« ドロナワですが | Main | ケモノかもしれん »

tetta

banner_021に参加してます。応援クリックをよろしく!
2018年8月18日(土)くもり、晴れ

早朝、山のぶどう畑の見回り カンパラ → バルキ。
バルキ畑で10房ほど被害あり。

朝食後、「今日のランチは tetta で、どう?」
即座に「ムリッ」と却下したんだけど、
畑作業へ行く準備をしながら思い直した。

怒涛の出荷が始まれば、これから一ヶ月は
とてもゆっくり外食なんてできない。

そんで、北の町のワイナリー 「tetta」にワープ(45分かかったけど)。
0818tetta1
十数年前、ここが「生食ぶどう」の巨大産地として
スタートしたころ何度か訪れたことがある。
今はワイン用のぶどうの生産と醸造、出荷までする
メーカーとして生まれ変わっています。

日差しは強いけど、高原のさわやかな気候なので
外テーブルがうらやましい。
0818tetta4
畑の感じはむかしのイメージのまま。
ぶどう棚がワイン用に代わっています。

0818tetta2
ランチメニューは3種。
苦手な「パテ」を選びました。

自家製「ジンジャーエール」
0818tetta3
グラスの底に「おろしジンジャー」が溜まっています。

ヤマメの焼いたん
0818tetta6
トド的にはマス料理はよっぽど美味しくないと
うれしくない・・・ちょっと偏屈親父ですワシ。
*旧友ジロさが釣って焼いた「天然鮎」は絶品ですが。
*阿吽山房さんの焼くイワナも絶品。

ちょっとナナメなキブンで食べていたのだけど
 なんでかなぁ、店が悪いわけじゃないのに
やっぱ、偏屈親父度が進んでいるのかもしれない。
(周囲の方、ご注意を)

0818tetta7
ところが、このナイフを持って驚いた
変なカタチと思ったけど、意外にも軽く持ちやすい、
使いやすい。
刃が大きくラウンドして、農具の「押し切り」を
思わせる。
「こんなんで切れるんか?」と思ったけど
素晴らしい切れ味。
刃が線ではなくて点で接するから軽く切れるのかな。

メーカー名を見るが、老眼で見えない。
まぁ、いいや、後で調べようと撮影。

 「 OLE PALSBY DESIGN 」
 デンマークの「オーレ・パルスビー(Ole Palsby)さんが
 日本の文化からインスピレーションを得てデザインし、
 日本で生産したもののようです。

欲しい!
が、しかし、わが家で肉を切って食べるなんてことは
ありえない。
肉からはどんどん遠ざかりつつあるのだ。
でも、欲しいな。

冷製スープ
0818tetta8


パテのサンド
0818tetta9
レバーの香りが・・・嫌ではないけど
いいカトラリーを手にしているので
キブンは上々。

チーズケーキ

0818tetta10
写ってないけど、やっぱりパルスビーさんの
デザート用スプーンは漆のような真っ黒で
かっこいいんだ。
*ブラックチタンコーティング
かわいいハーブの花とカトラリーで
美味しくいただきました。

 * OLE PALSBY DESIGN


banner_021←このポチッが地球を救う・・・かもしれない。

|

« ドロナワですが | Main | ケモノかもしれん »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ドロナワですが | Main | ケモノかもしれん »