。

*数人のディスカッションを他の人が 金魚鉢 を

 観察するように見守ります。

「どなたか質問のある方は?」に

真っ先に手を挙げたのは友人のサツキさんとイカツさんでした。

 サツキさんは講演の中で

「今、高梁で有望なのは農業」ってデータが

 ぶどう農家として納得できなかったようです。

0518mota3

トドも好調らしい方の話は、何人か耳にしていますが、

零細な農家としては同感です。

考え、熟考したあげく質問の機会を失するより、

臆すことなく「反射的に手を挙げてしまえる性格」は

彼女の最も敬愛すべきところです。

0518mota4

 

どうです、みんなのシンケンな表情。

0518mota5

「ワタシ徹夜続きなんで眠っちゃうかも」

「講演は聴くけど、その後のみんなでは討論はカンベン」

「大事な会議が後に控えているので、早めに退出します」

と言われてたみなさん、ほとんど最後まで

楽しそうに聞き、話しておられました。

お誘いしてホントに良かった。

0518mota55

最後は「ありたい2050年の高梁を紹介する映画ポスター」の

テーマで数人ずつのグループ作業。

15分で話し合い、完成させました。

0518mota6

そして、駆け足で発表。

たった15分ですから、これも熟考ではなく

反射神経ならではのそれぞれのピュアな想いが

散見します。

0518mota7

スッキリとまとめたチームも、

未完成を言葉で補うチームも

それぞれ楽しそう。

0518mota8

ホント楽しそうな顔、顔、でしょ。

参加型講演会の面白さですね。

0518mota9

 

 

0518mota10

 

0518mota11

 

イカツ先生は留学生を引き連れての参加でした。

0518ikatu

みなさん流暢な日本語です。(写真はイカツ先生のFBからお借りしました)

「卒業しても高梁に居たい」の言葉に会場が湧きました。

 

 

2時間半の長丁場、最後まで笑いに包まれた講演会でした。

古い友人を引っ張り出し、最近出会った友人に声をかけ、

長年会いたいと思っていた方にも突然メールを送り

やっとお会いできました。

そして、今日はじめてお会いした方々にも

どうしても参加できなかった友人たちにも感謝です。

みんな、次は「和気」で会いましょう。

 

 

「すごい楽しかった」と会場を後にする方々に

別れを告げて、机やイスをもとどおりにし、

打ち上げはスタッフ10人ほどで

駅前の「ガットリベロ/自由なネコ」さん。

0518off1

生ビールとワインで祝杯を挙げました。

駅ビル1Fの2店舗は開店以来の禁煙店なので

タバコアレルギーのモタニさんは超リラックス顔でした。

料理のリクエストに

「できたら高梁に因んだ食材」をリクエストしたので

高梁の野菜満載のサラダ、モチ麦。

0518off2

それに、高梁出身の仲田さんがフランスで作っている

赤ワインを開けてもらいました。

0518off3

最後のシメは高梁紅茶を使ったスイーツ。

どれも美味しかったです。

ホテル組、直帰組を見送って、

某住職さまとカクテルバーで

ちょっとだけヘミングウエイ、スペンサー気分で酩酊。

 

| | Comments (0)

ジャガイモの花

2019年5月17日(金)晴れ、くもり
じゃがいも「シェリー」の花。
0516jyagahana
フランス生まれの長楕円形で赤い皮。
芽が浅く、料理しやすいので便利かと、ここ三年植えています。
シチューやカレーなど煮込む料理向き。

 

じゃがいも「レッドムーン」の花
初めて植えてみました。
0516redmoon

こちらも皮赤く、粘質で「紅メークイン」とも呼ばれています。

煮崩れしにくく、肉じゃが、シチュー、カレーなど。

炒め物でも綺麗に仕上がるし、ポタージュでも舌触りが滑らか。

 

玉ねぎ

0516tamaneg

ゆっくり、ゆっくり、やっと、太ってきました。

もう少し太れば新タマとして送りましょう。

発酵米ぬかだけ、肥料として数回表土にパラパラ

撒いています。

そのせいか、すごく甘いです。

 

大家さんのシャクヤク。

草刈り後、一週間も経つと、

またしても草に囲まれてました。

0516kanpar

せめて、花咲く時期くらいはメインで観てあげたい。

草刈機にプラスチックコードをセットして

草を借り飛ばしました。

0516kanpar2

咲ききった花では

ハチが忙しそうに飛び回っています。

受粉ガンバレ!

 

Todokaw90_1

*フルーツの産地では農薬散布が原因で

 ハチが居なくなっていると農家からも聞きます。

 農薬散布はできるだけ少なくしていますが、

 完全にナシまではできません(今のところ)。

 ハチ減少の最大原因とされる「ネオニコチノイド系の農薬」は

 使わないと決めました。

 

| | Comments (0)

ワヤじゃ、ワヤじゃ

2019年5月16日(木)くもり、晴れ

現在、棚の上のぶどうはこんなワヤクチャな状態です。

絡み合った枝をほぐし、花穂(ツボミ)は

枝にひとつだけにし、先端60mm ほど残して小さくします。

0516waya

この作業を早い品種から順に次々にやって、

花が咲くのを待ちます。

 

ベリーAの花穂は軸が赤くてこんな感じ。

0516berrya

ベリーAの場合は大房でも構いません。

完熟までに時間はかかりますが。

この時期までぶどうの葉っぱは艶やかで美しく

このまま農薬や忌避剤なんかいらない!

無農薬でダイジョブなんでは?と思いますが、

なかなかそうはいきません。

わが家は殺虫剤2回、殺菌剤2回使用します。

せめてハチにダメージのない「非ネオニコチノイド系」の薬剤に

今年から変えました。

地球からハチがいなくなれば、ほとんどの植物の

受粉ができなくなりますから。

 

こちらは友人の家のヤマブドウ。

これも準垣根仕立てでしょうか。

0516yamabudo 

こちらの家では収穫したヤマブドウは蜂蜜に浸けて

召し上がっています。

 

山の畑カンパラの玉ねぎとジャガイモ畑。

野菜に農薬は必要ないので無農薬です。

0516jyaganeg

肥料は発酵米ぬかだけなので小ぶりですが

美味しいと自画自賛してます。

0516shelly

今年初めてジャガイモを縛ってみました。

畝を含めて腰の高さまで成長。写真は「シェリー」。

「垂直仕立て」と呼ばれています。その効能は

 野菜が体内で作る「植物ホルモン」の量と働きを

 最大限にし、病害虫に強く、収量が増え

 野菜本来の味になる。

 収穫が楽しみです。

(そら豆、アーティーチョークではアブラムシに効果が顕著でした)

 

| | Comments (0)

心ならずもホーチ

2019年5月15日(水)くもり、晴れ
ぶどうはグングン伸びて天井につきそうです。
0515budo_1

天井にぶつかって折れないようにかわしたり、

花穂を小さくしたり、巻きづるを取ったりと

することはいっぱいあって、

ぐるりぐるぐると畑を徘徊する日々です。

ぶどうの接ぎ木もしなくちゃ。

 

 

ロココだったかな

もう少しコーラルぽいピンクなのだけど

フリルが愛らしいですね。

0515bara

アシカが買ったものだけど植え場所がなくて

松の下に置いたまま

 

最近食べる量が減っているけど

ジツはトドはカンキツ類が大好き。

数年前に衝動買いしたグレープフルーツさん

0515kankitu2

どこへ植えようとワクワク調べたら

樹高5〜6m。放っておけば13〜15m にもなるらしい。

そんな大きいの植える場所がないぞ。

で、鉢植えしてカド先においたまま。

わが家のウラのオリーブがゾウムシの食害で

枯れたので、そのあとに植えるかなぁ。

でも、平均気温18度以上の寒がりさんのようだから

実は育たないかも知れない。

*別名 「葡萄柚」と言うようです。

 

| | Comments (0)

ドーホースタイル

2019年5月14日(火)くもり、晴れ
軽トラで小一時間ほど東に走って「御津/みつ」。
テシガワラさんのお宅で、
今や全国に、いや海外にまで出かけて
「垂直仕立て栽培」を説く道法さんの講習会がありました。

0514doho1jpg

午前中は、プロジェクタで各地の指導例を見ながら座学。

道法さんの提唱する栽培方法は

植物が元々持っている「植物ホルモン」を利用して

無肥料、無農薬で野菜や果樹を栽培するというもの。

・ジベレリン   成長促進 元気。タケノコのイメージ

         異常成長、発芽促進、果実の肥大促進、着花阻害、

         着色阻害(老化防止)、糖度低下、果肉が硬くなり裂果、

         ミカンの浮皮、カキのヘタすき、モモの核割れ、

         リンゴのつる割れ

 サイトカイニン 成長促進 着花、発芽誘発

 オーキシン   成長促進 根

 エチレン    成長抑制 病害虫を防ぐ。熟期の促進。

         根が石に当たる、風が吹く、触ると増え、

         徒長を防ぎ元気になる。

 アブジン酸   成長抑制 発芽調整

 

・キャンベル、ベリーAは無肥料、無農薬が可で、需要がある。

 摘粒も手で可能。

・ベリーA、ワイン種は房作りの必要なし、大房でOK。

・摘芯は根が枯れ、発芽しようとジベレリンが異常活性、不味くなる。

・ジベレリンに浸けると雄花が先に咲き受粉できないので種ナシになる。

・無肥料、無農薬のポップベリーも高く売れる。

・肥料をやめると糖度が上がる。

・肥料で細胞が壊死する。

 植物はアンモニア毒性に弱い。根から吸収したアンモニアは直ちに

 無毒のアミノ酸に酵素を使って変える。

 しかし、根の活力が弱かったりアンモニアの吸収が多すぎると

 分解されず、自分を守るため果実に送られる。細胞が壊死、腐敗する。

・カラスノエンドウ(豆科)はチッソ(アンモニア)を作る。

 それを除去しようとしてアブラムシが寄る。

 

・新芽が先で根が出る。芽が多いほど根も出る。

・モモの枝は5本で縛る。

・イチゴはランナーを立てると、根が出る。

・ピーマン、ナス 立てると約2倍の収穫量。レモンは5倍。

・米 味は雄町米の方が美味しい。

 背が高いのが難点だが無肥料、無農薬でちょうど良いサイズになる。

・イネ 田んぼの周囲のイネは倒れない。

 水流や、風を当てエチレンを発生させる。野菜も風を当てる方が丈夫に育つ。

・化成肥料(チッソ)を施肥するとエチレンを作れなくなる。

・根は石にぶつかるとエチレンを発生、根が分化する。

・若い新芽には虫やうどん粉病が来ない。

・ジャガイモを縛ると、きめ細かく美味しくなる。1mまで成長。

・トマト 雨で裂果するが、縛ると裂果を防ぎきめ細かく美味。

 すべてのホルモンを活性させると裂果しない

・ジャガイモの産地三方ヶ原では石を畑に入れ戻す指導。

 4〜6割の分量を入れる。

 マンションのベランダ栽培では軽石を入れる指導。

・リンゴ 実の付け根に枝が出る。その実は美味しい。

・草はジャマにならない程度必要。砂漠にしてはならない。

 

・肥料と土が混ざっていないのが自然界。

 腐葉土は表土に数センチあるのみでその下はカチカチ。

 でも、そこに木の根は割り入る。土作りの必要ナシ。

 トマトにもぶどうにも苦土や石灰を施肥する必要ない。

 

お昼はテシガワラ奥様が朝までかかって用意。

そして、そのまま会社に出かけたらしい。

鉄人ダ〜。

0514lunch

美味しかった〜。感謝です。

 

午後からはモモ畑で講義。

ご近所の方が管理しきれなくなった畑を、

春から世話し始めました。

0514doho2

春に、第1回目の「剪定の講習会」があって

今日は第2回目です、

 

剪定はドーホー流にうまく出来ているのですが、

実が虫に食われてかなり少ない。

これまで慣行栽培をしていた植物を

急に無農薬で管理するのは難しいです。

これはぶどう畑でも同じ、数年かけて徐々に

移行するのが現実的なのですが、

オーナーはどう考えるか?

0514doho3

 垂れた枝をつっかい棒で上げる。

元気になる。

0514doho4

 

野菜畑に移動して指導。

0514doho5

 

カンキツやリンゴ、ユズなども。

0514doho6

・今年出た枝に花 ブドウ、イチジク、カキ、キーウイ

・前の年に出た枝に花 モモ、リンゴ

 

・ブドウの垣根仕立て

 1.5〜3m 間隔で植える

 できるだけ上に伸ばし、先端1mをカット。

 地上1mから、45度の角度でさらに6mまで伸ばす。

 3段に番線を張り上に誘導。

 

| | Comments (0)

ドーモーな、あまったれ

2019年5月13日(月)晴れ
山の畑カンパラのジャガイモに
花が付きました。
0513jyagahana
花が咲き終わって、2、3週間後、
下葉が黄色くなる頃から収穫できるようです。
早いのは6月半ばくらいでしょうか。

 

 

甘柿の「太秋」を2本、去年この畑にも
植えさせてもらいました。
0513taisyu
こちらの味見は2年先でしょうか?

 

 

トド弟の愛犬レモン
0513lemon

こちらは油断しきった寝方であります。

へたに起こすとわけわからずカプリと

やられそうなので、手が出せません。

 

 

「ハリーはあれで、甘ったれで、可愛いのよ」

「お腹を触らせてくれるし」

「めちゃくちゃ楽しそうに歩くよね」

と姉とアシカがご近所犬ハリーの話をしてました。

ミゾに落ちてパニック中のレモンに

噛まれて以来、トドはちょっと恐怖症なのですが、

触ってみたい!

 

こんな獰猛っぽい顔つきなのに

ケンカっ早い応援団長みたいな顔なのに

0513plotthound1

すぐにお腹を出して撫でさせてくれます。

散歩の時はいつだってご機嫌さんで

踊り跳ねるように歩きます。

0513plotthound2

このお腹の引き締まってること、と言ったら、

「これでも猟犬としては太ってるらしいです」と飼い主さん。

その上、お気楽でごキゲンさんな性格は

「もう猟犬としては使えんな」とも言われたようで。

ええもんな、猟なんかせんでも、楽しいもん。

実際はどっちがええか分かりませんが

プロットハウンドのハリーは可愛い女の子です。

 

 

夕方、軽トラを運転しながらサンドイッチ。

南となり町の「結/ゆい」さんで

「耳読」の会に行きました。

0513mimidoku

このところ本を読むには、自力で集中しづらいので

いっそ誰かに読んでもらおうかと。

この日は

遠藤周作の「最後の殉教者」でした。

暗くハードな内容。

とても自分では選ばない本です。

個々の宣教師はともかく、制度としては

欧州列国の植民地支配の尖兵として、

世界の隅々に派遣された思惑もあって

歴史的にはとてもピュアなだけの話とは言えないし、

聞きながら、どう考えればいいのかと

ぐるりぐるぐるとまとめらんないトドでした。

日頃、思考を深めないでタダ生きているのが

もろにバレてしまいます。

いい会でした。

金池さんいつもありがとうございます。

 

| | Comments (0)

久々の笑顔

2019年5月12日(日)晴れ
朝、8:00 「春のクリーン大作戦」
素敵なワクワクのお名前ですねー
このあたり一帯の掃除日です。
いっせいにミゾ掃除や草取り。
トドは31軒の班長なので率先して・・・
ビニール袋や土のう袋を取りに行ったり、なんやかやです。

そったらワケで出遅れたけど、

となり町、吉備中央町のマルシェに行ってみました。

ぶどうトモダチが無農薬野菜を出店してるはずで

それを買おう・・・と思ったのですが、

10:30にはもうカゲもカタチもありませんでした。

0512egao1

トホーにくれていると

「あっトドさんだ」と大きな声

大きな柱の影にササダくんの懐っこい笑顔が

見えます。 

0512egao2

足元にはココタロがうれしげに跳ねていました。

おお、久しぶり。元気そうだね。

「1月から4月まで、みんなでヒマラヤ行ってました〜」

寒くね?

「それが、意外に向こうの方が暖かいんですよ」

じゃ避寒?

「それもあるけど、布地や服の仕入れですね」

そっか、品揃えが服中心になったものな。

大阪時代の実店舗はこんな品揃えだったの?

「ダイタイ、でも、も少しアジアンしてたかな」

 

奥さまのアミラ(ニックネーム)もキビキビと

手を動かしながら相手をしてくれる。

0512egao3

なんだか終わりっぽいけど、もうお終いなの?

「はい、このマルシェは 8:00 〜 11:00 までなんです」

なるふぉど、それでどこもみんな片ずけしてるワケだ。

 

しばらくネットから遠ざかっていたササダ一家だけど

今は「フェア トレード ショップ Aruku 」の名前で

ネットに開業しているようです。

0512aruku

フェアトレードの商品は衣類、オイル、コーヒー豆

とさまざま。

大きくなった二人の息子さんのはじける笑顔も

見られたし、来て良かった。 

 

そのハサミなに用?

「看護婦時代に使っていたの」

「何年経つかな、ずっと使ってます」

0512hasami

「布切るとき便利なんです」 

 高いの?

「安っすいです」と笑うアミラ。

以前は山の畑バルキのすぐ近くに住んでいたから

毎日この一家の笑顔を見るのが楽しかったのを

思い出す。

時々、ぶどう仕事を手伝ってもらったりして

こうして年をとるのも悪くないな

とも思っていた。

 

午後、山のぶどう畑カンパラで草刈。

0512kanpa

 ついでに大家さんのシャクヤクが

草に埋まっていたので救出。

 

| | Comments (0)

新タマではあるけど

2019年5月11日(土)晴れ
早朝、自宅まわりの果樹に忌避剤を散布。
パインジェット(松の精油)、玄米アミノ酸、竹酢液の
混合液を1000倍で300リットル。
0511pine

ぶどう、すもも、柿、もろもろの植物たち

みんな元気で頑張っとくれ。

農薬じゃないので、ラフな格好で気楽にできるのが快適。

 *散布してたら、姉が自分の畑から

 「こっちもかけて、アブラムシがすごくて」

  ええけど、農薬じゃないよ

  翌日「ちっとも効かんなぁ」

  じゃから、農薬じゃないし

  忌避剤は定期的に繰り返す「嫌がらせ」くらいのもんじゃから。

  

花が特に好きなワケじゃないけど花を撮る

なんでかな?

0511hana1

コンデジのデテールや質感の再現を確かめたい。

それもあるけど

0511hana2

たぶん

ワタシは色彩を扱うのが好きなんだと思う。

その方面に才能があるか否かはさておいて。

 

山の畑カンパラの夕方。

0511yuugata

上から慣行栽培のピオーネ畑(おとなりのデス)

影で見えないけど玉ねぎ。

縛り上げたじゃがいも。

3株見えるのがキクイモ。

そんで手前の2畝はトウモロコシ。

ボンボンは去年の玉ねぎ(大家さんの)

 

夕食の椀は玉ねぎの・・・ポトフかな?

0511tamaneg

ホントは9月に植えて年内に収穫するタイプの玉ねぎだけど

ぶどうの収穫期には、とても植える時間は取れなくて

遅く植えたら

大きくなれなくてピンポン球サイズ。

夏野菜を植える場所が欲しくて収穫!!

小さいので、差し上げるにもはばかられ、

アシカの実家にだけ送ったら

さすが料理上手のアシカ母は

丸っこのままスープに仕上げた。

「美味かった」「美味しいわよ」の義父母の声に

わが家でもテーブルに堂々の登場です。

味付けはベーコンと塩少々だけ・・・らしい。

なるほど甘くて美味し。

*わが家の野菜は無農薬で、肥料分は発酵米糠だけ。

 おだやかな甘さの野菜が採れます。

 

| | Comments (0)

草生栽培

2019年5月10日(金)晴れ、くもり
家まわりのぶどう畑の草刈り。
わが家は草生栽培です。
草は畑全体を平均に深耕し、小動物や微生物を保護し、
畑の砂漠化を防ぎ、保水性や排水性を良くてくれます。
0510kusakari
ブンブン走って、木のまわり以外の草を
刈り飛ばします。

頭上の新芽を観察し「今年も頼むよ」と

声をかけながら運転します。

 

 雨除け屋根のアーチ部分

 

0503yane

この畑の柱や棚や屋根の組み立ては自力で作業。

 いくつか畑を業者さんに頼んだ時に、

その仕事っぷりを観察し教えてもらいました。

ピッカピカのぶどう棚だったのに、そこ、ここにサビが見え

20年近くの歳月が経ったと実感します。

さて、この20年分、賢くなったろうか?

 

 

新しいキーウイ。

0501osugi

そうそう、こんな風に次々と「新しいもん」に

惑わされて、寄り道ばかりしていた気もします。

でも、それも楽しいもの。

たくさんの友人や指導者にも恵まれたしね。

とりあえず、あと10年は頑張ろう。

バイクの上で風とともに

カンレキコキキジュサンジュベージュソツジュハクジュヨレヨレ・・・

のつもりでしたが、ぶどう畑とは。

まぁ、それもいい。

 

アシカのほのぼの四コマ劇場は「雨散歩」。

0410

残りの3コマはアシカのブログ
ほのぼの 田舎暮らし
で、お楽しみください。

 

| | Comments (0)

枯葉いくらでも持っていきます

2019年5月9日(木)くもり、晴れ
朝、車が出払っていたので、
絶好のチャンス!と駐車場の草刈り。

 

昨日、FBでイタリアンレストラン『ビッチュナッツ」さんから
「枯葉いる人、持って行って〜」の
呼びかけがあったので、すかさず申し込み、
0509bichyu

お昼前に袋持って行ってきました。

軽く詰めて9袋分。山のぶどう畑カンパラに投入しょ。

ビッチュナッツ」さんは去年から営業時間が変わったので

なかなか行けませんが、近々、ビールとピザを目当てに行きま〜す。

 

となり町にキッチンカー「黄色い台所」さんが

来ていたので今日のランチはポークカレー。

0509kiiroi

カレーが美味しいのはもちろん、

左上の野菜炒めも美味しい。

右下にわずかに見えるのは「ナン」。

ですから結構なボリュームで満足っす。

 

午後は山の畑カンパラ。

0509idani

わが家から10分ちょい。

こんな谷川沿いの道を上がります。

夕方までぶどう畑の草刈り。

 

夕飯は 駅弁「六甲山縦走弁当」

0509rokko

・・・なんだかな弁当でした。

安いんだからこんなもんでしょ 的な。

まぁ、口直しに食べた神戸のパンが

華やかに美味しかったのでココロおだやかに眠れます。

 

| | Comments (0)

頑張らない

2019年5月8日(水)晴れ、くもり

早朝、山のぶどう畑バルキに上がって雨よけフィルム張り。

0508poly

フィルムが足りなくなって、右端の短いのを除いて終了です。

 

ご近所の田植え風景。

息子さんが機械で植えて、お母さんが

苗を直したり、欠損部を足したり。たぶんね。

0508taue

イノシシ除けの柵の向こうは

ワラビがたくさん生えているはず。

「よかったらどうぞ」と言われると

採るのを楽しむ母がいた頃は、その気になったけど

今はご近所からのおすそ分けで充分。

 

帰りに寄ったカンパラ畑のぶどう。

0508budo

着々と育っています。

あれもこれもと浮き足立ちますが、

一つづつやっていくしかありません。

できなかったら「しょうがないね」と思うことにします。

無理に頑張らない・・・が、長く続けるコツです。

一応ね、そう言い聞かせてます。たびたび。

 

ジャガイモ元気です。

0508jyaga

そろそろ、花が咲きそう。

 

はたらき者のクマンバチ。

0508bee

先日、だいじょぶ、クマンバチは刺さないから。

と言ったら

「ワタシ刺されたことがある」とアキコさん。

えっ、刺されてヒト初めて見た。

クマンバチに?

なしてまた?

「洗濯したパジャマを着たら、中に入ってたの」

そっか、それは・・・しょうがないなぁ。

 

| | Comments (0)

雲海見えた

2019年5月7日(火)晴れ

早朝、山のぶどう畑バルキに上がります。

久しぶりに雲海が見られました。

0507unkai

県南の山々の先は瀬戸内海があります。

たぶんね。

0507unkai2

わが家も高梁の町もすべてが、雲につつまれています。

 

 

今日はピオーネの屋根4列を張りました。

0507poly2

残すは右端の短い数本のみ。

 

作業は午前中で終え、帰りに寄ったカンパラ畑の

シャクヤク。

0505syakuy_1

ほんわり咲いておりました。

 

こっちはわが家の

0504kirinuki_1

色のコントラストがありすぎて

キリヌキ合成写真のように見えます。

 

松原コミュニティーセンタ、深耕寺、市役所、高梁高校を

ぐるりと回って5月18日の「モタニさんの講演」の

打ち合わせやお知らせなど。

高梁応援隊のマツノ隊員も同じ件で訪ねてくれました。

感謝。

 

夜、犬の散歩に出ると西の空に月が見えました。

0507moon

月の影の外周がうっすらと見えたので

コンデジカメラで撮れるかパチリ。

フォトショップで少し明るめに調整しました。

 

| | Comments (0)

地球を救う

2019年5月6日(月)晴れ、雨

早朝、山のぶどう畑バルキでポリフィルム張り。

0506balk

トドが風のない時間にできるだけ張っておいて

家事を終えたアシカが1時間遅れでやってくる。

ピオーネの屋根を6列張って、

風が出てきたので終了。

0506poly2

あと少し。

 

午後は町に近いのに隔絶した感のある

懐かしいお寺を訪ね、

6月18日のモタニさんの講演への出席と

協力をお願いする。

カフェ裏駅にも寄ってチラシを置いてもらう。

 

家の畑

カンランの花が咲き、まわりを蜂がブンブン。

0506nanohana

野菜は無農薬栽培ですが、

ぶどうにはできるだけ農薬を使わずに栽培しています。

しかし、スリップス(アザミウマ)だけはどうにも

対処できなくて殺虫剤を2回使っています。

昨年まで、効き目が良く、使いやすいネオニコチノイド系の農薬を

使っていたのですが、今年から非ネオニコチノイド系に変えます。

「ハチのため、ヒトのため、地球のために止めなさい」

某指導者の1年越しの要請を受け入れました。

(非ネオニコチノイド系の農薬を探すのに手間取った1年でした)

 

イチジク

0506ichijik

毎回、葉脈に見とれて立ち止まってしまいます。

 

今年はジャムができるくらい作れるかな?

0506ichijik2

ドーフィン、蓬莱柿、ホワイトゼノア

あと2種類植えたいけど、場所がない。

 

| | Comments (0)

おうえん

2019年5月5日(日)晴れ、くもり

山のぶどう畑バルキで雨よけフィルム張り。

当初、トド弟の応援を頼んでいたのだけど

風邪が長引いていて、ゴホゴホが止まらない。

0505seto

それでも「行くぞ」と言ってくれたのだけど、

さらに長引いても困るし、

しばらく天気が続きそうだし、ボチボチやるさと思っていたら

0505seto2

見かねたアシカが朝の家事を終えて、駆けつけてくれた。

数カ所をクリップで止めただけのフィルムを、

しっかり留めてから、塩ビのコード紐できつく縛る。

0505poly

大型の洗濯バサミを重石にして放り投げて縛る。

これでフツーの台風くらいならなんとかヘーキです。

0506poly

瀬戸ジャイアンツの雨よけ、短い7列を作業。

 

 

帰りに寄った「やまびこ市」から見る

びっちゅうマチュピチュ。

0505macyu

この集落・・・じゃなくて、一軒の家には

バァちゃんが一人で住んでいるらしい。

お会いしたことはないが「元気で」といつも念じる。

 

 

午後、山の畑カンパラで草刈。

0505jyaga

ジャガイモ「シェリー」念じなくても元気です。

 

玉ねぎも絶好調です。

0505tamaneg

そろそろ玉の方も大きくなって欲しい。

 

晴れ日だと天日温水は熱湯になっている。

薪で加熱する必要は全くない。

今日は早めにお風呂に入っていると

窓をコンコンと叩く者あり。

0505syoub

開けると

「これ使う?」と

姉がショウブをひと束くれた。

(下の不気味な茶色はビワの葉です)

そうか、今日は五月五日でした。

そっか、それで、

夕方、作業していたら父が耳元に降りてきて

「たまにゃ、柏餅くわせろよ」

と言ったたのだった。

わざわざ言いに来たのだからと和菓子屋さんに行ったら

すでに閉まっていて、結局スーパーで買ったのでした。

Hohoh

母は「目が大きゅうてな、涼やかな人じゃった」と

繰り返し父を懐かしんでいましたが、

アシカには ↑ こんなアロハ着た仙人さまに見えたらしい。

まっ、これもええけど。

(アシカ絵)

*画像を見たければ四コマ漫画本

 「アシカのほのぼの田舎暮らし」の3ページをごらんください。

 

| | Comments (0)

ラティスにステインを

2019年5月4日(土)晴れ、くもり

早朝、山のぶどう畑バルキで雨よけフィルム張り。

0504poly

今日は4列張りました。

これでゴルビー、クインニーナ、ピオーネは

とりあえず安心。

 

わが家の玄関のスチューベンの枝が伸びてきてるので

ラティスを設置。

ぶどうを這わせて、通りからの軽い目隠しです。

0504lattice

倉庫に塗った時のオイルステインが残っていたので

流用します。

ペラペラのラティスでも少しは長持ちするでしょう。

柿渋とか有機な塗料にしたいのですが、それはいずれ。

0504lattice2

藤棚にくくりつけました。

ラティスになんとか届いているのが

鉢植えのスチューベン2本。

足元の繁茂はヘデラ(アイビー)。

 

夕方、友人のお寺にイベントの集客の相談。

二つ返事でご近所の住職を紹介してくれ

観光協会、ロータリー、商工会議所などへの

連絡を確約してくれる。

0504ryutoku_1

ホッと安心して友人の寺にもどり雑談。

本堂の屋根、手前の樋の部分ががアーチ状になって

雨水が流れやすくなっています。

やっと気付いた。美しい。

 

| | Comments (0)

作業の間のランチ会

2019年5月3日(金)晴れ

早朝、山のぶどう畑バルキに駆け上がり、

0503yama

軽トラで約20分です。

 

雨よけのポリフィルム張り。

0503poly

時間もないし、風が吹いてきたので

本日は3列のみ。

昨日より少しだけ増えています。

0503poly2

後ろ姿の三人衆はご近所さんらしい。

田植え要員として町から呼び戻された息子たち。

たぶんね。

 

いそいで帰り、着替えて南となりの町「総社」へ。

蕎麦っ食いランチ会です。

ベン、モリミツ、モリミツJr.、アキちゃ&姉さ と大人数。

0503sojya

キレイな蕎麦でした。

が、痛恨のミス。

カラダが冷えていたので、つい鴨汁タレを選んでしまった。

0503sojya2

いや、鴨汁は美味しいのだけど

せっかくの蕎麦の味がわかりにくかった。

0503sojya3

大盛りだったり、炊き込みご飯付きで

まんぷくの面々

涼やかな木立の間を抜けて、

コーヒーを飲みに歩く。

 

コーヒーを頼んだつもりが・・・

0503sojya4

サラダやら漬物やら旬のタケノコまで出てきて、

いったい「なに」を頼んだのと聞けば

「いや、ここはこうなんです」と友人ベンさん。

0503sojya5

300円のコーヒーにこんなにサービスしてダイジョブ?

「なに、これはワタシの遊びじゃから」

0503sojya6

ってことで

最終的にはこんなありさま。

いやさらに、とどめのかき餅が出てきて・・・

 

店先で老夫婦がひたすら食べていたモンの正体が判明しました。

シンプルにうどんを注文したのだけど、次々に出てくる

漬物んやおかきが上にどんどん積み重なって、

四苦八苦しながら食べてたんだなぁ。

 

 

夕方、山の畑で草刈。

0503yuhi

丘に夕日がかかる頃まで作業。

 

| | Comments (0)

雨よけフィルム張り

2019年5月2日(木)晴れ
朝、畑を見まわると草の中から
アスパラフガスの頭を3つほど発見!
0502aspa
このところ寒かったせいか久しぶりです。
牛フンでも入れるともっと大きくなるんだろうな
と思いながらも動物性肥料は一切しません。
時々、米ぬかボカシ(発酵米ぬか)をパラパラと
ふりかけ、水をやるだけです。
草の葉の上に見えるオカラのようなのがボカシです。

 

雨よけフィルム張りに山のぶどう畑バルキに上がります。
0502yama1
軽トラで20分ほど。
昨日、草刈しておいたので足さばきは楽々。
0502poly2
斜面なので転ばないように脚立の向きに
気を使いながら作業。
それでも毎年数回はコケます。
175cmの高さに10番線を張ってますから
それにつかまって難を逃れるのですが、
去年は妙な方向に左手を曲げ、伸ばしてしまい
一年たった今も時々ひじが痛みます。
0502poly3

張り終えた屋根の下に明日の分のポリフィルムロールを

置いて帰ります、

厚さ0.05mm / 幅 185cm / 100m巻き

0502poly

太陽が出て気温が暖かくなると風が吹き始めます。

塩ビのコードでしっかり留めて終了。

早朝の風のない時間に、30mほどの長さの屋根を4本。

一人で作業するとこれだけで午前中かかってしまいます。

 

午後、市内数カ所を回って5月18日のイベントへの

参加を要請しました。

懐かしの某お寺さんの庭。

0502momij2

いくつかのルートでお知らせはしているのですが

やはり、じかにお会いし、説明した方が快諾は得やすいです。

0502momij1

このお寺の紅葉ってこんな綺麗だったんだとパチリ。

 

数日前、山の畑カンパラのトウモロコシ鳥よけの不織布を取りました。

0501nanba

少しヨレヨレの葉ですが、すぐに戻るでしょう。

ガンバレ!

 

| | Comments (0)

草刈機をブンブン

2019年5月1日(水)くもり、雨
アーモンドの実が大きくなリ始めました。
0501almond
今年は食べられるかな?

受粉木の白鵬(もも)の開花が遅れてたのでどうかな?

植え位置が悪くて大樹になると困るんだけど

大量に収穫してみたい。

 

 

軽トラに乗用草刈機積んで、山のぶどう畑バルキでブンブン草刈。

0501kusakari2

膝上まで伸びてた草を刈り飛ばすと、

途端に新鮮な空気がドっと畑に流れ込んできます。

ふふふ、良きかな、良きかなと車上でご満悦なトドです。

斜面の畑なんで、土ゆるく、草で滑って3回スタック。

そんな時には力技で脱出します。

まだまだ筋肉を衰えさせるワケにはいかない。

 

帰りしなにカンパラ畑に寄って見回り。

0501yamabudo

3年目のヤマブドウの木。

遊びで植えたヤマブドウですが、

意外に使い勝手がいいかもしれないと

期待しています。

 

ぶどう畑の隣の畑。

去年からお借りして野菜を作っています。

0501jyaga1

ジャガイモ。芽が出るまで心配だったのですが

すくすくと大きくなっています。

 

0501jyaga2

料理しやすい「シンシア」と「はるか」がメイン。

なのに、最近のアシカは「メークイン」ばかりの料理。

恩師に教わった煮込む料理を復習しているようです。

ところが・・・メークインは植えてない。

ん〜。

煮込み料理は「レッドムーン」「グランドペチカ」で

代用してもらおう。

 

野菜畑の全景。

0501yasai

施肥は米ぬかボカシのみの玉ねぎはゆっくりゆっくりと

大きくなっています。

青空市なんかには、そろそろ新玉ねぎが並んでいて

圧倒されるくらい大きくて立派!

「小ぶりなくらいが使いやすくていいよ」

となぐさめられています。

 

| | Comments (0)

美味し、懐かしを友人と

2019年4月30日(火)くもり、小雨、くもり
連休に友人の友人が帰郷したので
友人のパートナーが運転する車にみんなで乗って
70km北東のイタリアン「CIELO」さんに行きました。

 

トドは運転手じゃないから、素早くビールをオーダー。
なにしろ現在日本でいちばん美味しいと思っているビールです。
製造はパン屋さんのタルマーリーさん。
「古代小麦のビール」
0430cielo1
美味しいがちょっとイメージが違う。
2杯目は「赤茶色のエール」
そうそう、こっちの方が好みの味でした。

 

0430cielo11
他にもまだ数種あるはずなんだけど、
ここではこの二種が飲めます。
3杯目の「赤茶色のエール」をこっそりオーダー。

 

「ファーストディッシュ」
冷たいスープとパテが美味し〜っ。
0430cielo2
「セカンドディッシュ」のパスタ。

 

0430cielo3
女性たちはここまで。
満足できる美味しさと量だけど、
これでオシマイにするなんて考えられない!

 

行くぞ「メインディッシュ」
0430cielo4
イベリコ豚と野菜のロースト。

「ドルチェ」もいただきました。
0430cielo5
ゆっくり時間をかけての食事は
幸福感に満たされます。

 

庭で見かけたアーティーチョーク。
0430cielo6
元気で、アブラムシもいない。
ってことはわが家のアーティーチョークは
畑が富栄養すぎるのか?

 

ココチ良い振動とクラフトビールの酔いで
ウトウト眠り、
起きたら「勝山」でした。

0430katuym1_1

2月の賑やかな「ひな祭り」もいいけど

静かな勝山はいいですね。

 

0430katuym2_1

酒蔵がどしりと存在して

家並みのそれぞれを生かす「のれん」たち。

流行りにおもねることなく、

連続する日常をキチンと生きている

人々の街です。

0430katuym4_1

石畳をたどり、店先をのぞいたり

鏝絵をみたり。

町屋の影を流れる小川に古い時代の豊かさを想います。

 

あちこちのお店の中に書架があるのを発見。

古本屋さんがそのお店や場所に合わせて

選んでくれた本たちが、

いつか来る「アナタやワタシ」を待ってくれています。

0430katuym3_1

ゆっくり流れる時間と

懐かしい友人に出会う旅

ふらり出かけてみましょうか。

 

| | Comments (0)

周回遅れで

2019年4月29日(月)くもり、雨
「サニードルチェ」
シャキシャキとした食感で
青リンゴのような風味のさっぱり味のぶどう。
と聞いてココロ動かされたけど、
「ハウス栽培でないと実割れしてしまう」
の注意書きがあったので
決して手を出してはならぬと無視していた。
0426dolche
ところが、路地でも作っている友人がいた。
二人も。
な〜んだ、ダイジョブじゃないか
っと、去年やっと植えた。
皆さんより周回遅れの気分です。
来年には味見できるかな?
楽しみです。

 

先日、行った「野草摘み」のお土産で買った
スギナとクロモジとノブドウ。
0429yaso
自分で飲むつもりだったのだけど
遠来の友人に差し上げたら「クロモジ」が
めちゃめちゃ美味しかったらしい。
悔しいので、も一回買いに行こうか思案ちう。

 

 ティーバッグなんだけど、葉と茎だけじゃ
 納得できなくて、粉末も加えたそうです。
 その分、手間がかかって、とても業者さんに出せない。
 だから一袋づつ自分で詰めてます。
 でも、手間賃は載せられないし・・・
 とボヤキながらも嬉しい顔の考案、製作、販売の
 後藤栄子 さんでした。

 

今頃になってですが
やっと「神泡サーバー」付きのビール買いました〜。
先月探した時には影もカタチもなかったのに。
0429awa
うまくジョイントできなくて
じょぼじょぼ滴り落ちるけど
確かに「美味しい泡」です。
でも、いつも飲んでるクリアアサヒでも
美味しい泡でした。
メーカー問わず美味しい「神泡」ができます。

 

| | Comments (0)

棚田で野草摘み

2019年4月28日(日)晴れ
山の中の田舎に住みながら、野草について
何んも知らないので
「薬草摘み」のイベントに参加してみました。

 

場所は北東方向に約50km。標高400m。
美咲町大垪和西(おおはがにし)の棚田です。
1200
この写真は ↑ 岡山観光WEB さんからお借りしました。感謝です。
 行った時はまだ田んぼに水が張られていませんでしたが、
 連休中にはほぼこんな風景だと思います。
 この風景の中に身を置いてみたいでしょ?
 カメラ持って行きましょう。
 ・・・地元の方とも仲良くね。

 

バックヤードに山をひかえ、家並みが横に並び
その下にすり鉢状に棚田が850枚続きます。総面積40ha。
0428ohaga1
段々畑に育った者としては
この景色に「のんびり」よりも
先人の労苦を思ってしまいます。
住居から田んぼまでのアクセスだって大変。

 

その棚田の最上段に後藤栄子さんの「薬草畑」がありました。
0428ohaga2
こんな草たちの名前と薬効、調理法を聞きながら
歩きます。
食べられる草は、もうそのまま口に運んで
味や香りを確かめ、ポリ袋にどんどん採集します。
0428ohaga3
トドは一応、口で確かめたけど採集はしませんでした。
わが家の畑とほぼ同じ植物相でしたし、
人の観察の方が面白かったので。
0428ohaga5
元は大きな田んぼだったのを、乾燥地と湿地の
二つに分けてあります。
0428ohaga6
オオバコ、カキオドシ、ヨモギ、ハコベ、
ギシギシ、スイバ、キランソウ、クコ。
人気なのはやっぱり。セリやクレソン。
コゴミを採るには少し遅かった。
0428ohaga7
なんにもない原っぱに見えますが
薬草採りの人たちには宝の山。
0428ohaga8
どこにでもある、野っ原ですけど、
後藤さんやインストラクタのなかよし薬局さんは
ここに生えている薬草の採りどきを大事にされていて、
販売している「野草茶」の香りの良さには
びっくりです。
0428ohaga10
棚田すりばちの一番下に公園があります。
近くの田んぼのまわりにはイノシシよけの電柵には・・・
杭の足元に草よけのダンボール。
なるふぉど! 考えましたね。
マネさせていただきましょう。

 

収穫の後は地元の食材を活かしたランチ。
0428ohaga11
揚げたての豆腐、野菜ふりかけが美味しかった〜。

 

| | Comments (0)

走り回る

2019年4月27日(土)晴れ、雨
早朝、まだ、明け切らぬ時間。
0427soutyou
ポリフィルムの屋根が見えるところが
わが家のぶどう畑。
山の斜面の住宅地を降り切ると
国道と工場やスーパーなどがあります。

 

朝食前の無風の時間に、
まだ掛けてなかった小さい畑に
雨よけフィルムを掛けました。
これで家とカンパラの畑の雨よけフィルム全て終了。
残すは山の畑バルキのみ。

 

伸ばし直してるシャインマスカット。
0427shine
勢いよくグイグイと伸びそう。
天気は晴れてるけど、時々雨粒が降ってます。

 

イチジクの蓬莱柿。↓
0427houraisi
美味しいけど・・・日持ちがしないとは
知らなんだ〜。
ホワイトゼノアは意外に美味し。

 

5月18日の藻谷さんのイベントパンフが
足りなくなったので、深耕寺さんに取りに行って、
山道でばったり会った新婚ウラタ夫婦に配布依頼。
カフェ「つれのーて」さんに10枚ほど置いてもらい
さっそく1人ゲット。
レストラン「TEXAS」さんにも置いてもらい、
0427texas
ついでに美しく、美味しいランチ。

 

成羽美術館、高梁文化会館、ヤクシジさん、
ショーエイさん、マツシタさん、文化交流館。
ご近所さんにもパンフを持って挨拶。
0427koinobori
深耕寺さんで鯉のぼり見ながら
ちょっと一息。

 

| | Comments (0)

あちこち、お出かけ

2019年4月26日(金)くもり、雨
毎年「ぶどうジャム」を作ってもらっている
となり町の創作菓子工房
「織里音/オリオン」さんを訪問。
0426sakura
桜餅とコーヒーで歓迎していただきました。
ぶどうジャム4種の高評価を受けて、
今期の課題を話し合う作戦会議を1時間。

 

帰り道、ランチにに寄った「えんがわ食堂」さん。
0426engawa1
さんさんと降り注ぐ日差しの中
さらに明るく、ポッと在ります。
0426engawa3
これはどなたの・・・
やはり古民家再生を手がけている方の
仕事でした。
ご本人にお会いしたことはないのですが、
あちこちで作品は拝見しております。
0426engawa4
2階のギャラリーもスッキリ。
古い家によくある戸棚も、奥行きを短く
リファイン、使い勝手をよくしてあります。
0426engawa2
こんなごはんをいただきました。

 

このコースを走る時には
どうしても気になってしまう
荒廃田畑を利用した赤牛の放牧地。
0426ushi
牛が元気にしていると、
管理してるジッちゃんもお元気なんだろうなと
安心します。

 

夕方、山の畑カンパラの見回り。
2年目の甘柿「太秋」。
0426taisyu
美味しい実を付けるには
まだしばらくかかります。

 

トウモロコシ/ゴールドラッシュ
不織布越しでもかなり見えるようになりました。
0426nanba
このところ朝晩寒いので
もうしばらくは不織布を掛けたままにしましょう。

 

| | Comments (0)

いろいろ考えてたのに〜

2019年4月25日(木)くもり
今年も満開だったのに・・・
結局アンズの結実は、ほんの数えるほどでした。
0423anzu_z
たくさん出来たらジャムにしよう。
とか、 とか、いろいろ考えてたのに残念!

 

キーウイさん
まだ小さいけど、味見くらいはしたいぞ。
0423kiwi_z_1
美味しくなかったら
緑のキーウイに戻すぞ〜
っとブツブツ脅迫。

 

こちらはオス木。
0423kiwi2_z
花を持って盛大に伸びています。

 

カメラを初めて持った頃を思い出し、
なんもかんもヨリで
単焦点レンズ/85mm F1.4 を使っています。
0423hana1_z
スゴイのか、オモシロイのか
かいもくわかりません。
0423hana2_z 
使い続けるのがいちばん。

それにしてもコンデジの楽なこと、

もどかしくもあるけど。

 

 

アシカのほのぼの四コマ劇場は「苗」。

0409

残りの3コマはアシカのブログ
ほのぼの 田舎暮らし」
で、お楽しみください。

 

| | Comments (0)

とりあえず安心

2019年4月24日(水)くもり、雨
ぶどうは花穂を持って、すくすくと伸びています
0423budo1_z
早朝はたっぷりの朝つゆに包まれてます。
0423budo2_z
出芽にとりあえず安心。
ぐいぐい伸びて、すぐに忙しくなります。

 

わが家で最も早い「小公子」
0423syoko1_z
葉ウラの葉脈が美しく、逆光でパチリ。
黒いぶどうは花穂もまた赤黒い。
0423syoko2_z
ベリーAなんかもそうです。

 

逆光のツバキ
黒に中にわずかに赤い色が見えたので
少し明るく調整しました。
0423tubaki2_z
こんなツバキがボタボタと
家の後ろの通路に落ちます。
樋にも
もちろん階段にも ↓
0423tubaki_z
毎朝、アシカが掃いても、掃いても
すぐにこのとおり。

 

 

夕方、ご近所31軒の集まり、常会(24日/毎月)
今月から進行役の班長です。
0424hancyo

以前から懸案の議題(道路の補修とか)は

全てペンディング。

昨年7月の豪雨災害で市の予算は全くない!

と、みなさんにお知らせ。

 

| | Comments (0)

« April 2019 | Main | June 2019 »