« よしずの風 | Main | 爽やかで美味い »

出会った

banner_021に参加してます。応援クリックをよろしく!
2018年7月18日(水)くもり、晴れ

早朝から山のぶどう畑カンパラで枝の整理。
午後も山のぶどう畑バルキで袋掛け。

午後、畑への道を急いでいて、ゆるいカーブ道の
作業小屋の影に「白い大きな袋を担いだ笑顔」を発見。
 袋を担いだ無闇に笑顔を振りまく怪人といえば
 大国主のミコトかサンタクロースだけど、
 時代と季節から素早く正確に判断し
 「ウラタ君だ」と認定。
車両を緊急停止しバックギアでちょい戻る。

0718ura2
積もる話があったような気がしたのだけど、
考えてみれば特になく
どうやら「ウラタ笑顔」を見たかっただけでした。
ウラタ氏は速やかに仕事に戻った。

0718ura1
父上に手伝ってもらいながらのお茶摘み作業。
摘み取る位置や深さをウラタ君が見極め、
親父さんがそれをサポートしています。

これは「お茶」それとも「紅茶」と聞けば
「おいしい高梁紅茶になりま〜す」との返事でした。


ぶどう畑で作業していたら乳幼児の訪問。
ぷくぷくの腕に感動して撮らせてもらいました。

0718kodam
ガッチリした両手と広い胸の父君には
このところ、草刈り、袋掛けを手伝ってもらっています。

秋には美味しいぶどうが食べられるね。
と乳幼児に話しかければ
「いえ、この子には甘いもんは、一歳を過ぎるまでは
 食べさせません」
そっそうなんだ。
ちっ、ぶどうで手なずけようと思っていたのに。


作業を終えた夕方の帰り道。
自宅近くのお寺の前を通過していたら
不思議なポアポアダチョウ頭を3コ発見。
軽トラを安全な場所に停め、カメラ片手に戻ってきたら

母鳥に連れられて道路を横断中のカモ?一家でした。
0718kamo1

運転席からはポアポア頭の生まれたてに
見えたのだけど。
0718kamo3
すぐに編隊を組んで、狭い池を行ったり来たり。

0718kamo4
楽しそうです。


banner_021←このポチッが地球を救う・・・かもしれない。

|

« よしずの風 | Main | 爽やかで美味い »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« よしずの風 | Main | 爽やかで美味い »