« 暖ったか〜 | Main | シンガイだな »

みみ読「鬼の涙」

banner_021に参加してます。応援クリックをよろしく!
2018年2月14日(水)くもり、晴れ

終日、デスクワーク。

夕方、となり町 総社の「結/ゆい」で朗読会「みみ読」。
「鬼の涙」
今回は二人の役者による朗読会でした。

0214mimidoku

友人ベン・モリミツさんが生み、育てたこの物語を
できあがるまで側で見聞きし、アシカが挿し絵を
担当しました。そんなこともあってこれまでも多数の
朗読バージョンを聞いてきました。
カフェ、本屋、公民館、イベント会場でも。
読み人も ひとりで、二人で、四人がかりでの朗読も
ありました。多数での朗読は言葉に立体感があり、
流れにドライブ感が出て楽しいものでありました。

さて、今回は思いがけずひとり歌で静かに始まり、お二人の
言葉が絡み合い、情景豊かにシーンを描き出します。
声を潜め、次の瞬間には擬音のカタマリを弾きぶつける。
場面の転換も多い長い長い物語のはずが翻弄されてる
うちに最後のふたり歌で終わりを迎えます。
役者お二人の「場」を作り出す力に加え、それを支える
BGMのアサダさんの綿密な計算があっての成果だと
思います。

この物語の作者ベンさんが最後に
「この次は抑えた朗読も聞いてみたい」と贅沢な
リクエストをしていました。
賛成。初心に戻ったシンプルなのも聞いてみたい。
その際には久しぶりに書いたご本人の朗読がいいな。

banner_021←このポチッが地球を救う・・・かもしれない。

|

« 暖ったか〜 | Main | シンガイだな »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 暖ったか〜 | Main | シンガイだな »