« パッケージは素晴らしい | Main | 黄色いキッチンカー »

おいしいもん

banner_021に参加してます。応援クリックをよろしく!
2018年10月1日(月)晴れ

空き時間を見つけては、ぶどうを運んで
ジャムに加工してもらってます。
加工はとなり町の「創作菓子の織里音/オリオン」さん。
もうすぐ今年のピュアなジャムができ上がります。

その織里音さんのオーナーが「どうぞ」と
渡してくれた包みを開けると
好物のピザでした。
1001pizza
ほー、ピザも焼くんだ。
「いえ、久しぶりです」
・・・どうやら、トドの好物だと知って、
わざわざ焼いてくれたらしい。
0924orionpizza
そりゃ、お菓子学校を卒業してんだから
なんでもできるだろうけど
キモチがうれしいじゃないっすか。
帰ってアシカと一緒に
ほふほふと美味しくいただきました。
 そうそう去年はおいしいパンを焼いてくれました。
 来年はフィナンシェか、ぎっしりあんこの詰まった
 たい焼きか?


先日、丹波からぶどうを買いに来てくださった
古い友人から栗が届きました。
でっかい栗です。
むふふ、ごきげんな「栗ご飯週間」が始まります。
1001tanbaguri
一緒に入っていたのは「栃の水羊羹」。
小ぶりで食べやすい大きさ。
なんとも上品な甘さです。

調べてみると
元は温泉地の「おみやげもん」だったようですが、
いや、主力商品は「栃もち」の方ですね。
「栃」は古来より不老長寿の薬で、仙人も食していたそうで、
いいな不良長寿、老人大国だもんな。
モーソーがふくらむ、なかなかよさそな温泉です。
「行ってみるか」とちょっとソソられます。

湯村温泉
開湯は平安時代。源泉は「荒湯」と呼ばれ
98度の高熱温泉。
NHKドラマ「夢千代日記」の舞台・・・あっ、そうなのか。
あれは城崎の話だと思ってた。
(TVを見ない時期だったので知らなかった)
湯村はわが家から3時間ほど。
火祭り、七福神湯めぐり、ライトアップ・・・
とどめは
「全日本かくれんぼ大会」って
モンティ・パイソンかいここは。
いいなぁ。

*その先の養父、朝来、豊岡、城崎、京丹後のあたりは
 今まで縁がなく、未踏の地だ。


banner_021←このポチッが地球を救う・・・かもしれない。

|

« パッケージは素晴らしい | Main | 黄色いキッチンカー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« パッケージは素晴らしい | Main | 黄色いキッチンカー »