« 食べらんない球根は | Main | ひなまつり »

蕎麦打つよ〜

2019年4月5日(金)晴れ、くもり

毎年、野菜の発芽には苦労しているので・・・

そうだ、たくさんの無農薬野菜を栽培している

ワシミおくさまに聞こ!と電話したら

「う〜ん、見に来た方が早いかも」

いえ、今はちょっと、あれもこれも むちゃむちゃでして・・・

しばらくして、今度はワシミおっとさんから電話

「打ちたての、蕎麦があるんだけど〜」

そっそれはしょうがないですね。行きます。

食べ物が絡むと、簡単に出かけるトドなのでした。あはは

0405washim1

して、久しぶりにご自宅にうかがうと

なんだかお店のごたる用意がしてあってびっくり

黒豆の美味しいのなんのって、陶然です。

 

毎日の食事は、お二人で作った野菜がメイン。

「最近はほとんど外食もしなくなって」と茹でるタイミングを

はかりながら おっと殿。

0405washim2

料理はおくさま。蕎麦を打つのと茹でるのは おっと殿の役目。

*なぜかケーキを焼くのも おっと殿らしい。

 

話しているうちに蕎麦が茹で上がりました。

キリリと端正な顔です。

ゆで加減もきっちりで素晴らしい。

こんなおいしい蕎麦に会えるとは思ってなかった。

0405washim3

聞けば蕎麦を打つのも、締めるのも特別な水を

使っているらしい。

それにしても玄人はだしの出来栄えです。

 

さて、ご馳走になるだけじゃ申しわけないと

アシカが用意した「マーラーカオ」↓。

0405washim4

シフォンケーキの応用編として

数日前に初トライしたものの改良版で美味。

 

最近おくさまが始めたらしいウクレレを聞きながら

ハワイ気分でコーヒーをいただき

いよいよ畑に。

肝心の発芽・育苗温室は大人四人入っても十分な大きさで、

見るのに忙しく撮り忘れてしまいました。

 

じゃがいも畑ではレッドムーンだけが溝の中で発芽。

なんで?

0405washim5

「上に伸びるにしたがって、どんどん埋めていくと、

 小芋もどんどんできるんです」

「たっくさん収穫できます」

それは知らなかった。

ぜひ真似したいが、もう遅い。来年覚えているかな?

 

ぐるり畑を見せてもらった後は、

すぐ裏手の山に案内してもらう。

0405washim8_1

夏でも涼やかそうな林です。

この木立の下では椎茸となめたけの栽培。

 

あまりにうらやましくて、

椎茸菌の植え付けられている木を5本買わせてもらいました。

まだしばらく積みあげて置いた方が状態が良くなるようで、

受け取りは少し先になります。

0405washim6

うちはこんなステキな木陰はないから、

寒冷紗で置き場所を作らないとダメですね。

時々ぶっかける水も必要だし。

 

生えたての椎茸をいただきました。

0405washim7

小さいけど分厚くて美味しそう。

 

家のすぐ裏にこんな雑木林があるのって

いいですね。

0405washim9

管理するんが大変かもしれんけど、

時々ボーっとできます。

 

そしてその先にもまだ温室がありました。

家の周囲にたくさんの畑があって、

めちゃめちゃたくさんの花や野菜を育てておられます。

0405washim10

畑の使い方、スケジュール管理をどうしてるのか?

きっとものすごく煩雑ですぞ。

次回はその辺りをしっかり聞かなけりゃなりません。

こんなに、たくさんのお土産(苗)をいただいて帰途に着きました。

0406wasim

どれもピンシャンピカピカ苗です。

 

|

« 食べらんない球根は | Main | ひなまつり »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 食べらんない球根は | Main | ひなまつり »