« 田舎暮らし | Main | コーリャンって »

1月号は

banner_021に参加してます。応援クリックをよろしく!
2018年12月13日(木)晴れ

久しぶりに地元の本屋さんに行くと
「現代農業」のイメージが変わっていた。
これまでは農機とフツーのおとっつあんか、
田舎の道の駅で見かけるおばはん、
でなきゃ、モミガラや化学肥料の大写し
で、悪かないけど、こんなもんかって写真だった。

新年号はいかにも自然農でスタイリッシュ。
おや、どうしたんだろうと手に取ると
本が薄い、いや重さはある。
・・・紙を変えたか!
パラパラとページをめくると
写真のノリがいいし、文字もすっきり読みやすい。
用紙のグレードを上げたんだ。いいな。

1213nou

その上、この数年会ってみたいと思っていた若者、
村上厚介くんが巻頭特集だった。

1217murakam3
1町の田んぼを超疎植で1本植え、手取り除草、手刈り、
天日干しで、反あたり10俵収穫。
(一般的には7、8俵/反)

1217murakam1


1217murakam2


時代は変わるかもしれない。
 農的には悪い状態に追い込まれそうな
 現状なんだけど、それを覆そうとする
 意欲さえ感じられる表紙と特集。

もともと、この雑誌は有機も自然農も載せる。
けど、その次のページには化学農薬の効果的な
使い方も載せる「なんでもあり」の紙面作りだった。
その編集方針は変わらないだろうけど、
次の一手が楽しみな雑誌になりそう。

1枚目の写真のもう一つの雑誌「野菜だより」は
「タネまきの新常識」を
「タマネギの新常識」と読み違えて買ったもの。
 今ごろタマネギの特集?
 っと不審に思ったけど、ここ数日タマネギ植えばかり
 してたから参考にしようと買ってしまった。
 ページをめくれどもタマネギが一向に出てこない。
 はて?と表紙を見直してやっと誤読に気づいたしだい。

でも、おかげで今までのタネまきが
いかに間違っていたかわかった。
水のやりすぎだったんだな。
大判の家庭菜園者向けビジュアル雑誌は3紙あって
どれも、写真がきれいでイラストやレイアウトも
分かりやすい。
なにより文字が大きくて読みやすいのがうれしい。

久しぶりの青空。
1213sora
山のぶどう畑カンパラでタマネギ植え。


昨日、友人ヤクシジくんが用意してくれた剪定枝を
引き取りに行った。
1213sentei
軽トラに積み込んでいたら「見かけたので」と
ニシカワくんが車を止めた。
二人とも中、高校の同級生である。
もっともその当時、ほとんど会話した覚えはない。
同窓会にも行かないし、一緒に酒も飲まない。
でも、何だろう。
同じ時代を過ごした仲間意識かな。
会うと ぬくもり のようなもんを感じてしまう。

寒空の下、三人熱いお茶を飲みながら四方山話に
興ずるのであった。
あった、あった。共通項は「美味しいもんが好き」だった。

|

« 田舎暮らし | Main | コーリャンって »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 田舎暮らし | Main | コーリャンって »