« ゆきやなぎ | Main | はてるま »

ゆすらうめ

banner_021に参加してます。応援クリックをよろしく!
2018年4月13日(金)くもり、晴れ

「ゆすらうめ」
このあたりの農家にはたいてい敷地のどこかにポツンと
植わってます。
実がぷりぷりに赤く熟す時期には子供たちが群がります。
むかしの子供たちは・・・ですが、
0413yusura
小さな赤い実は、ものすごく美味しいわけじゃないけど、
わずかに甘酸っぱくて、幼少期を思い出させる
懐かしい味がします。


わが家で一番早いぶどう小公子さん。
小さい房がいっぱいできる、改良型ヤマブドウ。
甘く美味しいのですが小さいのでベリーAと合わせて
ジャムにしています。
0413syoukous
それにしても硬い写真でありますな。

安芸クイン、コトピーなどが続いて展葉し始めます。


ここ数年の懸案だった土地問題が決着しそうです。
Todoyachimo山のぶどう畑カンパラは
お借りしている畑ですが、
突如、遠くに住む隣人の
縁者が境界の異議を一方的に
申し立て、大家さんもトドも困惑しておりました。
0413toch2_2
古い子供時代の記憶や願望に基づいての申し立てが、
しだいに勝手に畑に侵入して杭を打ったり、通せんぼしたりと
エスカレートするので、弁護士さんを擁して対抗。

0413toch3
測量し直して、全面的に大家さんの言い分が正しいと
公的機関に認められてホッと安心。

「わずかな土地のこと、欲しいなら、面倒だから
 呉れてやろうかとも思ったけど、トドさんが
 困るんはかわいそうだから」
 が高齢のバァちゃんが戦ってくれた理由です。

「でも、このあたりのみんなの困りもんを、
 この年寄りのワタシがヘコますことができた」
と高らかに笑いました。

大いに感謝です。
体力と気力が続く限り、美味しいぶどうを作って
食べてもらいましょう。


わが家の「あんず」さん。
0413anzu1
今年はどうやら結実できたようです。

今は花ガラだらけだけど、
0413anzu2
熟れるのが楽しみです。


banner_021←このポチッが地球を救う・・・かもしれない。

|

« ゆきやなぎ | Main | はてるま »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ゆきやなぎ | Main | はてるま »