« カレーモミ殻ルーシー | Main | 外作業 »

ヤマブドウ

banner_021に参加してます。応援クリックをよろしく!
2017年11月1日(水)晴れ

ぶどう畑の片隅に「ヤマブドウ」を植えている。
二年前にはたくさんの実を付けてくれてジャムに加工した。
次の年にも同じくらい豊作だったのだが、熟期を前に
なぜかすべての房が軸から切れて落ちてしまった。
かけていた袋ごと。カラスか小動物の仕業か?
不可解であった。
1101yamabudo
今年も全く同じ現象でバタバタと落ちてしまった。
??????????
わからんコトは塩山の先生に電話する。
 毎年、実を付けるのですが熟期を前に落ちてしまいます。
 小動物、もしくは肥料分が足りない・・・
言葉をさえぎって先生は
「お前、オスギは植えたのか?」
アタマには「おすぎとピーコ」の画像が浮かぶが、もちろん違う。
「オス樹」である。
市販されているぶどうのほとんどは、その樹1本で実がつく。
「ヤマブドウ」にオス樹が必要だとはカタログに書いてなかった
・・・と思うけど。
 三年前に豊作だったのは?
「そりゃ、お前、樹勢が弱かったからさ」

写真↑は今年の2番成り3番成りのヤマブドウ。
落としてしまおうかと思ったら意外に美味しい。
さてどうしよう。


山のぶどう畑カンパラの大家さんの家。
1101kanpa1

先日、ぶどうをお送りした親戚の方がブログを見て
「懐かしい」と喜んでいただいたようなので
後ろの森と一緒に家の写真も撮りました。
1101kanpa3
数年前に大屋根はガリバリウムで覆われました。
母屋の前に旦那様の介護用に新しい棟を建てられ、
生活のメインはそちらで過ごされていました。
ちょっと見づらいですが、母屋に使われている梁は
太く立派な木です。

庭に据えられた碑。
1101kanpa4
かつて飢饉の時に村人を救ったどんぐりの樹が
これなのでしょうか。
とまれ、大家さんはこの家で元気に過ごされて
おられます。ご親戚の皆さん安心してください。

banner_021←このポチッが地球を救う・・・かもしれない。

|

« カレーモミ殻ルーシー | Main | 外作業 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« カレーモミ殻ルーシー | Main | 外作業 »