« March 2019 | Main | May 2019 »

お礼に草刈り

2019年4月23日(火)くもり

山の畑「カンパラ」と呼んでいる畑は

大家さんのご自宅の前の畑をお借りして、

ぶどうや野菜を作らせてもらっています。
そんで、時にはお礼に草刈りをします。

0423syaku1

車庫の隣のシャクヤク花壇が草におおわれていたので

刈り飛ばしました。

 

こうなる前に草を刈っておけばいいのだけど、

ぶどうの雨よけフィルム張りが忙しくて、

それが出来ませぬ。

0423syaku2

せっかく伸びたシャクヤクを刈らないように

慎重に草払い機を持つのですが、

毎年2、3本を飛ばしてしまいます。

 

トウモロコシが発芽しました〜。

分かりませんねぇ。

0423nanba

右上と左下のわずかに見える緑色が双葉です。

畝に穴の空いた黒マルチフィルムを敷いて、

穴に2粒づつ蒔いてから、

その上に保温と鳥よけに不織布をかけています。

もう1、2日待ってから取り除きましょう。

 

この畑にもラズベリーを植えました。

0423raspberry

本来、涼しいところの方が向いているようなので

期待してます。

毎日の収穫は出来ないかも知れませんが。

 

玄関ワキのスチューベン(黒いぶどう)

0423stub

ちょっと見ないうちに大きく伸びていました。

これを這わせるラティスが壊れたので、新調したのですが、

晴れた日にステインを塗ってから設置するつもり。
あ〜忙し。

 

| | Comments (0)

じゃがいも4種

2019年4月22日(月)晴れ、くもり

 

ジャガイモはお借りしている山の畑カンパラに植えました。
ここ数年は「フクダ流逆さ植え」でした。
 凹型の畝を作って谷の部分に芽を逆さにして置いて、
 黒マルチフィルムで全体を覆う、手間要らず農法です。
ところが、昨年は植えるのが遅く、天気続き。
凹型の底からフィルムまで距離があって、せっかく発芽しても
芽がツンツンする前に、暑さでダメになるのも多かったし、
毎日は見回れないので、今年は一般的な植え方にしました。
0422jaga1
凸状の畝に種芋を浅く植えて黒マルチで覆いました。
芽が出てフィルムをツンツンしたら
マルチフィルムを破り、芽を外に誘導します。
順調にぐんぐん大きくなっています。
品種は「シンシア」と「はるか」。

 

こちらの畝には風が強い日でマルチフィルムが張れませんでした。
0422jaga2
これから雑草がどんどん生えてきます。
対処・・・する余裕はないかな。
品種は「はるか」。

 

こっちは畝を黒マルチで覆ってから、
切り裂いて種芋を浅く植え
風でマルチフィルムが剥がされないように
土を重しに乗せました。
0422jaga3
土で覆われていても、芽はフィルムの破れ目に向かって
伸び、土をかき分け出てきます。
来年はこのやり方にしましょう。
品種は「はるか」「レッドムーン」「グランドペチカ」。
*レッドムーンとグランドペチカはマルチなしで、
 凹型の底に植えて、伸びるに従って埋めてやれば、
 もっとたくさん収穫できるらしい。
 これは先達のワシミさんに教わりました。

*植えた4種いずれも芽が浅いので料理しやすく、

 煮崩れしにくいタイプです

| | Comments (0)

小さな戦士

2019年4月21日(日)晴れ、くもり
キクイモが姿を現しました。
0422kikuimo
保温と雑草よけに、畝に黒いフィルムを張ってから
切り裂いて種芋を植え、風除けのためその上に
どっさりと土をかけました。
その分厚い土をかき分けて、やっと顔を出しました〜。
秋には2mの高さになる予定。

 

こっちはジャガイモ「はるか」。
0422potet
まだ、遅い芽がフィルムの下からツンツンと
合図を送ってくれるので、たびたび見回っています。

 

ぶどうの枝に産みつけられたカマキリの卵は
剪定時に周囲の柱に留めるようにしています。
0422kamaki1
暖かい日が続いたのでそろそろかと思っていたら
今日ワラワラと生まれてたのを確認。

 

もう一人前のハンターの凛々しい姿です。
頑張ってアブラムシやダニを捕食してくれたまえ。
0422kamaki2
っとここまで書いて念のために調べたら、
害虫だけでなく益虫も食べてしまうし、
もちろん共食いも。
むやみに巨大化したカマキリに、森でばったり会ったら
ビジュアル的にはクマよりも怖いかも。
ツルカメ、ツルカメ。

 

キーウイのオス木。
0422kiwi
草を刈って風通しを良くしてやりましょう。
ハーイ。

 

| | Comments (0)

敬意を表す

2019年4月20日(土)晴れ
南に走り、瀬戸内海近くの
陽光さんざめくお庭を拝見した。
0420turaj4
広々としたお庭に奔放に・・・
 秩序を踏まえながら、自由闊達にくらいの「奔放」で
花を育て謳歌している
0420turaj3
会社員を辞め、超忙しかった時代を思い出す。
仕事で十分忙しいのに、
不相応に広かったベランダいっぱいに
草花を展開して、息抜としてた。
そのころこんな庭にしたかったような気がする。
0420turaj2
草花好きの奥様と
エクステリアを仕事にしたご主人との
シアワセな成果であります。
0420turaj1
今のワタシは
放ったらかし栽培で
自由に伸び、花を咲かせた庭や畑を見る方が
ココロ休まる。

 

作り上げた景観には敬意を表するけど。

 

| | Comments (0)

いつか見たい

2019年4月19日(金)晴れ、くもり
トドは花の名前を知りません。
物語や映画に出てくる花を「言葉」として
覚えていても。
だから「ライラック」の音の響きの良さに
いつか見たいものだと思っていたら
0419lilac
わが家の西のはずれ、
むかし、野ツボがあって、
そのあとに豚小屋があったあたりに咲いている
この花がすてきな響きのライラックさんだとは
びっくり。
「リラ」とも呼ぶようです。
こっちの呼び方は 高村薫 さんの小説に出てきたような気がします。
その時もいつか見たいものだと思ってました。
*たぶん母が植えたもの。
 何を想って植えたのかな。

 

イチジクの芽がグイグイと出てきています。
0419ichijk2 
これはドーフィン。
熟し、食べる時だけ目に入ってたのですが
自分で植えて、やっと芽の美しさに
気づきました。
0419ichjk
若芽はトウメイ感があっていいですね。
雨や蜂にやられる前にいっぱい食べましょう。
ジャムも料理に使っても食感が美味し。

 

早生の黒いぶどう「紫玉/しぎょく」の芽。
0419shigyoku
やはり早生の「ハニービーナス」と同じ時期なので
組み合わせて箱詰めします。

 

アシカのほのぼの四コマ劇場は「桜花」。
0407
残りの3コマはアシカのブログ
ほのぼの 田舎暮らし
で、お楽しみください。

| | Comments (0)

すっかり忘れて

2019年4月18日(木)晴れ
アーモンドの受粉木として鉢植えした白鳳(もも)。
咲くの少し遅めだったけど、その中でも最も遅い枝です。
0406hakuho
大きくなってもらっても、世話できないので
鉢植えのまま。
アーモンドに接ぎ木すればラクなんですよね。

 

4月初めに撮ったレンギョウ。
0406rengyo
春を知らせる花の一つですね。

 

 

倉庫を改修したくて、建ててもらった工務店さんに相談。
思ったよりも難工事ではなさそうなのでホッと安堵。
0418check
昨年7月の水害の復旧工事で、忙しさが
ず〜っと続いているようで、
工事のスケジュールを組むのが大変そうです。
ムリは言えないけど・・・ムリ言ってます。

 

ビーグル犬レモンの世話はアシカが献身的にやっています。
ワタシは時々散歩に連れ出すくらい。
0418sanpo
リードを付けるのに
2月に噛まれたコトを思い出し
緊張します。
相手は「そんなこたぁすっかり忘れて」
不審げな顔で待っています。

| | Comments (0)

ゆっくり完熟してもらいます

2019年4月17日(水)くもり、晴れ
西洋スモモ「プルーン」の花。
太い枝もガンガン切ったので、
花も少なくなったけど
清楚で美しい。
0417prune3
大量に採れるのを期待して10本ほど植えたのだけど
樹間は狭かったし、何よりシンクイムシが防げなくて
縮小。結局は伐採せざるを得ないかな。

 

新しいキーウイの若木。
0417kiwi2
どんな花を咲かせ
どんな実ができるんか
楽しみです。
0417kiwi
キーウイは丈夫で、放っとけるのがいいですね。
ぶどう畑の隅に植えました。

 

ヤマブドウ系?の「小公子」
去年、ジュースにしたら
ベリーAよりもさらに濃厚で驚きました。
0417syokosi
ガゼン、今年はおおいに期待しています。
小粒なので、多めに房をつけて
ゆっくり完熟してもらいます。

 

畑に出ると
いつの間にか足元にいるシマちゃんです。
0417shima
イネ系の葉っぱを食べたり
虫にちょっかい出したり、

 

陽だまりや、風の通る場所を見つけては
眠ります。
0417shima2
人間がこんなとこで寝てると
マダニが心配ですが
毛に覆われているし
毎晩、全身ブラッシング、
全身マッサージしてるから
ダイジョブですね。
*施術させられているヒト・・・トドさん

| | Comments (0)

ジャガイモ出たよ

2019年4月16日(火)晴れ、くもり
赤いぶどう「コトピー」甲斐乙女+シャインマスカット の芽も
膨らんできました。
0417cotop
シャインより少し小ぶりのかわいいぶどうです。

 

早生のプルーンの花が咲き始めました。
去年まで放ったらかしで、まるで林つうか
森のようになってしまい、
それはそれで梢を渡る風の涼やかさを愉しんでいたのですが、
芯食い虫の防除ができず、例年収穫はほとんどありません。
0417prune2
やむなく、レモン畑に移行中で、バッサリ枝を切って
畑が明るくなりました。

 

 

山のぶどう畑カンパラで乗用草刈り機をブンブン。

夕方、石灰硫黄合剤を散布。

14倍で100リットル。

 

 

山の畑カンパラではジャガイモ「シンシア」「はるか」が
やっと芽を出しました。
今年は一般的な植え方にして、黒マルチフィルムでカバー。
下からツンツン芽が突き出してきたら、フィルムを破って
外気に導いてやります。
0417jyaga
このところ天気が良く、気温が高くなっているので、
ツンツンを早く見つけてやらないと高温障害で
縮れ、枯れてしまいます。

 

こちらはマルチフィルムなしの「はるか」の畝。
0417haruka
もうしばらくすると、雑草におおわれてしまうかな。
ぶどうの忙しさが重なるので、とても対応できない。
その意味では
黒マルチフィルムを張ってからナイフで裂け目を入れ、
そこにジャガイモを植え、その上に土を乗せ
フィルムが強風に煽られるのを防ぐ。
芽は自分で土をかき分け顔を出すのでは・・・
ってコトにやっと気づいてその畝も作ってみた。

したけど、そこに植えたんはレッドムーンと

グランドペチカ、成長に従って土寄せした方がいい品種でした。

う〜ん、考えが足りんなぁ、ワシ。

 

「ラズベリー/インデアンサマー」
トゲがあるのと、用途が見出せなくて、
植えるの、躊躇していたのですが
0417raspberry
トゲが少ない品種を選んでみました。
さて、どうなるか・・・

| | Comments (0)

晴れた

2019年4月15日(月)晴れ
家の前のぶどう畑。
膝丈ほど伸びていた草を
先日、乗用草刈り機で刈り飛ばしました。
0414omach
草生栽培ですが、伸ばしっぱなしではなく
膝丈くらい伸びたら刈り飛ばしてます。
風通しが良くなって、新鮮な空気が
畑にどっと流れ込んできます。

 

畑の周辺部や、樹や柱のねき(まわり)は
ハンディ草払い機を使います・・・時間のある時にね。

 

猛々しいアーティチョークさん
0414omach2
ドーホースタイルで縛り上げてみました。
毎年大量に発生して悩まされるアブラムシが
急にいなくなりました。
わが家の実例としてはソラマメに次いで
2番目です。素晴らしい。
同じくアブラムシ被害が止められない
すももの「彩の姫」にも剪定で応用できるといいのですが
まだっ顕著な効果は見えません。

 

 

山の畑カンパラにトウモロコシを200粒蒔きました。
鳥による被害を聞くので、不織布をベタ掛けしました。
朝夕寒いので、保温にもなります。

 

 

珍しく食卓に上った肉。
アシカは友人手作りの皿を使ってみたくて
メニューを考えているようです。
0414niku
ゆる〜いおにぎり型の
つうか、マツダのロータリーエンジンのような
カタチの皿はパスタやカレーにも合います。
ネコ好きのフツーのお嬢さんだと思っていたら
コツコツと頑張るタイプだったのだとびっくり。
素晴らしい作家さんです。

 

 

アシカのほのぼの四コマ劇場は「チャンネル」。
0403
残りの3コマはアシカのブログ
ほのぼの 田舎暮らし
で、お楽しみください。

 

| | Comments (0)

雨の日、見舞いに

2019年4月14日(日)くもり、雨
雨の日、雨よけフィルムの下はこんな感じ。
よほど激しい雨でなければ、
ぱんぱんぽろんの雨の音はここちよい。
0415ame1
フィルムに乗った雨つぶの
そのまた向こうには
葉ざくらの大きな影。

 

 

ときどき、近所の外猫が
雨宿りしている時もある。
0415ame2
とりあえず、今日は外作業はなし。

 

 

で、弟と大叔母の見舞いに行くことにする。
Todokaw90
倉敷の大きな病院まで小一時間。
ドアを開けると、眠っていた叔母の目が開き
「やすのりさんとまさきちゃんが一緒に来てくれた」
と笑顔。
半世紀も前の、直島に住んでいた頃の話を始める。
わが家の三人(姉、トド、弟)はそれぞれに
大変かわいがってもらった。
「まさきは、おとうさんにそっくりじゃ」
と弟を見つめる。
戦前、家計を助けるため外地(半島)で鉄道員をしていた
自慢の兄(トド父)の面影が見えるのが嬉しい様子。
自分の三人の子どもに姉やトドが加わって
嵐のような子育ての時を過ぎたころ、
一人やってきた弟が可愛くて、自分の兄に似て
目が大きくて、特別に可愛かったらしい。
「まさきちゃんはなワタシよりも早よう起きて
 窓から海をずっと見とるんよ、いつも」
と話が続く・・・
元気そうでよかった。

 

 

夕食はスペシャルレシピのカレー。
アシカにしては珍しくジャガイモやニンジンがごろごろ。
0415curry
どうやら師匠のレシピ通りに長時間かけて作ったらしい。
いつものスパイシーさは影をひそめ、
まず、甘い
なんで甘いの?
「野菜の甘さ」
ん〜、確かにわが家の玉ねぎには甘さがある
じゃ、甘いのはワタシの責任か
それはさておいて
三食食べても美味しいし、その次の日も。
残念なのは、長時間煮込むに耐えられる
メークインを植えなかったこと。
はるか、シェリーじゃ、姿も消えてしまうかな。
いや、思い出した。
レッドムーンやデストロイヤーも
今年は植えたのだった。
少量だけど、煮込むタイプのジャガイモだったはず。
それでわが家のカレーができるかな。

 

| | Comments (0)

雨よけフィルム

2019年4月13日(土)晴れ、くもり

 

早朝、家の前のぶどう畑でポリフィルム張り。
右の方7列張りました。
張っていないトコは屋根のサイズが大きくて
ポリフィルムの在庫がなかった。
0414poly
ご覧の通り住宅地の中のぶどう畑です。

 

夕方、少し雨が降り、フィルムを張り終えたトコは
濡れずにすみました。
雨は病気を誘発させるので、低農薬栽培には必須です。
0413poly
と言っても、塩山に住むわが師は「屋根なし」で
農薬の散布も2回程度で、ウチと同じ程度。
要は「観察力」でしょうか。

 

ぶどう屋さんの看板がわりに、玄関前に植えている
スチューベン(黒い小粒のぶどう)の芽も
大きくふくらんでいました。
0410stuben
完全、放ったらかしですが、甘〜い実を
付けてくれます。

 

アシカのほのぼの四コマ劇場は「花冷え」。
0331
残りの3コマはアシカのブログ
ほのぼの 田舎暮らし
で、お楽しみください。

| | Comments (0)

0.05mmの屋根

2019年4月12日(金)晴れ、くもり
早朝、ぶどうの雨よけフィルム張り。
ムフフの無風状態だったのではかどりました。
自宅前の畑、シャインマスカット、瀬戸ジャイアンツ、
安芸クイン、ハニービーナスなど7列、約200m.
0412omach
朝食前にクリップで留めておいてから朝食。
気温が高くなって風が吹き出す前に塩ビのバンドで
しっかり留めて終了。
新芽が雨に打たれると病気になりやすいので、
低農薬栽培では雨よけは必須と考えます。

 

発芽したばかりの安芸クインの新芽。
0410akiq_z
使いやすい方の芽を一つだけ残して、
1mほど伸ばした枝に一房だけ付けます。
「安芸クイン」香り高く、固めの果肉は弾ける美味しさです。
ただの薄さ0.05mmのポリフィルムですが、
見上げると「初めて自分の部屋が持てた」時のような
うれしさと安堵感が毎年込み上げてきます。
たった0.05mmの屋根なのに。
0412kusakar
その屋根の下で今季初の草刈り。
20年ほど前に中古で買った草刈り機ですが
あちこち修理しながら元気に働いてくれます。
エンジンはカワサキ250cc。

 

 

アシカのほのぼの四コマ劇場は「桜の下」。
0329
残りの3コマはアシカのブログ
ほのぼの 田舎暮らし
で、お楽しみください。

| | Comments (0)

久々の

2019年4月11日(木)晴れ、くもり
山の畑カンパラで玉ねぎやジャガイモのチェック。
ぶどうの剪定枝を片付けたりも。
0411kanpar
昼飯は今年初めての黄色い台所さんのチキンカレー。
左の野菜炒めと右下のナンもあるので
しっかりしたボリュームです。
0411kiroi
午後はとうもろこしのためのベッドを用意。
200粒を用意した、例年よりも少なめ。
0411corn
手前の2畝がとうもろこし、その向こうはジャガイモ、玉ねぎ、
ラズベリー2株、マイヤーレモン2本。
今日の夕飯はリーズナブルな価格の駅弁。
神戸名物の牛飯です。
0411ekiben
日頃、野菜中心の食事ですが、
時々は肉を食べます。
久々に食べると美味しい。

| | Comments (0)

雨上がりに

2019年4月10日(水)くもり、昼過ぎまで雨

降り続けた雨は、昼過ぎにやっと止みました

細い防鳥ネットの雨粒は

楽しげに見えます

0410amatub_z

 

ハクホウ(桃)にも雨粒

0410hakuho_z

 

新種のキーウィにも

0410kiwi2_z

 

ヒメリンゴさんはずぶ濡れ

0410ringo_z

 

彩の姫も濡れそぼって

0410saino_z

 

ソメイヨシノも盛大に

0410sakura_z

 

ユキヤナギさんは

花と水玉が同じくらい

0410yukiyana_z

雨上がりに庭や畑をひと回りしました

 

| | Comments (0)

名残の

2019年4月9日(火)晴れ、くもり
咲き誇っていたアーモンドも
少しづつ散り始めました。

0406almond1

若葉が出始めても

可憐で美しい。

0406almond2 

 

逆光でもね

0406almond5

その上にアーモンドが採れる。

今年は太った実でありますように。

 

家まわりのぶどう畑に石灰硫黄合剤散布。

指定より少しウス目の12倍、160リットル。

有機農法でも認められている古くからの自然農薬で

発芽前の消毒剤として積極的に使っています。

目に入ると痛いし、着衣にヨゴレをともなう作業なので

近年では嫌われていますが、低農薬栽培としては

必須と考え、フェイスガード、ガスマスク、カッパの

完全防備で散布してます。

 

| | Comments (0)

山菜ぢゃなくて

2019年4月8日(月)晴れ、小雨
山の畑カンパラの大家さんの花壇。

雑草の中にニョキニョキと生えてるのは 山菜?

ぢゃなくてシャクヤクさん。

0408syakuyaku1

この時期まで姿を消すんで心配になりますが、

今年もちゃんと復活!

姿が見えない頃に一度全面草刈したのですが・・・

今しばらくはブドウの雨よけファイルム張りで

いっぱいいっぱい。

0408syakuyaku2

まとめて植わってるところも数カ所あります。

紫陽花の大株のようにまとめて咲きます。

 

ここ数年、凹溝に逆さ植え、黒マルチしていたジャガイモ。

掘り起こさず、拾うだけの収穫はラクで良かったのですが、

今年は普通に植えて黒マルチしてみました。

黒マルチは草が生えなくて助かるのですが

発芽したのがわかりにくくて毎日チェック。

0408jyaga

フィルムを下からツンツンしてきたら、

破って顔を出してやります。

発見が遅れると昼の暑さで、せっかくの葉っぱが

ムレてチリチリになってしまいます。

今のところ発芽は良好、

次々に「起きたよ〜」と顔を出してくれます。

オハヨウ、ガンバレ!

シェリーくん、はるかさん。

 

| | Comments (0)

ご近所の花見会

2019年4月7日(日)晴れ、小雨
11:00 からご近所の花見。
公会堂に集まり親睦食事会です。
0407sakura

*写真はわが家のソメイヨシノ、満開です。

ご近所32軒で構成された班で、班長は回り持ち。

この花見の会を境にして班長の引き継ぎもおこなわれます。

一つ年上の兄弟のように育った たっちゃん から

トドに引き継がれました。

・・・一年間、班長です。

 

ユキヤナギ

咲き姿にふさわしいいい名前ですね。

0407yukiyanag

手間いらずのゴキゲンさんで、よく咲いてくれます。

最近はピンク色の品種もできたらし。

 

ヒメリンゴ

0407himeringo

物好きな父はヒソかにリンゴを作りたいと思っていたフシがありました。

しかし、この地では難しかったようで、

ヒメリンゴで満足せざるを得なかった?

観賞用で、実はできるけど、小さく、シブい。

とても食べらんないです。

*トドは父にあまり似ていないが、

「物好き」なトコだけは受け継いだようです。

 

すもも「彩の姫/サイノヒメ」

0406saino1

花は徐々に散り、若葉が勢いよく出はじめました。

毎日、葉っぱを注意深く見ていないとアブラムシが伝播する

病気にやられてしまいます。

0406saino2

葉が縮れ始めたら、すかさず殺虫剤を噴霧しないと

立ち直れないくらいのダメージをうけます。

今年は剪定方法も変えたし、竹酢液やストチューで

防げないかなと淡い希望。

 

| | Comments (0)

ひなまつり

2019年4月6日(土)晴れ
高梁図書館の2F「観光案内所」の
物産販売コーナーに今期最後のジャム5瓶を納品。
Ii06jam
2018年は山ぶどう、安芸クイーン、ナイアガラ、
ベリーA  4種類のジャムを作りました。
すべて通販とこちらの売り場で売り切れました。
今年、2019年もさらにぶどうの個性が生かせるように
頑張りたいと思います。
新しいジャムは9月下旬までお待ち下さい。
みんなありがとう。感謝!
納品の後、イベント「町家通りのひな祭り」会場の方に。
15分ほどのんびり歩きます。

0406boke

ボケの花

ずいぶんな名前だけど、目を引く美しさ。

瓜のような実ができるので木瓜(もけ)、

それがが転訛したらし。

路地伝いに歩くと、家々の庭の花が

今を盛りと咲いている。

 

百日紅/さるすべり

0406sarusub

樹皮がはがれて平滑になることから 猿滑り の名前

赤い花が長く咲き続けるから 百日紅(ヒャクジツコウ)の名前も。

 

町中を流れる紺谷川 沿いのサクラが満開でした。

*地元のヒトは こうやがわ と呼びます。

0406konya2

渓流ほどの地形に段差を設け、ゆるりと流れるように

工夫してあります。

 

お雛さま自体にそれほど興味はないので

首を振る張子の虎を1枚撮ったくらい。

0406hina

端午の節句に「元気に育つように」と張子の虎を贈るのは

関西の風習のようです。わが家にもありました。

*「ほら、こうすると首が動いておもしろいね」と

 言われるのを「それのどこが面白い?」

 そんな可愛くない子どもでした。ワタシは。

*岡山、倉敷が産地かと思ってたら香川県がメインのようです。

 

街角で突然「コーラスやります」で始まり、

0406hina1

可愛かったのでパチリ。

 

高梁駅ビルに戻って、友人ウラタ君の作っている

黒蜜(さとうきび)をいただきます。

0406kuromituice

アシカは「あめ湯」。

トドはアイスクリームをいただきました。

アイスクリームはメーカーから仕入れたものですが

手作りの黒蜜をかけるとガゼン、もっと美味しくなります。

素晴らし〜!

 

| | Comments (0)

蕎麦打つよ〜

2019年4月5日(金)晴れ、くもり

毎年、野菜の発芽には苦労しているので・・・

そうだ、たくさんの無農薬野菜を栽培している

ワシミおくさまに聞こ!と電話したら

「う〜ん、見に来た方が早いかも」

いえ、今はちょっと、あれもこれも むちゃむちゃでして・・・

しばらくして、今度はワシミおっとさんから電話

「打ちたての、蕎麦があるんだけど〜」

そっそれはしょうがないですね。行きます。

食べ物が絡むと、簡単に出かけるトドなのでした。あはは

0405washim1

して、久しぶりにご自宅にうかがうと

なんだかお店のごたる用意がしてあってびっくり

黒豆の美味しいのなんのって、陶然です。

 

毎日の食事は、お二人で作った野菜がメイン。

「最近はほとんど外食もしなくなって」と茹でるタイミングを

はかりながら おっと殿。

0405washim2

料理はおくさま。蕎麦を打つのと茹でるのは おっと殿の役目。

*なぜかケーキを焼くのも おっと殿らしい。

 

話しているうちに蕎麦が茹で上がりました。

キリリと端正な顔です。

ゆで加減もきっちりで素晴らしい。

こんなおいしい蕎麦に会えるとは思ってなかった。

0405washim3

聞けば蕎麦を打つのも、締めるのも特別な水を

使っているらしい。

それにしても玄人はだしの出来栄えです。

 

さて、ご馳走になるだけじゃ申しわけないと

アシカが用意した「マーラーカオ」↓。

0405washim4

シフォンケーキの応用編として

数日前に初トライしたものの改良版で美味。

 

最近おくさまが始めたらしいウクレレを聞きながら

ハワイ気分でコーヒーをいただき

いよいよ畑に。

肝心の発芽・育苗温室は大人四人入っても十分な大きさで、

見るのに忙しく撮り忘れてしまいました。

 

じゃがいも畑ではレッドムーンだけが溝の中で発芽。

なんで?

0405washim5

「上に伸びるにしたがって、どんどん埋めていくと、

 小芋もどんどんできるんです」

「たっくさん収穫できます」

それは知らなかった。

ぜひ真似したいが、もう遅い。来年覚えているかな?

 

ぐるり畑を見せてもらった後は、

すぐ裏手の山に案内してもらう。

0405washim8_1

夏でも涼やかそうな林です。

この木立の下では椎茸となめたけの栽培。

 

あまりにうらやましくて、

椎茸菌の植え付けられている木を5本買わせてもらいました。

まだしばらく積みあげて置いた方が状態が良くなるようで、

受け取りは少し先になります。

0405washim6

うちはこんなステキな木陰はないから、

寒冷紗で置き場所を作らないとダメですね。

時々ぶっかける水も必要だし。

 

生えたての椎茸をいただきました。

0405washim7

小さいけど分厚くて美味しそう。

 

家のすぐ裏にこんな雑木林があるのって

いいですね。

0405washim9

管理するんが大変かもしれんけど、

時々ボーっとできます。

 

そしてその先にもまだ温室がありました。

家の周囲にたくさんの畑があって、

めちゃめちゃたくさんの花や野菜を育てておられます。

0405washim10

畑の使い方、スケジュール管理をどうしてるのか?

きっとものすごく煩雑ですぞ。

次回はその辺りをしっかり聞かなけりゃなりません。

こんなに、たくさんのお土産(苗)をいただいて帰途に着きました。

0406wasim

どれもピンシャンピカピカ苗です。

 

| | Comments (0)

食べらんない球根は

2019年4月4日(木)晴れ
畑のあちこちに群生している
あの白い花 なに?

「ハナニラ」と家人。

0406nira

ダレが持ち込んだモノか知らんけど(たぶん母)

目障りなんでポイポイとぶどう畑に放り込む。

「ムスカリ」も同じ運命をたどる。

ムスカリはわが家にも「かわいい」とファンがいるので

大ぴらには言わないけど、大手を振って

無数に増える球根がイヤなのだ。

フリージアはむかし画題としてしょっ中見せられたから

すっかり嫌いになった。

百合根は好きである。

食べらんない球根に敵意をもっているだけか?

 

十数年使ってきたスタンプが壊れたので

作り直した。

0404stamp_1

かつて使った原稿を探し出す気力が湧かなかったので

作り直し、少こ〜しバランスを変え

通称も本名に直した。

画数の多さと、重いイメージを避けていたのだけど

なんだか、もうええかの心境。

 

今季のぶどうジャムの在庫は無くなった。

4種のジャムを用意したのだけど、

ベリーA のみが10コほどTUTAYA/高梁 にあります。

トドとしては一番お気に入りの美味しいジャム。

0406tutaya

地元商品の販売コーナーだけじゃなく

パンの本の紹介コーナーにも展示してありました。

感謝!

*新しいジャムは9月から登場します。

 

| | Comments (0)

やっと姿が

2019年4月3日(水)晴れ
やっとアスパラガスが姿を見せてくれました。

温室栽培の方は数週間前から写真をアップしていて

うらやましく見てました。

0403asparagus

プロの畑と比べるまでもなく、

わが家のアスパラは細くささやかですが

優しく美味しい春のヨロコビを味わえます。

ぽつりぽつりと顔を出して、1カ月くらい楽しめます。

 

 

「カリーノケール・ミスタ」

一般のケールより味にくせがなく、

縮れが強いのでドレッシングとの絡みが良く、

栄養価も高い。

0322kale

で、去年植えてみた。

ケンコーオタクの親父が飲んでいた頃に比べると

飲みやすいが、美味しくはない。

美味しく飲むにはもっと細かくカットできるミキサーが必要。

と放置していたら、アシカが味噌汁の具として活用。

意外にも美味しい。

 

 

ぶどう栽培を始めて、古〜い軽トラを乗り続けていたけど

不具合が激しいので、先年新しいのに乗り換えた。

(中古ですけど)

ウインドウオッシャー液がなくなったので

補充しようと助手席のシートを上げるが見えない。

運転席の下にもない。

室内にもそれらしきモノはない。

さて困ったとハンドルの下あたりを見ると

ボンネットを開けるレバーがある。

軽トラにボンネットってあるのか?

前に突き出したノーズなんかないじゃないか。

と不審に思いながらレバーを引くと ・・・

0403keitora

 ポコリと開きました。

小さいけど確かにポンネットです。

笑っちゃうほどかわいいい窓口。

でも、メンテナンスには便利なんだろうなぁ。

左にウオッシャー液のキャップも見える。

軽トラも進化しているのだと思った次第。

 

 

アシカのほのぼの四コマ劇場は「卒業」。

0327

残りの3コマはアシカのブログ
ほのぼの 田舎暮らし
で、お楽しみください。

 

 

| | Comments (0)

ありがと

2019年4月2日(火)晴れ、くもり

となり町の洋食屋さん「TEXAS」さんから

「アシカのほのぼの田舎暮らし」本の注文が入ったので

届けに行きました。

0402honobono

お店の本棚で見つけたお客さまが気に入って

くださったようです。

自費出版本ですから本屋さんでは見つけられないし、

アマゾンでも買えません。

電話番号だけは小さく載せてありますが、

あまりにそっけないので店のオーナーが

「トドとアシカの情報」を裏表紙に追加して

くださいました。↑ 感謝。

0honobono480
一冊 税込で1200円です。
通販もできますので、メールかファクシミリでご連絡いただければお送りできます。
メール: farmashica★gmail.com (★を半角アットマークに変えてください)
ファクシミリ番号: 0866-21-2171
送料が別途かかります。
1冊の場合 180円のスマートレター
2冊の場合 360円のレターパックライト
それ以上はご相談ください。
お支払は本に同封する郵便振替用紙にてお願いいたします。
(振込手数料はご負担くださいますようお願いいたします)

この四コマ漫画は現在もブログ「アシカのほのぼの田舎暮らし」で

継続中です。よろしかったらごらんください。

 

 

「虹がでてるよ〜」の声に

虹なんか、めずしかねぇだろと 表に出ると

めずらしくくっきりした虹でした。(昨日)

0401niji

むかしのこどもたちは

虹の橋のたもとには宝が埋まっている

とカタク信じていたので、なんどかか駆けて行きました

行けども、走れども、遠かった

 

 

今年のぶどうは特別美味しかった、と

昨年末ワインを送ってくれた友人がいて

あまりのパッケージの豪華さ、ラベルの文字の品の良さに

躊躇して、いつ飲めばいいのだと手が出せなかったけど、

なんでもないフツーの日に開けました。

0402ridge

タンニンの奥にわずかなナッやベリーの甘さが・・・と

同居人が確かめながら言葉をつなぐ

ビール飲みのトドにはビミョーな表現はできないが

行けなかったソノマの広々としたぶどう畑に秋の風が

吹き抜ける収穫や泥とワラで出来たカーヴの情景を見る。

 

ナパ、ソノマを巡るバイク旅はなんでポシャったのかと

今になってほぞを噛む。

大量にこのワインを飲んでみたいぞ。

適わぬなら、せめて、シラーを植えたい。

 

| | Comments (0)

大声で笑ったのはどんくらい前だった?

2019年4月1日(月)晴れ、くもり

 

北海道はオコッペに住んでる古い友人のツツミダさんが、
「面白くて、一気に見た〜」と教えてくれた。

 

半信半疑、いや、いや、あんな美味しいチーズメーカー
なのだから、ホントに違いないと確信をこめて見始め・・・
すぐに、吹き出してしまった。

 

「チャンネルはそのまま」
H1_02
「重版出来」以来の面白さ。
だけど、こんなに開けっぴろげに
声に出して大笑いしたのはいつ以来だろうか
ってくらい笑った。

 

HTB開局50周年ドラマ
ってどこ、ダレが作ったのこれ。
え〜、札幌の「北海道テレビ放送(HTB)」だって。
なんだ東京のキー局じゃなくても、面白しょい番組
作れるじゃない。
地方の局でも才能ある人はいるんだ。
ひょっとしたらもっといっぱい隠れた才能が
あるかもしれない。
北海道じゃ3月18日から5夜連続で放送されたらし。

 

監 督:藤村 忠寿
 この方、TVディレクタが本業らしい
 映画「幕が上がる」では役者、
 この「チャンネルはそのままで」でも、たくさん出ています。
総監督:本広 克行
「踊る捜査線」「幕が上がる」
Sshot4
ヨシネさん朝ドラではちっともいいトコが見出せなくて
なんだタダの可愛いだけかよと思っていたら
こんなおバカ役ができるなんて
素晴らしい。
Sodane
顔、見てるだけで
うれしくなってしまう。
急にふっと何んか思いつく表情は友人のソミヤに
似ているので、うちじゃソミヤって呼ぶことにした。
Sshot2
コイツ、コメディエンヌの要素ありと見抜いた
監督、演出家はすごいな!
監督の 藤村 忠寿 さん
       ↓
Sshot1
ほとんど知らない役者ばかりなのも新鮮。
と思ってたら モモタさんもひょっこり
混じっているのがうれしい。
190301_02
開局50周年ドラマにふさわしく?
50年使った旧社屋は「北海道⭐︎テレビ」の社屋、
新社屋は競争相手の「ひぐまテレビ」の社屋として
使い、撮影終了後、旧社屋は取り壊されました。wiki
こんなエピソードもいいな。
Sshot3
まだご覧になってない方は「Netflix」でも見られます。
この際、入会してしまいましょう。
その価値はあります。

トドはもう「今年一番面白かった映画、TV」に

決めちゃいました。

ぜひ見てくださ〜い楽しめます。

そうそう、しょっ中ジンギスカンを囲むシーンが出てくるので

秋には食べに行くつもりになっております。

場所は⭐︎TVの近くがいいな。

*教えてくれたツツミダさん、ヨシネさん、フジムラさん、

 ⭐︎TVさん、原作のササキノリコさんみんなありがと。

 

| | Comments (0)

おひけぇなすって

2019年3月31日(日)晴れ、くもり
春休みなので、わが家のサクラ見物に
トド姉のマゴがやって来た。
残念ながらサクラはまだ少ししか咲いていなかった。
0329almond2
代わりに「アーモンド」の花 ↑ を見て大感動してくれた。
良かった!
そいから、ヒマにまかせて
1年先の成人式に何を着るかと話し始め、
姉の古いキモノを着てみては
「あーでもない、こーでもない」と
楽しんでいる。
 う〜ん
 トドにはわからん
 ワシは高校の卒業式も成人式も
 受験やバイトで欠席した。
 美大の卒業式には何とか出たけど
 ◯っぱらって友人のW3をものすごく慎重に
 操作した記憶しかない。
0331ayu3
あんまし楽しそうに姉とマゴが着せかえ人形ごっこ
やっているので一眼レフで数十枚撮ってやった。
しかし、どー考えてもトドは婦人科のカメラマンでは
ないと悟って、アシカにバトンタッチ。

そんでコンパクトデジカメに持ち替えて

「ん〜 おひけぇなすって やってくれる」と

リクエスト。

で撮ったのがこの写真 ↑ 。

 

こんなノリのいい可愛いムスメになりました。

佳きかな。

 

顔まで出すと、この先200年は口をきいて

もらえんから遠慮した。

 

| | Comments (0)

ゆすらうめ 咲きました

2019年3月29日(金)晴れ、くもり
「ゆすらうめ」も咲きました
早朝にふさわしい爽やかさです。
コンパクトさもあって、最近人気らしい。

0330yusura

花もいいけど、かわいい真っ赤な実を付けるんがうれしい。

むかしはおやつなんて特になかったし

目ざとく見つけては、近所のこどもたちみんなで

むさぼり食べていました。

今は、少し摘んですっぱ甘いむかしを思い出すくらい。

 

「アーモンド」ほとんど満開です。

サクラにしては花が大きく、華やかなので

道行く人が「・・・?」と不思議そうに足を止めます。

0329almond1

観賞用としてはモリモリでいいのですが

果樹と考えれば、もう少し花を落とすのかな?

0329almond3 

いや、本場のスペインでもカリホルニアでも

そんなことはしないだろうと、放ったらかし。

 

ツバキはあまりに鬱蒼としていたので

2年前に半分サイズに切ってもらったら

今年も花が少ないです。

0330tubaki

その分ポタポタと落ちる花も少なくて掃除がラクです。

 

植える場所に迷ってて、去年は植え時期を逸していた

「タヒチアンライム」を

お借りしている山の畑カンパラに植えました。

寒さに強い品種なので安心して見守ります。

0329lime

乾燥よけに、黒ポリフィルムのマルチで

株元をおおって、その上に雑草をのせました。

2年間は枝を縛り真っ直ぐ伸ばしてみます。

家の前なので日当たり、車の運転の邪魔にならぬよう配慮。

 

西の丘に日が傾くころ作業終了。

0329yugure

擬似ビールと夕メシ。

その前に風呂焚き。

この季節、天日のお湯がかなり暖かく、

少し雑木を焚けばいいので助かります。

 

| | Comments (0)

その時が旬です

2019年3月28日(木)くもり、晴れ
図書館でデザイン仕事の打ち合わせ。

0328tosyo2

イベントの場所探しを頼まれていたので、

主催側への説明のために数カ所パチリ。

0328t0syo1

吹き抜けのとなりの多目的室が100人くらいで、良さそうです。

なにしろ駅ビルですから電車でのアクセスが良く

駐車場だって近いし、140台OKです。

 

 

夕方、となり町の「結/ゆい」さんで 『みみ読』。

今日は筒井康隆氏の「熊の木本線」を

金池兼広さんが読んでくださいます。

0328kanaik4

10人ほどのお客さまと一緒に、コーヒーをいただき、

リラックスモードで耳を傾けます。

0328mimidok1

よくもまぁ「熊の木本線」なんか選んだもんだね。

と言うと

「リクエストがあったので」

「ボクもこの作品は読んだことがなかったので、楽しみました」

0328kanaik

トドは学生の頃に単行本で読んだはず。

そん頃、お金に余裕があったわけじゃないけど

好きなSF作家の本は買って何度も読んでました。

本は発刊されたその時が「読むべき旬」だと

思ってます。映画もね。

0328kanaik3

すっかり忘れてて、骨子くらいしか覚えてないと思ってたら、

意外にも克明に覚えてました。

九州の山中を何度かバイクで走ったことがあり、

とくに椎葉のあたりにさしかかるといつも、

この先の山を越えると、峠の向こうには

ひょっとすると「熊の木村」があるかも

とくりかえし妄想していたからかもしれません。

ホラーじゃないのだけど、ワタシ的にはホラーに分類します。

0328kanaik1

それにしても、この方読み込む力と、表現がスゴイです。

市民劇の役者でもあり、歌も歌う、その総力をあげて

朗読されます。

また、初めてこの会に来た大学生が

「本は自分で読み、イマジネーションを喚起してきたけど

 今日は耳で受け、目の前に画像が浮かぶ迫力を楽しみました」

と新しい楽しみ方を語ってました。

同感です。

 

| | Comments (0)

« March 2019 | Main | May 2019 »