« 山深い | Main | カラダにええもんを »

シッタゲキレイ

banner_021に参加してます。応援クリックをよろしく!
2018年1月16日(火)くもり

キリが晴れ、陽が降り注ぐとレモンが屈伸運動をしながら
こっちを見る。
「あのな、そうそう散歩に連れて行ってはやれん」
「こう見えて忙しいのだワシも」
0116lemon
気ままなネコに比べて繋がれたままのイヌはかわいそ。
で、ウラの畑三段を今年も囲った。
いい加減な柵でも逃亡を図ることはなくなったので
かなりいい加減な出来上がりだけど、まぁよろし。

ぶどうの剪定が急務なので、時々目をやるほかは
放ったらかし。

ぶどうに向かず、プルンの虫は防ぎきれず、
今はレモンを植えて様子を見ている畑。
0116doholemon
寒冷地対応のはずなんだけどさすがに寒そうなレモンの木。
去年は稲わらで保護してやったのだけどな。

こっちは「ラフマイヤーレモン」。
0116meyer
福井で栽培している人がいるようで
なんとかなるかと思っているのだけど
やっぱり寒そうです。
さてさて、どっちも頑張って欲しいぞ。
温暖化は近いはずが・・・次はミニ氷河期だって?
どうする。

1時間半ほどイヌを放していたら
シマちゃんがうらやましくて遠くからじっとり見ていた。
0116shima1
シマは繋がれているイヌは気にならないのだけど
自由に寄ってくるイヌは嫌なんだよね。
イヌを小屋にもどし、水と擬似骨スティックを与え
今度は下の畑でネコの相手。
まぁ一緒にいるだけですけど。

0116shima2
イヌ、ネコどちらもメスですけど、ネコの柔らかさ、
流れるようなしなやかさに比べてイヌは無骨です。
骨がましいというか。
0116shima3
全く別の生き物なんだなとつくづく思ってしまう。
当たり前なんだけど。
自分は長くイヌ派だと思って疑いもしなかったけど
気ままを許されるネコの方が不公平なくらい断然有利。
運動能力つぅか戦闘能力も含めて。

0116shima4
な、とりとめもないことを考えながらも手はバシバシと
枝を切り続ける。

生食用のぶどうの上にヤマブドウを這わせ、収拾が
つかなくなって放り出したままの枝で手が止まる。
0116yamabudo
やれやれ、まったく去年は何をしていたんだろう。
こんなにしちゃってと感慨深く見てたら
この青空にサルバトール・ダリを思い出した。


アシカのほのぼの四コマ劇場は「人生」です。
0115 残りの
3コマは
アシカの
ブログ
ほのぼの
 田舎暮らし

で、お楽しみ
ください。

同級生は
みんな
さっさと
リタイアしちゃって、
なんだかモチベーションが上がらない。
わが身を見れば蓬髪(量はないけど)ヒゲづらで
着の身着のままに近い日常。
「もージジイなんだからもっときれいなモン着てください」
「背を伸ばしてシャンとする」
っと叱咤激励される日々、な気がする。

banner_021←このポチッが地球を救う・・・かもしれない。

|

« 山深い | Main | カラダにええもんを »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 山深い | Main | カラダにええもんを »