« 新しいキーウイ | Main | 手紙書いたよ »

真っ平らに本がひらく

banner_021に参加してます。応援クリックをよろしく!
2018年4月3日(火)くもり、晴れ

グラフィックデザイナーにして私家本製作家でもある
S氏から「面白い印刷屋さんあるよ」のお誘いを受けて、
4人で見学させてもらいました。

0403coro1

来客用の部屋に通されると、たくさんの本とポスター。
美術書や写真集が多く見られます。
特に写真集のポスターはきりりと締まって、存在感があります。
この迫力、これもオフセット印刷ですか?
「はい」
じゃ、四色に特色を足して印刷?
でなきゃ、インクの盛りが多め?
「それもありますが、一番はスキャナーでしょうか」
特別なスキャナーをお持ちで?
「いえ、特別ってワケではなく、今ではもう廃番になった
 古いスキャナーです」
 「まだ使えるっていうか、性能的に勝っているので」
「オリジナルの原稿やフィルムを巻きつけ、回転させて・・・」
それ、昔からあるスキャナーですよね、
あれ廃番なんですか?
「一般的にはフラットベットタイプで簡易なものが中心です」
面よりも時間をかけて、線で拾う方が情報が多いってことですか。
「ええ、そのデータをもとにより細密な印刷表現を
 していますから、多くの写真家の方に評価して
 いただいております」

「また、紙の風合いにこだわる方も多いので、用紙も数種
用意してます」「インクと用紙を選べば20年経った印刷物も、
今、刷り上がったものとさほど変わりはないかと」

「他にも、社内に製本部を持ってまして」
社内に? と4人同時に声を上げる。
なんでまた?
「納期のこともありますが」
「仕上がりのためには綿密な意思の疎通が必要かと」

「たとえばわが社はこんな本を得意としています」
「真っ平らに本がひらけます」
「左右両方のページを使ったワイドな写真が見せられます」
「絵本なんかにもいいですね」
0403coro2
「まぁ、他社でもできますが、ウチは得意です」
これは1枚の表ウラにしか見えませんが合紙ですか?
「はい。2枚の紙を合わせています」
印刷した物を、いや合紙してから印刷?
「印刷してから貼り合わせます」
ん〜、それ実際にやっているトコは見たことないなぁ
「あの向こうのレーンがその機械です」
0403coro4
なるほど印刷→合紙→製本→裁断ですか。

「そうです。これで裁断します」
0403coro3
と実際に製本なったものを裁断して見せてくれる。
あきれるほど精密で切れ味がいい。
四人から同時に感嘆のため息が出る。

最後に言われたのは
「わが社は印刷屋ですから大量に生産する能力があります」
「同時に少量多品種もできる存在でありたいと思っています」
「少量でも面白い企画があればぜひ相談してください」
「1点物の作品を印刷して保存したい」
「複製を販売したい」
「キチンとしたデーターで持っておきたい」
そんな小さな仕事にも対応していただけるそうです。
料金も思ったよりリーズナブルでありました。

彼らを本気にさせる仕事を一緒にしてみたい。


用紙を軽々とセットする女性を見て、忘れていた
記憶が蘇った。
0403coro5
トドは学生時代に超有名な印刷会社で深夜のバイトを
したことがある。
このくらいの紙の束が持てなかった。握力とコツで一気に
持ち上げセットしなければバラけてしまうのだ。

色合わせのためには数十メートルもの真っ白い原紙が
高速で回転するロールから引き出され、消費される。
知識としては知っていた面付けされた週刊誌の
表紙が轟音を立てて流れ、うず高く積み重なっていく。
揮発性のインクは突然出火し、何でもないかのように
Todoyachimo消火された。

一晩中、機械音の喧騒と
インクのニオイの中で、
トドはただの足手まといだった。


わがが家のサクラは若葉に切り替わりつつあります。
0403wakaba
ってことは、もしかしたら・・・

やっぱり、ぶどうの芽がほどけ始めてました。
早いぶどうの「小公子」「安芸クイン」の主枝の
先端部だけですが。
0403me
こうなる直前に石灰硫黄合剤で消毒しなくては
ならなかったのですが。

紅白の花が混じり合って見えます。
0403kouhaku
ピンクの花はアンズ。
手前の白い清楚な花はプルーンです。

アシカのほのぼの四コマ劇場は「やきもち」。
0323残りの
3コマは
アシカの
ブログ
ほのぼの
 田舎暮らし

で、お楽しみ
ください。

なんだか
ペットにも
それなりに
ヒエラルキーがあるようで・・・。


banner_021←このポチッが地球を救う・・・かもしれない。

|

« 新しいキーウイ | Main | 手紙書いたよ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 新しいキーウイ | Main | 手紙書いたよ »