« January 2019 | Main | March 2019 »

垣根ット

banner_021 ←応援クリックをよろしくね!
2019年2月25日(月)晴れ、くもり

トド弟の愛犬レモンは暖房の効いた
居間で預かっています。
短い散歩は数時間おきですが、
暖かく晴れた昼間は外で自由散歩。
むかしほど好奇心は無いので
こうしたネットの簡単な障害物で十分です。

0225net_2

家のまわりをぐるぐる歩いたり、
畑仕事をしているそばに来たり、
それに、外にいると郵便屋さんやガス屋さんが
「お〜元気だったか」と声をかけてくれます。
放っといても上機嫌なので助かります。

塀の上から高みの見物中のシマちゃん。
0225shima2_3
木に駆け上がったり、畑にも自在に出入り、
バラの近くに穴を掘ってトイレも。
比べるとずいぶんネコの方が
自由度が高く気ままな生活です。

家のウラのアイスバーグ。
0225rose_2
二つ三つ咲いては、寒さに身を縮めています。
通りに面しているのでなるたけ
短くカットしています(アシカが)。

玄関ワキのネコヤナギ。
ボワボワ感を撮ってみたくて、夕方パチリ。
0225nekoyanag_2
コンパクトカメラだとピントや絞りもカメラまかせ、
コンパクトな一眼レフが欲しくなります。


banner_021←このポチッが地球を救う・・・かも?

日記 | | Comments (0)

野菜だより

banner_021 ←応援クリックをよろしくね!
2019年2月24日(日)晴れ

コンパニオンプランツ(共栄作物)という
言葉は知っていたけれど、
実際にトマトの間にバジルを植えたりも
したけれど・・・それがホントにいいのか
確信は持てなかった。
0213yasaidayori
「野菜だより 春号」(隔月刊)は
新コンパニオンプランツ特集です。

最近のハヤリかと思っていたら、ジツは古代から
活用されていた植え合わせの技術らしい。
 ネイティブアメリカンはトウモロコシに
 かぼちゃ、ツルありインゲンの混植。
 かぼちゃが下草となって乾燥を防ぎ、
 ツルインゲンが窒素を固定して土を肥沃化。
 それで、何百年もの長期連作を可能にしていた。
0226yasaidayor1

 古来の日本でも柿とミョウガ。
 柿に葉のない春、ミョウガはたっぷりと日を浴びて
 生育を始め、夏には柿の葉が日差しから
 守ってくれる。ミョウガは他の草を抑え
 柿の株元を乾燥から守る。

長い経験則から生まれた技術ですね。
こうした「古代から受け継がれた」という記述は
初めて読みました。
そして、最大の効果を上げるには
「距離とタイミング」も重要らしい。
・相性    好みの環境は
・距離    両方に最適な距離は
・タイミング どちらを先に植えるか

たとえば
トマトとラッカセイでは
どちらもアンデス乾燥地の出身。
落花生はトマトを極端な乾燥から守り、
雨による泥のはね返り(病気)を防ぎ
窒素分供給してくれます。
ポイントはズラして植えトマトの葉陰に
ならないようにすること。
この組み合わせは植え時期は同じでいいようです。
根の深さも違うので地下でも
ケンカになりません。
粘土質の土地ではラッカセイの代わりに
エダマメがオススメらしい。
0226yasaidayor2

加えて、リレー栽培の方法にもヒントをくれます。
植え時期と収穫時期そして、
次に何を植えればいいのか、永遠の野菜シロートの
ココロは千々に乱れてどしたらいいの?
それを整理してくれます。

どうです、家庭菜園は楽しそうでしょ。
毎年、トマトの場所は用意できても
ラッカセイの植え場所がなくて
あきらめていたけど、これで解消かな。
他にも
トマト x バジル
ナス x ショウガ
ナス x セロリ
ピーマン x ツルなしインゲン
キュウリ x ラディッシュ
スイカオクラ
サトイモ x 大豆
と、まだまだ続きます。
ワクワクもんでしょ。

出版元の「学研プラス」はかっての「学研」から
進化した?出版部門らしい。
最初、マジメな雑誌社の印象だったのに、
怪しい系の雑誌を出し始めてから
手にも取らなくなった。
でも「野菜だより」は今、農業雑誌の中で
一番面白いです。

banner_021←このポチッが地球を救う・・・かも?

日記 | | Comments (0)

いつの間にか

banner_021 ←応援クリックをよろしくね!
2019年2月23日(土)晴れ

陽光に背を向けてデスクワークをコツコツ。
外に出るのはビーグル犬の散歩と
風呂焚きくらい。

わが家の周囲は段々畑だったのですが
急速に住宅におき変わって・・・
っと思っていたら、
いつの間にか畑は空き地(耕作放棄地)になり、
それが今すごいイキオイで
太陽光発電のパネルに占拠されています。
0205hatuden1
ゲンパツよりマシだけど
あんまし美しくはないなぁ。

耕作放棄地の黒い草除けシートと除草剤散布にも
うんざりだったけど
と、ため息をつきながら犬と散歩です。
0205hatuden2
わが家のあたりは、朝しばらくは霧の下なので
日照量は山の上(440m)よりも低いです。
あっ、山の上をすすめているワケじゃないです。
もうすでに、山の上じゃ、雑木をバリバリと刈り倒して
大規模な太陽光発電施設があちこちに
できています。
ぶどうのシーズン中、トドが毎日通っていたこの風景↓も
すっかり破壊されてしまいました。
0505balk222
この森で暮らしていた穴熊の3家族は行き場がなくて
近所のぶどう畑3カ所を次々に襲いました。
もちろん我が畑も100房以上の被害でした。


トド弟の愛犬ビーグル犬レモン。
優しい目をしています。
0223lemon
噛まれた親指は2週間半毎日病院に
通って、先日やっと治りました。
老犬は急な動きには対応ができないので
ゆっくりと近づき、話しかけることに
しています。
耳は聞こえないので正面から近づきます。


アシカのほのぼの四コマ劇場は「春雨」。
0220残りの
3コマは
アシカの
ブログ
ほのぼの
 田舎暮らし

で、お楽しみ
ください。

暖かいと
カラダは
楽だけど
心臓が苦しい。
まだ一番遠いぶどう畑の剪定が終わっていない。
ドキ、ドキ。

banner_021←このポチッが地球を救う・・・かも?

日記 | | Comments (0)

実はオノ 好き

banner_021 ←応援クリックをよろしくね!
2019年2月22日(金)くもり、晴れ

親子三代使ってるオノです。
でも、トドが知らないだけで、
何度も「柄」を替えて、刃は数世代に渡って
使われてると思います。

0222ono1
最近、若い人が薪割りに使っているのは
刃がずっと分厚くて、ハンマーのように重いのですね。
それだと、正目の丸太なら力を入れなくても
自重でスコンと割れます。
曲がった木やフシやコブがあって繊維が
絡み合ってたりするような木には
こんな薄手の刃の方が切りやすいです。
太い立木を切るのにも使えます。

わが家で薪にするのは雑木や
ぶどうのねじくれた幹が多いので
割る時には立たせず、寝かせて割ります。
できれば段差を設けて、一段下に立ち
作業するとやりやすいです。


↓こっちはサクラの太い枝ですが、
燻製用にとっておこうかと迷っているうちに
寝かせ過ぎて、ボロボロになっていました。
0222ono2
燃やせますが、薪としては火持ちが悪く、
いい炭も取れません。
もう少し早く、薪にすべきでした。

で、その木の下から出てきたのは、
ものすごく立派な幼虫。
こんだけでかいのはカブトムシさんでしょうか?
0222worm1
パスタ状に細長いワームはダメですが、
このタイプはなんとかヘーキ、
・・・でもないか。
まぁ、とりあえずハダカで寒そうだから
元にもどして、見なかったことにしましょう。

アシカのほのぼの四コマ劇場は「よいん」。
02183コマは
アシカの
ブログ
ほのぼの
 田舎暮らし

で、お楽しみ
ください。

もともと
この
三人? は
よく眠る
のですが、最近はトドもかなり眠ります。
「キズを治すにはまず禁酒、禁煙」と医者に言われ、
それに加えて睡眠も重要なファクターと考えた次第。
思えば、眠るのがもったいなくて夜更かし
・・・で、何を得たかと言えば
何だったんだろう?
もう考えずに眠ろ。


banner_021←このポチッが地球を救う・・・かも?

日記 | | Comments (0)

ササミ巻きは美味?

banner_021 ←応援クリックをよろしくね!
2019年2月21日(木)晴れ

わが家の梅も咲いてます。
0221ume

相変わらずのデスクワークに、2時間おきの
ビーグル犬の散歩です。


0221lemon

アシカに頼まれて近くのスーパーで買った
犬用のおやつ。
カラフルな商品の中で、色を制限したパッケージが
目立ちます。「良品素材」の文言もあって
「無印良品」風でなんだか安心できそう。
 自分で食べて味の確認はできないから
 (しているヒトもいるでしょうけど)
 買う時には名の通っているメーカーを
 選んでます。
0221sasami
レモン(ビーグル)はかなりの高齢なので
硬く大きいい骨などは食べられませんが、
「ササミ巻き牛皮スティック」は硬くても
細いのでなんとか頑張ります。
食べきるまで約20分。
その間にわが家も食事をすませます。
 *思い出した
  釣りエサ業界のNo.1の某会長さんは
  自社の商品の味を自分で味を確かめるヒトでした。
 

もふもふ短毛ネコのシマは今日も膝の上。
アキたら、窓辺、しまむらホイホイの暗がりの中で隠棲。
0221shimahige
最近は、日差しを浴びながら畑で過ごす時間が
多くなっています。


車道側のセンリョウだかマンリョウだか知らんけど
今年は小鳥に食べられずに残っています。
0221senman
畑や家のウラのはすっかり消えています。

banner_021←このポチッが地球を救う・・?

日記 | | Comments (2)

2時間おきに散歩

banner_021 ←応援クリックをよろしくね!
2019年2月20日(水)くもり、ちょい晴れ

あまりに寒いので、今日はデスクワークの日にした。
避寒で居間に預かっているトド弟の愛犬レモンを
2時間おきに小用と散歩に連れ出します。

眼差しから若犬の好奇心に満ちた輝きは失われ、
落ち着いたってより、少しどんよりの表情です。
 跳ねるように走る帰り道と食事の時には
 輝きが目に宿ります。
0220lemon1
自分も少しはカラダを動かさなけりゃ
寒ぶくてしょうがないし、気分転換でもあります。

犬も寒ぶいので小用をさっと済ますと、
早く家に入りたくてダッシュ。
リードを解き放せば
追いつけないくらいの速度。
時々、止まって振り返り、
追いつくのを待ってくれます。

0220lemon2
そんな、短い散歩を何度もです。
もう少し暖かくなったら、
せめて30分くらいの距離を歩きたいけど、
長い散歩よりも短いのを何度かの方が
いいのかな?

東(ひんがし)の山の上に大きな月。
訊けばスーパームーンらし。
0220supermoon
庭木の幹に腕を固定して
シャッターを押してみた。


アシカのほのぼの四コマ劇場は「旅へ」。
0214残りの
3コマは
アシカの
ブログ
ほのぼの
 田舎暮らし

で、お楽しみ
ください。

新しい
キャラクタ

にじゅうまるさまは
最近、備中松山城(ウチの町のお城です)の
城主に就任された「さんじゅうろう」さまの
影武者って設定らしい。
時代劇なんかほとんど見ないのに、
なんかそれらしい口調だねぇ。
「う〜ん、武士らしい言葉ってより
 この辺のお年寄りの使う言葉かな」
・・・ですと。

banner_021←このポチッが地球を救う・・?

日記 | | Comments (0)

ムラカミさん

banner_021 ←応援クリックをよろしくね!
2019年2月19日(火)くもり、雨

火曜日の早朝は歯医者に通う。
予約はしていても、待つこともあるので
本を持参している。

「村上ソングズ」 村上春樹  新書サイズ
彼の膨大な量のレコードコレクションの中から
ピックアップした曲の原詩の紹介と翻訳、
そしてエッセイも。
0219dentist
ポップス、ジャズ、ロック・・・
好きな曲は、聴いていてもきちんと歌詞を読み
理解することはほとんどなかったので、
楽しいし、エピソードもうれしい。

でも、マジメに読んでいるワケぢゃなくて
開いたところからテキトーに楽しんでいます。

「オールドテロリスト」 村上龍
ひと時代前くらいに、老人たちの反乱 をテーマにした
映画がいくつかあった。
共感を覚えたけど、映画館まで行く気にはならなかった。
行けば、それなりに痛快だった・・・のかな。

この本も今を立ち尽くすだけの現役世代を尻目に、
老人たちが知恵と気骨でホンロウする・・・

そんな痛快小説を 村上龍 が書くわけがない。
テロの描写の峻烈さに 悪夢にうなされる 一週間だった。

0219oldterro
龍さんを最初に読んだのは
「コインロッッカー・ベイビーズ」から
数冊しか読んでいないけど、
記憶に残っているのは
「愛と幻想のファシズム」
「希望の国のエクソダス」
「13歳のハローワーク」
すごく身近な場所が舞台なこともあって
リアル感がすごかった。

そして「歌うクジラ」・・・
すでに、日本は東西に分断されており、
西日本の首都は「岡京」と呼ばれる岡山・・・
ク ク ク、そりゃ、無いじゃろ と笑っていたら
東北の大震災が起きた。
現実がフィクションよりも先行してしまった。
それからプツリと物語を読むのをやめてしまった。

今年になって、久しぶりに本を手に取り、
寝床に持ち込んで寝落ちするまで読んでいる。
あらためて龍さんの取材力と情勢の見極める力、
その延長線上に見せる未来はスゴイです。
2011年〜2014年に書かれたものとは思えないほど
今をとらえています。


アシカのほのぼの四コマ劇場は「細かい」。
0212 残りの
3コマは
アシカの
ブログ
ほのぼの
 田舎暮らし

で、お楽しみ
ください。

トドの場合は
60過ぎまで
裸眼で
文庫本が読めていたのですから
ラッキーでした。
モニターを凝視する生活がなければ
平原に暮らす民のように終生メガネいらずだったかも知れない。

banner_021←このポチッが地球を救う・・?

日記 | | Comments (0)

キャベツ食べる?

banner_021 ←応援クリックをよろしくね!
2019年2月18日(月)晴れ

夏野菜の後、空いていた場所に植えたキャベツ。
毎朝の霜にもめげず大きくなってる。
と思っていたら、葉がギザギザだ。
野鳥の仕業ですね。
この寒さ、他に食べるものがないのかな。
0218cabbage
あのな
家庭菜園のキャベツだけど
あれ食べるつもりかな?とアシカに言う。
「? ? ? どゆこと」
放っといて鳥のエサにしても・・・
「食べます」ときっぱり。
鳥よけネットをかけるか、
1コくらい食べさせてやるか思案中。


山のぶどう畑カンパラで終日剪定作業。
ぶどう畑のとなりに植えた玉ねぎが
大きく育ち始めました。
0218une2
霜よけ、雑草よけにモミ殻をたっぷりかぶせ、
この列には保温のためにくん炭(モミ殻を焼いたん)を
上に振ってみました。
数日は真っ黒だったのですが、やがてくん炭の
大部分は籾殻の下にもぐってしまいました。
粒子の大きさの差でしょうか。
イメージ通りにはいきません。
こーゆうの、やってみるまでわかりませんね。
畝は15cmほどの高さ。
通路には雑草よけと雨後の泥化がうんざりなので、
庭木の剪定枝や葉っぱを敷いています。


「不気味だけど、美味しいから」と
もらったチョコ。
0218chocolate
確かに眼が不気味だけど・・・
すこぶる美味しいアーモンドチョコです。


カンパラ畑をお借りしている大家さんから
いただいたお菓子。
しばらく留守だった大家さんの
顔が見えたので挨拶。
楽しかった?
と声をかけると、大きな笑顔がはじけました。
「毎日が運動会でな」
「ひ孫に囲まれて楽しゅうて」
「20日間も、帰してもらえんかった」
「最後はひ孫に黙って帰ってきた」
とうれしそうでした。
避寒を兼ねてお嬢さんの家を訪ね、
お孫さん、ひ孫さんに囲まれた
にぎやかな暮らしだったようです。
0218oyatu
楽しかった旅のおすそ分けでしょうか、
こっそり軽トラに入れてくださいました。
感謝!


アシカのほのぼの四コマ劇場は「おかゆ」。
0210残りの
3コマは
アシカの
ブログ
ほのぼの
 田舎暮らし

で、お楽しみ
ください。

トドもアシカも
正月前から
週/1ペースで
ずっと歯医者さんにお世話になっています。
ウィ〜ン、ガッガガの音を聞くたび、
口の中で道路工事が行われている気分です。

banner_021←このポチッが地球を救う・・?

日記 | | Comments (0)

ブンキツに行ってみた

banner_021 ←応援クリックをよろしくね!
2019年2月17日(日)晴れ

「朝食は込み合います」とチェックインの時に
アドバイスされていたので、
朝風呂に入り、少し遅めの8時に食事。
以前は下宿屋のおばちゃんがよそってくれる
手作り朝メシ風で気に入っていたのだけど、
リニューアルなってからはフツーの和食。
それでも良心的な ごはん だと思う。
 この時期、受験生と研修生?で
 リーズナブルなホテルはどこも満員らしい。

空港に行く前、久しぶりに
六本木ヒルズに行ってみた。
0217mori2


毛利庭園。毛利家の麻布上屋敷の跡。

0217mori
左のガラス張りのビルはTV朝日。
正面から見るとアニメやチャラい番組の宣伝が
ぎっしりでうんざりする。
TV業界はもう文化でもなんでもないな。


新しい試みと話題の「文喫/ぶんきつ」に行ってみる。
以前は青山ブックセンターだったらしいが、トドは六本木も
青山にもほとんどエンがなくて行ったことがなかった。
・・・今もよそよそしい街に見えるけど。

さて、文喫
キャッチコピーは「本と出会うための本屋」
0217bunkitu1
人文科学や自然科学からデザイン・アートまで、
三万冊の書籍を展示、そして販売。

入場料1,500円(コーヒー、煎茶 付き)。
軽食もあります(有料)。
0217bunkitu2
「入場料を払って、本屋にヒトは行くものだろうか?」
と思ったけど、結構淡々とヒトは訪れ、支払ってる。
・・・不思議だ。

1,500円 x 2人分 支払って内を見学。
PCを持ち込んで仕事ができるデスク12席は
すでに満員。
奥の4人掛けのソファー席では、テーブルに
2山の料理本を積んで企画会議中?
本を読みながら一人コーヒーを飲んでるヒトたくさん。

0217bunkitu3
そうだなぁ。
会社や家が近くて、気分を変えて仕事をしたい
場合には便利かもしれない。

でも、ワシはやっぱり代官山か銀座のTUTAYA書店を
歩き回り、気に入った本を抱えて、スタバで410円の
コーヒーを飲む方が好きだな。

全国で小さな本屋さんが頑張ってるらしく
どうやって頑張ってるのか、そっちにも
行ってみたい。山梨、広島・・・


お昼過ぎの便で岡山空港に着地。
0217nuut
駐車場近くの池。
行きしな、ゴムボートでバスフィッシングしてるの
見たんだ。と言うとアシカが指差し「あれは?」。
ヌートリアだ!
泳いでるの初めて見た。
岡山らしい風景。
いや、ヌートリアはすでに全国区かも?

banner_021←このポチッが地球を救う・・?

日記 | | Comments (0)

めでたし

banner_021 ←応援クリックをよろしくね!
2019年2月16日(土)晴れ

朝、犬を外の小屋(湯たんぽ入り)につなぎ、
朝食をパスして、走り始める。
山を越え、谷を渡り、空港へ 50分。
うとうとと目をつむるANA機内、
京急、地下鉄と乗り継ぎ、
いつの間にかできていた小さなエレベータで
地上に出れば、サンサンと陽光の降り注ぐ、
懐かしの「人形町」界隈。
0216chindon
哀愁のクラリネットと賑やかしい鐘の音の
チンドン屋さんを見ている内に、
イクシマ、ウタムラ二人の友人がブンっと現れ、
「やぁ、久しぶり」と挨拶。
かれこれ10年は会ってないはずなのだけど、
ネットでつながっているので
しょっちゅう会っている感あり。

この街に住む仲間のイノウエ氏を見舞う。
一時は一人での外出もままならないほどの
視野狭窄と聞き取れないかすれ声だったのだけど、
見違えるほどの回復。
最新医療と妹さんと友人たちの介護の賜物だ。
めでたし !

昼メシを食べに4人でぶらつく。
イノウエ氏が頻繁に通っていた名画座で立ち止まる。
0216mikaduki
友人たちは来し方のかなりの時間を映画館で過ごした
ヒトタチなので、ポスターの前でひとしきり
それぞれの 思い出 や ウンチク を披露。
 トドは街の人ではないので、このポスター時代の
 映画記憶はほとんどありませぬ。


イカニモの寿司屋の佇まいにも足が止まる。
「そこ、すごいよ」
「高い、特に何も言わなくても2万は行くね」
0216kizushi
「でも、入ってみるべきだよ」
「スゴイんだから」
とイノウエ氏。

スゴイよりも気兼ねない店を選んで
4人シェアしながらランチを楽しむ。
特筆すべきはおっさん四人のランチでビール無し。
アルコールの力を借りなくても、
アレヤコレヤの話題で充分に楽しいし、
いっぱい喋りたいのだ。

陽の高い時間に分かれ、それぞれ次の場所に向かう。
銭湯を目指す、自宅で過ごす、仕事場に戻る?
トドは睡眠不足なのでホテルに向かう。
みんな・・・元気でまた会おう。


ホテルでアシカと合流。
一人リフレッシュしに大浴場に行く。
シャンハイに仕事場を持つ同年輩の方と知り合い
中国のビジネス情報のサワリを聞く、楽しい30分。


着替えて、
「めでたい」が幾重にも重なった
友人の会に出席。
0216iwai1
大量の美味しい生ビールと、モロモロの酒と
たくさんの「めでたい」が店中にふりまかれて
みんな急速にうれしい酔っ払いにヘンシ〜ン。

白エビのお造り。
0216iwai2
白エビがこんな美味しいとは知らなんだ。

トドは4杯目の美味しい生ビール。
アシカは甘めの燗酒をリクエスト。
なにが出てくるかワクワク待つ。
0216iwai4
甘めの酒となるとやっぱり瀬戸内の酒?
広島の地酒「白鴻/はくこう」でした。
岡山の甘さとはまた違った上品な美味しさです。

コハダ・・・ママカリでしょ。
自分で注文することはないネタなんだけど
これもとびっきり上品な一品でした。
0216iwai5
メタリックシルバーの上にタレをひと刷毛うす〜く
伸ばした黄金色を口に入れる満足感。


ワタシの顔や名前は忘れても
わが家のぶどうの美味しさは覚えていて
瞬時に顔がほころぶゴッドマザーです。
0216iwai55
一番のお気に入りの孫と、
話しているのは30年?前に二人で行った、
アフリカ長期苦難も楽し冒険の旅でした。


みなさんからのお祝いの品がどんどん開きます。
0216iwai6
そのたびに歓声が上がり、
祝杯も重なり、多数のヒトがべろべろに。
トドは熱っいお茶を3杯飲んでから、ハイボールを2つ。


そんで、この日一番盛り上がったのがこれ!
小分けされた包みを取り出すたびに
「これ、サイかな?」
「なんでブタなの?」
「そんで、キツネ?」
「最後はなにこれ、みどり・・・だけどペンギン?」
「でなきゃ、メジロ?」
「なによ、これ?」
0216iwai8
「・・・ ・・・これって」
「これ、もしかしたら・・・そうなの?」
そう、積んでみて。
「これ、わたしの初めての銅版画の・・・
 受賞作の『ブレーメン』の立体なんだ」
「これ、わざわざ作ってくれたの?」
「ふたりで彫刻教室に通ってると思ってたら・・・」
古い友人二人の合作でした。
(師匠は某仏師さんらし)

よかったね
みんなにも一緒に喜んでもらえて
0216iwai9
次の作品へのファイトが湧いたみたいじゃない。
めでたし、めでたし。

こっちは南の島から駆けつけたトライアストロン走者さん。
Tutomsa1
お会いするなり、
2年ぶりにぶどう畑に行くからねと
まず予約されました。
はい、お待ちしてます。

いつもよりもかなりの量のお酒が消費されました。
みんなで楽しむ会、楽しかったです。
企画、運営、進行ありがとう、トモダチたち。


banner_021←このポチッが地球を救う・・?

日記 | | Comments (0)

フルーツさへあれば

banner_021 ←応援クリックをよろしくね!
2019年2月15日(金)くもり、晴れ

愛媛に暮らす親戚、アキちゃんから
大きなみかん「甘平/かんぺい」が届きました。

0215akichan
キャッチフレーズ「愛がある」愛媛県のニューフェイス。
甘く、食べやすくてボリュームたっぷり。
果肉のプチプチ感がたまりません。

早速、山のぶどう畑カンパラでランチに
いただきました〜。
 外の皮がうすいので食べやすく、
 でも「うすさ」を保つため栽培は大変らしいです。
アキちゃん一家と生産者に感謝です。


こっちは3時休憩に食べた、
青森は夏堀さんの低農薬りんごの「フジ」。
0214apple
寒風に吹かれ、寒いので、食べるのどうしょうと
思うけど、休憩に軽トラのドアを開けると、
りんごの良い香りにたまらず、シンまで丸かじり。
はじける果汁がたまりません。
フルーツに助けられての農作業です。

そんな剪定作業が、まだまだ続きます。
つぅか、遅れてます。
「まだ、寒いの続け」と勝手なことをひとりゴちてます。


今日もやってきたタヌ君。
0214tanu
寒くてヒモジそうですが、
餌付けるワケにはいきませぬ。


自宅のローズマリー。
いつの間にか花が咲いていました。
0215rosemarry
香りが好きで・・・
立性のを選んで垣根にしようとした名残。
わが家の近辺に植えるには暖かすぎて
盛大に繁茂して、内がムレて枯れてしまう。
残念。


夕食前の風呂焚き。
0215takiguch
好天が続くと、天日の湯温が高くなるので
沸かしやすくなり、ありがたい。
火を見守る時間、老いたビーグル犬レモンが
玄関、焚き口、勝手口をぐるぐる回って
楽しそう。
短時間なら放しても、家の敷地から出ないので
しばし、フリー散歩を楽しんでもらう。


アシカのほのぼの四コマ劇場は「気になる」。
0208残りの
3コマは
アシカの
ブログ
ほのぼの
 田舎暮らし

で、お楽しみ
ください。

初めて
「コクる」
って言葉を
聞いいたのは、
世話好きなケーキ屋のおばちゃんに相談していた
男子高校生でした。
その直裁なヒビキの、あまりの新鮮さにびっくりして
聞き耳を立ててしまいました。
・・・はるかな、はるかな、昔です。

banner_021←このポチッが地球を救う・・?

日記 | | Comments (0)

鬼の涙

banner_021 ←応援クリックをよろしくね!
2019年2月14日(木)くもり、晴れ

1日山のぶどう畑カンパラで剪定作業。

夕方、となり町の「結/ゆい」さんで
「鬼の涙」朗読会。

まずは作者 平田勉 さんの挨拶。
0214oninami1
最初、演劇用に書かれたこの話は
朗読用に手を入れられ、
さらに一冊の本として再編集されました。

今日は作家 ベンさん とその制作工程を獅子奮迅、
苛烈なムチとして咤激励し続け、
プロデュースしたモリミツ氏(右)のお二人も
読み手として登場します。

読み手は四人。
左に 石井節子さん、右に 金池兼広さんの
お二人は演劇人であり、朗読のベテランです。
そしてバックミュージックは 朝田恵利さん。
0214oninami3
トドは本が出来る前から、十数回はこの話の朗読を
聞いていますが、
正直、今回が最も良かった。
なんども聞いている話なのにココロ揺さぶられる
モノがありました。
0214oninami_3
少し長いかな、と感じていた40分の長さが
ちょうどいい「尺に思えた」のは
四人の演者の賜物であり、朝田さんの電子ピアノが
お話を引っ張り、また場面によっては抑え気味にして
引き立てる力があった ゆえ でしょうか。
終わった途端、演者の方々が
「ものすごく読みやすかった」
「ここで入ってきて、と音が誘ってる」
「間がね、すごくいいんです」
そんな言葉で表現されていました。

0214oninami33
もっと大勢の人に聞いてもらいたい
「もったいない」くらいの素晴らしい朗読でした。
DVDに保存したいと思いましたが
この瞬間で消えてしまう はかない豪華さ も
また良しとすべきでしょうか。

キャラバン組んであちこち廻るのも
楽しそうです。年に数回・・・。


片付けが終わってから
夕食をご馳走になりました。
0214oninamimeshi
いつもの超健康的で おいしいごはん です。
友人や親族が作った野菜やお米。
赤米、笠岡諸島飛島のひじきなど。
感謝。


次の金池兼広さんの「みみ読」は
2019年3月28日(木)
「熊の木本線」筒井康隆 作

とっても楽しい短編です。
よろしかったらご一緒に聞きましょう。


・・・・・・ ・・・・・・ ・・・・・・ ・・・・・・ ・・・・・・ ・・・・・・ 
アシカの本の広告
0honobono480
アシカの4コマ漫画を本にしました!
1200円(税込・送料別)
本もジャムもご注文はこちらから


banner_021←このポチッが地球を救う・・?

日記 | | Comments (0)

フクロウ

banner_021 ←応援クリックをよろしくね!
2019年2月13日(水)晴れ、くもり

イラストレーターであり、絵本作家の
木村太亮さん手作りのフクロウをいただきました。
0213hukurou

先日、つづきの絵本屋さんで
0212tudukino2未使用の
プリンタインクが
余ってま〜す。
どなたか欲しい人います?
ってFBに掲載されていて
「欲しっ」
と手をあげたんだけど、
2分遅れで残念でした。

そしたら、落札?した木村太亮さんが
気の毒がって、
つづきさん経由でフクロウを
送ってくださいました。
感謝です。
早速、居間を見守る高い場所に
アシカが安置してくれました。

ウラ庭?の沈丁花。
0212chincyog
いつの間にか、こんなにツボミが大きくなっていました。
ふう、春は間近ですね。
剪定作業にアセります。


早朝、歯医者。
   中山種屋さんでシンシア(ジャガイモ)3kg購入。

午後、山のぶどう畑カンパラで剪定作業。
   あまりに寒くてジャガイモの畝作り(力仕事)と半々。

0honobono480
アシカの4コマ漫画を本にしました!
1200円(税込・送料別)
本もジャムもご注文はこちらから


banner_021←このポチッが地球を救う・・?

日記 | | Comments (0)

遠野のわらべうた

banner_021 ←応援クリックをよろしくね!
2019年2月12日(火)晴れ

午前、デスクワーク。
午後、山のぶどう畑カンパラで剪定作業。

夕方、電車で倉敷に出動。
0212ario
倉敷の北口は・・・どこの国だろ? って風景です。

ショッピングモールやアウトレットを早足で抜けて
(買い物には便利なんだけどね)
着いたのは「つづきの絵本屋さん」。

0212tudukino

本日はここで
おとなのための「遠野のわらべうた・昔話」を聞きます。

FBでの説明には
  遠野のわらべうたと昔話には、
  先人が生きる知恵が込められています。
先人が生きる知恵・・・って敬愛するシブサワさんの
文章みたいではありませぬか。ワクワクもんですね。
ここまで読んで、早速聴講を申し込みました。
この後、文章は
  いつもは、赤ちゃんやママたち、保育士さんにお伝え・・・
  と続きます。
そうです、どちらかと言うとおっさん人口の
極めて少ない会が予想されますよね。
一応、おっさんの占める割合とドレスコードも
確認しましたが。
「な〜んも、モンダイない」とにこやかな返事でした。


ドアを開けると若い女性と、いくぶん若い女性がぎっしり。
間違えました〜っと、ターンして帰ろうとしたら
マジメそうな男性が一人隅に居たので
まぁ、いいかと脱出を断念。

あとで、6人ほどの女性に
「どういったご関係で参加されたのですか?」
と聞かれましたから・・・やっぱり奇異な不審人物に
思われたようです。


講師キヅさんの話が始まります。
遠野のわらべうたに魅せられて
当時お住いの筑波から遠野に30数回通って
お年寄りから口伝えで唄や昔話を習得されたそうです。

0212kizu1
かつて聞いた通りの方言での語りを再現し、
わらべうたを唄い、時にむかし話を話してくださいます。

擬音と音便の豊かさは東北ならではの
彩りがあります。
年端もいかない幼児たちに耳と口がよろこぶアソビとして伝え、
内容の説明など一切しないでおきます。
なんども話したり、唄ったりするうちに
子供自身が気付くまでくりかえすのだそうです。
なんと悠長な、すてきな時間の流れでしようか。

0212kizu2
そして、キヅさんご自身が育った地、京都での
わらべうたとの比較もあり、楽しさが倍増しでした。

1時間半の講演が終わって、
駅前の居酒屋で親睦会。
0212sawara

巨大なサワラの写真の下でビールと笑顔に囲まれ、
オトコ2人と女性5人の楽しい打ち上げでした。
木津さん、赤木さん、百本さん、南舘さん、◯◯さん
お会いできてよかったです。
つづきさん「遠野のわらべうた」の企画楽しかったです。
ありがとうございました。

0honobono480
アシカの4コマ漫画を本にしました!
1200円(税込・送料別)
本もジャムもご注文はこちらから


banner_021←このポチッが地球を救う・・?

日記 | | Comments (0)

見たかった R2-D2

banner_021 ←応援クリックをよろしくね!
2019年2月11日(月)雪、くもり

朝、ブラインドを開けると雪でした。

0211yuki1

家の下のぶどう畑も雪。
0211yuki2

今日は山の上での外仕事はムリと判断。

二階でデスクワークしていると
庭を行ったり来たりしてる子どもの姿。
0211yuki4
そうか、昨日から姪っこの末娘が来ているのだった。

「こんちわ〜、来たよ」
 おぉ、どした?
 なにがあった?
「え?」
 また可愛くなってるじゃないか。
「えへ、背がまたのびた〜」
 そっか、いいなぁ。
 ガッコ楽しいか。
「うん!」
 って話をしたのだった。
 めずらしく理系で
 ダンプやショベルカーなどシゴト車が好きで、
 アウトドアや百姓シゴトも大好きな子で
 先々が楽しみ。

0211yuki3
で、何をしてたか見てると
雪だるまでした。
まだ、小学生だもんね。

でも、お父さんが迎えに来て
製作途中で「じゃね〜」と帰ってしまいました。

0211r2d2

手を振り、見送って、振り返ると
雪だるまは
スターウォーズの R2-D2 のようでした。
完成を見たかった。


めずらしく一升瓶を買いました。
となり町の酒蔵「白菊酒造」さんの「燗酒用」で、
30年度燗酒部門の優等賞だそうです。
0211shiragik

日本酒はニガテですが、
年を経て少しは飲めるようになりました。
ノドにやさしいですね。

0honobono480
アシカの4コマ漫画を本にしました!
1200円(税込・送料別)
本もジャムもご注文はこちらから


banner_021←このポチッが地球を救う・・?

日記 | | Comments (0)

たぬ くん

banner_021 ←応援クリックをよろしくね!
2019年2月10日(日)くもり、晴れ

山のぶどう畑カンパラで剪定中。
遠くにいるのをときどき見かけて、
????
ずいぶんヤセてるし、
お尻は皮膚病みたいだけど・・・
たぬきだよね、キミは。

0210tanu2
今日は電柵をOFFにして、
入り口のネットを持ち上げてたので
トコトコと園内にまで入ってきました。

秋に切り落とした2番成りのぶどうの干からびたんを
懸命に探して食べてました。
エサを探して、トドに近づきすぎては
ハッとあわてて距離を取ります。

たぬきのイメージの丸っこくないのは
ヤセているからか、まだ幼体なのか?

0210tanu5
  出産期は5〜6月
  親離れは10〜11月らしいです
そっか、独立してすぐにダニに寄生されたか。

最近は
はぐれたぬきや、老犬が気安く寄ってくる気がするなぁ。
野生動物にエサはやれんし、
みんな自分で頑張れ!


夕方、ホームセンターで買い物。
駐車場を歩ってると、
どこかに「軽井沢」の文字を見た・・・気がした。
0210karuizawa
立ち止まって、ふり返り、ゆっくり駐車場を見渡すと
軽トラの上の運搬機でした。
しかしまぁ、なんで
「軽井技」ってネーミングにしたんだろな。
本人は「やったーイケてる」と思ったのかな。
*乗用草刈機の「草刈まさお」もすごいけど。


アシカのほのぼの四コマ劇場は「たまたま」。
0205残りの
3コマは
アシカの
ブログ
ほのぼの
 田舎暮らし

で、お楽しみ
ください。

4コマ目の
神様の
前髪の
件ですが、
正しくは?
一瞬にして目の前を走り抜ける時の神(カイロス)は
前髪しか生えてない。なので時(チャンス)を
捕まえるには前髪をつかむしかないのだそうです。

いずれにしても
前髪をつかむ
後ろ髪を引かれるは
なぜか、わが家ではタブーです。

0honobono480
アシカの4コマ漫画を本にしました!
1200円(税込・送料別)
本もジャムもご注文はこちらから


banner_021←このポチッが地球を救う・・?

日記 | | Comments (0)

早寝して深夜にゴソゴソ

banner_021 ←応援クリックをよろしくね!
2019年2月9日(土)くもり、小糠雨

お風呂でしっかり温まっても
夜更かししていると
カラダの芯まで冷えてしまいます。

イロイロとやることは山積しているのだけど
最近は、冷える前にまず寝ます。

0209neochi
フトン乾燥機で温まったフトンの間に滑り込む
コウフク感はナニにも代えがたいですね。
そんで、明かりを寄せ、本を開き、数十分。
うとうと寝落ちする前に消灯。

しばらくケガしていたので
禁酒(かなり)、
禁煙(のどが弱いのでもともと吸ってない)
睡眠(ふだんの1.5〜2倍)
を心がけました。(深夜に起きてるけど)

山のぶどう畑カンパラで剪定作業。
あまりに寒いので、
チカラ仕事(薪を切ったり、ジャガイモ用の畝を作ったり)
と剪定作業を交互に混ぜながらです。

0209mbiore
12月に植えたぶどうの苗木。
ここまで防寒をすることもなかったのですが、
去年の寒さじゃ、苗がかわいそうかと。

夕方まで作業して、帰ろうとすると
私道の急斜面に溶解剤が撒かれていました。
0209yukai
夜の雪に備えての自衛策ですね。


夕食前、趣味の風呂焚き。
0209huro
今日は一年乾燥させたぶどうの主枝。
皮に火が付きやすく、よく燃えます。
燃料としては燃えすぎるかな。
長時間燃える硬い木と組み合わせながら
火を調節します。

他家の老犬が一人散歩で訪ねてきたので対応。
足悪く、帰り道もおぼつかなさそうなので、
家まで送り届けました。
大型犬ですがおとなしいので
なでてやりたかったのですが
今はちょっと犬恐怖症なのでやめました。
以前にも何回か送り届けたことがあって
わざわざ寄ってくれたのかも
と考えながら
留守宅につないで帰りました。
犬もネコも最後までシアワセだといいな。


0honobono480
アシカの4コマ漫画を本にしました!
1200円(税込・送料別)
本もジャムもご注文はこちらから


banner_021←このポチッが地球を救う・・?

日記 | | Comments (0)

春を待つ人

banner_021 ←応援クリックをよろしくね!
2019年2月8日(金)くもり

高梁駅ビルのツタヤさんの
地元物産売り場に
わが家のぶどうジャムもあります。

0208budojam
「べり−A」「安芸クイーン」「山ぶどう」の三種のうち
なぜか「安芸クイーン」が売れています。
どれも美味しいのですが・・・
春っぽい色のパッケージに惹かれる方が多いのでしょうか?
 売り場のヤマモトさんどうでしょう
「香りがあって美味しいのもあるけど
  他のふたつはぶどう色、ピンクは新鮮な印象です」
 そっか、そろそろ春が待ち遠しいか。
 「リピーターの方もいらっしゃいます」
 とうれしい情報もいただきました。
 みんなありがとう。


高梁のお土産の中でダントツで人気なのが
佐藤紅商店さんの「紅だるま」「紅てんぐ」の
シリーズですが
トド的にはむかしから作られている
「とうがらしのつくだに」もオススメです。

0208tougarash
作ってるのはぶどう栽培の大先輩「みとまファーム」さん。
韓国から取り寄せた とうがらし が原料です。
鍋にも気楽にど〜んと使えます。
今日はピザに使ってみました。おいし!
ゆめタウンイズミ の「ゆめ市場」にあります。


ヒザの上で春を待つネコ。
0201hizaneko1
ヒザの上にネコが居るなんて思いもかけなかった
わが人生である。
短いヒザなんで、居心地が悪かろうに。


アシカのほのぼの四コマ劇場は「小さな春」。
0203 残りの
3コマは
アシカの
ブログ
ほのぼの
 田舎暮らし

で、お楽しみ
ください。

球根は
いくらでも
次の年も
かまわず生えてくるので苦手です。
間違えて食べると危険なのもあるし、と敵視しているトドです。

0honobono480
アシカの4コマ漫画を本にしました!
1200円(税込・送料別)
本もジャムもご注文はこちらから


banner_021←このポチッが地球を救う・・?

日記 | | Comments (0)

LOVEだけじゃない!

banner_021 ←応援クリックをよろしくね!
2019年2月7日(木)くもり、晴れ、くもり

庭の黒松の剪定。
下の方は、アシカが数日かけてやってくれました。
0207matu
はしご、バッタを使っての高所は
ここ数年お願いしている業者さんに
頼みました。
わが家の松も、やっとスッキリします。


ところで、負傷したトドの親指。
週初めに「もう、大丈夫」と医者のOKが出ました。
でもまだ、不安なのでバンドエイドで
カバーしています。
0206yubi

傷口の周囲の皮はむけてしまいました。
新しい皮膚は感度が良すぎて
金属などに触れるとめちゃ冷べたくて
びっくりします。

手袋してぶどうの剪定作業中、妙に親指だけが
冷たくなるのは血行が悪いからと思ってたけど
ほぼ真皮むき出し状態だったせいですね。

二週間半毎日通った病院は曜日によって
違うドクターでした。

「犬に噛まれたんだって?」
「どんな犬、大きいの、小さいの?」
「ビーグルか、小さいなぁ(つまんなそう)」

少し認知が入ってて
(急にキョウミシンシンで)
「犬が認知症っ?」
「どうしてわかるの?」
それは・・・食べたのすぐ忘れるし

「やっぱり動物にやられると長くかかるねぇ」
「ナイフで刺された傷ならもうとっくに治っているよ」
なんて物騒なドクターも居たし。

「犬やネコの歯はバイキンだらけ」
「ヒトの歯はもっとバイキンだらけ」
と脅すドクター。
(歯医者さんに危険手当は付くのか?)

0207yubi1
  消毒のためイソジンを一滴垂らしたところ
  傷口はもう閉じています。


「(キズは)どんくらい深いの?」
昨日は10mmくらい入ってました。
「ふ〜ん、おや15mmは行くね、いや20mm入った」
ベツにキロクをコーシンしなくても・・・イッタイ
「痛いよねぇ(フフフ)」

「糖尿はやってないよね」
「糖尿だと、悪くすると指落とすからね〜」
これは二人のドクターに聞かれました。
 親指落としたら
 「Lではじまる言葉はLOVEだけじゃないの
  Lではじまる言葉にLONELYだってあったのね」
 (作詞/阿久悠)
 って岩崎宏美さんのように、両手Lの字の
 フリ付きで歌えなくなってしまう〜

「よし、これで終了」
「これからはワンちゃんと仲良くねー」
は大先生。

まぁ、終わってしまえば、いろんなドクターと
会話を楽しめた・・・ような気がする。

親指のオモテ側はこんなです。
0207yubi2
こっちも噛まれたけどキズは浅かったので
治りは早かったです。


アシカのほのぼの四コマ劇場は「回復」。

0131残りの
3コマは
アシカの
ブログ
ほのぼの
 田舎暮らし

で、お楽しみ
ください。

なんだか
なんだか
憮然と
するしかないトドです。

banner_021←このポチッが地球を救う・・?

日記 | | Comments (0)

人の気配に

banner_021 ←応援クリックをよろしくね!
2019年2月6日(水)雨、くもり

昼前に雨が上がったので、
山のぶどう畑カンパラで枝の剪定作業。
0206eda
シャインマスカットを中心に剪定。

敷地の隅にあるビワの花はもう終わっていて
小さな実が見えるのもありました。

0206biwa
葉っぱはお茶にしたり、煎じて入浴にしたり、
むかし、足の裏に当ててデトックスが
流行った時もありました。
よもぎと同じくらいの薬効があるそうです。


わが家のウラの畑のフェイジョア/アポロ。
あまり寒さは苦手ではないようなのですが
ワラで包んで防寒。
0206apollo
すでに2m以上の大きさなので
ワラで包みきれていません。
今年は大きな実をつけてくれるかな?

同じ畑、プルーンをあきらめ、
マイヤーレモンに切り替え中。
0206hitokage
去年は厳寒でかなり枯れ込んだので、
ワラを巻き、百均で買ったコート用の
カバーをかけています。
上のぶどう畑で剪定作業をしていて
視野に入ると「人が立っている」気配がして
思わず緊張、凝視してしまいます。
人工物のカバーがなんだかイケナイんだよな。
今年は少し実が採れる予定だったけど・・・。

確か夏に蒔いた、小振りなダイコン。
アシカを「美味しそう」って思わせらんなくて
長く放っておかれてました。

もうダイコンなんて植えるもんかと決心。
それにしても、これどうしょう。
干してみるか。
と思っていたら、

0206daokon
「あれ意外に美味しいのよ」
「長く放っておかれてたのにスも入ってないし」
ってワケでこのところの鍋料理や味噌汁に
重用されてます。
よかった。

banner_021←このポチッが地球を救う・・?

日記 | | Comments (0)

青空の下で剪定

banner_021 ←応援クリックをよろしくね!
2019年2月5日(火)晴れ

朝めしをしっかり食べて、
早朝の歯医者さんで治療。

0205asamesh
生活雑器のほとんどは沖縄の「焼き物/やちむん」です。

家のボイラー用の灯油80リットルを運んでから
山のぶどう畑カンパラに。

よく晴れた空を見上げながら、
軽トラで10分ちょい。
0205huyugare

スタートが遅かったので、
まずは昼メシをすませます。

0205lunch
最近はもっぱらタカキベーカリーさんに頼っています。
前より焼き方が変わった?
焦げっぽい美味しさが加わったように思います。
青森は夏堀農園さんの極低農薬りんごを丸々かじって、
剪定作業スタート。

今日はハニービーナスの残りとサニールージュ、
シャイン・マスカット。
0205kanpa1
大家さんの目の前の畑をお借りしています。
ヒルトップなのでウラジロガシの防風林を
屋敷の後ろに従えています。
蔵の後ろにもあったようですが、
数世代前の時代に落雷で焼失したそうです。

0205kanpa2
友人の元お寺さんからいただいた
庭木の剪定枝があちこちに積んだままです。
剪定が終わったら乗用草刈機で粉砕予定。
シーズン前にぶどう棚や鳥よけネットの修復も
しなくてはなりませぬ。

0205kanpa3
シャツにフリースのベストで汗ばむくらいでした。
でも、日が傾くと急速に寒くなります。

西の丘に太陽が隠れるころまで作業。
0205kanpa4

風呂焚き。
ビール少々と白菜、大根、豚肉ナベ。

banner_021←このポチッが地球を救う・・?

日記 | | Comments (0)

大粒のビワを

banner_021 ←応援クリックをよろしくね!
2019年2月4日(月)晴れ

山のぶどう畑カンパラで剪定作業。
まずはスタートの早いハニービーナスから。

一連の芍薬の株の端っこにあるビワの木。
今年はなんとか剪定くらいはしてやりたいと
思うけど、まずはぶどうが先です。

0204biwa
「大きなビワの実はおいしいよね」と
よく聞くけど、おいしいの食べたことありませ〜ん。
成らせてみたい。


タマネギ・・・順調のようです。
0204tamaneg
去年は寒さが厳しくて、霜柱の被害で散々だったので
上にモミ殻を敷きつめました。
今のところ霜柱の心配はないようです。


夕方、風呂焚き。
天日温水の温度が低いので灯油ボイラーで
沸かしたお湯と半々のお湯を薪で加熱します。
0204huro

カラダが冷え切っていますから、ただ入るだけで
湯温が下がります。
なので少し高め、熱々を確認してから入浴。

親指はまだ治りきっていないので
相変わらずこんなスタイル。


近くのスーパーで品切れしてた
インスタントコーヒーを見かけたので購入。

0204coffee
インスタントの中では、ネーミング通り お・い・し・い。


banner_021←このポチッが地球を救う・・?

日記 | | Comments (0)

ゆず おいし

banner_021 ←応援クリックをよろしくね!
2019年2月3日(日)晴れ、くもり、夕方から雨

ヨーグルトの上に・・・ さて、なんでしょ。

0203yuzujam
ゆずのマーマレード、裂いた干し柿、キーウィ。
抑えた甘さを包み込むむゆずの香り、
ねっとり干し柿の甘さは強く、
キーウィの酸味が調和せてくれます。
この組み合わせはプレーンよりも
少こ〜し甘いヨーグルトの方がベターです。

ゆずは塩山の恩師にいただいたもの、
干し柿は家の渋柿を姉が丹念に作りました。
 ウチは標高が低いため気温が高く最高の干し柿よりも
 べっちゃり感がありますが、こうして食べるには美味しい。
キーウィは30年?ほど前に親父が植えたもの。
収穫後、冷暗所に放置してゆっくり完熟を待ちます。
みんなのおかげで至福の美味しさです。


寒いので
0201hizaneko2
ヒザの上が至福の居心地
らしいです。


タマネギ畑を見て
「あの納豆のパッケージに見えるのは?」と
時々、言われます。
0201tamamegi
はい。納豆のパッケージです。
納豆菌(残ったネバネバ)を畑に放ちたいから
水を入れて1、2日放置してます。
効果のほどはわかりませんが、
美観的にはいただけませんね。


アシカのほのぼの四コマ劇場は「練習」です。
0129 残りの
3コマは
アシカの
ブログ
ほのぼの
 田舎暮らし

で、お楽しみ
ください。

影武者に
甘んじず
主役に・・・
なんて積極的なキャラクタは
このマンガには似合いません。
のんびり、ゆっくり・・・
できれば表に出たくない。
そこがいいのです。


banner_021←このポチッが地球を救う・・?

日記 | | Comments (0)

オニもフクもいっしょに

banner_021 ←応援クリックをよろしくね!
2019年2月2日(土)晴れ

わが家の居間にピンで留めてる
きたやまようこ さんの カレンダー。
2月になったので、めくりました。

0202kitayam1
カレンダーは日付と3コマのイラストで
構成されています。

今年のテーマは「おとしもの」。
12ヶ月/12枚のカレンダー。
・毎月、何かひろって
・落とし主にとどけて
・ほほえましいエピソード
のかわいいイラストが楽しめます。

0202kitayam2
1月は「タコ糸」をひろって
「奴だこ」さんに届けてあげて、
奴だこさんはタコ仲間のいる大空に
いそいで帰ったのでした。

そんで2月は・・・
0202kitayam3

フクの面をひろって
おとしたのはかわいいオニの女の子でした
ふふふ
オニの女の子だって
みんなと一緒に 豆まき やりたいよね

そうだ
来年はとなり町の 総社 にいらっしゃい
総社はむかし鬼(温羅/ウラ)が治めていた町で
とってもいい せいじ をしていたそうです。
今でもオニを悪くいう人はいません。

だから
毎年、2月3日の節分祭には
「フクはうち、オニもうち」と大きな声で
みんなニコニコと豆をまきます。

*きたやまさん
 イラスト勝手にお借りしました。
 ありがとうございます。
 お礼は9月に
 わが家のぶどう畑で好きなだけ「おどり食い」してくださ〜い。

banner_021←このポチッが地球を救う・・?

日記 | | Comments (0)

寒いけど畑に

banner_021 ←応援クリックをよろしくね!
2019年2月1日(金)晴れ

夜のウチに少し雪が舞ったようです。

0201yuki2
暖かくて、外が見える、大好きな場所です。

0201yuki1
ブラインドを開け、
窓から身をのり出すとこんな感じ。
大木はソメイヨシノ樹齢は50年に
わずかに届かないくらい。

自宅まわりのぶどうの剪定はやっと終盤です。

0201sentei
右の細い枝の木はベリーA。
古い品種ですが、完熟すると美味しい。
ジュースに絞るともっと美味しい。
ジャムにしてもコクがあって気に入っています。

剪定枝は例年15Ccmくらいにカットして
畑に落としていたのですが
0201eda
今年は炭にするつもりで
数カ所に集めています。


ぶどう棚の十字にクロスした番線を
キッチリ留めるネジネジの金属。
0201bansen
かなりしっかり留まります。
雨よけの屋根もこのネジネジで留めます。
親父の時代には細い針金で、
タダ、チカラまかせに締めてました。
すぐに緩んだけど。
親父に見せたかったものの一つです。

親父は謹厳実直のヒトでしたが、
アシカが来たころには
Hohohこんな
ファンキーで
飄々とした
好々爺に変身していました。
ずるいジジイだったな。
←アシカ画

ぶどう作業は楽しかったかい?
と晩年に聞いたコトがあります。
「ぶどうはどこまでも自由に、
行きたいところに枝を延ばせるのがいい」
と答えました。
家の没落、戦争時下は外地で鉄道員、
大病、能天気な息子・・・

自由にどこへでもって人生ではなかったかも
知れんけど、台湾や沖縄で家族旅行した時
人ごみの中、母と手をつないで歩いていたのは
なかなかいい景色でした。

トドの膝の上で丸まっているシマを見ながら
そんなコトを考えていた夕方です。
0201hizaneko3

パイプタバコをくゆらせ、ロッキングチェアーの
となりには大きな犬がいる未来だったはずなのに。

さて、ワシは自由にどこまでも走れたろうか?


banner_021←このポチッが地球を救う・・?

日記 | | Comments (0)

今もむかしも 感謝!

banner_021 ←応援クリックをよろしくね!
2019年1月31日(木)雨

四コマまんが
「アシカのほのぼの田舎暮らし」

0honobonoFBやブログの他は
年賀の挨拶で
お知らせしたぐらい
ですが、
メールやハガキで
ポツリポツリと
注文があります。

先日、車を運転してたら、
すれ違った年配の
歩行者の方に
大きな声で呼び止められ
ました。

「お〜い、待ってくれ」
何事かと思えば
近所にお住いの、
小学校6年生の時の担任の先生でした。
「あのな、この前話してくれたマンガの本ぢゃけど」
「アシカさんが描いた本なら読みたいゆうて
 うちのおくさんが言うんじゃ」
「悪いけど、持ってきてくれんか」

過日、スーパーでお会いした時に、
母や介護のことも、わが家がぶどうを作っていることも
よくご存知なので、進呈しようと思ったのですが
「もう、本も何も読まなくなってしまった」
「二人とも、1日 ボ〜とテレビを見とるだけじゃ」と
その時は自嘲的に言われたのですが、
「都会からヨメとして嫁いで来た者が
 古い家や地方のしきたりをどう感じたか」に
奥さまはわがコトのように興味を持たれたようです。

では進呈します。
「いいや、ちゃんと買う」
「ちゃんと払わんとウチのに怒られるから」と
お買い上げいただきました。

トドは幼稚園、小学校とボーっと過ごしてた
記憶しかありませんが、
この方が担任になった6年生になって
初めていろんなコトがクリアに
見えるようになりました。
イシハラ先生、今もむかしも感謝です。

banner_021←このポチッが地球を救う・・?

日記 | | Comments (0)

« January 2019 | Main | March 2019 »