« 果てしなく雨 | Main | 青空の下で »

とりあえずダイジョブ

banner_021に参加してます。応援クリックをよろしく!
2018年7月7日(土)雨、ねばえんでぃんぐ雨!!!!!うんざり

一晩中、降り続いた雨を気にしながら、とにかく眠った。
(正しくは3日、4日は断続的、そんで5日からずっと雨)

明るくなって山裾の川を見ると、
いつも川面が見えない場所で濁流が見える。
遠くからでも奔流なのが見て取れる。

0707kozui1
右が支流の成羽川で、屋根に隠れて少し見えているのが
本流の高梁川。合わさって南の倉敷に向かって
がんがん流れて行きます。
高梁川に沿ってJR伯備線、すぐ下に国道180号線があります。
本来、川はずっと下に見えるはずなんですが。

↓ブルーシートの底辺に180号がかすかに見えてて
 右の方は冠水しています。
0707kozui2
夜はもっと水かさがあったようで、水圧で斎場の
白いガードレールが破損しています。

ネット情報だと、わが家の下の国道313も
すでに冠水しているらしい。

ならば、朝飯をしっかり食べて、国道沿いの友人宅を偵察に。

0707kozui3
2m近い水が押し寄せ、国道沿いの家はどこも
床上浸水だったらしい。
友人コモリ君が車を避難させようとした時、国道はすでに
トラックが立ち往生していて、出口をふさがれ、
合計4台の自家用車の水没を見ているしかなかった。

午後、おにぎり3コとインスタント味噌汁、ゴミ用のポリ袋(特大)、
ビニール手袋1箱を持ってコモリ君の助っ人に行く、

水道が使えたので家の外壁を洗い、ゴミを拾い、
4台の車をざっと洗車。
玄関、廊下の泥をホースで洗い流し、最も重いピアノと
エレクトーンを二人で移動。
どちらも水を含んですこぶる重い。
休憩時に、近くのセージ先輩とヌシ君の家を見舞う。
どちらも同じような状況。
床上浸水で、屋内のゴミを搬出中。

道のあちこちに大きな貨物トラックがスタックして
ジャマすぎる。
0707kozui4
最初に様子を見に来た時には水が深く、長靴でも
歩けず、さらにダムの放流によって水かさが増しつつあった。
午後になってとりあえず水は引いたようです。

0707kozui44

ここでの洪水は成羽川、高梁川本流があふれた
わけではなく、本流に注がれるはずの多くの谷川などの
山水が一番低いところに集まったのが原因。
一部地域では昔から言われていたことだけど、
改善が十分ではなかったかな。

ホームセンターの肥料袋がフェンスを越えて
外にも散らばっている。
0707kozui5
このフェンスを越える水かさだったワケだ。

家中が水浸しの悲惨な状況。
「これからどうなるんじゃろう」の言葉が
まず口をついて出るのだけど、次には
「いやぁ、大変じゃった」
「もう笑うしかないもんね」
と続き、意外に表情は明るい。


夕方、近所のスーパーの食料品部門が再開された。
トドは精力的に情報発信する市会議員さんのFBで
知ったが、ケーブルTVでも放送されたらしい。

0707kozui6
こうした「フツーの日常」が出現することで、
みなさん どんなに元気付けられたことか。
「どん兵衛」に代表されるインスタント食品を
抱える一家の嬉々とした顔がうれしい。
「そうだ、とりあえずダイジョブ」

トドも友人一家に差し入れの食品をカゴに入れ、
レジに並んだ。


夕暮れ前に、家の前のぶどう畑で
伸びすぎた枝をカットし整える。
この数日は雨で手入れもできなかったので
ぶどうの副梢が伸び放題である。

banner_021←このポチッが地球を救う・・・かもしれない。

|

« 果てしなく雨 | Main | 青空の下で »

Comments

お疲れ様です。国道通行止・断水、大変ですね。ネットカメラで見ていましたが内山下の実家前の小高下川も後1メートルぐらいまで水が来ていました。高梁川に合流するあたりで、あふれたようです。これから暑くなります。ご自愛ください。

Posted by: 巧の家の家主 | July 08, 2018 at 05:03 PM

 報道を見てもしや、と思いましたが、こちらのブログを見て想像以上の被害にただただ驚いています。

 被害に遭われた方々に、心からお見舞い申し上げます。

 うちにあるブルーシートやポリ袋などお送りできたら、などと思いましたが考えてみたら、道路が寸断され宅配どころではないですよね。
 
 トド氏ご夫妻も大変な状況だと思いますが、くれぐれも無理をなさらず、まずお体をお大事にしてください。

Posted by: ゼッペル | July 08, 2018 at 09:13 PM

巧の家の家主さま 
水の威力ってスゴイですね。
小高下川の映像もさぞや迫力あったのでは。
雨が上がったあとの
病気が心配です。(ぶどう)
まずは、その対処ですね。

Posted by: todo | July 09, 2018 at 02:24 AM

こんにちは( ^ ^ ) / ゼッペルさま

もちろん大変なのですすが、
倒壊までいった家は少ないようで、
「この程度で済んで良かった」
って意識があるのかな?
怒られるかもしれませんが。

友人氏に「何がいる」と聞いたら
「ゴミ袋」と答えました。
なるほどと、一度使った「モミガラ」用の
丈夫な袋も持って行きました。

二日過ぎた今、ボランティアも組織
されたようで、ガンガン片付け始めたようです。
ポリ袋、ブルーシートもとりあえず
大丈夫でしょう。
お気遣いに感謝します。

Posted by: todo | July 09, 2018 at 02:43 AM

テレビニュースの映像に慄きながら、遠い地より親戚知人の無事を祈っておりました。被害を受けられた方々のこれからが心配です。この後暑い日々が続くようですので、トド様アシカ様も、どうぞ体調管理に十分お気をつけください。

Posted by: きりん | July 09, 2018 at 06:00 AM

コミュニティーのお助け隊をやられてたんですね。大変です。
横浜の地元はもう50年、川の氾濫をみたことがありません。
町内会は、地震と老齢化対策がメインで、今は月末の夏祭りの
準備が始まりました。
ドロは本当にきれいにできないので大変だと思います。
ピアノとかKeyがぬれたら、大丈夫なのだろうかと思ってしまいます。今は流通がかなりやられているので、状況みてまた
何か考えます。 熱くなります。体をこわされないように。

Posted by: Utam | July 10, 2018 at 09:05 AM

きりんさん
お気遣いありがとうございます。
水道が復旧してホッと安心しました。
今は農作業に専念しています。
暑いけど、山のぶどう畑は湿度が低くて
助かります。

Posted by: todo | July 18, 2018 at 10:05 PM

Utam さま
40数年ぶりの大洪水のようです。
子供の頃の大水(川幅が広くなる程度)の
後は、水たまりに取り残された魚
(主にハヤ)を捕獲しようと大人たちが
色めき立って、子供はそのお伴に
ワクワクして・・・
そんなのんびりしてた時代でした。

Posted by: todo | July 18, 2018 at 10:18 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 果てしなく雨 | Main | 青空の下で »