« 相棒が消えた? | Main | 受付で、薬局でもある »

おいしいシャインは・・・

banner_021に参加してます。応援クリックをよろしく!
2018年9月19日(水)くもり、晴れ

人気の「シャインマスカット」。
完熟すると「皮ごと食べられて」食べやすいので
子供たちは指名買い状態です。
0918shine
一方、サイフを預かるお母さんたちにも人気。
甘いのがいいの?と聞いたら
「シャインはねぇ、ハズレがないのがいいの」
???
「他のぶどうだと、よく見て選んで買っても
 ハズレる時があるじゃない」
「シャインはどこで買ってもハズレないから好き」
なるほど!

今やわが家でも、最も頼りになるぶどうですが
Todoyachimoジツはこのシャインを
何度か切り倒そうかと
思った時があります。
ぶどうは木を植え、
実るまでに3年ほどかかります。
初めて高知の友人の家で
「新しいぶどうじゃき」と出されたのは
香り、味、素晴らしく、新しい時代の到来を知らされました。

それから苗を入手するのに2年、実るのに3年。
その間、市販され始めたシャインを求めて
歩き回り、食べたのですが・・・
どれもこれも「甘すぎて」。
こんなただ甘いだけのぶどうはいらないかと
なんども考え、その都度思いとどまった次第。

わが家でやっとできたシャインを食べると
芳しい香りが口の中に広がり、
おだやかな甘さに満たされました。
「おいしい」
「これこそシャインの味」と安心しました。
ほとんど肥料を施さない栽培方法だと
突き出した甘さにはならないようです。

でも今度は、
「誰が作っても美味しくできるぶどうなんて・・・」
と不遜な考えが湧き出し
塩山に住むぶどうの師匠に「つまらん」と言うと。
翌年、わざわざ自分の園のシャインを携えて
岡山まで来てくれました。
「食べてみるか?」
わざわざ来てもらった高知の友人夫婦も含めて
全員がおいしい。
「トドさんのシャインよりずっとおいしい」

その後は二つのシャインを食べ比べながら
どうして、どうやれば、教えろ、教えろの質問攻めで
楽しい2時間でした。

おかげでわが家のシャインもさらに(少し)進化し、
トドも高慢不遜が少し影をひそめ・・・
こんなことがあるから人生は楽しい。
わが師と友人とぶどうにも感謝です。


banner_021←このポチッが地球を救う・・・かもしれない。

|

« 相棒が消えた? | Main | 受付で、薬局でもある »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 相棒が消えた? | Main | 受付で、薬局でもある »