« のんびりしてらんない | Main | 花見ランチ »

しょうゆ作り

banner_021に参加してます。応援クリックをよろしく!
2018年3月31日(土)くもり、晴れ

南どなりの町の「まるみ麹本店」さんは麹も作り、
商っておられますが、一般的には「お味噌の店」と
思われています。

0331marumi
今日はまるみさんのイベント用の古民家で、
友人ソミヤが主催の
「自家製醤油仕込みワークショップ」です。

まずは、2年ものの醤油と搾った後の「もろみ」の味聞き。
予想をはるかに超える芳醇さと旨味に「これが作れるんだ」と
喜びの声が上がります。
0331dip
野菜スティックにもろみをディップして食べます。
*ダイコン、ニンジンは「おはようナーム」さんの商品。

「のらぼう菜」は参加者の ばんの農園 さんの畑から。
0331norabo
*生でも美味しいけど、味噌汁に入れるとさらに美味しい!

全員の意気が上がったところで、講義を受けながら
作業がスタート。

まずは塩水を作ります。
0331hakar
塩と水をキッチリ計量。
*塩はまるみさんの「福塩」。
*水は東粟倉村の湧き水か高梁川の伏流水。

0331shikomi
ボールでしっかり溶かします。

0331ensui
トドは欲張って8リットルビンです。

大豆と小麦で作られた「麹」をそっと投入。
大豆を潰さないように、ゆっくりゆっくりと混ぜます。
0331mazer
水底に押し込むように、浮かせるように混ぜます。

少し飽きてきた子供たちにばんのさんはおにぎりを
用意してました。
0331onigiri
おにぎりの頭に「もろみのディップ」を付けて。
 この日一番うらやましい瞬間でした。

これから一年間の保存場所や管理の注意を聞きながら
お砂糖の代わりに甘酒を使ったスイーツをいただきます。
0331sweets
やさしい、やさしい美味しさです。


ワークショップに参加していた まるみさん の社長と
話していたら、どうやらトドだけが工場見学をしていない
らしい。なので、ハイスピード工場見学。
0331taru
社長の以前からの夢だった「木の樽に戻したい」が
現実化されていました。
ポリカーボネイトの樽に比べてメンテナンスが
必要ですが、いかにも生きて呼吸している食品に
ふさわしく見えます。

この会社のキモでもある原料の水、米、大豆を
いかに大切に生かすかの装置の数々や考え方を
教えていただきました。
0331water2
工場の地下や要所要所には多量の備長炭を
配してあります。
素材を生かすためでもあり、従業員にも快適に
働いてもらいたいからですね。きっと。

0331water3
トドの父は長くこの町の駅員で、先代の社長(現会長)は
良き話し相手だったと聞いています。
夜遅く仕事を終えた社長と、夜勤の父は駅舎で
ストーブにあたりお茶を飲みながら雑談。
話のメインは「健康で美味しい食品」だったろうと
推測します。
休日はぶどうや梨を作る人と麹と年中、麹や味噌を
考えている人、どちらも健康オタクでもありましたから。
0331oke
そうした前社長の思いがこの会社に結実したのだろうと
感慨深く思います。

発酵つながりとはいえ、イベントの場所を提供、参加まで
していただきまるみ麹本店さんに感謝です。


帰り道、山桜が満開でした。
0331yamazakur_2
むかしはこんなに山桜はなかったような記憶。
今よりも日常的に山に入る人が多かったから
山桜なんて不要な木は小さいうちに切っていたので
しょうか?


わが家のソメイヨシノ(樹齢45才)も満開です。
0331sakura
「桜と一緒に写真を撮っておくれ」は
母の毎年の願いでした。
見てるかな?

banner_021←このポチッが地球を救う・・・かもしれない。

|

« のんびりしてらんない | Main | 花見ランチ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« のんびりしてらんない | Main | 花見ランチ »