« ケール | Main | えっ、そんな年なの? »

ジャガイモの実

banner_021に参加してます。応援クリックをよろしく!
2018年6月14日(木)くもり、ちょい晴れ

ジャガイモの花
たぶん「はるか」です。
トド本人は植えた記憶が・・・ナゼかないけど。
小さな畝に20コほど整然と並んでいます。
花を見ていても記憶は戻らない、まぁいいや。
0614jyaga
葉が黄色くなってきたら収穫期。
もうすぐです。


「こんなんできたけど見たことある?」と姉。
初めて見たけど・・・
ジャガイモの実ですね。
0614tomato
日に当たって、みどり色になったジャガイモと同じに
ソラニンたっぷりなので食べると「食中毒」おこします。
黄色く、赤く、トマトのようになれば食べられるようです。
「おいしい」とは書いてないから食べない方がいいでしょ。
男爵、キタアカリにはよく見られるらしい。


午後、山のぶどう畑バルキに上がる。
0614balk1
陽光を浴びて、雨除け屋根のフィルムがキラキラと
瀬戸の海のように輝いていました。

0614balk2
いつもの小道をゆるゆると辿り

0614balk3
小さなラベンダ畑、ソバ畑があって、その先にぶどう畑があります。
なんでもないいつもの風景や晴れた天気が
つくづくありがたい。


琵琶湖近辺の某市長さんが朝ドラ「半分、青い」を見て、
その日気に入った言葉を、FBにアップしてくれます。
それを待ってるファンも結構いて、盛り上がります。

6月14日の「お言葉」はコレでした↓。
0614kenarui

「けなるい」・・・うらやましいの意。
ドラマの中では、岐阜あたりの方言として使われていました。
調べてみたら東京以外の全国で使われているらしく
びっくり。

岡山だと「けなりぃ〜」に少しカタチが変わります。
用法はこんなふうに

Todokaw90Jターンで岡山まで戻ったころ
公務員を定年退職したばかりの方と
知り合いになりました。
若いころから「文士」に憧れていたらしく、
ご自宅は書籍と雑誌でできている?ような
お屋敷でした。
文学を語ること空前絶後、阿鼻叫喚のごとく。
時々は頼まれて雑誌原稿も書いていたようで、
煮詰まると御茶ノ水の「山の上ホテル」にご自分で
カンヅメになるのだそうで(岡山からですよ)。
その古き良き文士の風貌を持つ、
悠々自適そのものって方のところに
たまたまバイクで訪ねたことがあって

「こっこの大けなバイクは君のものか」
「貴君はバイクに乗るのか」
と街中で叫び、くるりと後ろを向いて、
「けなるう ないぞ」
「ぜったい けなるう なんかないッ」
と子供のようにジダンダを踏みながら叫んだのでした。

0319baike
文学まみれの人生は本意ではなかったのかも
しれません。

banner_021←このポチッが地球を救う・・・かもしれない。

|

« ケール | Main | えっ、そんな年なの? »

Comments

ご無沙汰でございます。お元気の様子、なによりです。
あつしも「半分 青い」を、半分だけではなく、全部見てますよ。
時々テロップで岐阜弁の解説が出るので助かる。

Posted by: 中村秀生 | June 20, 2018 at 06:04 PM

久しぶりに面白い「朝ドラ」ですね。
楽しんで見るのは「ちゅらさん」「あまちゃん」
以来です。岐阜弁とかSNS用語に感心してます。

Posted by: todo | June 28, 2018 at 09:59 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ケール | Main | えっ、そんな年なの? »