« 木立越しの夕日 | Main | おっとりした風貌の »

森を背負う・・・と

banner_021に参加してます。応援クリックをよろしく!
2018年8月23日(木)くもり、ちょい晴れ、雨(台風)

今日も夜明けとともに山のぶどう畑に出動。
カンパラ→バルキ→と獣害を見回り。

畑をお借りしている大家さんの家。
丘の上に在るので、数世代前から10本の
ウラジロガシの大木に守られ暮らしていました。
ある年の嵐の日、大カミナリがウラジロガシに落ち
そばにあった木小屋もろとも焼けてしまったそうです。
 画面左奥の方にあったのでしょうか?

0823nogutike
その時、ご近所の二カ所に同時にカミナリが落ちたそうで、
もう一方は住宅の母屋だったため、そちらの方の
消火を優先させざるをえなかった、とか。
 まぁ、そんなワケで防風林は少なくなりました。

家のすぐ後ろに森があるってステキですね
と声をかけると
「それが・・・」
と一拍おいて
「風の音が怖いくらい大きくて」
「時に、太い枝が折れてドスンと屋根に落ちると
 もう生きた心地がしません」
・・・ですか。


この時期でもまだぶどうの葉っぱは元気です。
0823happa
雨が少なかったせいでしょうか。
今年も家まわりの畑では進行は早いのですが、
山の畑にカ所はここに来て少し停滞気味です。

上空は晴れているのに、パラパラと雨ったりと
めまぐるしい天気です。
0823taiyo

今夜から台風ですが、どうやら駆け足で通り抜けるらしい。
あちこち被害がありませんように。


banner_021←このポチッが地球を救う・・・かもしれない。

|

« 木立越しの夕日 | Main | おっとりした風貌の »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 木立越しの夕日 | Main | おっとりした風貌の »