« 雨よけフィルム | Main | 晴れた »

雨の日、見舞いに

2019年4月14日(日)くもり、雨
雨の日、雨よけフィルムの下はこんな感じ。
よほど激しい雨でなければ、
ぱんぱんぽろんの雨の音はここちよい。
0415ame1
フィルムに乗った雨つぶの
そのまた向こうには
葉ざくらの大きな影。

 

 

ときどき、近所の外猫が
雨宿りしている時もある。
0415ame2
とりあえず、今日は外作業はなし。

 

 

で、弟と大叔母の見舞いに行くことにする。
Todokaw90
倉敷の大きな病院まで小一時間。
ドアを開けると、眠っていた叔母の目が開き
「やすのりさんとまさきちゃんが一緒に来てくれた」
と笑顔。
半世紀も前の、直島に住んでいた頃の話を始める。
わが家の三人(姉、トド、弟)はそれぞれに
大変かわいがってもらった。
「まさきは、おとうさんにそっくりじゃ」
と弟を見つめる。
戦前、家計を助けるため外地(半島)で鉄道員をしていた
自慢の兄(トド父)の面影が見えるのが嬉しい様子。
自分の三人の子どもに姉やトドが加わって
嵐のような子育ての時を過ぎたころ、
一人やってきた弟が可愛くて、自分の兄に似て
目が大きくて、特別に可愛かったらしい。
「まさきちゃんはなワタシよりも早よう起きて
 窓から海をずっと見とるんよ、いつも」
と話が続く・・・
元気そうでよかった。

 

 

夕食はスペシャルレシピのカレー。
アシカにしては珍しくジャガイモやニンジンがごろごろ。
0415curry
どうやら師匠のレシピ通りに長時間かけて作ったらしい。
いつものスパイシーさは影をひそめ、
まず、甘い
なんで甘いの?
「野菜の甘さ」
ん〜、確かにわが家の玉ねぎには甘さがある
じゃ、甘いのはワタシの責任か
それはさておいて
三食食べても美味しいし、その次の日も。
残念なのは、長時間煮込むに耐えられる
メークインを植えなかったこと。
はるか、シェリーじゃ、姿も消えてしまうかな。
いや、思い出した。
レッドムーンやデストロイヤーも
今年は植えたのだった。
少量だけど、煮込むタイプのジャガイモだったはず。
それでわが家のカレーができるかな。

 

|

« 雨よけフィルム | Main | 晴れた »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 雨よけフィルム | Main | 晴れた »