« 新タマ美味し | Main | 凛々しい姿 »

遠望するシマ

banner_021に参加してます。応援クリックをよろしく!
2018年6月3日(日)晴れ

午前、山のぶどう畑バルキに出勤。
午後も同じ。
まだ、花穂の整理をしています。

昼に帰った家のぶどう畑で全体チェック。
すかさずシマがついてきて一緒にチェックしてくれます。
0603shima
木に上がって遠望するこのポーズを見ると
坂本龍馬が太平洋を、そしてその先を見ている
ように見えます。

ニッポンはどうなっちゅうじゃろか?
と声をかけますと
「そんなこまいことはなんちゃ知らんきに」と
意に介しません。

草を刈り損ねたままの瀬戸ジャイアンツの畑。
0603nobihodai
花咲く前の今刈ると、栄養バランスが崩れて
結実に影響が出るので、結実を確認するまで
草刈りは控えます。
それを見越して2週間以上前に刈っておけばよかったのに、
でも、そん時はきっと忙しかったんでしょうな。


アシカ母からの救援物資が届きました。
0603kyuen
うなぎは長く関西風の焼き方の方が
香ばしくて好みだったのですが
関東風のふっくらも心地よくて好きです。
美味しくて如何にも滋養強壮。
感謝です。

おや、コメントがついてる。
米国滞在中の「のん」さんも大好物でしたか。
次回、帰国の時には目黒の「にしむら」さんを
おすすめします。


banner_021←このポチッが地球を救う・・・かもしれない。

|

« 新タマ美味し | Main | 凛々しい姿 »

Comments

アメリカ時間8:16。
朝一番に飛び込んできたのは「トドさんのうなぎの写真」!
「目の毒」ですぅ。
写真だけでご飯が食べられそうです。
(今のところ)トドさんの絶妙な文章がなくても「香りと美味しさ」がわかる。

Posted by: のん | June 06, 2018 at 11:20 PM

米国でエンジョイしている写真を拝見して
うらやましく思っています。
今や日本的なモノはなんでもありそですが
「うなぎ」は日本の方が美味しいかな。
アシカ母が時々救援物資として送って
くださるのとわが家でもぶどうの師匠に
農繁期の頃送っています。
美味しいごはんが炊ければ日本のどこにいても
届けてもらえます。
ちなみに「にしむら目黒店」さんも
わが家のぶどうのお客様です。

Posted by: todo | June 12, 2018 at 05:09 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 新タマ美味し | Main | 凛々しい姿 »