« February 2018 | Main | April 2018 »

アーモンド咲いた

banner_021に参加してます。応援クリックをよろしく!
2018年3月27日(火)くもり、晴れ

ポツポツと咲き始めました。

0327almond2

花弁の先がわずかに紅色で艶やかです。

0327almond3
サクラにしては? と足を止めた人が、首を傾げて
「桃じゃないよね」と言葉を投げかけてくれます。

近くにアンズ、スモモの木もあって
「あれと、あれと、これは何?」と二人組の老婦人に聞かれ
終わりかけの花がアンズ、ムコ〜の白いんがスモモ、
それで・・・ と言いかけたところで、遮られ
「知っとる、これはアーモンドじゃろ」
はい、ようご存知で と言うと
「こないだ、妹さんに教えてもろた」

夕食時、説明してもろたって喜んでたおばさん二人の
Todoyachimo話をしたら
アシカは覚えがない様子。
「妹さんに・・・」は
トド姉だったらしい。
インフルエンザ以降7kgほど体重が減って
「どしたん、ちいそうなって」と言われるコトが
多くなったけど、
どうやらハゲシク老化もしているらしい。
愕然としている。


今を盛りの沈丁花。

0327chinch2
甘い香りに惹かれて、よっく見るとこんなです。


0327chinch1

遠くから香りを楽しむのもいいですけど、
アップで見るとガンバってる感があって
応援したくなります。

去年、1本枯し、挿し木で増殖中です。
早くボリュームが出せるといいな。

そんなコトはカンケーなく惰眠をむさぼるシマちゃん。
0327shima

コンクリートは太陽熱を溜め込み暖かいので
大好きです。

banner_021←このポチッが地球を救う・・・かもしれない。

日記 | | Comments (0)

登城キブンの通学路

banner_021に参加してます。応援クリックをよろしく!
2018年3月26日(月)くもり、晴れ

市役所→旧知の先輩の事務所→某事務所 多々を廻る。
途中、高校の時の通学路を通りがかったので歩ってみた。

右上の山頂に備中松山城があります。
標高440mの山城なので、城の下に執務、居住区を設け、
後年そこが高校になりました。

0326koko1

右上画面ギリギリにドーム状のモノが見えます。
先日、若いご夫婦と歩いていて、オクサマが
「あれ、高射砲?」と指差してました。
いったいどこの世界から来たのでしょうか?
高校のミニ天文台です。

三年間自転車で通った通学路です。
0326koko2
こう写真に撮ると、毎日お城に登城していたみたいですね。
 楽しいこともたくさんあったはずなのに、
 記憶の色調がグレーなのは、基本勉強嫌いだった
 セイなんでしょうね。
 さらに黒に近い無彩色のトンネルを抜けて、
 世界がカラフル転じるのは美大に入学してからです。

あれこれを一気に片付けてしまいたかったので
台湾中華でランチ。酢豚と豚骨そば。
0326taiwan
会社員時代は週三回は中華でした。
台湾、四川、香港をぐるぐると。
で、夕飯はビール。元気だったんだなぁ。


市役所で申請書類を待っている間に読んだポスタ。
様代わりしましたね。
0326posta1
面白く読めますもん。

ストレートな表現や語りかけ、
0326posta2
アイキャッチャーの使い方、参考になります。

「自分だったら・・・」と批判的に見るようにしますが、
参考になるところは素直に受け取ります。

banner_021←このポチッが地球を救う・・・かもしれない。

日記 | | Comments (0)

アーモンド

banner_021に参加してます。応援クリックをよろしく!
2018年3月25日(日)くもり、晴れ

もう少しで咲きそうです。
家のウラのアーモンドさん。

0325almond
あちこちから
「ウチも植えたよ〜」
「初めて咲いたよ〜」
のうれしい声が聞こえるようになりました。
美しく、豪華で見ごたえがあります。
実を期待する方は受粉技も植えてください。
塩山に住むぶどうのセンセは「白鳳」をすすめてくれました。
・・・つ〜ことは、桃も収穫できるってワケです。
*場所がなければ、ひと枝接木をしてください。

アシカのほのぼの四コマ劇場は「ぬげない」です。

0320残りの
3コマは
アシカの
ブログ
ほのぼの
 田舎暮らし

で、お楽しみ
ください。

夜ねれない
くらいに
痛いそうで。
腕を引き抜くイキオイで一気に引っ張るという
治療法もあるそうです。
その瞬間はハゲシク痛いけど、一晩寝れば
ウソのように治ってるらしい。

banner_021←このポチッが地球を救う・・・かもしれない。

日記 | | Comments (0)

みどりはちょっと

banner_021に参加してます。応援クリックをよろしく!
2018年3月24日(土)くもり、晴れ

よく働き、よく遊ぶ会社員だった頃、休日はバイクの上か
スキー場か釣り船の上だった。
スーツとネクタイは年に3回ほど、アロハかラガーシャツを
仕事着にしてた。
じゃけん、今もスーツやネクタイは似合わない。
その頃、好んで着た上着は「赤」色。
最初は路上での視認性が良く、危険回避もあって
選んだのだけど、慣れると赤の強い元気力に
心地よさを覚えた。
 そのころ、そうやって自分を鼓舞しなければ
 ならんかったんだな。きっと。

年を経て「赤」に身を包むのが息苦しくなり、選ぶ色は「紺」
へと変わった。

 「黒」は何にでも合わせられる安易さとアナーキーな香り
 あったし、中間色だとジミなトドはかすんでしまうのだ。

0804zaikot

ある年インドネシアのホテルのみやげ物屋さんで
「たまには、みどり色を着てみよう」と、
こんなTシャツを選んだ。
エスニックなデザインはリゾートテイストの仕事の
サンプルにもなるしとも考えた。

ところが、やっぱ、全く着ないんだなぁ。
Daitai120なぜか落ち着かない。
みどりってホント好きじゃ
ないのだな。
そんなワケで、このシャツは
一度も着ることなくタンスに
しまいこまれている。
リゾート系の仕事を
提案することもなくなったけど。
でも、トドのアタマからはこんなパタンは金輪際出て
こないからサンプルとして残して、
「う〜んこんな手もあるよな」と時々見ている。

素材は分厚くて、上等の綿なんだけどな、
みどりのシャツ。


アシカのほのぼの四コマ劇場は「病みあがり」です。
0317残りの
3コマは
アシカの
ブログ
ほのぼの
 田舎暮らし

で、お楽しみ
ください。

あれふぉど
散歩好き
だったのに
寝てばっかりになりました。
見てると、なんだか一緒に老けそうです。
赤いベストでも着せてやるか。

banner_021←このポチッが地球を救う・・・かもしれない。

日記 | | Comments (0)

パステルカラーの

banner_021に参加してます。応援クリックをよろしく!
2018年3月23日(金)くもり、晴れ

「あのな、ワシ入院しとったんや」と叔父から電話。
「そんでな、もう退院した」
知らぬまに入退院し、もうすっかり元気らしい。

遅くなったけど、姫路郊外の叔父の家に姉と見舞いに出かけた。
ちょっとややこしい場所なのでグーグル地図を数枚プリントして
出かけたが、結局行ったり来たりで、ご近所さんに三回たずねて
どうにか到着。
ナビが一般的になってから、県道クラスの道路標示や住所標示は
かなりいい加減になってしまい、現在地がどこだかもわかりゃしない。
次に出かける前にナビか、スマホを買わないとイカンな。

到着予定時間をはるかに過ぎてたけど叔父と叔母、イトコの
せっちゃんが思いっきりの笑顔で迎えてくれた。
それと懐かしいマリー・ローランサンも。

0323marielaurencin_2
「マリー・ローランサン」は1920年代の売れっ子画家。
パステルカラーの簡潔で華やか、夢見るような少女像
という独特の画風。パリの上流夫人の間でローランサンに
肖像画を依頼することが流行しました。(wiki)

叔母上がファンだったようで、居間に掲げられています。
トドもこの絵を見るとホッとします。


昼食をご馳走になり、近況報告会を聞いている内に
風邪薬とお腹いっぱいのシアワセ感につつまれて
いつに間にか爆睡。
 運転時サングラスを着用していたのですが、まずし・・
 いや、まぶしかったのが爆睡の直接原因です。

0323usa
能登みやげ(?)のうさぎ饅頭に起こされて、すみやかに食す。
包み紙のマークがカワイかったのでパチリ。

こっち一見うさぎに見える・・・
11083645_798207483589839_1413125127
シマちゃんとトドの足。

banner_021←このポチッが地球を救う・・・かもしれない。

日記 | | Comments (0)

花開く 暖かさ

banner_021に参加してます。応援クリックをよろしく!
2018年3月22日(木)くもり

家のウラの「沈丁花」さん。
葉色が黄色くて根詰まりかな?水はけのモンダイかな?と
年中気になっています。
花だけ見ればしっとりと美しく、甘い香りを漂わせてくれ、
とりあえず安心してしまいます。

0322chinchy_2
♪ 淡き 光たつ にわか雨
 いとし面影の 沈丁花 ♪ と
ガラではないけど、ユーミンの歌が口の端からこぼれる。
一般的には「ジンチョウゲ」らしいけど
この歌ではやっぱり「ちんちょうげ」ですね。

原産地は中国南部。日本にあるのはほとんどオス木。
なので挿し木で増やします。花弁に見えるのは実は葉っぱ。
花は煎じて歯痛、口内炎の民間治療に使われる。
赤い実は有毒。(wiki)


すももの「彩の姫」さんも咲き始めました。

0322saino
花が終わったらすぐにアブラムシが襲来します。
今年は濃い目のストチュウで対抗してみるかな。
ダメなら早めに殺虫剤に頼るしかありません。
でないと、葉っぱが縮れて無くなってしまいますんじゃ。


もう一年ぐるぐる縛り上げ垂直栽培予定のフェイジョア。
南洋っぽいけど意外に寒さに強い。
0322aporo
大きな実は来年までお預けだよね。


寒冷地でもOKのはずの「レモン」。
今年は特に寒かったからボロボロの葉っぱです。
でも、春になったら新しい葉が出てきます。たぶん。
0322lemon
マイヤーレモンもほぼ同じに葉っぱは枯れています。
でも、暖かくなれば蘇ります。確信をもって。

banner_021←このポチッが地球を救う・・・かもしれない。

日記 | | Comments (0)

ケール

banner_021に参加してます。応援クリックをよろしく!
2018年3月21日(水)雨ざーざー

ケールの種が届いた。
トドが小学校の頃、親父は猛々しいカンランを栽培し、
青汁に絞って飲んでいた。
 消化器系が弱く大病を患ったあと、医者がすすめた
 健康法でした。
 担当医は青汁を世に広めたエンドー先生です。
 味はものすご〜く美味しくなかったです。

Todokaw90カンランはキャベツの
原種で「甘藍」と書きます。
どう考えても「甘い」要素は
なかったけど。

0321kale

そんで「カリーノケールミスタ」もキャベツの原種に近く、
でも、苦みや青臭さがないらしい。
普通のキャベツよりもビタミン、ミネラルが豊富で、
サラダにしても美味しい・・・。
それで発注したらしい、ところのトドです。

Keru

葉の端が縮れているので、オリーブオイルや
ドレッシングが馴染みやすく、サラダにしても美味し。
味見が楽しみだな。


banner_021←このポチッが地球を救う・・・かもしれない。

日記 | | Comments (0)

もくひょーは高く

banner_021に参加してます。応援クリックをよろしく!
2018年3月20日(火)くもり、晴れ

暖かくなって自分の菜園に出てきた姉が言う。
「あれ・・・玉ねぎみたいじゃけど?」
「この時季にあんな大きいのは見たことがない」
「あれは何?」
とご近所さんによく聞かれるけど〜。

0320negi
玉ねぎです。
夏の終わりにホームセンターで見かける「ホームたまねぎ」
つー分です、小さくてカワイイの見るっしょ。
じゃけど、植え時を間違えて、3ヶ月ほど遅れて植えたから、
葉っぱは大きいけど、肝心の玉はまだ小さいままなんよ。
と答える。
みなさん結構よその畑をチェックしておられる。
内心、ほっといティンカーベルである。

ふつーに11月植えた玉ねぎの生育状況はこんなです。↓
0322tamaneg
ぶどうで忙しい9月、プランタに種を蒔いて、
11月(だったっかな)に家の横の畑に定植。
品種は「ラッキー」。
冬が例年よりも寒かったのでこのくらいの大きさですが
今頃から急速に大きくなります。予定です。

「ラッキーは美味しいのでオススメです」と種苗屋さんに
言われて一昨年は苗を買って植えました。
年を越し大きく育つのを見ながら、同じラッキーの種を
蒔きました。
ところが、その後・・・
「ラッキーは長期保存が難しい」と新たな情報。
それで晩秋に長期保存に向いているらしい「ネオアース」と
「パワー」の苗を買ってメインにしました。
Todoyachimo来年は
早生→晩生→ホームタマネギ
のサイクルで
年中タマネギを食べられるようにしたい。

モンダイは「味」で、どれも美味しいのですが
北淡(淡路島北部)のタマネギくらい「特別美味しい」
ってほどではない。
くだんの種苗屋さんが
「モミジは加工用の量産品種だから味はもう一つ」
と言われるほど不味いとも思えないし。
むやみに大きくしたくもないので肥料はボカシのみ。
目標は高く「マウイのタマネギより美味しいの」です。
さて、どうしたもんか。


やっと顔を出したスナップエンドウ。

0320snap
大きくなりなされ、一晩で空にとどくくらいに。
さすれば350m上の雲海に登って金の卵を産む
ニワトリさんをかっぱらって・・・
ん、350m上の雲海なら軽トラで毎日上がってるか・・・


高梁の町屋。高校生のころ、よく訪ねた友人の家。
ご近所さんが買われて、今は人気の古民家喫茶店。

0320sato

奥に広くて、立派な中庭があったとは知らなかった。
今、友人は千葉に暮らす。


banner_021←このポチッが地球を救う・・・かもしれない。

日記 | | Comments (0)

引き算の・・・

banner_021に参加してます。応援クリックをよろしく!
2018年3月19日(月)雨

雨なので気兼ねなく連日のお出かけ
・・・訂正 雨ってより、日本中冬の嵐のような天気でした。
高速に乗って北に、東に走り、53号線でさらに東に・・・

0319talm
昨日の広島の山道よりも大きな道で、シンプルな道筋
だったので運転も気軽でした。

鳥取県智頭町に到着。
パンとビールの店「タルマーリ」さんです。
0319talm1
岡山県北の勝山で営業されていた頃は何度も訪れたのですが、
智頭は遠くて、やっと来ることができました。
 正確には・・・オリジナルのビールを飲みたくて、
 しかし、電車で来るにはむちゃ遠くて来れなかったんです。

廃幼稚園をリファインした新たな店。行政の協力と
スタッフみなさんの手による補修でかわいいお店に
なりました。
0319talm3
庭の遊具はそのままです。

勝山時代の最大のモンダイは家屋の屋根が低くて
製粉機の能力が引き出せなかったこと。
それを解決し、広くいくつもあるスペースをビールの醸造所や
イートインとして活用しています。

そして、比較的時間の余裕があり、お客様が少ない冬季を
利用してのタルマーリの紹介とパンやビールの工場見学の
イベントです。
ビール飲み放題とランチ+パンのお土産付き。
Beer理想のビールについては以前から
イタルさんが熱く語ってましたから
どんなビールを作ったのか
興味津々です。
こんな素敵な企画に乗らないわけが
ないじゃないですか。
ビール好きのトドが。

一番乗りでドアを開けます。
スタッフと焼きたてのパンたちが出迎えてくれました。

0319talm2
部屋で見学イベントのお客様が揃うのを待ちます。
トイレに行ったら便器も洗面台も低くて、
なんだかうれしい。
うれしがっていると友人oooka夫婦が到着。
(・・・写真を撮り忘れたので紹介できません)

すぐに、電車でのお客さんも来られて
まずはスライドを使ってのパン作りの話。

タルマーリーさんがこだわっているのはその地域の天然酵母、
美味しい天然水、自然栽培原料の三点です。
一般的には卵、牛乳、砂糖も必須と思われていますが
これはあえて使いません。

0319hikizan

野生の酵母には肥料も農薬も使わない自然栽培の素材が
一番うまく発酵するので、天然水、塩、自然栽培の小麦粉だけで
作ります。
シンプルな構成だからこそ季節や製法による不具合も
見つけられるし、工夫のしがいがありそうです。
 *このあたり、わが家のぶどう栽培と同じような考え方かと
  うれしくなりました。
  無肥料、ギリギリまでの減農薬で甘さ、大きさ、よそより早い
  収穫を放棄し、品種による個性をできるだけ生かす栽培です。

0319talm4
それに、ビール酵母を使うことで、長時間の冷蔵発酵に耐える
パン生地になるので、毎日早朝からパンを発酵させる呪縛のような
労働からも逃れられるようで、最大の利点を発見したようです。

酵母菌を取るために・・・竹林にでも出かけるのかと思ったら、
工場内で採れるそうです。

0319beer2
うまくいくのは年に1、2回らしいですけど。
蒸し米を竹のハーフパイプに入れて、戸棚に入れとくだけ。
右下の緑のカビたんは失敗作。

して、こちらが現在使っている地元酵母菌。
サッラサラです。

0319beer3

日々の作業の中でも酵母を採取するための観察力を怠らず、
うまくないと思えば、洗剤の使用を中止します。

0319talm5
熱湯だけでもシンクやお皿はピカピカです。

トドが最も興味がある ビール工場。
早く飲みたい!

0319beer_2

ビールの製造は意外に簡単なんですよ。
いいからもう飲ましてくれろ。

っと懇願したワリにはビールの写真を撮り忘れたので
タルマーリーさんのHPからお借りしました。

B08a38_93a38346226840879256d4c603cd

すっきり、爽やかな飲み口でいくらでもイケます。
あっ、こんなビールがあったのかと止まりません。
「ビールはそんなに飲めないはずなのに」と言いながら
oooka奥様も何度もウキウキ顔でサーバーに通います。

B08a38_ee82835771f84e8482f7a8cbeb45
(こちらもHPからお借りした写真)
ピザもイノシシハンバーガーも美味しかったです。

ところで、なんもかんもうまくいったわけじゃなくて、
ピザ用の手作り石窯は失敗だった様子。

0319beer4
なんで?
構造をちょっとはしょったら、高熱が生まれなくて。
今は仮にアメリカ製のこのオーブンを使っています。
ですか〜。
でも、ビールが美味しいからもうなんでもいいや。

そうしてビールにランチに酔い痴れているワシらを尻目に
同業の方たち? はイタルさんを質問攻めにしていました。

0319talm6
真剣に、そして楽しそうなやりとりが果てしなく続きます。

帰りの電車の時間が迫ったのでイタル&マリーさんと
記念写真を撮ったり、著書「腐る経済」にサインをもらったり。
*「腐る経済」が未読の方はゼヒお読みください。
 面白いです。文庫もあります。

0319nara

京阪神からのお客様も多数だったようです。

袋いっぱいのパンのお土産を抱えて帰ります。

0319talm9
アシカと二人分のお土産ですから、しばらくはパンを
食べ続けます。

0319talm7

トドはココチ良いビールの酔いに眠りに落ちて
アシカの運転で帰りました。
0319talm8

ビール好きのトドの一位の座は永くヘリオスさん(沖縄)の
ビールでしたが今日からタルマーリーさんをオススメしたい。

ビール飲みに再訪したいけど、キャンプ仕様の
一泊予定で来れば可能か?
民泊ならあるらしいけど。さてさて。

banner_021←このポチッが地球を救う・・・かもしれない。

日記 | | Comments (0)

神石未踏を行く

banner_021に参加してます。応援クリックをよろしく!
2018年3月18日(日)くもり、晴れ

藻谷さんの講演「ブラモタニ」に行ってきました。
トドとアシカの住んでいる高梁市のおとなりの町
神石高原町(広島県)で行われました。
0318buramota1
「ブラモタニ」のネーミングが秀逸で、すぐに参加を
申し込みました。
主催の「フューチャーセンター福山」は
「瀬戸内の真ん中から自分ごとの未来を創造し、一緒に
 アクションを起こしていく」をテーマにしたグループです。
今回は「里山資本主義」著者の藻谷浩介さんを迎え、
中山間地域の神石高原でのフィールドワークと講演、
住民の方たちと一緒にワークショップそして懇親会と
盛りだくさんです。

神石高原町 小野地区
吉備高原の西端。標高280〜730m。
現在の戸数65戸 人口129人 高齢化率60%以上
主産業/農業(米、花卉、ぶどう、タバコ)

 神石(じんせき)高原・・・字面からしてイワクありげで
 昔から、いつか行ってみたいと思っておりました。
 行ったことがなかったから、タイトルは「神石未踏」です。


参加者と地元、小野のみなさんとの合同写真。
(ノベオカさん撮影)
29314472_414372452341116_7320112029
みんなでワークショップ、続いて懇親会の後の写真ですから、
みなさんお酒も入ってニコニコ顔。(クリックで大きくなります)

↓こちらが会場。
旧小野小学校で、今は「小野社会教育施設」として
活用されています。

0318buramota2
運動場を広くとるためか、校舎は一文字スタイル。
住民の方がよく利用されていると見え、手が入って
現役感アリアリの施設です。

長い長い一直線の廊下は70数メートル。
0318buramota3
たくさんの子供たちが今も毎日拭き掃除をしているかの
ようなピカピカの廊下。すり足でも釘の頭やソベラで足を
傷つけることはなさそうです。

短時間で広範囲を回りたいために車10台ほどに
乗り合わせてフィールドワークスタート。
まずは村の唯一のお寺、開山1593年 曹洞宗の
「天徳寺」さん。

0318buramota4
庭木は檀家さんが集まって手入れしています。

こちらのお寺の賽銭箱の投入口には住職さまの手で
こんな文が書かれており、全員が感動。
0318buramota5
言や良し、と次々に喜捨が集まりました。小銭ですけど。

「小野八幡神社」1618年再建
29313356_931057557075601_4412469997
(ヤスハラさん撮影)
備前焼の狛犬の迫力と見事さに足を止めます。

29313531_931057443742279_2906671248
(ヤスハラさん撮影)
本殿の銅葺き屋根の曲線の見事なこと、龍のウロコの
重なりのようにも見えます。

小さな村にしては随所に手の込んだ装飾の立派な社です。
0318buramota6

1867年の修復時には村人は3年間飲まず食わずで
過ごした・・・そうです。
モタニさんは石碑の文字を読んで、同時代の出来事と重ね、
整理し、時系列に並べ、その時代の説明を加えて、聴く人の
想像をどんどんふくらませてくれます。


「旧小野中学校」1950年竣工
大工さんに協力し、村人が手弁当で作った校舎です。
2階は講堂兼体育館で、舞台や映写室も備えられていました。
0318buramota7
横腹に破れた戸口のように見えるのは、一段上に位置する
運動場からの連絡橋梁だったようです。

小中学校の統廃合の時代背景を全国的目線で
詳細に語るモタニさん。(ノベオカさん撮影)
29339815_1653676898043404_248093403

廃校になった跡地の運動場にはライスセンター(脱穀所)が
建ちました。そのころの収穫量は210トン、生産者72人。
35年後の現在、68トン、生産者25人とそれぞれ1/3になりました。
と地元の方の説明を受けてモタニさんは
ぐるり周囲を見渡し
「この山の上の地域で水源はどこから取っていますか?」
「下界から持ち上げてはいないのですね」
「では、小高い山とそこの木が水源です」
「山の木を切らずに要所に巧みに残してあります」
「その下には棚田がいくつもあって稲作に十分な量の水を
 確保できたはずです」
「みなさん稲作を始めた初期、どこで米を作っていたと思います?」
「広大な平野ではなかったんです」
「平野には必ず洪水がおきます」
「水をコントロールできない時代では、こんな場所こそが
 稲作に適した場所だったんです」
「山の斜面で、一人で耕すのに十分な広さがあれば
 それで良かったんです」

「大古瀬の滝」
滝まで降りるルートは整備されていないので自己責任で
降りていきます。転んだ人も数人。
0318buramota8
この日は地元のスタッフが張ってくれたロープを頼りに
なんとか降りました。
(トドが歩くと落石が多いので途中で断念)

数人がたどり着き、滝つぼから歓声が湧き上がりました。
29343127_1653676864710074_636064575
(ノベオカさん撮影)
なるほど、歓声が上がるような美しい滝です。
滝マニアの間では幻の滝と言われているそうです。

滝の真上の小野城址と古墳は車上から紹介。
帰る途中、若い新規移住者のお宅にお邪魔して
お茶をご馳走になりました。
0318sansk1

最中も用意してあって、その甘さにホッと一息。
0318sansk2
右上はノベオカさんのドローン。

会場に戻ってモタニさんの講演。
最初にドバイの超高層タワーと王族のスライドを紹介。
「これ、1000年先はどうなっていると思います?」
「コンクリートは100年保ちません」
「超高層タワーも日本の高速道路もビルも10回以上
 建て直すことになります」
「それができるでしょうか?」
「アラブの王様の顔を見てください」
「目に憂いがありませんか?」
「富の源泉であった石油がもうすぐ枯渇するんです」

「ここ神石高原は1000年後どうなっているでしょうか?」
「たぶんあまり変わらないんじゃないかと思います」
「だって、古墳があるんですよ 6世紀の」
「1000年以上前からここで米を作り人が暮らしてきたんです」
「1000年先だって同じように暮らせるんです」


ワークショップのテーマは「未来の小野村」の新聞作り。
5、6人のグループで想像を羽ばたかせながら構成します。

「懇親会」
まずは全員でカンパイ、

29425630_1653676964710064_899664471
(ノベオカさん撮影)

大国主命が舞い、福の種(紅白のお餅)が撒かれます。

0318buramota9

今まで西粟倉村、高梁、新見と三回モタニさんの講演を
拝聴しその都度目からウロコで楽しかったのですが
今回ほどご本人が楽しそうにしているのは初めて。

0318buramota11
ご自分の故郷山口県に近く、旧知の仲間の主催による
心安さだったのかもしてません。
ベタベタの方言丸出し講演も心地よさげでした。

関東の某大学院生。授業の一環として、現場で学んでいる
若者です。
0318buramota10
好きなコトを、好きなように学べる学校環境について
話してくれました。

トドとアシカは暗くなる前に山道を通過したかったので
早めに脱出。

ほとんどのみなさんは最後までおられた様子。
楽しそうでうらやましい。
29314989_414372442341117_49781991_2
(ノベオカさん撮影)

藻谷さん今回も目からウロコボロボロでした。感謝。
「フューチャーセンター福山」のみなさんお世話になりました。
小野さん、延岡さん、細川さん、二人の安原さんお会いできて
楽しかったです。
小野のみなさんお神楽を見守る目が優しく、一升瓶を抱いた
大きな笑顔が楽しそうでした。
藻谷さんの言葉に千年の誇りが持てましたね。良かった。

banner_021←このポチッが地球を救う・・・かもしれない。

日記 | | Comments (0)

ホントに望んでいたか?

banner_021に参加してます。応援クリックをよろしく!
2018年3月17日(土)くもり、晴れ

かつて・・・
こんな風景の中に身を置いてみたいと思っていた。
いつか行けそうな気がしていたのだが、
仕事や雑事にまぎれ、
疾走するバイクの彼方に忘れてしまった。

Gunj

世界の巨石を撮り続けているカメラマン氏の
スライドトークがあったので申し込んだ。
プロフェッショナルの撮った写真で
「本当に行きたかったのか」を確認してみたかった。

残念ながらハズしてしまった。
Todoyachimoいや、
カメラマン氏が悪いのではなく、
ワタシの確認が足らなかった。
今回のイベントのテーマは
全く別なのでした。

出雲に暮らす経緯やそこで暮らす人ならではの
レポートは興味深いモノではあったけど・・・

信州、東北、奈良、九州をバイクで走りながら
高原に点在する遺跡を訪ねた若き日々。
Jターンしてから友人と巡った瀬戸内の島々や
岡山、広島の巨石遺構をぼんやり思い出しながら
一人浮いていた。

「見たかった場所」の多くは代わりのように
弟が世界中を廻ってくれたようにも思う。
まぁ、いいか。
本当に行きたいと望んではいなかったってコトだろう。

今、目にしたいのは人の手が触れていない(ように見える)
草原や荒野であるような気がする。
果たして・・・

banner_021←このポチッが地球を救う・・・かもしれない。

日記 | | Comments (0)

ウラタくんの沖縄みやげ

banner_021に参加してます。応援クリックをよろしく!
2018年3月16日(金)くもり

毎年、1月には西表島まで自転車通勤してキビ刈りをしてる
ウラタくんが帰ってきました。
激辛の「島とうがらし」の種がお土産です。
ヤッター。欲しかったんですこれ。

0316shimatoug
去年まで、鷹の爪を育てて、焼酎に漬け込み、
農薬代わりに散布していました。
沖縄の有機農家では島とうがらしを泡盛に漬け込んで
同じように虫よけとして使っている方もおられます。
たぶん激辛の方が薬効あるかなと。
 昨秋は泡盛を仕入れたので鷹の爪を漬け込んで
 コーレーグースを仕込んでみたのですが、味はイマイチ。
 今年は島とうがらしで作ってみましょう。

しかし、種は三袋もあります。
かなり大きな畑を用意しなくてはなりませぬ。
出来たらできたで何に使いましょうか?


スナップエンドウの芽がようやく出ました。
水管理に失敗した上、霜にもやられて壊滅状態。
見かねた友人ニシナさんが
「今からでも蒔いたら」と自家採取の種を分けて
くれました。
0316sunap
それが、土とモミ殻をかき分けてやっと出てきました。
春の日を受けてグイグイと育ちませ。


机に向かうと「オイ、ひざをかせよ」とシマが
飛び上がってきます。
そん時、立てるツメでいつだってトドの太ももには
傷跡があります。
ツメを避けるため膝掛けを用意しています。
防寒でもありますが。

0316hiza
席を立つ時には膝掛けでごっそり包んで
イスにのせます。
シマはそのまま、こんな風にずっと寝ています。
うらやまし。

banner_021←このポチッが地球を救う・・・かもしれない。

日記 | | Comments (0)

ぶどうシーズン始まる

banner_021に参加してます。応援クリックをよろしく!
2018年3月15日(木)くもり、晴れ

とうとうブリージングが始まりました。
ぶどうの根が冬眠から覚め活動を始めました。

0315mizuag
これから秋の収穫までどっどっ怒涛の忙しさ・・・
ず〜っとじゃないけど、キブン的にはずっと忙しいです。

スーパーフードと言われる「ヘンプ・シード/麻の実」
先日、輸入雑貨店で見つけて買いました。
0308hempu
欲しかったのだけど・・・なんで欲しかったのか
忘れていました。血圧かな?
効能を調べると
・心臓、血管の健康
・肌のサポート
・必須脂肪酸(青魚の代わりに)
・脳の栄養
・免疫機能

う〜ん、誰にも気づかれず発毛とか
人知れず背が伸びるって効能はないようだから
血管と免疫が目的だったらしい。

「麻の実」って聞くと現在では悪いイメージしかないけど
日本では古来から神事や「衣」「食」を中心に生活の中の
必需品として取り込まれていたのですけどね。

種を蒔いてからぐんぐんと伸び、成長が早いので、
忍者のジャンプ力養成グッズとして使われました。
とトドの世代の少年雑誌の紹介記事が懐かしい。


アシカのほのぼの四コマ劇場は「友だち」です。
0315 残りの
3コマは
アシカの
ブログ
ほのぼの
 田舎暮らし

で、お楽しみ
ください。

種を超えた
友だちって
いいですね。
アシカさんらしい表現ですなぁ。


banner_021←このポチッが地球を救う・・・かもしれない。

日記 | | Comments (0)

ハワイ焼け

banner_021に参加してます。応援クリックをよろしく!
2018年3月14日(水)くもり、晴れ

久しぶりに会った友人に
「あっ、ハワイ焼け?」と言われました。
春前の弱い日差しでも、毎日上を向いての作業だと
顔が焼けますね。

0314todo_2
アシカには
「焼け方がヘンよ、日焼け止めちゃんとぬってる?」
と不評。
まだ春にもなってないから、ぬってませんでした。
去年までは頭にタオルを巻いて作業してましたので
ヒタイにくっきり一直線の焼け痕が残り
「ゼッタイどこにも連れて行かない」と宣言されてました。
どこに連れてってくれようとしていたのかは知りませんが。
今年はちゃんと野球帽をかぶっていたので
多少はマシなんですけどね。

山の上に上がる道に沿って流れる井谷川。
0314ogawa
軽トラを降り、覗き込むとちょっといい感じの流れです。
子供が喜びそうなくらいの。
昔々はこんな上流まで魚が居たと聞きます。
沢ガニやモズク蟹は居たのでしょうが。
 *モズク蟹はこのあたりでは「ヤマサリ」と呼ばれ
  美味しいので珍重されています。


昼過ぎに、ちょっと時間があったので、近所のモータースで
ヴェゼルの冬タイヤをノーマルタイヤに交換してもらいました。
0314ibutu
冬タイヤは柔らかくて路面に食い付きが良いためか
燃費が悪くて14km/L。ノーマルに替えた途端に21kmに
復活しました。エアチェックもしてもらって、走りが軽くなり
ました。
そうそう「エンジンルームのチェックを」と思いついて
ボンネットを開けると・・・ありました。
今回は干し柿ではなく、乾燥イチジクでした。
一体ダレのプレゼントでしょうかね。
 このブログでも何回か取り上げてますが
 晩秋だったか、TBSの番組を作っていると名乗るADさんから
 「ゼヒ取材したい」とメールがありました。
 車のボンネットの中に柿のプレゼントは全国で起きている
 現象ですから、身近なところで取材してくださいと
 返事したらそれっきり。
 ADさん忙しいでしょうからね。

*エンジンルームにネコや小動物が入りやすい構造の車の
 オーナーは乗る前にバンバンとボンネットを叩いてから
 エンジンをかけるそうです。


banner_021←このポチッが地球を救う・・・かもしれない。

日記 | | Comments (0)

駆ける

banner_021に参加してます。応援クリックをよろしく!
2018年3月13日(火)くもり、晴れ

朝食後、軽トラで20分、山のぶどう畑バルキへ。
車が走りやすい広域農道です。
0313balk1
バイクでも走りやすくて
それがココロ踊る道かといえば
ちょっとイージーすぎて物足りないかな。

ロング&ワインディングロードはバイク乗りの
憧れのはずなんですが、この道はどちらかというと、
アップダウンが少なくて、コーナーも曲がりやすく、
の〜んびり走るのに適した道です。
0313balk2
さぁ、今日は「気合い入れて走りに行こ」って
奥多摩や六甲の道とは違います。

それでも、このあたりで距離を走りたい道は
あまりないので、もう少し暖かくなるとライダー達が
集まってきます。
やはり、峠を攻めるってよりも、先を急がず、
ゆっくり走りを楽しみ、流すような走り方が多いです。

↓ここも舗装してなきゃ、オフ車でゆっくり走りたい景観
なんですけどね。
0313balk3
岡山の政治家たちは山の中まで徹底的に舗装するのに
腐心したようです。
生活道として「舗装してほしい」という地元民の利便性と
業者の仕事都合もあったのでしょうが、
山梨や長野に比べてちょっとイジリすぎで残念です。

わが家の野菜たち。
0313negi
蒔き時期がおそくてどれも小ぶりですが、美味しいです。
まぁ、白菜、キャベツは料理しやすいミニを蒔いたのですけど。
肥料は米ぬかボカシのみで無農薬。
そろそろ食べきらないとトウが立ってます。
もっとも、菜の花で食べるのも楽しいのですけど。

野菜を作るのは経済的ってよりも、栽培の実践勉強だし
美味しいモンをたべたいからです。
化成肥料や牛フンたっぷりででガッチリ猛々しい野菜よりも
若いうちから野鳥たちと争うように葉っぱをちぎって食べてた
野菜たちは見かけは悪くてもとても美味しい。
包丁の入りがスッキリだし、早く煮えるのよ。(料理方)


アシカのほのぼの四コマ劇場は「今のうち」です。
0313残りの
3コマは
アシカの
ブログ
ほのぼの
 田舎暮らし

で、お楽しみ
ください。

できる
時に
やっとかないと
イケナイとは思っているのですけど。
常々。

banner_021←このポチッが地球を救う・・・かもしれない。

日記 | | Comments (0)

楽しかったと口々に

banner_021に参加してます。応援クリックをよろしく!
2018年3月12日(月)くもり、晴れ

今日も軽トラで山のぶどう畑バルキに上がります。
いつもの旧道で珍しく対向車に合いました。

0312balk
この道、むかしはバスも通っていたようです。
その頃は木々ももう少し刈り払われて、
空も大きかったのではないかな。

ライオン(LOWE/レーヴェ)の剪定ばさみを愛用しています。
少し持ち重りがしますが、切断のショックがなく、ソフトな
切れ味で疲れにくくて長時間使用するのに助かります。

0312hasami
3.5cmくらいの枝でも楽々カットでき、耐久性も抜群。

頑丈な作りなので刃を食い込ませながらコジてもヘーキで・・・
おっと珍しく刃がパックリと欠けてしまいました。
何年も使っていますが刃の交換は初めてです。
手前のハサミの左側が交換したての刃です。
受け台の方はアルミで柔らかいので溝が深くなると
交換します。(2年おきくらい)
予備も含めて2丁、アシカが1丁、姉も1丁持っています。
大おすすめ商品です。
(友人oookaさんのおすすめだったかな、感謝)


作業していたら友人ワタくん(5才)がやってきました。
車が停まると駆けだしてきて
「ヒマラヤいってきた」
ん?
「ヒマラヤ登ったんだよ」
ヒマラヤってあの高い山のヒマラヤ?
「そっ、高くて、こーんな大っきんだよ」と
足を踏ん張り、両手をいっぱいに広げてみせる。

0312ssd1
 *「きょう けがしたんだ でも じぶんで テープはったんだよ」
   とアンパンマンの傷テープを見せてくれた。

チチとハハも降りてきて
「ヒマラヤ見せたくてネパール行ってきました」
はぁ、見せたくてって・・・どんくらい行ってたの?
「20日くらいかな」
そっか、最近気配がないと思っていたら居なかったのか。
「そんでね、ヒマラヤのぼったんだよ みんなで」
「1800mほどの山を5時間歩いたんだよね〜」
ん〜そりゃ頑張った。
ユラくん(弟)はおぶって?
「そうそう、背中にしょって歩きました」

「すっごい良かった」「楽しかった」と口々に
カトマンズの、美しい湖の、晴れた日の、雨の、
ポタラの、一泊1000円くらいの、
火葬の、その匂いの、嘆き悲しむ家族の・・・
そんな全てを4人の家族で味わってきたらしい。
「キレイなリゾートホテルもありましたよ」は
トドを気遣ってのハハの言葉。

「そんでね、ひっこすの」
はぁ、 また引っ越すの どこに?
「少し北に、市内ですけど」
「今住んでるとこ、気に入っててずっと住みたかったんですけど」
「田畑も整備したし」
「子供のことを考えると同じくらいの友達がいた方がいいかなと」
「だから、同じような暮らしをしている一家のとなりに越します」
そっか、残念だけどそりゃいいね。

0312ssd2_2

またね〜っと元気に手を振る一家。4人と犬一匹。
「そうだ、向こうから絵はがき出しました〜」
「一週間くらいかかるそうで〜す」

元気をもらったような、
置いていかれて急に年取ったジジイになったような・・・
そんなキブンでした。

そういえば、ここ何年も予定調和の旅行しかしてないな。
ハワイとか沖縄とか気楽で楽しい旅。
かつては1500円くらいのホテルでも充分満足だった。

そっか カトマンズ くたばる前に一度見ておくのもいいかも
しれない。ワタくんからの絵はがきを見ながら考えよう。


banner_021←このポチッが地球を救う・・・かもしれない。

日記 | | Comments (0)

剪定作業

banner_021に参加してます。応援クリックをよろしく!
2018年3月11日(日)くもり、晴れ

終日、山のぶどう畑バルキで剪定作業。

夕方まで作業。
0311hayashi
素早く撤収し、風呂焚きとビール待つわが家に帰ります。


アシカのほのぼの四コマ劇場は「昼ごはん」です。
0309残りの
3コマは
アシカの
ブログ
ほのぼの
 田舎暮らし

で、お楽しみ
ください。

世の中
みそ玉が
流行ってる
らしいけど、これもなかなかです。

banner_021←このポチッが地球を救う・・・かもしれない。

日記 | | Comments (0)

春めいて

banner_021に参加してます。応援クリックをよろしく!
2018年3月10日(土)くもり、晴れ

終日、山のぶどう畑バルキで剪定作業。
わが家のぶどうは草生栽培です。
草の根が耕し、土壌を団粒構造になり結果として
小動物や微生物を増やし、保水性と排水性を保ちます。

0310balk3

下草がイキオイを取り戻して春めいて来ました。
黄色のツブツブはブン撒いたモミ殼。
24袋/a 、カキ殼粉を10袋/a 秋に投入済み。

青空の下で作業できるシアワセを感じる・・・
なんて余裕なく、1芽だけ残して枝を切っています。
ピオーネ、赤系のぶどうと終わって、あともう少し。

0310balk2_2

切った枝は、さらに20cmほどに切って畑に落としてます。
地表でゆっくり、ゆっくりと分解されて土にもどります。
肥料というよりは土壌改良の一助になるかな。

イノシシ君の落し物。この畑で見るのは初めて。
0310shishi2
牛サイズくらいでしょうか。


banner_021←このポチッが地球を救う・・・かもしれない。


日記 | | Comments (0)

いつまでも美味しいとは

banner_021に参加してます。応援クリックをよろしく!
2018年3月9日(金)くもり、晴れ

早朝から山のぶどう畑バルキで剪定。
ダウンウエアで着膨れしてても、むちゃ寒ぶい。
風も吹いて、手足がカジかむ中、作業しているとアシカから電話。
「明日は気温も上がるそうだから作業は明日にしたら」と
体調を心配しての電話でした。
できればそうしたいのだけど、わが家の剪定の遅れを見て
わざわざ季節を冬に戻してくれたぶどうの神サマに
申しわけないので頑張る。

先日は昼食に冷べたいものを食べて失敗したので
今日は市内のどこよりも美味しいと思っている
山の中の某店でランチ。
0309shima
建物の外見は定食屋なのだけど、仲間内でも
「あそこに行けば大丈夫」と信頼されている店。
県外からのお客さんを何度も連れて行ったけど
「こんな山の中でパリッとした料理が出てくるなんて」
「盛りも味も素晴らしい、また来たい」
と大好評なのでありました。

昼、いちばんの客で飛び込んで、
さて、何を頼もうとメニューを見たら
3品ほどが赤いマジックで消されていた。
??? これは ひょっとして・・・

運ばれた料理は以前に比べて盛りが少なく、味も寂しい。
プロの職人の気っぷの良さが感じられないものでした。
帰りにレジから厨房を覗いて目が合えば「美味しかった」と
声をかける板さんの顔が見えなかった。
「美味しい店がいつまでも美味しいわけじゃない」
自分で作った箴言を思い出します。

たまたまだったのかも知れませんが、
復調して欲しい店です。


昼食後、畑に戻って仕事の続き。

夕方、隣人と立ち話。東南アジアの話を聞く。
ついでだからとコーヒーを入れてくれ、話のついでに
アボリジニの笛(ディジュリドゥ)も聞かせてくれました。
0308ueha
一見、虚無僧がアルプホルンを吹いているように見えますが
口唇を振動させて音を出す「ディジュリドゥ」です。
低いボワボア音や口琵琶(ホーミー)のような音。
打楽器のような音も出せます。
*シロアリに食われて中空になったユーカリの木から
 作られています。木製なのだけど発音原理から
 金管楽器に分類されます。

新しい若い友人たちはなぜか南アジアを目指します。


アシカのほのぼの四コマ劇場は「草とり日和」です。
0306残りの
3コマは
アシカの
ブログ
ほのぼの
 田舎暮らし

で、お楽しみ
ください。

いやぁ
日差しが
あると
暖かいです。春になりましたね。まだ剪定終わりませんけども。

banner_021←このポチッが地球を救う・・・かもしれない。

日記 | | Comments (0)

苗木到着

banner_021に参加してます。応援クリックをよろしく!
2018年3月8日(木)くもり、雨

ネットで注文したマイヤーレモンの苗木が届きました。
 ぶどうの苗は岡山、山梨、山形などの専門業者さんに
 注文するのですが、年末に届くことが多いので、
 春まで仮植えしておいて、2月、3月に定植します。

この苗木は「花ひろば/苗木部」で購入。
ポットで土に植えられていますから、すぐに植え替えなくても
大丈夫なのがすごく助かります。水やりに気をつければ
ポットのまま数ヶ月でもOKのようです。

0308lemon

柑橘系は食べるのは大好きなんですが
Todoyachimoジツは・・・
トゲのある植物の栽培は大っキライです。
野バラやユズに何度痛い目にあったことか。
できれば植えたくない。
でも、料理の味を引き締め、お菓子の香りを引き立てる
レモンの働きには目覚しいものがあります。
それで・・・育てています。

わが家は温暖地に属しますが、冬の寒さはレモンには
ちと厳しい。でも「マイヤーレモン」ならなんとか大丈夫。
すでに3本植えて様子をみています。
*牛乳パックはイチジクの挿し木(見えないけど)。


雨なので農作業の遅れを気兼ねせず倉敷イオンに
出かけて本屋、スーパーマーケット巡り。

久しぶりのワインの売り場が充実しているのにびっくり。
東京の某老舗デパートよりも品数が揃ってて活気がある。
もっとも、ニューワールドのお手軽価格がメインですが。

0308wine
チリ産の赤と白を買ってみました(左2本)。
*右は地元のスーパーの目玉商品。意外に美味しい。


帰りに寄った 「結/ゆい」さんのランチ
営業は水曜日のみ、しかも6食限定、600円 の
超レア・お得なランチですが、
今日から木曜日も営業することになりました〜。

0308yui

営業日が「不自由な限定カフェ」ですが、
健康メシで美味しいからオススメです。


banner_021←このポチッが地球を救う・・・かもしれない。

日記 | | Comments (0)

食べ残し?

banner_021に参加してます。応援クリックをよろしく!
2018年3月7日(水)くもり、晴れ

「南天の実」
毎年、ヒヨに全部食べられて、なくなってしまうのに
今年はまだ残っています。
0302nanten
他に食べるものがたくさんあるのでしょうか?

わが家のミニ白菜とか、ミニキャベツとか・・・
そっか、白菜食べてた犯人はヒヨだったのかい。
鳥よけネット張らなきゃ。

トドは食べらんないモノに興味はないのでナンテンも千両も
万両も区別はつかないのですが、検索してみると
・千両も万両も葉っぱはギザギザ
・千両は赤い実が葉の上につきます
・万両は赤い実が葉の下につきます
だそうです。
千両は軽いから上、万両は重いから下に実があると
覚えましょう。


アシカのほのぼの四コマ劇場は「春雷」です。

0305残りの
3コマは
アシカの
ブログ
ほのぼの
 田舎暮らし

で、お楽しみ
ください。

春の嵐
すごかった
けど
家がビリビリ震えるくらいの雷は初めてだったです。


banner_021←このポチッが地球を救う・・・かもしれない。

日記 | | Comments (0)

突然に

banner_021に参加してます。応援クリックをよろしく!
2018年3月6日(火)くもり、晴れ

朝食後、すぐに山のぶどう畑バルキに出勤。
まだ、剪定作業を残していて、アセっている。

いつもの道を通り
0306balk1
おや、この道はいつもアップ気味に載せるのだけど
少し引き気味にしたら、なんだか物語が始まりそうな
画像です。

木立の中で軽トラを停めて一瞬、空を見上げる。
0306balk2
いい空です。

寒風吹きすさぶ、ぶどう畑でひたすら枝を切る。
去年の枝の伸びを確認し、今年、来年と先々を考え
切り戻したり、更新し直す。
芽飛びが多く、うまく樹形ができていないのは
肥料分が足りなくて木にパワーがないせいか。うむむ。
減農薬、無肥料のぶどうは美味しいけれど
木に負担を掛けすぎているのかといささかメゲる。

こうして考えながらの作業なので、時間がかかり
思うようにはかどらない。

昼飯に帰る余裕はなく、非常用の食料で済ます。
(気分転換用にバナナとナッツを携帯しています)
0306balk3
軽トラの座席に座り、エクアドルの田辺さんが真面目に
作ったバナナ(ローソンで売ってます)を食べる。
昼メシ代わりなので三本。
が、今日は冷た過ぎて多すぎる三本だったし、
冷え切ったコーヒーを飲む。
弁当と暖かいお茶を用意すべきだった。

冬の間重宝していた「らくだのモモヒキ」を
このところ暖かかったのではいていない。
去年は多用していた貼るカイロも持って来なかった。
そんなワケで、夕方には全身が冷え切ってしまった。

帰ろうとしたところで、畑の下の溝が
詰まっているのを発見。
どうやらイノシシがノリ面を掘り起こした土や草が落ち
それに昨日の強風と雨でゴミが詰まったらしい。

0306balk4
軽トラを停め、じょれんで詰まったゴミを取り除く。
思ったよりも土砂が多くて20分かかった。
帰りにコンビニで非常用食料とサッポロビールを補充。

夕食にサッポロビールを飲もうと思ったくらいに
元気だったのだ・・・ここまでは。
家に帰り、軽トラから降りたところでちょっと腹痛。
久しぶりに湯たんぽを用意する頃には
次第に強い腹痛に変わり、速攻でふとんにもぐり込む。
数年前に胃を壊し(食べ過ぎで)以来、激しい寒さと
過労働が重なると胃が痛むのを・・・やっと思い出した。

本日は風呂も夕食もビールもなし。
白湯を飲み、ただ眠る。
動物のようにひたすら眠る。

いや、待てよ。
何んも食べていないってのはまずいかと、
深夜コソコソと起き出しお茶漬けを少量食べた。


アシカのほのぼの四コマ劇場は「突然に」です。
0303残りの
3コマは
アシカの
ブログ
ほのぼの
 田舎暮らし

で、お楽しみ
ください。

TVあまり
見ないのだ
けど、
ニュースくらいは見たいかな。
見ておいた方がいいだろうな。
と考えながら、SONYのHPをブッショク。

banner_021←このポチッが地球を救う・・・かもしれない。

日記 | | Comments (0)

激しい春雷に

banner_021に参加してます。応援クリックをよろしく!
2018年3月5日(月)雨

夜半、頭上にとどろく激しい雷鳴に肝をつぶす。
「ワシが悪りかった、許してくれろ」と理由もなくあやまってしまう。
コンピュータをOFFにし階下に避難する。

短時間ではあったが、山の上で聞くくらいのサイズのカミナリが
ハゲシク数回炸裂。

午後、小降りになったところでレモンの散歩。
0305sanpo
「えっ、雨なのに〜」と見上げ、
「ぬれてるし〜」っと振りかえるけど
歩き始めると、結構楽しそう。
今日はずっと小屋の中だったものな。


トドは幼少時から甘いもんは苦手だったはずなのだけど。
なぜか最近・・・時々だけど「あんこ」がたべたくなる。

0305wagashi

買い物に行ったついでにスーパーの売り場で買った。
アシカと半分づつ食べる。
う〜ん。
残念、これではないな。
ただ甘いだけではない美味しいあんこを食べたかったのだ、
きっとワタシは。
美味しい和菓子屋さんまで走るには遠すぎる。


アシカのほのぼの四コマ劇場は「春」です。
0228残りの
3コマは
アシカの
ブログ
ほのぼの
 田舎暮らし

で、お楽しみ
ください。

開けて〜
の声が
くぐもってる
時にはお土産があるかも・・・要注意なのです。

banner_021←このポチッが地球を救う・・・かもしれない。


日記 | | Comments (0)

みんなにも、ここの人にも

banner_021に参加してます。応援クリックをよろしく!
2018年3月4日(日)くもり、晴れ

「あのな、まつばら のマップを作りたいんじゃ」
いいですね。
なんのために、どう使われますか?
「この山の上の集落にも、ようけの人が来られる」
「じゃが、そのほとんどは通り抜けて宇治や吹屋に行かれる」
「ここは通り道に過ぎんのじゃ」
「ここだってええトコはなんぼでもあるはず」
「そこをみんなに知ってもらいたいんじゃ」
「よその人にも、ここに住んどる人にもな」

0304tekuteku

そんな会話から、2012年に山の上の集落の紹介であり、
自分たちの地域のええとこ再確認マップ作りが始まった。

十数人の「町づくり委員」に集まってもらい、
何んを載せるかを何度も話し合いカタチにする作業が続いた。
ここのええトコって何ですか?
「空気、見晴らし、木々の緑、野菜、お茶、人がええ」
「大音量でカラオケしても誰も文句を言わんぞ」
Todokaw90「あとは・・・」

展望台にある小さなトイレは
どなたがそうじを?
「ワシらでやっとるけど」
いつもキレイです。
あれ自慢できますよ。
「そんなもんかの」
はい、キレイなトイレはみなさんに喜ばれます。

見晴らしがいいのはどこ?
「どこでも、かしこも見晴らしはええぞ」
「晴れた日には 四国の山々が見える」
「こっち方は伯耆の国の大山も見える」
「お城山も同じ目線と同じ高さで見えるし」
「雲海も毎日たっぷりじゃ」
そんな会話をみんなで楽しみ、写真を集めて
A4サイズ四つ折りのマップができました(↑左側)。

その後、増刷1回。
昨年、2回目の増刷の依頼を受けて写真の幾つかを
撮り直し、内容も少し更新した新しいバージョンを納品しました
(右側↑)。

タイトルを読みやすく、中の字もシンプルに大きく、
新しくわかりやすい書体を選びました。

キャッチコピーも
「ゆっくり のんびりおでかけください」の
あたりさわりのないモノから
「のんびりおでかけください 雲の上は晴れています」と
雲の上の仙人暮らしの誇らしさを・・・
見方によっては挑戦的なモノにしました。
あぁ、楽しい仕事でした。
多数の方に見ていただけるとうれしいです。
*ご覧になりたい方はトドか、松原コミュニティセンターに
 連絡してください。


山のぶどう畑バルキ。
昨年から、ネットの破れ目をくぐってイノシシが出入りしています。
まっ、実害がなければいいかと放任していたら
ミミズ欲しさに根を掘り起こすようになりました。
0304ino1
ネットの応急修理して、ダメなら電柵かな。
今は、剪定作業が急務です。

日没まで作業。
0304yuhi
急ぎ帰り、風呂焚き、ビール、夕食。
*晴れた日が続くと天日温水器の効果が発揮できて
 風呂焚きも短時間ですみます。ありがたい!

banner_021←このポチッが地球を救う・・・かもしれない。

日記 | | Comments (0)

春爛漫じゃ

banner_021に参加してます。応援クリックをよろしく!
2018年3月3日(土)くもり、晴れ

山のぶどう畑バルキへ。
0303balk1
三ヶ所あるぶどう畑の中では例年最も進行の遅い畑です。
剪定作業は去年と同じくらいの遅れですが
早い品種、重要な品種を優先して急ぎます。

0303balk2
どこかに続く小道。
歩って行くと、たいていはどなたかの家のウラ庭か
納屋に抜けられます。


帰りに寄ったスーパーでは酒屋さんの店先が
花盛り、春爛漫状態でした。
0303sakura1
ビールメーカーの競演の中ではアサヒのピンクと白の
パッケージが鮮烈です。
ダンボール印刷が単色で、5mmくらいのズレは当たり前の
時代から見ると隔世の感があります。
今はタダの輸送用の梱包材じゃなく、売り場のPOPや
ショーウインドの役割まで兼ねた華やかさまで要求されます。

0303sakura2
吹く風はまだ冷たいけど、晴れた日にはビールの6個パックを
持って庭に出てパカッ、シュワーって飲みたくなりますね。

焼酎各社も花見の仲間に入れてもらいたくて頑張ってます。
0303sakura3


酒の弱いトドにウイスキーを嗜む習慣はなく、
たまにバーに座った時に注文するくらいですが、
このハイボールはすました顔でいいですね。
0303sakura4
店頭用を考えると、派手な色で大きな文字を
使いたくなりますが、あえて細身の書体ですっきり。
多くの「大人」に手に取ってもらいたいな。
中身は飲んだことないけど、美味しそう。
ほどほどに春を楽しみましょう。

banner_021←このポチッが地球を救う・・・かもしれない。

日記 | | Comments (0)

野菜も頑張れ

banner_021に参加してます。応援クリックをよろしく!
2018年3月2日(金)くもり、晴れ

山のぶどう畑カンパラで枝の剪定。
0302kanpa
だいぶスッキリしましたが、一日中枝を切ってばかりも
右手がくたびれるので、30分ほど気分転換。
以前に作っていた畝の底に枯葉を入れました。
去年まで大家さんがほぼ慣行農法で作っていた畑を
少しづつ改良しています。
晩秋に全体にカキ殼粉を撒いてから何度も耕耘して
おいた畑に南北方向に畝(うね)を作ります。
*畝は多湿を避け、排水のため。基本的に作柄を
 変えながらもずっと使い続けます。
モミ殼、枯葉、カキ殼粉、米ぬかぼかし、バーク堆肥
草木灰、消し炭も入れて風で飛ばないように少し土も
かぶせておきます。次回もう少し枯葉とぼかしを加えて、
土を盛り畝にします。
0302une
あと2畝作って、ジャガイモの逆さ植えをするつもり。
畝の底の枯葉はジャガイモの次の秋冬野菜のために
時間をかけてゆっくり発酵分解してもらいましょう。

↑写真上の4列はタマネギ。大風でマルチフィルムが
剥がれたのはもうそのままにして、モミ殼マルチに変更。
たびたび風で剥がされるので、来年はもっとしっかり作る
工夫するか、モミ殼マルチにするかの判断ができます。
有機マルチだと追肥や水やりしやすいのがいいですね。
*マルチは保湿と草取りの労力軽減のため。

見上げると満月。
0302moon
ビールと赤ワイン待つ食卓に急ぎ帰ります。


アシカのほのぼの四コマ劇場は「四年後」です。
0226残りの
3コマは
アシカの
ブログ
ほのぼの
 田舎暮らし

で、お楽しみ
ください。

この
ちょっと
ブラックな
四コマがいいですね〜。ワシ好きです。

banner_021←このポチッが地球を救う・・・かもしれない。

日記 | | Comments (0)

スナップエンドーある?

banner_021に参加してます。応援クリックをよろしく!
2018年3月1日(木)くもり、晴れ

「スナップエンドー ある?」
あ〜っと、うん、寒さで枯れた。
でも、3株ほど生き残っとる。
「じゃ、これ持ってって」
ほ〜ぃ。
「わが家の種じゃから、買うたんより芽ぇでる思うわ」
とアシカの友人ニシナさんは チャッチャと
荷物にまとめて持たせてくれました。

0226komugi_2

手前のシワシワの豆がスナップエンドーの種。
50粒ほど入った袋をくれました。

そんで、こん白いコナは末端価格数億のイケナイ粉?
ニシナさんは小さく息を吐いて、もう一拍おいて
「コムギコです」
「わが家で作って挽いた、小麦粉です」
あぁ、なんだそうか。ハイハイありがと。
で、コレなんにすればいいの?
「何んにでも、どーぞ」
「アシカさんにてんぷらでも作ってもらってください」
ほーぃ。

北海道出身のニシナさんはいつだって大真面目で
快活、働きもんの嫁さんなんです。
言葉はもうすっかり岡山弁だけど、彼女の背後には
広大な北の大地がドンと見えます。それがうれしくて
話してて楽しい。そんな素敵な女性です。


心配してた、ニンニクの芽が出ました。
0302ninnik
葉が黄色くなったら収穫します。あと三月くらいでしょうか。
少し食べて、残りは竹酢液に浸けて農薬代わりにします。


家のウラに目隠しに植えた「沈丁花/ちんちょうげ」。
葉っぱが不調を訴えてるのだけど、今年もたくさんの花を
付けてくれました。

0302chincyo

友人の家の中庭に咲く姿が良くて、少し日陰に
植えたのだけど、水はけが悪いのか、苦労しています。
申し訳ない。

banner_021←このポチッが地球を救う・・・かもしれない。

日記 | | Comments (0)

散歩

banner_021に参加してます。応援クリックをよろしく!
2018年2月28日(水)くもり、晴れ

朝の散歩。
最初リードを付けずに放します。
鎖から解放されたヨロコビに跳ねるように駆け出すレモン。
敷地の外の道で止まり、振り返り、追いつくのを待って
リードをかけさせます。
賢いといえばそうなんですけど、不憫な気もします。
思うまま自由に駆け回りたいだろうに。

0228lemon
引き綱を引っ張りダッシュで走り始め、気になるところは
たっぷりと時間をかけて・・・
たいていは他の犬や動物の通った痕跡や尿や糞です・・・
トレースしながら、念入りにチェックします。
元気だけど高齢なので20分ほどの短い散歩を1日に
3回ほど。
アシカやトド姉が時間のある時に付き添います。


ご近所さんの畑にカヤの山を発見。いいなぁ。
柔らかくしなやかな稲わらも農作業の道具として必要なのですが、
土壌改良の面ではカヤの方が堅いので通気性、排水性、保水性に
期待できます。
0228kaya
ただ、確保するのが大変です。毎年同じ場所で刈っている方も
おられるので、横取りしないように了解が要ります。
刈る手間、運ぶ手間も必要ですしね。


わが家の野菜たち。大根スリムでしょ。
0228yasai

でも、これでも十分に美味しいです。

banner_021←このポチッが地球を救う・・・かもしれない。

日記 | | Comments (0)

山の畑への道

banner_021に参加してます。応援クリックをよろしく!
2018年2月27日(火)くもり、晴れ

トドとアシカが住んでいるところは盆地なので
毎日の朝日は山の上からお目見えです。

0226asahi

朝食の前に、時々散歩。
7時過ぎにビーグル犬レモンの鳴き声で
散歩に出かけたり、行かなかったり。
正式な飼い主はトド弟なので、彼が忙しい時に代行します。

朝食後、山の畑バルキに上がりました。

0226balk1
山も春めいてきました。

いつもの旧道。ここを過ぎればもう畑です。
0226balk2
ほぼ地元の人だけが通る道なので、ツギハギですが
ちゃんと修理し、草刈りも定期的に行われます。
ここに住む人たちの手でね。
行政は材料費くらいをサポートしてくれます。

通る人もいないわき道。
でも管理している人はいるようです。
いつかゆっくり歩きたいと思いながら、行けません。
ビーグル犬レモンの好きそうな道ですが
猟期が終わらないとね。
0226balk3

さて、久しぶりのぶどう畑は・・・
しばらく来ない内にイノシシがぶどう畑に
出入りするようになったようです。
0226balk4
柿畑用に取っておいたモミ殻を撒き散らしてくれました。

アシカのほのぼの四コマ劇場は「やる気」です。
0222残りの
3コマは
アシカの
ブログ
ほのぼの
 田舎暮らし

で、お楽しみ
ください。

春は
もう
そこまで
来ています。
でも、春になると・・・。


banner_021←このポチッが地球を救う・・・かもしれない。

日記 | | Comments (0)

霜害らしい

banner_021に参加してます。応援クリックをよろしく!
2018年2月26日(月)くもり、晴れ

種を蒔くと、双葉が出たころ鳥やカラスが引っ張って
抜くことがあります。食べるためだったり遊びだったり。
最初、それかなと思いました。
山の畑にせっかく植えた玉ねぎの苗がポーンと離れたところに
投げ捨ててあるのですから。

0225tamaneg
玉ねぎの苗は強いので、すぐに植え直せば大丈夫なのですが、
1月は風邪とインフルエンザでほとんど外に出られなかったので
抜かれて枯れてしまった苗も多数。

どうやら犯人は鳥ではなくて「霜」のようです。
トドの家のあたりも霜は降りますが、山の上の霜はよほど
強力のようで高く持ち上げて抜き、風に吹かれて移動し
枯れてたってのが真相のようです。

友人親子に手伝ってもらって植えた玉ねぎの1/3以上が
被害に合いました。
大丈夫そうなんは植え直し、別の友人の畑に残っていた
苗をもらって空白を埋めました。
この後、霜は少ないだろうし、収穫が遅くなるかな。
やれやれ。


わが家のぶどう畑。
作業を始めるとすぐにやってくるシマちゃん。
どこで見てるんだろう。
0225shima1

ニァニァと声をあげながらシッポを立てて、寄ってきます。
0225shima2

でも、まっすぐには来ないで、途中で足を止め
よそ見をするのは猫の特性。
0225shima3
犬なら大喜び、大騒ぎしながらまっすぐに駆けて来ます。
どちらも らしくて いいですけど。


アシカのほのぼの四コマ劇場は「あれ」です。
0220残りの
3コマは
アシカの
ブログ
ほのぼの
 田舎暮らし

で、お楽しみ
ください。

これ
指と指の
接近。
このシーンは結構好きです。
スピルバーグは好きじゃないけど。
そうそうロジェ・ヴァディム監督の「バーバレラ」で
ジェーン・フォンダがエロティックな第三種接近遭遇?するんも
エエです。
*「未知との遭遇」の原題は「第三種接近遭遇」らし。
 「CLOSE ENCOUNTERS OF THE THIRD KIND」
  ↑イクシマさん、イノウエさん、イバくんあたりの
   SF映画好きが喜びそうな話題ですな。

banner_021←このポチッが地球を救う・・・かもしれない。

日記 | | Comments (0)

« February 2018 | Main | April 2018 »