« ほのぼの田舎暮らし | Main | 1月号は »

田舎暮らし

banner_021に参加してます。応援クリックをよろしく!
2018年12月12日(水)くもり

「アシカのほのぼの田舎暮らし」をブログで
楽しんでいた方の多くが、本でまとめて
読みたいと思っていたようです。

↓ふっくらしてるけどアシカです。
Ashica_ouen200
アシカがトドの両親と
最初に会ったのは
四半世紀(25年)も
前のこと。
そのころ、父は国鉄を
退職し、
母と小さなぶどう畑と
家庭菜園だけの
質素な暮らし。

父と母二人で、
できるだけの仕事量とゆったりとした
日々の暮らし。

それをアシカは「丁寧な暮らし」と
表現しました。

両親と同居するのはそれから10年ほど
経ってから。

田舎でのシンプルな暮らし、
四季の楽しみ方や古くから続く行事、
そのあたりが面白くて、
何かのカタチに残してみたいと
思いついたのが
四コマまんが+ブログだったようです。

本にしたおかげで
「あぁ、やっぱり本ていいわぁ」
「マットな表紙がすてき」
「手に取って紙の感触を感じながら
 自分のペースでページをめくっていける」
と古い友人のナンジョーさん。(宮城)

1215honobibo

母ちへこさんは本を読むのも大好きでしたから、
地元の小さな書店で探せない本は
「急がんけど(大特急での意)送って」
と電話要請が来ました。
まさか、昔から家族以外にもお願いしていたなんて・・・。

1215honobibo2

「楽しく読ませて頂きました、共に過ごした頃が
 オーバーラップして楽しかったです」
「活字好きと聞いて思い出したこと、私が中学生の頃、
 学校の図書室の貸し本をよく頼まれました」
「時には内容が大人の恋愛本なので、担当の先生から
 こういう本は未だ早すぎると注意されたことも」
「でも頼まれた本と言えなくて・・・」
「その頃、農家の嫁が読書等あまりなかった時代、
 在校中は続いたと思います」
「私とちへこさんの㊙️です」

トドよりも少しお姉さんの親戚の方からのお便りです。
中学生のマスちゃん、困ったろうなと
大笑いしました。
大阪のマスちゃんありがとう。

|

« ほのぼの田舎暮らし | Main | 1月号は »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ほのぼの田舎暮らし | Main | 1月号は »